日本の女性研究者

人間医工学

研究者リスト >> 中嶋 理帆
 

中嶋 理帆

 
アバター
研究者氏名中嶋 理帆
 
ナカジマ リホ
所属金沢大学
部署医薬保健研究域 保健学系
職名助教
学位保健学博士

研究キーワード

 
リハビリテーション,高次脳機能,運動制御,神経機能ネットワーク,脳腫瘍,覚醒下手術

研究分野

 
  • 人間医工学 / リハビリテーション科学・福祉工学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
金沢大学医薬保健研究域保健学系リハビリテーション科学領域 助教(復職)
 
2016年4月
 - 
2017年3月
モンペリエ大学,脳神経外科(留学) リサーチフェロー
 
2010年11月
   
 
金沢大学医薬保健研究域保健学系リハビリテーション科学領域 助教
 
2008年4月
 - 
2010年10月
独立行政法人国立病院機構石川病院
 
2006年3月
 - 
2008年3月
医療法人社団博洋会藤井脳神経外科病院
 

学歴

 
2013年3月
   
 
金沢大学 医学系研究科 保健学
 
 
 - 
2005年3月
金沢大学  保健学科
 

受賞

 
2018年12月
金沢大学 はあざみ女性研究者賞
 
2018年5月
石川県作業療法士会優秀論文賞
 
2017年9月
第22回日本脳腫瘍の外科学会会長賞
 
2008年8月
第17回石川県作業療法学会長奨励賞
 

論文

 
Glioma surgery under awake condition can lead to good independence and functional outcome excluding deep sensation and visuospatial cognition
Riho Nakajima, Masashi Kinoshita, Hirokazu Okita, Tetsutaro Yahata, and Mitsutoshi Nakada
Neuro-Oncology Practice   in press    2018年12月   [査読有り]
Recovery time from supplementary motor area syndrome: relationship to postoperative day 7 paralysis and damage of the cingulum
Nakajima R, Kinoshita M, Yahata T, Nakada M
J Neurosurg   in press    2019年   [査読有り]
Nakajima R, Kinoshita M, Okita H, Yahata T, Matsui M, Nakada M
Front Behav Neurosci,   12 33   2018年   [査読有り]
Nakajima R, Yordanova YN, Duffau H, Herbet G
Neuropsychologia   115 179-187   2018年   [査読有り]
中田光俊,木下雅史,中嶋理帆,篠原治道
脳神経外科ジャーナル   26 657-667   2017年   [査読有り]
右前頭葉はヒトが社会生活を円滑に営むうえで重要な高次脳機能を有し社会脳として機能する。右前頭葉の機能は運動機能に加え、作業記憶、非言語性意味記憶、視空間認知、社会的認知、注意、遂行機能を有する。高次脳機能に関する皮質の機能局在は明確になっておらず広い局在が示されている。白質神経線維として錐体路、前頭斜走路、前頭線条体路、上縦束、弓状束、帯状束、下前頭後頭束、鉤状束が存在しそれぞれ運動、運動開始、運動統御、視空間認知、メンタライジング、注意、非言語性意味記憶、エピソード記憶を担う。右前頭葉病...

書籍等出版物

 
カダバーと動画で学ぶ脳深部アプローチ
中嶋 理帆 (担当:共著, 範囲:IV. 深部白質線維を考慮した外科手術 1. 手術 -前頭葉白質,2. カダバー - 白質神経線維の走行と機能)
中外医学社   2018年8月   

講演・口頭発表等

 
覚醒下マッピング所見から考察する運動・感覚野の再組織化の特徴
中嶋理帆,木下雅史,沖田浩一,中田光俊
第16回日本awake surgery学会   2018年   
覚醒下手術を施行したグリオーマ患者における機能的予後:悪性度による差異の検討
中嶋理帆,木下雅史,沖田浩一,麦井直樹,中田光俊
第21回日本臨床脳神経外科学会   2018年   
覚醒下手術により脳機能温存を目指したグリオーマ患者における機能的予後
中嶋理帆,木下雅史,沖田浩一,八幡徹太郎,中田光俊
第52回日本作業療法学会   2018年   
グリオーマ手術後の補足運動野症候群による麻痺からの回復期間の予測
中嶋理帆,木下雅史,八幡徹太郎,中田光俊
第23回日本脳腫瘍の外科学会   2018年   
高次脳機能局在と神経機能ネットワークを重視した右前頭葉グリオーマの摘出限界
中田光俊,中嶋理帆,沖田浩一,木下雅史
第77回日本脳神経外科総会   2018年   

所属学協会

 
日本脳神経CI学会 , Organization for Human Brain Mapping , Society for Neuro-Oncology , 日本作業療法士協会 , 日本作業療法研究学会

競争的資金等の研究課題

 
感情識別機能の術後回復に伴う神経ネットワーク再編成メカニズムの解明
文部科学省科学研究費 基盤(B)
研究期間: 2018年 - 2021年    代表者: 中嶋 理帆
高次脳機能局在に基づく右前頭葉腫瘍に対する摘出限界策定の試み
文部科学省科学研究費 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2018年 - 2019年    代表者: 中田 光俊(分担:中嶋 理帆)
感情の種類と大脳神経線維の関連の解明
文部科学省科学研究費 若手(B)
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 中嶋 理帆
膠芽腫に対する次世代型覚醒下手術の有用性
公益財団法人北國がん基金: 
研究期間: 2018年       代表者: 木下 雅史、中嶋 理帆、中田 光俊
上肢手指の動作解析による巧緻性の新規定量化法の開発
文部科学省科学研究費 若手(B)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 中嶋理帆