日本の女性研究者

各研究分野の女性研究者を紹介します。
【ROIS】
 

女性研究者

Researcher List >> Oguma, Yuko
 

Oguma, Yuko

 
Avatar
NameOguma, Yuko
e-mailyogumakeio.jp
Other e-mailyogumasfc.keio.ac.jp
AffiliationKeio University
SectionResearch Centers and Institutes Sports Medicine Research Center
Job titleAssociate Professor
Degree博士(医学)(Keio University), Master of Public Health(Harvard School of Public Health)
Other AffiliationGraduate School of Health Management, School of Medicine, Health Center
Research funding number00255449

Profile

4年の内科研修の後、内分泌内科研究室に入局。その頃より、予防医学に焦点をあて、糖尿病を中心に生活習慣病の、運動・食事といった生活習慣改善による介入研究を実施。2000年から2003 年までハーバード大学公衆衛生大学院疫学科 I-Min Lee 先生のもとに留学し、physical activity epidemiology(運動疫学)を中心に研究。 現在は、臨床・教育面では生活習慣病の運動療法の指導や、一般の方への身体活動の普及啓発に注力している。研究面では、学際的な超高齢者コホート研究や鶴岡みらい健康調査に、運動疫学の専門家として携わり、身体活動と健康上のアウトカムとの関連を検討する研究を行っているほか、地方自治体(特に藤沢市)との 協働による健康増進事業・研究、企業との協働による新しい形の個人を対象とした健康増進サポート事業・研究等も行っている。 代表著書『サクセスフル・エイジング: 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上』慶應義塾大学出版会(2014年)。

Research Interests

 
physical activity , Physical activity epidemiology , health promotion , lifestyle modification , preventive medicine , Public Health , exercise therapy

Research Areas

 
  • Basic medicine / Environmental physiology (including physical medicine and nutritional physiology) / 
  • Society medicine / Epidemiology and preventive medicine / 
  • Clinical internal medicine / Metabolomics / Metabolism Studies
  • Clinical internal medicine / Endocrinology / 

Academic & Professional Experience

 
May 1993
 - 
Apr 1997
大学助手(医学部内科学)(無給)
 
May 1997
 - 
Apr 1998
大学助手(医学部内科学)(有給)
 
May 1998
 - 
Dec 1998
大学助手(医学部内科学)(無給)
 
Jan 1999
 - 
Apr 1999
大学助手(医学部内科学)(有給)
 
May 1999
   
 
大学助手(医学部内科学)(無給)
 

Education

 
Mar 1991
   
 
Faculty of Medicine, Keio University
 
Jun 2002
   
 
Department of Epidemiology, Harvard School of Public Health
 

Committee Memberships

 
2015
 - 
Today
日本健康教育学会  学術委員
 
2015
 - 
Today
日本体力医学会  渉外委員
 
Oct 2014
 - 
Sep 2017
日本体力医学会  男女共同参画推進委員
 
Jun 2014
 - 
Mar 2018
藤沢市  健康づくり推進会議委員
 
Oct 2013
 - 
Sep 2015
日本体力医学会  学術委員会プロジェクト研究委員
 

Published Papers

 
Hozawa, H., Takeuchi, A. and Oguma, Y.
Keio J Med      Dec 2018
This cross-sectional study investigated the associations of business type with the prevalence of metabolic syndrome (MetS) and lifestyle characteristics among workers in small- and medium-sized enterprises. In total, data from 167,736 workers (114...
Ichijo, Y., Takeda, Y., Oguma, Y., Kitagawa, Y., Takeuchi, H. and Doorenbos, A. Z.
Cancer Nurs      Sep 2018
BACKGROUND: Previous literature has reported that regular physical activity enhances health-related quality of life for cancer patients. However, there is a lack of studies that focus on physical activity among postoperative esophageal cancer pati...
柴, 知里, 齋藤, 義信, 今村, 晴彦, 田中, あゆみ, 土村, 里佳 and 小熊, 祐子
日本健康教育学会誌   26(2) 144-154   May 2018
目的:高齢者地域コミュニティのグループ運動継続に関わる特徴を把握する。事業/活動内容:対象は藤沢市で実施中の身体活動促進のための地域介入研究に参加し、6ヵ月間グループ運動を継続している8グループ(120名)である。研究参加時、6ヵ月後時点で質問紙調査、体力測定、認知機能評価を行った。運動プログラムやモニタリングツールを提供し、定期的なフォローアップや交流会、グループワークを行った。事業/活動評価:(1)リーダーの特徴と協力者の有無および協力の主体性で8グループを4群に分類し、質問紙による身...
齋藤, 義信, 小熊, 祐子, 田島, 敬之, 加藤, 梨里, 木林, 弥生, 宮地, 元彦 and 武林, 亨
体力科学   67(2) 177-185   Apr 2018
「健康と生活に関するアンケート」に回答した高齢者534名(男性260名、女性274名、68〜78歳)を対象とした。男女の比較で有意差を認めた人口統計学的属性・社会経済的属性は、居住形態(女性の独居割合が高い)、BMI(男性が高い)、身体活動の制限(女性の医師または足腰の痛みによる制限がある割合が高い)、教育歴(男性の大学卒以上の割合が高い)、収入がある仕事(男性の仕事をもつ割合が高い)であった。ソーシャル・キャピタル(SC)では地域の人とのかかわりと他世代との交流において有意な男女差(女性...
Tajima, Takayuki, Saito, Yoshinobu, Kato, Riri, Kibayashi, Yayoi, Miyachi, Motohiko, Lee, I-Min and Oguma, Yuko
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   7(2) 113-119   Mar 2018
本研究の目的は、日本人高齢者を対象に「アクティガイド」や「プラス・テン」などの身体活動プロモーションの認知と身体活動時間、座位行動時間の関連について検討することである。我々は2013年より神奈川県藤沢市において身体活動促進のためのコミュニティワイドキャンペーンを実施している。この取り組みの成果評価及び2015年度以降に行う全市的な介入の事前評価の位置づけで、2015年6月に20歳以上の藤沢市民3,000名を無作為抽出して質問紙調査を実施した。本研究ではその質問紙調査を用い、65歳以上の高齢...

Misc

 
のばそう!健康寿命 第2回あと10分多く体を動かそう
<u>OGUMA YUKO</u>
Journal of Financial Planning   9 38-39   Sep 2015   [Invited]
運動療法の意義と日本の現状
<u>OGUMA YUKO</u>
日本臨床スポーツ医学会誌   23(3)    Aug 2015

Books etc

 
図説病態内科講座19
Medical View   1996   

Conference Activities & Talks

 
Effects of replacing sedentary behavior with different intensities of physical activity on physical function among community-dwelling elderly: A cross-sectional study
Tajima, T., Saito, Y., Kibayashi, Y. and Oguma, Y.
8th International Society of Physical Activity and Health   Oct 2018   International Society of Physical Activity and Health
RE-AIM evaluation of a community-wide physical activity intervention based on the Japanese guideline in adults: the Fujisawa+10 project
Saito, Y., Tanaka, A., Tajima, T., Kibayashi, Y., Miyachi, M. and Oguma, Y.
8th International Society of Physical Activity and Health   Oct 2018   International Society of Physical Activity and Health
Relationship of objectively measured physical activity and physical function of community-dwelling very old in Kawasaki, Japan: baseline assessment of Kawasaki well-being prospective cohort study
Oguma, Y., Tajima, T., Saito, Y., Fukui, S., Kibayashi, Y., Yoshida, N., Ishida, H., Hirata, T., Abe, Y. and Arai, Y.
8th International Society of Physical Activity and Health   Oct 2018   International Society of Physical Activity and Health
飯田, 健次 and 小熊, 祐子
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   Jun 2017   

Teaching Experience

 
  • ADVANCED STUDIES IN HEALTH CARE MANAGEMENT 1 (Keio University)
  • ADVANCED STUDIES IN HEALTH CARE MANAGEMENT 2 (Keio University)
  • ADVANCED STUDIES IN HEALTH MANAGEMENT 1 (Keio University)
  • ADVANCED STUDIES IN HEALTH MANAGEMENT 2 (Keio University)
  • ADVANCED STUDIES IN HEALTH MANAGEMENT 2 (Keio University)

Association Memberships

 
日本健康教育学会 , 日本運動療法学会 , 日本更年期学会 , 日本運動疫学会 , 日本体力医学会 , 日本臨床スポーツ医学会 , 日本肥満学会 , 日本糖尿病学会 , American College of Sports Medicine , 日本内科学会

Works

 
セッション「生活習慣と認知症予防」
三村 將、武林亨、秋山美紀、新井康通、小熊祐子   The Others   Nov 2015 - Today
健康長寿特に運動・身体活動
小熊祐子   The Others   Nov 2015 - Today
ふじさわプラス・テン(今より10分多くカラダを動かそう!)
大学院健康マネジメント研究科小熊祐子ら   The Others   Oct 2015 - Today
+10から始める職場の健康づくり
The Others   Oct 2015 - Today
家を暖かくし身体活動を増やして健康長寿を目指しましょう
The Others   Oct 2015 - Today

Research Grants & Projects

 
中高年者のための健康支援システムの構築
財団法人上原記念生命科学財団研究助成
高齢者自主グループの運動を普及・継続するための仕組みづくり:住民参加型の実証研究
独立行政法人日本学術振興会: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021    Investigator(s): Yoshinobu Saito
医療・介護保険情報と融合した地域高齢者コホート研究による要介護プロセスの解明
独立行政法人日本学術振興会: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Jan 2018 - Mar 2022    Investigator(s): Yasumichi Arai
身体活動の地域介入研究‐継続のための仕組みづくりとその実証研究ー
独立行政法人日本学術振興会: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): Yuko Oguma
Biological signatures of cardiovascular, musculoskeletal and cognitive ageing in the very old.
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業・戦略的国際共同研究プログラム
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): 新井 康通

Social Contribution

 
藤沢市健康づくり推進会議
[]  Jun 2014 - Mar 2018
日本学術会議健康・スポーツ分科会
[]  2014 - Today
日本学術会議連携会員
[]  2014 - Today
藤沢市健康づくり推進会議・専門部会
[]  Apr 2010 - May 2014
ベネッセチャイルドケアセンター日吉 運営委員会
[]  Apr 2010 - Mar 2013