日本の女性研究者

社会・安全システム科学

Researcher List >> Towako Katsuno
 

Towako Katsuno

 
Avatar
NameTowako Katsuno
AffiliationTokyo Metropolitan University
Degree看護学博士(イリノイ大学)
Other Affiliation首都大学東京大学院

研究キーワード

 
評価 , 高齢者 , 災害弱者 , 被災予防 , 備え , 支援システム , 看護支援プログラム , 地域 , プログラム開発 , 災害時要援護者 , 家族介護者 , 一人暮らし , 震災 , 若年認知症 , 災害看護 , 教育 , レミニッセンス , 災害拠点病院 , 安全 , 訪問看護 , 看護支援 , 看護者 , 生体肝移植 , レシピエント , ドナー , 生体ドナー , 生体部分肝移植 , QOL , 看護職 , 臓器移植

研究分野

 
  • Life sciences / Basic nursing / 
  • Life sciences / Clinical nursing / 
  • Life sciences / Gerontological and community health nursing / 
  • Life sciences / Gerontological and community health nursing / 
  • Social infrastructure (civil Engineering, architecture, disaster prevention) / Safety engineering / 
  • Social infrastructure (civil Engineering, architecture, disaster prevention) / Social systems engineering / 

経歴

 
2015
   
 
Tokyo Metropolitan University
 

委員歴

 
 
 - 
Today
荒川区  介護保険運営委員会
 

論文

 
末永 裕代, 勝野 とわ子
日本保健科学学会誌   19(4) 186-194   Mar 2017
本研究は、開腹手術後高齢者の継時的な握力の変化を明らかにすることを目的とした。研究デザインは、量的記述的デザインを用いた。対象者は、意思疎通可能で運動障害のない高齢者50名(平均年齢72.8±5.9歳)であった。対象者の基本属性と入院時、術後5日目、退院時の握力を経時的に測定した。データは、t検定及び反復測定による分散分析などを用いて分析した。前期高齢者群と後期高齢者群の開腹手術後の握力を比較した結果、群間に有意差(p<0.05)がみられた。さらに、握力の経時的な変化の特徴として、前...
米村 法子, 福井 里美, 勝野 とわ子
日本保健科学学会誌   19(4) 167-175   Mar 2017
目的:本研究は、熟練した精神科看護師による統合失調症者の術後疼痛の判断を明らかにすることを目的とした。方法:精神科経験3年目以上で外科系病棟での勤務経験もある看護師9名を対象に半構造的面接を行い、質的帰納的に分析した。結果:熟練した精神科看護師による統合失調症者の術後疼痛の判断として【手術侵襲の影響と回復状態からの判断】、【幻覚・妄想からの判断】、【疼痛時・不穏時・不眠時指示薬からの選択の判断】、【言語的表現と客観的情報の整合性からの判断】、【複数の立場からの判断】の5カテゴリーが明らかと...
KATO TOMOKO, KATSUNO TOWAKO
日本保健科学学会誌   18(2) 51-58   Sep 2015
本研究はHealth-illness perceptionの属性と構成要素を明らかにし看護介入の視点への示唆を得ることを目的とした。Walker & Avantの概念分析方法を用いて分析した結果、Health-illness perceptionの属性には【コントロール感】【健康に対するポジティブな知覚】【健康に対するネガティブな知覚】【健康や病気への関心】【義務・責任を実行する能力の知覚】の5つが含まれた。先行要件には【個人的要因】【ヘルスエフィカシー】【健康病気に関する要因】【...
DEGAI YUKO, KATSUNO TOWAKO
老年看護学   19(1) 53-61   Nov 2014
The present study aimed to compare the physiological responses and subjective assessments caused by environmental stimuli between young adults and the elderly. Research was conducted using a quasi-experimental design with 30 young adults [mean age...
Iwase Kazue, Katsuno Towako
journal of Japan Academy of Gerontological Nursing   18(1) 56-63   Nov 2013
The purpose of this study was to clarify the signs sensed by the nurses from the elderly who are going to die, and the timing of those signs in special nursing homes for the elderly (called 'nursing home' hereafter) that actively strive ...

書籍等出版物

 
勝野とわ子 (Part:共著, 睡眠、不眠)
南江堂   Sep 2016   
勝野とわ子 (Part:共著, 転倒予防のための教育プログラムとは)
日本医事新報社   Oct 2014   
井出 訓, 勝野 とわ子, 萩野 悦子, 原 等子, 永田 久美子
放送大学教育振興会   2013   ISBN:9784595314520
志自岐 康子, 勝野 とわ子 (Part:共訳)
メディカ出版   Mar 2005   ISBN:4840411840
Parse Rosemarie Rizzo, 高橋 照子, 勝野 とわ子
医学書院   2004   ISBN:9784260333474

講演・口頭発表等

 
Yukino Mori, Kasane Matsuzaki, Towako Katsuno
20th EAFONS   9 Mar 2017   
加藤 智子, 勝野 とわ子
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2016   
勝野 とわ子, 出貝 裕子, 末永 裕代, 青山 美紀子, 菅野 裕佳子, 河原 加代子
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2016   
岩瀬 和恵, 勝野 とわ子
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2016   
木舟 雅子, 宮永 和夫, 比留間 ちづ子, 小山 恵子, 勝野 とわ子, 小野寺 敦志, 干場 功, 秋元 和美, 遠藤 百合子, 伊藤 耕介
日本認知症ケア学会誌   Apr 2016   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: 2015 - 2017
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
Project Year: 2015 - 2017
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2010 - 2012
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2006 - 2008
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2002 - 2004

社会貢献活動

 
[運営参加・支援]  NPO法人若年認知症サポートセンター  2011 - 2016