日本の女性研究者

ゲノム科学

研究者リスト >> 春日 紀恵
 

春日 紀恵

 
アバター
研究者氏名春日 紀恵
 
カスガ キエ
学位博士(薬学)(東北大学), 修士(農学)(東京農工大学), 農学士(東京農工大学)

研究キーワード

 
天然生理活性物質 , 不飽和脂肪酸 , 恒常性 , ペプチドミクス , 臨床オミックス , 学際的研究 , 細胞生物学 , 脂質メディエーター , 質量分析法 , 炎症 , リピドミクス , プロテオミクス

研究分野

 
  • ゲノム科学 / システムゲノム科学 / Omics (Proteomics, Lipidomics)
  • 生物科学 / 機能生物化学 / 脂質生化学
  • 農芸化学 / 生物有機化学 / 天然生理活性物質
  • 複合化学 / 分析化学 / 
  • 生体分子科学 / 生物分子化学 / 

経歴

 
 
   
 
東北大学 病院(医科診療部門) 薬剤部 助教
 
2010年
 - 
2013年
カロリンスカ研究所 癌・薬理部門 クリニカルプロテオミクス アシスタントプロフェッサー(プロジェクトリーダー)
 
2011年
 - 
2013年
サイエンス ライフラボラトリー ストックホルム アシスタントプロフェッサー(プロジェクトリーダー)
 
2010年
   
 
カロリンスカ研究所 医学部 呼吸器研究分野 アシスタントプロフェッサー、プロジェクトリーダー
 
2009年
 - 
2010年
カロリンスカ研究所 医学部 博士研究員
 

学歴

 
 
 - 
2005年
東北大学 薬学研究科 医療薬科学専攻
 
 
 - 
1995年
東京農工大学 農学研究科 植物防疫学専攻
 
 
 - 
1993年
東京農工大学 農学部 植物防疫学科
 

論文

 
Microproteomics with microfluidic-based cell sorting: Application to 1,000 and 100 immune cells
KASUGA Kie, KATOH Yasutake, NAGASE KeisKASUGA Kie, KATOH Yasutake, NAGASE Keisuke, IGARASHI Kazuhikouke, IGARASHI Kazuhiko
PROTEOMICS   in press    2017年5月   [査読有り]
Kie Kasuga, Takahiro Suga, Nariyasu Mano
Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis Elsevier   113 151-162   2015年
Mirzaei MK, Eriksson H, Kasuga K, Haggård-Ljungquist E, Nilsson AS
PLOS ONE   9(12) e116294   2014年
Ivanov M, Kals M, Kacevska M, Barragan I, Kasuga K, Rane A, Metspalu A, Milani L, Sundberg MI.
Genome Biology   14(8) R83   2013年
Comprehensive analysis of MHC ligands in clinical material by immunoaffinity-mass spectrometry.
Kasuga K
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1023 203-218   2013年
Quantitative intact proteomics investigations of alveolar macrophages in sarcoidosis.
Silva E, Souchelnytskyi S, Kasuga K, Eklund A, Grunewald J, Wheelock AM
The European respiratory journal   41 1331-1339   2013年
Maresins: novel macrophage mediators with potent antiinflammatory and proresolving actions
Charles N Serhan, Rong Yang, Kimberly Martinod, Kie Kasuga, Padmini S.Pillai, Timothy F Porter, Matthew Spitee
Journal of Experimental Medicine   206(1) 15-23   2009年
Rapid appearance of resolvin precursors in inflammatory exudates: novel mechanisms in resolution.
Kasuga K, Yang R, Porter TF, Agrawal N, Petasis NA, Irimia D, Toner M, Serhan CN
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   181 8677-8687   2008年
Chiang N, Schwab JM, Fredman G, Kasuga K, Gelman S, Serhan CN
PloS one   3 e1879   2008年
A nonenzymatic modification of the amino-terminal domain of histone H3 by bile acid acyl adenylate
Nariyasu Mano, Kie Kasuga, Norihiro Kobayashi and Junichi Goto
Journal of Biological Chemistry   279 55034-55041   2004年
Exopeptidase degradation for the analysis of phosphorylation site in a mono-phosphorylated peptide with matrix-assisted laser desorption/ionization mass spectrometry
Nariyasu Mano, Setsuko Iijima, Kie Kasuga and Junichi Goto
Analytical Sciences   19 1469-1472   2003年
Termination of sex pheromone production in mated females of the silkworm moth
Tetsu Ando, Kie Kasuga, Yoko Yajima, Hiroshi Kataoka and Akinori Suzuki
Archives of Insect Biochemistry and Physiology   31 207-218   1996年
Insecticidal Activity of New Fluorinated Pyrethroids and Their Stability Toward Chemical Oxidation and Photoreaction
Tetsu Ando, Nozomu Koseki, Isamu Yasuhara, Kie Kasuga et.al.,
Pesticide Science   40 307-312   1994年
Metabolism and Chemical Reactivity of Pyrethroids: Stereochemistry of the 7-Hydroxy Metabolite of (S)-Bioallethrin and Chemical Oxidation of Rethronyl Acetates
Tetsu Ando, Nozomu Koseki, Tomoyuki Kokuryu,Kie Kasuga and Masahiro Natsume
Journal of Pesticide   18 263-270   1993年

Misc

 
海外薬学事情:理想郷スウェーデンの今
春日紀恵
ファルマシア(日本薬学会誌)   1186   2013年
教育と研究と―ストックホルム奮闘記
春日紀恵
実験医学 2013年4月号 羊土社      2013年

講演・口頭発表等

 
微量細胞を標的としたプロテオミクス
春日 紀恵
第39回日本分子生物学会   2016年11月30日   
Genomic and Proteomic analysis of vB_EcoP_Su10 a podoviridae phage with C3 morphology
日本薬学会135年会   2015年   
Genomic and Proteomic analysis of vB_EcoP_Su10 a podoviridae phage with C3 morphology
EMBO Conference on Viruses of Microbes III (ISVM)   2014年   
Abundance and distribution of hydroxymethylcytosine (5hmC) in human liver
20 th International Symposium on Microsomes and Drug Oxidations 2014, Volume 5   2014年   
In-depth analysis of human proteome by High Resolution Isoelectric Focusing (HiRIEF)-LC-MS/MS.
The 19th International Mass Spectrometry Conference   2012年   

担当経験のある科目

 
  • 分析化学実習(薬学), 医学部実習 (東北大学)
  • 生化学 (仙台医療センター看護助産学校)
  • プロテオミクス (カロリンスカ研究所、スウェーデン王立工科大学)

所属学協会

 
アメリカ質量分析学会 , 日本分子生物学会 , アメリカ生化学・分子生物学会

Works

 
MassBank dataset: MS meta data for lipid mediators
春日 紀恵   その他   2014年 - 現在
MSJ00041-54, LC-MS/MS spectrum and meta data set for lipid mediators, PUFA and deuterated-label compouds
MS-based proteomics-course document/material
春日 紀恵 (科目責任者   教材   2012年 - 2013年
Basic MS-based proteomics for a beginner
春日 紀恵   教材   2012年 - 2012年
Invited Seminar
2011年
Proteome Dataset: PXD002278
その他   2014年 - 2015年
Proteome Dataset: PXD005695, JPST000161
春日 紀恵   その他   2015年 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
プロテオミクスによる抗炎症性脂質メディエーターの機能解明
JSPS: 科研費
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 春日紀恵
COPD Omics
EU: PEOPLE FP7 Marie Curie IIF
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 春日 紀恵 (辞退)
MHC リガンドペプチドの包括的解析法の構築
VINNOVA, Sweden: その他の研究制度
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 春日紀恵
クリニカルプロテオミクスの基盤構築
その他の研究制度
研究期間: 2009年 - 2016年
プロテオミクス手法を用いた癌発症メカニズムの解明
VINNOVA, Sweden: その他の試験研究機関
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 春日紀恵

社会貢献活動

 
Grant reviewer (EU)
【その他】  2014年
国際研究コーディネート(SciLife Lab Stockholm - 東北メディカルメガバンク)
【情報提供, 企画, 運営参加・支援, その他】  2012年