日本の女性研究者

生物分子科学

研究者リスト >> 神谷 由紀子
 

神谷 由紀子

 
アバター
研究者氏名神谷 由紀子
eメールyukikokchembio.nagoya-u.ac.jp
所属名古屋大学
部署大学院工学研究科 生命分子工学専攻 分子生命化学
職名准教授
学位博士(薬学)(名古屋市立大学)
科研費研究者番号00527947
ORCID ID0000-0001-7582-3886

研究キーワード

 
結晶構造解析 , NMR , 品質管理 , 細胞内輸送 , 核酸医薬 , 核酸化学 , 糖鎖 , siRNA , miRNA , RNAi , RNA結合タンパク質 , レクチン

研究分野

 
  • 生物科学 / 構造生物化学 / 
  • 薬学 / 生物系薬学 / 
  • 薬学 / 創薬化学 / 
  • 複合化学 / 生体関連化学 / Bio-functional chemistry
  • 生体分子科学 / ケミカルバイオロジー / Chemical biology

経歴

 
2008年4月
 - 
2009年3月
自然科学研究機構 分子科学研究所 IMSフェロー
 
2009年4月
 - 
2011年12月
自然科学研究機構 分子科学研究所 特任助教
 
2012年1月
 - 
2013年3月
名古屋大学 大学院工学研究科 物質制御工学専攻 有機材料設計 助教
 
2013年4月
 - 
2014年3月
名古屋大学 エコトピア科学研究所 環境システム・リサイクル科学研究部門 講師
 
2014年4月
 - 
2015年9月
名古屋大学 エコトピア科学研究所 グリーンコンバージョン部門 講師
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2008年3月
名古屋市立大学 薬学研究科 創薬生命科学専攻
 
 
 - 
2003年3月
名古屋市立大学 薬学部 
 

受賞

 
2014年4月
日本化学会 日本化学会第94春季年会 優秀講演賞
 
2013年7月
高分子学会 バイオ・高分子研究会 第23回バイオ・高分子シンポジウム 若手研究者奨励講演賞
 
2013年5月
日本生化学会中部支部 第77回日本生化学会中部支部例会 日本生化学会中部支部奨励賞
 
2010年3月
糖鎖科学名古屋拠点 糖鎖科学名古屋拠点 若手奨励賞
 
2008年
特定領域研究「タンパク質の社会」 特定領域研究「タンパク質の社会」平成20年度全体班会議 ポスター優秀賞
 

Misc

 
Kamiya Yukiko, Arimura Yu, Ooi Hideaki, Kato Kenjiro, Liang Xing-Guo, Asanuma Hiroyuki
CHEMBIOCHEM   19(12) 1305-1311   2018年6月
Kamiya Yukiko, Yamada Yoshinobu, Muro Takahiro, Matsuura Kazunori, Asanuma Hiroyuki
CHEMMEDCHEM   12(24) 2016-2021   2017年12月
Kamiya Yukiko, Donoshita Yuka, Kamimoto Hiroshi, Murayama Keiji, Ariyoshi Jumpei, Asanuma Hiroyuki
CHEMBIOCHEM   18(19) 1917-1922   2017年10月
Design of photo-functional oligonucleotide by "copolymerization" of natural nucleobases with base-surrogate prepared from acyclic scaffold.
Asanuma, H.; Murayama, K.; Kamiya, Y.; Kashida, H.
Polymer J.   (49) 279-289   2017年3月   [査読有り][依頼有り]
Asanuma Hiroyuki, Murayama Keiji, Kamiya Yukiko, Kashida Hiromu
POLYMER JOURNAL   49(3) 279-289   2017年3月

書籍等出版物

 
非環状骨格型人工核酸:aTNA, SNA
神谷由紀子, 村山恵司, 樫田 啓, 浅沼浩之 (担当:共著)
シーエムシー出版   2016年2月   
Conformational dynamics of oligosaccharides characterized by paramagnetism-assisted NMR spectroscopy in conjunction with molecular dynamics simulation
Zhang, Y.; Yamaguchi, T.; Yagi-Utsumi, M.; Kamiya, Y.; Sakae, Y.; Okamoto, Y.; Kato, K. (担当:共著)
Springer (Switzerland)   2014年11月   
核酸医薬を目指した機能性siRNA
神谷由紀子、浅沼浩之 (担当:共著)
-   2014年   
ナノ環境に優しい光応答性DNAの設計
神谷由紀子、浅沼浩之 (担当:共著)
コロナ社   2013年   
Redox-Dependent Chaperoning, Following PDI Footsteps
O. Serve, Y. Kamiya, and K. Kato (担当:共著)
NOVA Science Publishers   2010年   
Sophisticated Modes of Sugar Recognition by Intracellular Lectins Involved in Quality Control of Glycoproteins
Y. Kamiya, D. Kamiya, R. Urade, T. Suzuki, and K. Kato (担当:共著)
NOVA Science Publishers   2009年   

講演・口頭発表等

 
非環状型人工核酸を骨格とするanti-miRNA oligonucleotideの開発
神谷由紀子、堂下裕香、神元 寛、高井順矢、有吉純平、村山恵司、浅沼浩之
日本核酸医薬学会第4回年会   2018年7月9日   
RNA干渉を理解し制御する人工核酸の開発 [招待有り]
神谷由紀子
第67回高分子学会年次大会   2018年5月23日   
RNAiに作用する機能性核酸の高性能化に向けた非環状型人工核酸SNAの活用
神谷由紀子、堂下裕香、神元 寛、高井順矢、村山恵司、有吉純平、浅沼浩之
日本化学会第98春季年会   2018年3月20日   
非環状型人工核酸を活用した次世代型核酸医薬の開発
神谷由紀子、有吉純平、村山恵司、浅沼浩之
名古屋大学 予防早期医療創成センター 第7回ワークショップ   2018年1月23日   
Development of anti-miR oligonucleotide by using serinol nucleic acid and 2,6-diaminopurines
Yukiko Kamiya, Yuka Donoshita, Hiroshi Kamimoto, Keiji Murayama, Jumpei Ariyoshi, Hiroyuki
The 44th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry (ISNAC2017)   2017年11月14日   

所属学協会

 
日本RNA学会 , 高分子学会 , 日本化学会 , 生化学会 , 糖質学会

競争的資金等の研究課題

 
光応答性DNAによるK+チャネルKcsAの集合・離散構造の制御と協同的機能の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
人工核酸により発動する細胞様機能の構築
科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
siRNA可視化プローブによる細胞内イメージング解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
DNAを相互作用素子として細胞様運動する人工システムの構築
科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 神谷由紀子
蛍光挿入型siRNAアナログを用いたRNA干渉の作動機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月
糖鎖認識を介したタンパク質社会の秩序維持機構の構造基盤の解明
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月
細胞内レクチンとCa結合タンパク質と連携による生体機能発現の分子基盤の探求
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月
ポスト小胞体品質管理における細胞内レクチンの分子認識と超分子形成の構造基盤の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 加藤晃一