日本の女性研究者

人間医工学

研究者リスト >> 清水 如代
 

清水 如代

 
アバター
研究者氏名清水 如代
所属筑波大学附属病院
部署リハビリテーション部
ORCID ID0000-0001-7491-4516

研究キーワード

 
障害者スポーツ , 脳性麻痺 , 深部静脈血栓症予防 , 上下肢切断 , 脊髄損傷 , 義肢装具学 , リハビリテーション医学

研究分野

 
  • 人間医工学 / リハビリテーション科学・福祉工学 / 
  • 外科系臨床医学 / 整形外科学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
筑波大学附属病院 リハビリテーション部 病院講師
 
2011年7月
 - 
2015年3月
茨城県立医療大学付属病院 リハビリテーション科、整形外科 講師
 

学歴

 
 
 - 
2017年3月
筑波大学大学院人間総合科学研究科疾患制御医学専攻 博士(医学)  
 
1994年4月
 - 
2000年3月
筑波大学 医学専門学群 
 

受賞

 
2017年1月
日本障害者スポーツ学会 第26回日本障害者スポーツ学会 日本障害者スポーツ学会奨励賞 緒方賞
 

論文

 
Shimizu Y, Mutsuzaki H, Torishima H, Yoshikawa K, Katane D, Takeuchi R, Mataki Y, Tokeji K, Wadano Y
European journal of physical and rehabilitation medicine   54(5) 752-756   2018年10月   [査読有り]
Kubota S, Abe T, Kadone H, Shimizu Y, Funayama T, Watanabe H, Marushima A, Koda M, Hada Y, Sankai Y, Yamazaki M
The journal of spinal cord medicine   1-9   2018年10月   [査読有り]
Tomaru Y, Yoshioka T, Sugaya H, Shimizu Y, Aoto K, Wada H, Akaogi H, Yamazaki M, Mishima H
International orthopaedics   42(7) 1623-1630   2018年7月   [査読有り]
Taguchi K, Ueno T, Shimizu Y, Ishimoto R, Hada Y
International journal of rehabilitation research. Internationale Zeitschrift fur Rehabilitationsforschung. Revue internationale de recherches de readaptation   41(2) 146-151   2018年6月   [査読有り]
Miura K, Koda M, Kadone H, Kubota S, Shimizu Y, Kumagai H, Nagashima K, Mataki K, Fujii K, Noguchi H, Funayama T, Abe T, Sankai Y, Yamazaki M
Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   52 141-144   2018年6月   [査読有り]
Kubota S, Kadone H, Shimizu Y, Hara Y, Kubo T, Watanabe H, Hada Y, Ochiai N, Sankai Y, Yamazaki M
Journal of orthopaedic surgery (Hong Kong)   26(2) 2309499018777887   2018年5月   [査読有り]
Ueno T, Hada Y, Shimizu Y, Yamada T
The International journal of neuroscience   128(6) 487-494   2018年6月   [査読有り]
Mataki Y, Kamada H, Mutsuzaki H, Shimizu Y, Takeuchi R, Mizukami M, Yoshikawa K, Takahashi K, Matsuda M, Iwasaki N, Kawamoto H, Wadano Y, Sankai Y, Yamazaki M
BMC research notes   11(1) 201   2018年3月   [査読有り]
Kubota S, Abe T, Koda M, Kadone H, Shimizu Y, Mataki Y, Noguchi H, Fujii K, Marushima A, Funayama T, Kawamoto H, Hada Y, Sankai Y, Yamazaki M
Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   50 268-271   2018年4月   [査読有り]
Mutsuzaki H, Tsunoda K, Hotta K, Yozu A, Shimizu Y, Wadano Y
Journal of physical therapy science   30(1) 63-66   2018年1月   [査読有り]
Suzuki Y, Yatoh S, Suzuki H, Tanabe Y, Shimizu Y, Hada Y, Shimano H
Journal of physical therapy science   30(1) 86-91   2018年1月   [査読有り]
Shimizu Y, Kadone H, Kubota S, Suzuki K, Saotome K, Ueno T, Abe T, Marushima A, Watanabe H, Endo A, Tsurumi K, Ishimoto R, Matsushita A, Koda M, Matsumura A, Sankai Y, Hada Y, Yamazaki M
The journal of spinal cord medicine   1-9   2018年1月   [査読有り]
Puentes S, Kadone H, Kubota S, Abe T, Shimizu Y, Marushima A, Sankai Y, Yamazaki M, Suzuki K
Frontiers in neuroscience   12 99   2018年3月   [査読有り]
Taketomi M, Shimizu Y, Kadone H, Kubota S, Abe T, Marushima A, Ueno T, Endo A, Kawamoto H, Matsumura A, Sankai Y, Hada Y, Yamazaki M
Case reports in orthopedics   2018 6171760   2018年   [査読有り]
Takeuchi R, Mutsuzaki H, Shimizu Y, Mataki Y, Tokeji K, Wadano Y
Journal of rural medicine : JRM   12(2) 63-67   2017年11月   [査読有り]
Kubota Shigeki, Hara Yuki, Shimizu Yukiyo, Kadone Hideki, Kubo Tadashi, Marushima Aiki, Ueno Tomoyuki, Kawamoto Hiroaki, Koda Masao, Matsumura Akira, Hada Yasushi, Sankai Yoshiyuki, Yamazaki Masashi
INTERDISCIPLINARY NEUROSURGERY-ADVANCED TECHNIQUES AND CASE MANAGEMENT   10 66-68   2017年12月   [査読有り]
Tokeji K, Mutsuzaki H, Shimizu Y, Takeuchi R, Mataki Y, Wadano Y
Journal of rural medicine : JRM   12(2) 85-90   2017年11月   [査読有り]
Takeuchi R, Mutsuzaki H, Shimizu Y, Mataki Y, Kamada H
Journal of rural medicine : JRM   12(2) 120-125   2017年11月   [査読有り]
Shimizu Y, Mutsuzaki H, Maezawa T, Idei Y, Takao K, Takeuchi R, Onishi S, Hada Y, Yamazaki M, Wadano Y
Prosthetics and orthotics international   41(5) 522-526   2017年10月   [査読有り]
Watanabe H, Marushima A, Kawamoto H, Kadone H, Ueno T, Shimizu Y, Endo A, Hada Y, Saotome K, Abe T, Yamazaki M, Sankai Y, Ishikawa E, Matsumura A
The journal of spinal cord medicine   1-7   2017年10月   [査読有り]
Shimizu Y, Kamada H, Sakane M, Aikawa S, Mutsuzaki H, Tanaka K, Mishima H, Kanamori A, Nishino T, Ochiai N, Yamazaki M
Journal of orthopaedic surgery (Hong Kong)   25(3) 2309499017739477   2017年9月   [査読有り]
Tsunoda K, Mutsuzaki H, Hotta K, Shimizu Y, Kitano N, Wadano Y
Journal of physical therapy science   29(9) 1497-1501   2017年9月   [査読有り]
Ikumi A, Kubota S, Shimizu Y, Kadone H, Marushima A, Ueno T, Kawamoto H, Hada Y, Matsumura A, Sankai Y, Yamazaki M
The journal of spinal cord medicine   40(5) 573-578   2017年9月   [査読有り]
Makihara T, Kadone H, Onishi S, Kubota S, Hada Y, Shimizu Y, Kawamoto H, Sankai Y, Yamazaki M
Journal of orthopaedic surgery (Hong Kong)   25(3) 2309499017727951   2017年9月   [査読有り]
Shimizu Y, Kadone H, Kubota S, Ikumi A, Abe T, Marushima A, Ueno T, Endo A, Kawamoto H, Saotome K, Matsushita A, Matsumura A, Sankai Y, Hada Y, Yamazaki M
The journal of spinal cord medicine   40(4) 456-462   2017年7月   [査読有り]
Shimizu Y, Nakai K, Kadone H, Yamauchi S, Kubota S, Ueno T, Marushima A, Hiruta K, Endo A, Kawamoto H, Matsumura A, Sankai Y, Hada Y, Yamazaki M
The journal of spinal cord medicine   41(6) 1-8   2017年5月   [査読有り]
Kubota S, Abe T, Kadone H, Fujii K, Shimizu Y, Marushima A, Ueno T, Kawamoto H, Hada Y, Matsumura A, Sankai Y, Yamazaki M
The journal of spinal cord medicine   1-9   2017年4月   [査読有り]
Shimizu Y, Kadone H, Kubota S, Suzuki K, Abe T, Ueno T, Soma Y, Sankai Y, Hada Y, Yamazaki M
Frontiers in neuroscience   11 649   2017年11月   [査読有り]
Shimizu Y, Mutsuzaki H, Tachibana K, Tsunoda K, Hotta K, Fukaya T, Ikeda E, Yamazaki M, Wadano Y
Journal of back and musculoskeletal rehabilitation   30(3) 427-434   2017年   [査読有り]
A novel apparatus for active leg exercise improves venous flow in the lower extremity.
Shimizu Y, Kamada H, Sakane M, Aikawa S, Mutsuzaki H, Tanaka K, Mishima H, Ochiai N, Yamazaki M
The Journal of sports medicine and physical fitness   56(12) 1592-1597   2016年12月   [査読有り]
Tsunoda K, Mutsuzaki H, Hotta K, Tachibana K, Shimizu Y, Fukaya T, Ikeda E, Wadano Y
Journal of back and musculoskeletal rehabilitation   29(4) 795-800   2016年11月   [査読有り]
Kawamura H, Mishima H, Sugaya H, Nishino T, Shimizu Y, Miyakawa S
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   21(3) 342-347   2016年5月   [査読有り]
Tanaka K, Kamada H, Shimizu Y, Aikawa S, Irie S, Ochiai N, Sakane M, Yamazaki M
Journal of physical therapy science   28(3) 1050-1054   2016年3月   [査読有り]
Tanaka K, Kamada H, Shimizu Y, Aikawa S, Nishino T, Ochiai N, Sakane M, Yamazaki M
Journal of rural medicine : JRM   11(1) 11-16   2016年   [査読有り]
Shimizu K, Kameda H, Kawamura H, Makihara T, Shimizu Y
Journal of rural medicine : JRM   10(1) 43-47   2015年   [査読有り]
Mori T, Tanaka Y, Mito M, Yoshikawa K, Katane D, Torishima H, Shimizu Y, Hara Y
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference   2014 1218-1221   2014年   [査読有り]
Sugaya H, Mishima H, Aoto K, Li M, Shimizu Y, Yoshioka T, Sakai S, Akaogi H, Ochiai N, Yamazaki M
European journal of orthopaedic surgery & traumatology : orthopedie traumatologie   24(5) 671-678   2014年7月   [査読有り]
Nishino T, Mishima H, Kawamura H, Shimizu Y, Miyakawa S, Ochiai N
The Journal of arthroplasty   28(10) 1736-1740   2013年12月   [査読有り]
Mori T, Tanaka Y, Yoshikawa K, Katane D, Torishima H, Shimizu Y, Hara Y
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference   2013 882-885   2013年   [査読有り]

Misc

 
宮本美沙, 出井裕司, 横張和壽, 清水朋枝, 清水如代
POアカデミージャーナル   26(Suppl.) 198‐199-199   2018年6月
六崎裕高, 和田野安良, 橘香織, 清水如代, 堀田和司
デサントスポーツ科学   39 69‐75-75   2018年5月
車椅子バスケットボール日本代表選手(男子:14-20名、女子:18-21名)を対象に、障害のクラス分けと皮下軟部組織損傷:deep tissueinjury(DTI)・肩関節痛といった二次障害、睡眠・栄養といったコンディショニングとの関連を調査した。DTIは超音波検査で評価し、肩関節痛はwheelchair user's shoulder pain index(WUSPI)を用いた。睡眠調査は、ピッツバーグ睡眠質問紙票日本語版(PSQI-J)を用い、栄養評価は、食物摂取頻度調査(FFQg ...
山崎正志, 久保田茂希, 門根秀樹, 清水如代, 安部哲哉, 國府田正雄
整形外科   69(6) 628‐634   2018年5月
久保田茂希, 久保田茂希, 清水如代, 門根秀樹, 安部哲哉, 國府田正雄, 山崎正志
関節外科   37(5) 455‐467-467   2018年5月
ロボットスーツHALは、ヒトの動作をリアルタイムに補助できる外骨格装着型動作支援ロボットである。筆者らは、術後急性期および慢性期における圧迫性脊髄症に対してHALを用いた動作訓練を実施し、歩行能力を中心とした運動機能の改善を得ている。今後も、脊椎・脊髄疾患を中心とする運動器疾患に対してHAL訓練の効果を検証するとともに、その効果メカニズムの解明も取り組むべき課題であると考える。(著者抄録)
上野友之, 清水如代, 清水朋江, 石川公久, 羽田康司, 山崎正志
関節外科   37(5) 480‐487-487   2018年5月
痙直型脳性麻痺患者7名に対し、HALを用いた歩行機能練習を実施した。重篤な有害事象の出現なく、全例が装着下での歩行練習の実施が可能であった。全例で歩行速度の改善が認められ、歩容の改善が認められた。HALを用いた歩行機能練習は、痙直型脳性麻痺患者においても有効である可能性がある。(著者抄録)
清水如代, 門根秀樹, 久保田茂希, 安部哲哉, 羽田康司, 山崎正志
関節外科   37(5) 496‐508-508   2018年5月
ロボットスーツHAL(Hybrid Assistive Limb)は、微弱な神経筋活動を感知することができる生体電位センサをもつサイボーグ型ロボットである。他のロボットにない生体電位センサに着目し、慢性期脊髄損傷完全四肢および対麻痺患者に対する麻痺肢訓練のため、麻痺肢以外の随意的筋活動をトリガーとしたheterotopic Triggered HALmethod(T-HAL法)を開発したため、概説する。(著者抄録)
牧原武史, 門根秀樹, 大西信三, 久保田茂希, 清水如代, 山崎正志
関節外科   37(5) 510‐519-519   2018年5月
「肩HAL」は能動的な意思を反映し、肩関節の挙上動作を補助する。中枢系と末梢系のバイオフィードバックを通じ、肩関節周囲筋群の連携・複合動作を改善することを狙いとしている。健常者での安全性・有効性を確認し、頸髄不全損傷によるC5麻痺患者において良好な経過を得た。今後は、生理的な挙上動作に近づけるべくデバイスの最適化が課題である。(著者抄録)
【脊柱靱帯骨化症研究の進歩】術後評価 脊柱靱帯骨化症に伴う急性および慢性脊髄障害に対するロボットスーツを用いた機能回復治療
山崎 正志, 久保田 茂希, 門根 秀樹, 清水 如代, 安部 哲哉, 國府田 正雄
整形外科   69(6) 628-634   2018年5月
安部哲哉, 久保田茂希, 藤井賢吾, 三浦紘世, 長島克弥, 熊谷洋, 俣木健太朗, 清水如代, 羽田康治, 野口裕史, 船山徹, 関根秀樹, 國府田正雄, 山崎正志
Journal of Spine Research   9(3) 351   2018年3月
清水如代, 清水如代, 門根秀樹, 門根秀樹, 久保田茂希, 安部哲哉, 上野友之, 羽田康司, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   92(2) S36-S36   2018年3月
安部哲哉, 久保田茂希, 藤井賢吾, 三浦紘世, 長島克弥, 熊谷洋, 俣木健太朗, 野口裕史, 船山徹, 清水如代, 羽田康司, 門根秀樹, 山海嘉之, 國府田正雄, 山崎正志
Journal of Spine Research   9(3) 509-509   2018年3月
門根秀樹, 久保田茂希, 清水如代, 安部哲哉, 羽田康司, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   92(2) S36-S36   2018年3月
久保田茂希, 久保田茂希, 安部哲哉, 清水如代, 門根秀樹, 船山徹, 國府田正雄, 羽田康司, 菅谷久, 菅谷久, 吉岡友和, 吉岡友和, 山海嘉之, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   92(2) S37   2018年3月
俣木優輝, 六崎裕高, 鎌田浩史, 中川将吾, 竹内亮子, 清水如代, 水上昌文, 岩崎信明, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   92(2) S38-S38   2018年3月
俣木優輝, 六崎裕高, 鎌田浩史, 中川将吾, 竹内亮子, 清水如代, 水上昌文, 岩崎信明, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   92(2) S37-S37   2018年3月
重度歩行障害を呈する頸・胸椎後縦靱帯骨化症術後急性期におけるロボットスーツHALを用いた治療
久保田 茂希, 安部 哲哉, 清水 如代, 門根 秀樹, 船山 徹, 國府田 正雄, 羽田 康司, 菅谷 久, 吉岡 友和, 山海 嘉之, 山崎 正志
日本整形外科学会雑誌   92(2) S37-S37   2018年3月
頸椎OPLL術後の脊髄萎縮に伴う慢性増悪に対するロボットリハビリテーション
安部 哲哉, 久保田 茂希, 藤井 賢吾, 三浦 紘世, 長島 克弥, 熊谷 洋, 俣木 健太朗, 清水 如代, 羽田 康治, 野口 裕史, 船山 徹, 門根 秀樹, 國府田 正雄, 山崎 正志
Journal of Spine Research   9(3) 351-351   2018年3月
鶴卷俊江, 清水朋枝, 石川公久, 清水如代, 上野友之, 羽田康司
国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌   39th 56‐59-59   2018年3月
清水朋枝, 石川公久, 鶴巻俊江, 清水如代, 上野友之, 羽田康司, 大河内崇宏
国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌   39th 7‐10-10   2018年3月
2016年1月〜2017年5月に退院した、気管切開(気切)かつ人工呼吸器管理・経管栄養を必要とした6例を対象に、退院時移動支援として理学療法士(PT)が介入した項目を後方視的にまとめた。退院時年齢は5ヵ月〜1歳1ヵ月であり、全例気切で退院時には人工呼吸器、吸引器、モニター、アンビューバッグ、経管栄養が必要であり、4例は酸素も併用であった。各例退院前19〜52日の間に移動に関しての退院支援プログラムを行い、PTが介入し実施した項目は呼吸器搭載台付バギーの選定、バギーへの移乗練習、バギーに必要...
晝田佳世, 中川のりこ, 岡本善敬, 清水如代, 上野友之, 石川公久, 羽田康司
国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌   39th 114‐116-116   2018年3月
2015年4月〜2016年3月に乳房全摘術を行った70歳未満の62例(全例女、平均年齢54±13歳)を、術側肩関節可動域屈曲または外転160°未満(難渋例)と屈曲・外転160°以上の2群に分け、難渋例に関与する因子を診療録より後方視的に調査した。難渋例を従属変数、各項目を独立変数とする多重ロジスティック回帰分析の結果、郭清の有無と未成年の子の有無が選択され、判別的中率は72.6%であった。未成年の子がいない患者とリンパ節郭清を行っている患者は難渋例となる可能性があり、術側上肢の使用頻度を下...
丸島愛樹, 丸島愛樹, 河本浩明, 上野友之, 上野友之, 松下明, 松下明, 五月女康作, 五月女康作, 門根秀樹, 門根秀樹, 渡邉大貴, 渡邉大貴, 羽田康司, 羽田康司, 遠藤歩, 清水如代, 清水如代, 晝田佳世, 廣瀬聖一郎, 石川公久, 中井啓, 鶴田和太郎, 滝川知司, 伊藤嘉朗, 鶴嶋英夫, 山本哲哉, 井上貴昭, 山崎正志, 山崎正志, 松村明
脳卒中   40(2) 112‐116(J‐STAGE)-116   2018年3月
脳卒中急性期において、ロボットスーツHALが効果的な病態を把握するために、HAL介入試験のプロトコルの実行可能性と安全性を評価するとともに、HALによる介入効果を検証した。【方法】脳卒中急性期患者36例に対し、HALの段階的治療プログラムの実行可能性と安全性、および身体機能、日常生活動作の評価を行った。【結果】HAL介入前後において、歩行速度、12段階片麻痺機能評価、NIHSS、Barthel index、motor FIMの有意な改善を認めた。それらは、HALによる歩行動作介入の開始と、...
渡邉大貴, 丸島愛樹, 上野友之, 門根秀樹, 清水如代, 羽田康司, 河本浩明, 山崎正志, 石川栄一, 松村明
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(秋季特別号) S221-S221   2017年9月
岩渕慎也, 相馬裕一郎, 岸本圭司, 萩野谷歩, 遠江朋子, 森利雄, 高原亮, 石川公久, 清水如代, 鎌田浩史, 金森章浩, 羽田康司, 山崎正志
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(秋季特別号) S329-S329   2017年9月
石本立, 石本立, 辰村正紀, 武井隼児, 芋生祥之, 藤本泰毅, 蒲田久典, 江藤文彦, 塚越祐太, 清水如代, 小川健, 万本健生, 平野篤
日本臨床スポーツ医学会誌   25(4) S259-S259   2017年10月
加藤直志, 上野友之, 寺元洋平, 塩見智亜希, 鈴木菜摘, 神野直美, 遠藤歩, 鶴見一恵, 清水如代, 菅野直美
嚥下医学   6(2) 253‐254-254   2017年9月
PUENTES Sandra, 門根秀樹, 久保田茂希, 清水如代, 安部哲哉, 丸島愛樹, 鈴木健嗣, 羽田康司, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1752-S1752   2017年8月
清水如代, 門根秀樹, 久保田茂希, 安部哲哉, 上野友之, 羽田康司, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1752   2017年8月
俣木優輝, 六崎裕高, 鎌田浩史, 清水如代, 岩崎信明, 水上昌文, 竹内亮子, 和田野安良, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1831-S1831   2017年8月
門根秀樹, 清水如代, 久保田茂希, 中山敬太, 安部哲哉, 上野友之, 羽田康司, 鈴木健嗣, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1830-S1830   2017年8月
久保田茂希, 安部哲哉, 清水如代, 門根秀樹, 藤井賢吾, 船山徹, 野口裕史, 三浦紘世, 羽田康司, 菅谷久, 吉岡友和, 山海嘉之, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1750   2017年8月
上野友之, 清水如代, 門根秀樹, 石川公久, 河本浩明, 鎌田浩史, 大戸達之, 丸島愛樹, 羽田康司, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1558-S1558   2017年8月
牧原武史, 伊藤美有紀, 門根秀樹, 大西信三, 久保田茂希, 羽田康司, 清水如代, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1559-S1559   2017年8月
頸・胸椎後縦靱帯骨化症に伴う重度歩行障害に対するロボットスーツHALによる新たな治療
久保田 茂希, 安部 哲哉, 清水 如代, 門根 秀樹, 藤井 賢吾, 船山 徹, 野口 裕史, 三浦 紘世, 羽田 康司, 菅谷 久, 吉岡 友和, 山海 嘉之, 山崎 正志
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1750-S1750   2017年8月
頸髄損傷に伴う四肢完全麻痺患者に対する上肢単関節HALを用いた肘関節機能回復治療
清水 如代, 門根 秀樹, 久保田 茂希, 安部 哲哉, 上野 友之, 羽田 康司, 山崎 正志
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1752-S1752   2017年8月
竹内亮子, 六崎裕高, 俣木優輝, 清水如代, 鎌田浩史, 和田野安良
日本脳性麻痺の外科研究会誌   27 111‐116   2017年7月
清水如代, 門根秀樹, 久保田茂希, 安部哲哉, 上野友之, 羽田康司, 山崎正志
関節外科   36(5) 541‐550-550   2017年5月
脳性麻痺の股関節脱臼と側彎症との関連について
竹内 亮子, 六崎 裕高, 俣木 優輝, 清水 如代, 鎌田 浩史, 和田野 安良
日本脳性麻痺の外科研究会誌   27 111-116   2017年7月
脳性麻痺の股関節脱臼・亜脱臼に対して手術を行った17例の側彎変形について報告する。初診時平均年齢6.7歳、最終平均年齢13.6歳、平均観察期間8.1年、病型分類は痙直性四肢麻痺12例、痙直性両麻痺5例、GMFCSレベルIII3例、IV2例、V12例であった。最終調査時Cobb角20度未満8例、20度以上が9例であった。そのうち6例はCobb角60度以上であった。Cobb角が20度未満の8症例は、GMFCSIII3例、IV1例、V4例であり、IV、Vの症例は全例股関節の脱臼・亜脱臼の進行は少...
久保田茂希, 安部哲哉, 清水如代, 門根秀樹, 藤井賢吾, 船山徹, 野口裕史, 三浦紘世, 羽田康司, 菅谷久, 吉岡友和, 山海嘉之, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   91(8) S1831-S1831   2017年8月
久保田茂希, 安部哲哉, 藤井賢吾, 船山徹, 野口裕史, 中山敬太, 三浦紘世, 門根秀樹, 清水如代, 羽田康司, 山崎正志
Journal of Spine Research   8(3) 422-422   2017年3月
久保田茂希, 安部哲哉, 藤井賢吾, 船山徹, 野口裕史, 三浦紘世, 門根秀樹, 清水如代, 羽田康司, 山崎正志
Journal of Spine Research   8(3) 205-205   2017年3月
上肢単関節HALによる肩関節リハビリテーションを行った外傷性頸髄損傷不全麻痺の1例
久保田 茂希, 門根 秀樹, 清水 如代, 河本 浩明, 羽田 康司, 山崎 正志
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(特別号) 2-P1   2017年5月
久保田茂希, 久保田茂希, 安部哲哉, 藤井賢吾, 船山徹, 野口裕史, 中山敬太, 三浦紘世, 門根秀樹, 清水如代, 羽田康司, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   91(3) S1147-S1147   2017年3月
久保田茂希, 久保田茂希, 安部哲哉, 藤井賢吾, 船山徹, 野口裕史, 中山敬太, 三浦紘世, 門根秀樹, 清水如代, 羽田康司, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   91(3) S1148-S1148   2017年3月
山内駿介, 清水如代, 門根秀樹, 久保田茂希, 羽田康司, 山崎正志
日本脊髄障害医学会誌   30(1) 98‐99-99   2017年5月
症例は約19年前に受傷した脊髄損傷患者(40代男性)で、脊髄硬膜動静脈瘻(SDAVF)を発症した。シャント術を行い術後リハビリテーションにより麻痺は徐々に回復したが、術後3ヵ月以降は変化がなかったため、術後半年にHybrid Assistive Limb(HAL)による介入を行った。介入前の歩行能力は近位監視下の両長下肢装具・両ロフストランド杖使用で数メートルであった。HALの歩行訓練時間約20分、歩行練習は週1〜2回、計10回で、前半5回は通常理学療法を併用した。その結果、10m歩行速度...
俣木優輝, 六崎裕高, 鎌田浩史, 清水如代, 水上昌文, 岩崎信明, 竹内亮子, 和田野安良, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   91(2) S29-S29   2017年3月
萩野谷歩, 清水如代, 清水如代, 西野衆文, 岸本圭司, 鈴木康裕, 吉岡友和, 菅谷久, 吉沢知宏, 三島初, 山崎正志
日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   44th 662   2017年
鈴木康裕, 鈴木康裕, 鈴木康裕, 清水如代, 清水如代, 岩渕慎也, 遠藤悠介, 遠藤悠介, 田邉裕基, 加藤秀典, 加藤秀典, 羽田康司, 羽田康司
日本理学療法学術大会(Web)   52nd(Suppl.2) ROMBUNNO.P‐SP‐11‐4(J‐STAGE)-SP   2017年4月
<p>【はじめに,目的】バランス能力の定義は,静的と動的に大別できるが,アスリートの競技パフォーマンスと関連するのは,動的バランスと考えられている。我々は,重心動揺計を用いた姿勢安定度評価指標(以下IPS),その修正版である修正IPS(以下MIPS),また片脚立ちを,動的バランスと定義しているが,MIPSの測定方法である閉眼および軟面上立位で行う2重課題に注目している。MIPSは視覚および感覚の負荷が同時にかかる難度の高いバランス検査であり,より高度なバランス能力を要求されるアスリートに適...
清水如代, 門根秀樹, 久保田茂希, 羽田康司, 山崎正志
日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集   52nd 110   2017年
五月女康作, 松下明, 丸島愛樹, 清水如代, 上野友之, 羽田康司, 増本智彦, 鶴嶋英夫, 山崎正志, 山海嘉之, 松村明
日本神経放射線学会プログラム・抄録集   46th 97   2017年
久保田茂希, 安部哲哉, 清水如代, 門根秀樹, 国府田正雄, 山崎正志
日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集   52nd 231   2017年
萩野谷歩, 清水如代, 清水如代, 岸本圭司, 西野衆文, 吉岡友和, 菅谷久, 三島初, 羽田康司, 羽田康司, 山崎正志
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(Supplement) S1121(J‐STAGE)-P2K   2017年5月
岩渕慎也, 鈴木康裕, 高木祥, 野津将時郎, 石川公久, 清水如代, 上野友之, 羽田康司
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(Supplement) S1365(J‐STAGE)-P1K   2017年5月
門根秀樹, 清水如代, 久保田茂希, 上野友之, 羽田康司, 鈴木健嗣, 山崎正志
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(Supplement) S1175(J‐STAGE)-P2K   2017年5月
伊藤美有紀, 牧原武史, 門根秀樹, 大西信三, 清水如代, 清水如代, 羽田康司, 羽田康司, 山崎正志
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(Supplement) S719(J‐STAGE)-P2K   2017年5月
清水如代, 門根秀樹, 久保田茂希, 久保田茂希, 上野友之, 丸島愛樹, 相馬裕一郎, 遠藤歩, 鶴見一恵, 河本浩明, 羽田康司, 山崎正志
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(Supplement) S1276(J‐STAGE)-5   2017年5月
渡慶次香代, 六崎裕高, 清水如代, 竹内亮子, 俣木優輝, 和田野安良
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(Supplement) S391(J‐STAGE)-6   2017年5月
鶴見一恵, 羽田康司, 遠藤歩, 清水如代, 上野友之
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(Supplement) S1033(J‐STAGE)-P1   2017年5月
久保田茂希, 久保田茂希, 門根秀樹, 清水如代, 河本浩明, 羽田康司, 山崎正志
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(Supplement) S1015(J‐STAGE)   2017年
丸島愛樹, 丸島愛樹, 上野友之, 羽田康司, 羽田康司, 清水如代, 清水如代, 遠藤歩, 鶴見一恵, 門根秀樹, 中井啓, 中井啓, 松下明, 松下明, 山崎正志, 山崎正志
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(Supplement) S953(J‐STAGE)-7   2017年5月
久保匡史, 清水如代, 渡邉麗子, 遠藤歩, 鶴見一恵, 上野友之, 石川公久, 羽田康司
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(Supplement) S1385(J‐STAGE)-P1K   2017年5月
河村春生, 清水如代, 山本晴楽, 渡邊保彦
日本人工関節学会誌   46 311‐312-312   2016年12月
変形性膝関節症に対して初回人工膝関節全置換術(TKA)を施行し、術後2年以上経過した284膝(男性42膝、女性242膝、手術時平均年齢74歳)を対象に、手術前後の膝関節可動域(ROM)変化に影響する要因について検討した。その結果、TKAによるROM変化に影響する要因は術前ROMであり、その他の関与は少ないと考えられた。
竹内 亮子, 六崎 裕高, 俣木 優輝, 清水 如代, 鎌田 浩史, 和田野 安良
日本脳性麻痺の外科研究会誌   27 111-116   2017年
日浅健太, 清水如代, 石川公久, 羽田康司
茨城県作業療法士会機関誌   13(13) 98-98   2016年12月
山口礼乃, 岩渕慎也, 岸本圭司, 石川公久, 清水如代, 上野友之, 羽田康司
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(Supplement) S1119(J‐STAGE)-P2K   2017年5月
清水如代, 門根秀樹, 羽田康司, 出井裕司, 岸本圭司, 久保田茂希, 上野友之, 山崎正志
日本義肢装具学会誌   32 ROMBUNNO.2‐3‐10   2016年9月
渡邉麗子, 上野友之, 山本健寛, 下柿元智也, 出井裕司, 清水如代, 鈴木健嗣, 羽田康司
日本義肢装具学会誌   32 ROMBUNNO.1‐4‐7   2016年9月
門根秀樹, 久保田茂希, 清水如代, 安部哲哉, 羽田康司, 山崎正志
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   34th ROMBUNNO.2W1‐04   2016年9月
田中健太, 鎌田浩史, 清水如代, 坂根正孝, 落合直之, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   90(8) S1636-S1636   2016年8月
六崎裕高, 和田野安良, 清水如代, 橘香織, 堀田和司, 深谷隆史, 池田英治
日本整形外科スポーツ医学会雑誌   36(4) 303   2016年8月
久保田茂希, 安部哲哉, 清水如代, 門根秀樹, 藤井賢吾, 羽田康司, 菅谷久, 吉岡友和, 山海嘉之, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   90(8) S1629-S1629   2016年8月
門根秀樹, 久保田茂希, 清水如代, 安部哲哉, 羽田康司, 山海嘉之, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   90(8) S1743-S1743   2016年8月
牧原武史, 門根秀樹, 大西信三, 久保田茂希, 羽田康司, 清水如代, 山崎正志
日本整形外科学会雑誌   90(8) S1810-S1810   2016年8月
角南貴大, 田中健太, 鎌田浩史, 塚越祐太, 都丸洋平, 竹内亮子, 清水如代, 中川将吾, 宮川俊平, 山崎正志
東日本整形災害外科学会雑誌   28(3) 392-392   2016年8月
久保田茂希, 安部哲哉, 藤井賢吾, 門根秀樹, 丸島愛樹, 松村明, 清水如代, 羽田康司, 山崎正志
脊椎脊髄ジャーナル   29(7) 715‐722-722   2016年7月
パラリンピックメディカルサポート チームドクター 車椅子バスケットボールにおける競技力向上と2次障害予防のための支援体制構築の取り組み
六崎 裕高, 和田野 安良, 清水 如代, 橘 香織, 堀田 和司, 深谷 隆史, 池田 英治
日本整形外科スポーツ医学会雑誌   36(4) 303-303   2016年8月
上肢単関節HALによる機能回復治療を行ったC4頸髄損傷四肢麻痺の1例
清水 如代, 久保田 茂希, 門根 秀樹, 羽田 康司, 遠藤 歩, 上野 友之, 河本 浩明, 丸島 愛樹, 山崎 正志
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   (JARM2016) I457-I457   2016年6月
上野友之, 門根秀樹, 清水如代, 清水如代, 石川公久, 河本浩明, 丸島愛樹, 鎌田浩史, 大戸達之, 室井愛, 羽田康司, 山崎正志, 山崎正志, 松村明
小児の脳神経   41(1) 71   2016年5月
近未来の小児神経外科 脳性麻痺患者の歩行獲得に向けた装着型ロボットHALを用いた歩行訓練
上野 友之, 門根 秀樹, 清水 如代, 石川 公久, 河本 浩明, 丸島 愛樹, 鎌田 浩史, 大戸 達之, 室井 愛, 羽田 康司, 山崎 正志, 松村 明
小児の脳神経   41(1) 71-71   2016年5月
腕神経叢損傷に対する上肢単関節HALを用いたリハビリテーションの試み
久保田 茂希, 原 友紀, 久保 匡史, 清水 如代, 山崎 正志
日本手外科学会雑誌   33(1) S260-S260   2016年4月
河村春生, 清水如代, 渡邊保彦, 山本晴楽
日本人工関節学会プログラム・抄録集   46th 384   2016年
清水如代, 門根秀樹, 久保田茂希, 安部哲哉, 羽田康司, 山崎正志
日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集   51st 219   2016年
久保田茂希, 安部哲哉, 藤井賢吾, 清水如代, 羽田康司, 山崎正志
日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集   51st 217   2016年
萩野谷歩, 清水如代, 清水如代, 西野衆文, 岸本圭司, 吉岡友和, 菅谷久, 吉沢知宏, 三島初, 山崎正志
日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   43rd 730   2016年
久保田茂希, 安部哲哉, 藤井賢吾, 清水如代, 羽田康司, 山崎正志
日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集   51st 91   2016年
清水如代, 門根秀樹, 羽田康司, 山崎正志
日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集   51st 218   2016年
門根秀樹, 門根秀樹, 久保田茂樹, 清水如代, 安部哲哉, 羽田康司, 山崎正志
日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集   51st 217   2016年
伊藤美有紀, 羽田康司, 清水如代, 石川公久, 小野恵美
日本作業療法学会抄録集(CD-ROM)   50th ROMBUNNO.OL‐3‐3-3   2016年9月
山内駿介, 清水如代, 門根秀樹, 久保田茂希, 羽田康司, 山崎正志
日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集   51st 218   2016年
上野友之, 石川公久, 清水朋枝, 鶴巻俊江, 遠藤歩, 大戸達之, 丸島愛樹, 清水如代, 門根秀樹, 羽田康司
リハビリテーション・ケア合同研究大会   2016 202   2016年
亀田裕美, 久保田茂希, 清水如代, 原友紀, 羽田康司
日本作業療法学会抄録集(CD-ROM)   50th ROMBUNNO.PD‐2‐3B-2   2016年9月
清水如代, 門根秀樹, 羽田康司, 出井裕司, 岸本圭司, 上野友之, 山崎正志
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   53(Supplement) I236(J‐STAGE)-I236   2016年6月
中川のりこ, 羽田康司, 石川公久, 穂坂翔, 齋藤恵理, 篠崎千春, 清水如代
リハビリテーション・ケア合同研究大会   2016 272   2016年
野澤大輔, 日置繁, 羽田康司, 清水如代, 上野友之, 原友紀, 坂根正孝, 山崎正志
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   53(Supplement) I279(J‐STAGE)-I279   2016年6月
亀田裕美, 上野友之, 塩見耕平, 丸山剛, 清水如代, 羽田康司, 山崎正志
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   53(Supplement) I356(J‐STAGE)-I356   2016年6月
湯原民, 清水如代, 谷詩織, 田邉裕基, 石川公久, 上野友之, 羽田康司, 羽田康司, 山崎正志, 山崎正志
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   53(Supplement) I387(J‐STAGE)-I387   2016年6月
上野友之, 門根秀樹, 清水如代, 河本浩明, 丸島愛樹, 羽田康司, 山崎正志
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   53(Supplement) I22(J‐STAGE)-I22   2016年6月
田中健太, 相川志都, 鎌田浩史, 清水如代, 山崎正志
静脈学(Web)   27(2) 153(J‐STAGE)-153   2016年5月
竹内亮子, 六崎裕高, 俣木優輝, 清水如代, 鎌田浩史, 和田野安良
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   53(Supplement) I72(J‐STAGE)-I72   2016年6月
久保田茂希, 久保田茂希, 清水如代, 原友紀, 門根秀樹, 門根秀樹, 菅谷久, 菅谷久, 吉岡友和, 吉岡友和, 羽田康司, 山崎正志
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   53(Supplement) I296(J‐STAGE)-I296   2016年6月
和田野安良, 六崎裕高, 清水如代, 堀田和司, 石田菜月, 橘香織, 愛知裕子
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   53(Supplement) S364(J‐STAGE)   2016年

書籍等出版物

 
スポーツ科学・医学大事典 スポーツ整形外科学-理論と実践- ギャレット/スピーア/カーケンダル編 福林徹/渡邊好博監訳
清水 如代 (担当:共訳, 範囲:第38章膝後外側損傷p.528-p.537)
西村書店   2010年9月   

講演・口頭発表等

 
Hetrotopic triggered HAL method for patients with complete quadriplegia
Yukiyo Shimizu, Hideki Kadone, Shigeki Kubota, Kenji Suzuki, Tetsuya Abe, Tomoyuki Ueno, Yasushi Hada, Masashi Yamazaki
The 12th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM 2018)   2018年7月12日   
Leg Exerxise Apparatus (LEX) for venous thromboembolism prophylaxis is feasible for patients who underwent total joint arthroplasty of the lower extremities
Yukiyo Shimizu, Kenta Tanaka, Hiroshi Kamada, Shizu Aikawa, Hajime Mishima, Akihiro Kanamori, Tomofumi Nishino, Masashi Yamazaki
The 12th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM 2018)   2018年7月8日   
Voluntary elbow extension-flexion training using single joint hybrid assistive limb (HAL) for spastic cerebral palsy patients
Yukiyo Shimizu, Hideki Kadone, Shigeki Kubota, Tomoyuki Ueno, Yasushi Hada, Masashi Yamazaki
The 12th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM 2018)   2018年7月8日   
User-oriented novel electric upper limb prosthesis with flexible sensors for detecting skin deformation
Yukiyo Shimizu, Kenichi Yoshikawa, Daisuke Katane, Hiroyuki Torishima, Takahiko Mori, Yuki Hara, Arito Yozu, Hirotaka Mutsuzakiい
The 12th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM 2018)   2018年7月8日   
Voluntary elbow flexion is possible in patients with complete quadriplegia due to C4 cervical cord injury using Hybrid Assistive Limb (HAL®) technology.
Yukiyo Shimizu, Hideki Kadone, Shigeki Kubota, Tetsuya Abe, Toru Funayama, Yasushi Hada, Masashi Yamazaki
The 12th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM 2018)   2017年7月26日   

担当経験のある科目

 
  • 運動器リハビリテーション (筑波大学)
  • リハビリテーション概論 (茨城県立医療大学)

所属学協会

 
日本小児整形外科学会 , 日本褥瘡学会 , 日本義肢装具学会 , 日本脊髄障害医学会 , 日本整形外科学会 , 日本リハビリテーション医学会

特許

 
清水 如代, 山崎 正志, 鎌田 浩史, 田中 健太, 水越 紀二, 水越 力
清水 如代, 六▲崎▼ 裕高, 和田野 安良, 竹内 亮子, 吉川 憲一, 片根 大輔, 鳥島 博之
清水 如代, 六▲崎▼ 裕高, 和田野 安良, 竹内 亮子, 前沢 孝之, 高尾 和弥, 出井 裕司
六崎 裕高, 和田野 安良, 清水 如代, 竹内 亮子
落合 直之, 坂根 正孝, 鎌田 浩史, 清水 如代

その他

 
2013年3月   日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
2011年1月   日本整形外科学会整形外科専門医