日本の女性研究者

ナノ・マイクロ科学

研究者リスト >> 伊村 くらら
 

伊村 くらら

 
アバター
研究者氏名伊村 くらら
 
イムラ クララ
eメールimura.claraocha.ac.jp
URLhttp://www.sci.ocha.ac.jp/chemHP/labos/imura/index.html
所属お茶の水女子大学
学位博士(工学)(東京理科大学)
科研費研究者番号60707107
ORCID ID0000-0002-9749-964X

研究キーワード

 
界面化学 , 表面科学 , ナノ結晶 , 界面活性剤

研究分野

 
  • 複合化学 / 機能物質化学 / 
  • ナノ・マイクロ科学 / ナノ材料化学 / 
  • 環境学 / 環境材料・リサイクル / 
  • ナノ・マイクロ科学 / ナノマイクロシステム / 
  • 材料工学 / 複合材料・表界面工学 / 

経歴

 
2017年3月
 - 
現在
お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系 講師
 
2013年4月
 - 
2017年2月
 中央大学理工学部 助教
 
2012年4月
 - 
2013年3月
 日本学術振興会 特別研究員PD (東京理科大学総合化学研究科)
 
2011年4月
 - 
2012年3月
 日本学術振興会 特別研究員DC2 (東京理科大学総合化学研究科)
 

学歴

 
 
 - 
2012年
東京理科大学 総合化学研究科 総合化学専攻
 

委員歴

 
2011年
   
 
日本化学会  コロイドおよび界面化学部会
 

受賞

 
2016年
2016年度油化学会 ヤングフェロー賞
 
2010年
2010年度色材研究発表会最優秀ポスター賞
 
2009年
第3回日本化学会関東支部大会学生講演賞
 
2016年
第9回資生堂女性研究者サイエンスグラント
 

論文

 
伊村 芳郎, 鈴木 真帆, 森田 くらら, 近藤 剛史, 河合 武司
高分子論文集   64(3) 166-170   2007年10月
Takeshi Kawai, Akihiro Sumi, Clara Morita, Takeshi Kondo
Colloids and Surfaces A-Physicochemical and Engineering Aspects   321(1-3) 308-312   2008年2月   [査読有り]
Yoshiro Imura, Hiroko Nakazawa, Emi Matsushita, Clara Morita, Takeshi Kondo, Takeshi Kawai
Journal of Colloid and Interface Science   336(2) 607-611   2009年4月   [査読有り]
Yoshiro Imura, Masamichi Kawakami, Clara Morita, Takeshi Kawai
Colloids and Surfaces A-Physicochemical and Engineering Aspects   358(1) 153-157   2010年1月   [査読有り]
Clara Morita, Hiroki Sugimoto, Keisuke Matsue, Takeshi Kondo, Yoshiro Imura, Takeshi Kawai
Chemical Communications   46(42) 7969-7971   2010年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
「低分子ゲルの開発と応用」第4編応用第10章低分子ゲル化剤との融合によるエマルションゲル
シーエムシー出版   2016年5月   
「ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発」ゲル化温度を自在に変えられる感温性エマルションの開発
技術情報協会   2013年11月   

講演・口頭発表等

 
アルミナ担持金銀合金ナノフラワーの調製と触媒特性
2016年度色材研究発表会   2016年   
界面活性剤ミセルの吸着制御にもとづくマイクロ金結晶の異方形態成長
日本油化学会第55回年会   2016年   
アミン誘導体分子膜存在下における大面積金プレート結晶の作製
日本油化学会第55回年会   2016年   
金属イオンへの配位を利用した刺激応答性界面活性剤の高次分子集合形態の制御
日本油化学会第55回年会   2016年   
異方形態ナノフラワーの安定性の向上と触媒応用
日本油化学会第55回年会   2016年   

所属学協会

 
日本油化学会 , 色材協会 , 日本化学会 , 日本表面科学会 , 日本油化学会

競争的資金等の研究課題

 
エマルション界面膜を用いた新規な温度応答性粘度材料の創製
日本学術振興会: 
研究期間: 2011年       代表者: 伊村 くらら
エマルション界面膜を用いた新規な温度応答性粘度材料の創製
日本学術振興会: 
研究期間: 2012年       代表者: 伊村 くらら
pHに応答する新規の超分子会合体を用いた貴金属ナノ結晶の分離と回収
日本学術振興会: 
研究期間: 2013年       代表者: 伊村 くらら
力学的・化学的作用によるイオン結晶表面ナノ・ミクロ構造の変化
日本学術振興会: 
研究期間: 2013年       代表者: 新藤 斎
力学的・化学的作用によるイオン結晶表面ナノ・ミクロ構造の変化
日本学術振興会: 
研究期間: 2014年       代表者: 新藤 斎