日本の女性研究者

化学

研究者リスト >> 城﨑 由紀
 

城﨑 由紀

 
アバター
研究者氏名城﨑 由紀
 
シロサキ ユキ
URLhttp://www.kyutech.ac.jp/ttacademy/
所属九州工業大学
部署若手研究者フロンティア研究アカデミー
職名准教授
学位博士(学術)(岡山大学)

研究キーワード

 
生体材料

研究分野

 
  • 人間医工学 / 医用生体工学・生体材料学 / 
  • 材料化学 / 機能材料・デバイス / 

経歴

 
2012年
   
 
 九州工業大学若手研究者フロンティア研究アカデミー 准教授
 
2005年
   
 
 (株)ファルコバイオシステムズ 岡山研究所  
 
2005年
 - 
2008年
 ポルト大学生医工学研究所、ポルトガル科学技術省・科学および技術財団 研究員
 
2008年
 - 
2012年
 岡山大学大学院自然科学研究科 助教
 

委員歴

 
2011年
 - 
2012年
公益社団法人日本セラミックス協会  IT小委員会委員
 
2013年
 - 
2015年
日本バイオマテリアル学会  評議員
 
2014年
 - 
2015年
日本ゾルーゲル学会  理事
 

受賞

 
1999年
Bestows the award of Honorable Mention Upon 2000, Undergraduate Materials Research Initiative
 
2008年
IUMRS-ICA2008優秀発表賞
 
2010年
The Engineering Ceramics Division Best Paper Awards, Second Place
 
2010年
平成22年度岡山工学振興会科学技術賞
 
2011年
国際交流奨励賞21世紀記念個人冠賞倉田元治賞
 

Misc

 
Cytocompatibility of silicone elastomer treated with hydrogen-peroxide containing tantalum chloride
Satoshi Hayakawa, Yuki Shirosaki, Takeshi Yabuta, Kanji Tsuru, Chikara Otsuki, Akiyoshi Osaka
Memoirs of Faculty of Engineering, Okayama University   34(1) 39-43   2000年
Improvement of biocompatibility of silicone elastomer by surface modification
Yuki Shirosaki, Kanji Tsuru, Satoshi Hayakawa, Akiyoshi Osaka, Seisuke Takashima
Memoirs of Faculty of Engineering, Okayama University   36(1) 117-121   2001年
Cytocompatibility on silicone modified with organoalkoxysilane due to emulsion polymerization
Yuki Shirosaki, Kanji Tsuru, Satoshi Hayakawa, Akiyoshi Osaka, Seisuke Takashima
Key Engineering Materials   240-242 687-690   2003年
Response to osteoblastic cell of the organic-inorganic hybrid
Yasushi Aburatani, Takako Uchida, Yuki Shirosaki, Kanji Tsuru, Satoshi Hayakawa, Akiyoshi Osaka
Key Engineering Materials   240-242 683-686   2003年
In vitro cytocompatibility of osteoblastic cells cultured on chitosan-organosiloxane hybrid membrane
Yuki Shirosaki, Kanji Tsuru, Satoshi Hayakawa, Akiyoshi Osaka, Maria Ascensão Lopes, José Domingos Santos, Maria Helena Fernandes
Key Engineering Materials   254-256 857-860   2004年

書籍等出版物

 
ゾル-ゲル法技術の最新動向:第32章
シーエムシー出版刊   2010年   
Handbook of Chitosan Research and Applications, Chapter 18
Nova Science Publishers, Inc.   2011年   
Bio-Glasses An introduction, Chapter 10
A John Wiley & Sons, Ltd., Publication   2012年   
コラーゲンの製造と応用展開II,第16章アパタイト/コラーゲンナノ複合体の作成と人工骨への応用
シーエムシー出版   2013年   
ゾル−ゲル法の最新応用と展望
シーエムシー出版   2014年   

講演・口頭発表等

 
有機高分子基板の表面修飾による生体親和性の改善
日本セラミックス協会2001年年会   2001年   
Improvement of biocompatibility of silicone by surface modifications
The 103rd Annual Meeting & Exposition, The American Ceramic Society   2001年   
Apatite formation and cell adhesion on silicone surface modified with γ-methacryloxypropyltrimethoxysilane by emulsion polymerization
The International Symposium on Bio-integrated Materials and Tissue Engineering   2002年   
酸化処理した金属チタンのin vitro 生体適合性評価
日本セラミックス協会第15回秋季シンポジウム   2002年   
天然高分子–無機複合体の細胞適合性評価
第24回日本バイオマテリアル学会大会   2002年   

所属学協会

 
公益社団法人日本セラミックス協会 , 日本バイオマテリアル学会 , 日本再生医療学会 , 日本ゾルーゲル学会 , 日本キチン・キトサン学会

Works

 
自己組織型セラミックナノロッド配列構造の創製と医用工学的応用
2008年 - 2009年
生体組織再性能を保持した新規組織工学足場材料の創成と評価
2009年 - 2010年
骨形成を誘導するキトサンミクロ粒子の創製と医用工学的応用
2009年 - 2010年
骨形成を誘導するキトサンミクロ粒子の創製と医用工学的応用
2010年 - 2011年
有機−無機複合体ミクロカプセルを用いた微小空間における生理活性物質の合成
2012年 - 2015年
骨形成を誘起する天然高分子ハイブリッド
2003年 - 2004年
キトサン-シリケート複合体の人工歯根膜への応用
2004年 - 2005年
骨形成能を誘発するキトサン-無機複合体の創製
2004年 - 2005年
Synthetic bone grafts as carriers for bone morphogenetic proteins (BMPs): applications in reconstructive surgery
2005年 - 2008年
ナノトポグラフィックマイクロパターンによる新規医用材料の設計
2008年 - 2010年
Silicate substituted calcium phosphate bone cements and granules; the role of silicate ions on cement properties and enhanced biological performance
2008年 - 2010年
生体活性化学種を付与した有機-無機ハイブリッド複合体の創製
2009年 - 2010年
紫外線照射による金属表面酸化物層の生体親和性の向上
2009年 - 2010年
平成21年度岡山大学若手研究者スタートアップ研究支援事業
2009年 - 2011年
生体内分解性神経再生用ガイドチューブの作製
2010年 - 2011年
組織再生および細胞性製剤への応用を目指したキトサンミクロカプセルの創製
2010年 - 2011年
ゾル-ゲル法を用いた選択的タンパク質吸着特性を有するセラミックス粒子の創製
2010年 - 2011年
高タンパク質吸着特性を有するセラミックス粒子の創製
2010年 - 2011年
上顎洞底挙上術への応用を目的とした骨充塡用材料の開発
2011年 - 2012年
光照射技術を利用した酸化チタンの骨親和性の向上と生体応答性の解明
2011年 - 2013年

競争的資金等の研究課題

 
-