日本の女性研究者
平成23年9月

分野と国境を越えて連携するために
―女性研究者総覧「羽ばたけ 日本の女性研究者」―
登録のお誘い


 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構では、予てから大学共同利用機関にふさわしい男女共同参画の一環として、日本の女性研究者の総覧をウェブ上に公開することを目指し開発を進めてまいりましたが、この度女性研究者総覧「羽ばたけ日本の女性研究者」を公開いたしました。 
  女性研究者総覧は当機構の国立情報学研究所の新井紀子さんが中心となって研究開発を行ったResearchmapに登録されている女性研究者の情報だけを集めて発信(日本語・英語)し、「女性研究者の見える化」を実現いたしました。 
  また、JSTの協力を得て、今回Researchmapに性別欄を設け、女性研究者の情報を自動収集できるようになりました。研究分野に従って自動分類して、性別を公開しても構わないという女性研究者のリストを表示いたします。わが国で初めて「日本のあらゆる分野の女性研究者」の一人一人の研究情報を公開・共有できることとなります。 
  今後、専門分野を超えた共同研究への発展や、メンター役を探すための「つながり」を生むかもしれません。わが国で活躍する女性研究者の存在を世界に広く発信することにより、女性研究者の持てる潜在力を活かして、世界の優れた研究者(男女不問)との分野を超えた共同研究を推進し、日本に限らず世界で活躍する女性研究者が育つことを願っております。多くの女性研究者の登録を心から期待しております。





 大学共同利用機関法人
            情報・システム研究機構
男女共同参画推進委員会委員長
                                 郷 通子
 














参考
男女共同参画推進コラム第1回 「データで見せる日本の女性研究者の実像」
情報・システム研究機構男女共同参画推進委員会