日本の女性研究者

ナノ・マイクロ科学

研究者リスト >> 藤澤香織
 

藤澤香織

 
アバター
研究者氏名藤澤香織
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/00548737.ja.html
所属株式会社オルガノサーキット
職名主任研究員
学位博士(工学)(奈良先端科学技術大学院大学)

研究キーワード

 
金ナノ微粒子 , 界面配向規制力 , アゾベンゼン , 液晶 , フォトクロミズム

研究分野

 
  • 基礎化学 / 有機化学 / 超分子化学,錯体化学
  • ナノ・マイクロ科学 / ナノ構造科学 / 

経歴

 
2018年5月
 - 
現在
株式会社オルガノサーキット 主任研究員
 
2013年4月
 - 
2017年2月
University of Geneva Department of Organic Chemistry Postdoctoral Fellow
 
2009年4月
 - 
2013年3月
立命館大学 立命館グローバル・イノベーション研究機構 ポストドクトラルフェロー
 

学歴

 
2004年10月
 - 
2009年3月
奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科博士後期課程 
 

論文

 
Fujisawa K, Satake A, Hirota S, Kobuke Y
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   14(34) 10735-10744   2008年10月   [査読有り]
TSUTSUMI Osamu, YAMAMOTO Keitarou, OHTA Koji, FUJISAWA Kaori, UNO Kenjiro, HASHISHIN Takeshi, YOGI Chihiro, KOJIMA Kazuo
Mol Cryst Liq Cryst   550 105-111   2011年11月   [査読有り]
FUJISAWA Kaori, IZUMI Yuichi, NAGAMATSU Akira, UNO Kenjiro, TSUTSUMI Osamu
Mol Cryst Liq Cryst   563 50-57   2012年8月   [査読有り]
FUJISAWA Kaori, KURANARI Asuna, OTA Koji, TSUTSUMI Osamu
Mol Cryst Liq Cryst   583(1) 21-28   2013年1月   [査読有り]
FUJISAWA Kaori, KAWAKAMI Naoya, ONISHI Yusuke, IZUMI Yuichi, TAMAI Sho, SUGIMOTO Nana, TSUTSUMI Osamu
J Mater Chem C Mater Opt Magn Electron Devices   1(34) 5359-5366   2013年9月   [査読有り]
FUJISAWA Kaori, OKUDA Yuki, IZUMI Yuichi, NAGAMATSU Akira, ROKUSHA Yuki, SADAIKE Yusuke, TSUTSUMI Osamu
J Mater Chem C Mater Opt Magn Electron Devices   2(18) 3549-3555   2014年5月   [査読有り]
SUGIMOTO Nana, TAMAI Sho, FUJISAWA Kaori, TSUTSUMI Osamu
Mol Cryst Liq Cryst   601(1) 97-106   2014年9月   [査読有り]
Fujisawa K, Beuchat C, Humbert-Droz M, Wilson A, Wesolowski TA, Mareda J, Sakai N, Matile S
Angewandte Chemie (International ed. in English)   53(42) 11266-11269   2014年10月   [査読有り]
YOUNIS Osama, ROKUSHA Yuki, SUGIMOTO Nana, FUJISAWA Kaori, YAMADA Shigeyuki, TSUTSUMI Osamu
Mol Cryst Liq Cryst   617 21-31   2015年
Fujisawa K, Yamada S, Yanagi Y, Yoshioka Y, Kiyohara A, Tsutsumi O
Scientific reports   5 7934   2015年3月   [査読有り]
Verolet Q, Soleimanpour S, Fujisawa K, Dal Molin M, Sakai N, Matile S
ChemistryOpen   4(3) 264-267   2015年6月   [査読有り]
Younis Osama, Rokusha Yuki, Sugimoto Nana, Fujisawa Kaori, Yamada Shigeyuki, Tsutsumi Osamu
MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS   617(1) 21-31   2015年8月   [査読有り]
Fujisawa K, Humbert-Droz M, Letrun R, Vauthey E, Wesolowski TA, Sakai N, Matile S
Journal of the American Chemical Society   137(34) 11047-11056   2015年9月   [査読有り]
Nicolas Chuard, Kaori Fujisawa, Paola Morelli, Jacques Saarbach, Nicolas Winssinger, Pierangelo Metrangolo, Giuseppe Resnati, Naomi Sakai, Stefan Matile
Journal of the American Chemical Society   138(35) 11264-11271   2016年9月
© 2016 American Chemical Society. In this report, we elaborate on two new concepts to activate arginine-rich cell-penetrating peptides (CPPs). Early on, we have argued th at repulsion-driven ion-pairing interactions with anionic lipids account for...
Shigeyuki Yamada, Shigeyuki Yamada, Yuki Rokusha, Ryo Kawano, Kaori Fujisawa, Kaori Fujisawa, Osamu Tsutsumi
Faraday Discussions   196 269-283   2017年1月
© The Royal Society of Chemistry 2017. Mesogenic Au complexes with a biphenyl core were synthesized as new AIEgens, and their thermodynamic and photophysical properties were discussed. Similar to Au complexes with a phenyl core which have been rep...

Misc

 
三ッ橋史香, 藤澤香織, 堤治
現代化学   (565) 29‐33   2018年4月
藤澤 香織, 泉 祐一, 大西 佑亮, 堤 治
日本液晶学会討論会講演予稿集   2012(0) _1a10-1_-_1a10-2   2012年
Liquid-crystalline(LC) behavior and photoluminescent properties of a gold(I) complexes, 1a, 1b, 1c, and 1d were investigated. One of the complexes 1b showed enantiotropic LC phases. In addition, the complexes showed blue photoluminescence in the c...
泉 裕一, 川上 直也, 藤澤 香織, 宇野 健二朗, 堤 治
日本液晶学会討論会講演予稿集   2011(0) 130-130   2011年
窒素配位子を用いた金錯体は,分子間で金原子間の弱い相互作用により強い発光を示すことから,光デバイスやセンサーとして注目されている。この金錯体間に働く相互作用は,錯体の凝集構造に依存することが知られている。本研究では,棒状の金錯体を合成し,この液晶性と発光挙動を検討した。この結果,合成した錯体にUV光を照射すると結晶相だけでなく液晶相でも緑色の発光が観察された。錯体の発光挙動と液晶挙動について報告する。
田丸 雅一, 藤澤 香織, 堤 治
日本液晶学会討論会講演予稿集   2011(0) 129-129   2011年
金錯体は,錯体の凝集構造に依存する金原子間相互作用 (aurophilic interaction) により強い発光を示すことから,光デバイスやセンサーとして注目されている。本研究では,ピラゾール配位子に数種類のアルキル鎖を導入した三核金錯体を合成し,この液晶性と発光挙動を検討した。この結果,炭素数が5と6の錯体がエナンチオトロピック液晶性を発現し,結晶状態で発光を示した。さらに液晶状態でも赤色の発光を示し,相構造によって発光色が変化することがわかった。
田丸 雅一, 早川 敦, 藤澤 香織, 堤 治
日本液晶学会討論会講演予稿集   2010(0) PA28-PA28   2010年
 窒素配位子を用いた金錯体は,分子間で金原子間の弱い相互作用 (aurophilic interaction) により強い発光を示すことから,光デバイスやセンサーとして注目されている。この金錯体間に働く相互作用は,錯体の凝集構造に依存することが知られている。本研究では,ピラゾール配位子に数種類のアルキル鎖を導入した三核金錯体を合成し,この液晶性と発光挙動を検討した。この結果,液晶性を発現し,固体状態で730 nm 付近に発光を示し,さらに液晶状態でも目視で赤色の発光を示すことがわかった。さ...
山本 景太朗, 倉成 亜沙, 藤澤 香織, 橋新 剛, 与儀 千尋, 小島 一男, 堤 治
日本液晶学会討論会講演予稿集   2010(0) 3b08-3b08   2010年
本研究では,光応答性アゾベンゼン液晶を金ナノ微粒子に導入し,その凝集構造について検討した。この結果,光照射によって微粒子の凝集構造を可逆的に制御できることを見出した。当日は導入するアゾベンゼンリガンドの構造やサンプル調整溶媒などを変化させた時の微粒子の凝集構造について討論する。
山本 景太朗, 藤澤 香織, 堤 治, 橋新 剛, 与儀 千尋, 小島 一男
日本液晶学会討論会講演予稿集   2009(0) 186-186   2009年
いろいろな長さのスペーサーを介してアゾベンゼン液晶を金ナノ微粒子表面に結合し,液晶性や光応答性を議論した。ナノ微粒子の凝集構造についても検討する。

競争的資金等の研究課題

 
環状金錯体の液晶性と発光挙動
笹川科学研究助成: 
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 藤澤香織