日本の女性研究者

ゲノム科学

研究者リスト >> 春日 紀恵
 

春日 紀恵

 
アバター
研究者氏名春日 紀恵
 
カスガ キエ
学位博士(薬学)(東北大学), 修士(農学)(東京農工大学), 農学士(東京農工大学)
科研費研究者番号10374951

研究キーワード

 
呼吸器疾患 , 微生物 , シングルセル , 天然生理活性物質 , 不飽和脂肪酸 , 恒常性 , ペプチドミクス , 臨床オミックス , 学際的研究 , 細胞生物学 , 脂質メディエーター , 質量分析法 , 炎症 , リピドミクス , プロテオミクス

研究分野

 
  • ゲノム科学 / システムゲノム科学 / Omics (Proteomics, Lipidomics)
  • 生物科学 / 機能生物化学 / 脂質生化学
  • 農芸化学 / 生物有機化学 / 天然生理活性物質
  • 複合化学 / 分析化学 / 
  • 生体分子科学 / 生物分子化学 / 

経歴

 
2010年
 - 
2013年
カロリンスカ研究所 癌・薬理部門 クリニカルプロテオミクス アシスタントプロフェッサー(プロジェクトリーダー)
 
2011年
 - 
2013年
サイエンス ライフラボラトリー ストックホルム アシスタントプロフェッサー(プロジェクトリーダー)
 
2010年
   
 
カロリンスカ研究所 医学部 呼吸器研究分野 アシスタントプロフェッサー、プロジェクトリーダー
 
2009年
 - 
2010年
カロリンスカ研究所 医学部 博士研究員
 
2009年6月
 - 
2009年8月
東北大学 分野研究員 Researcher
 

学歴

 
 
 - 
2005年
東北大学 薬学研究科 医療薬科学専攻
 
 
 - 
1995年
東京農工大学 農学研究科 植物防疫学専攻
 
 
 - 
1993年
東京農工大学 農学部 植物防疫学科
 

論文

 
Tahara H, Takabe K, Sasaki Y, Kasuga K, Kawamoto A, Koizumi N, Nakamura S
Science advances   4(5) eaar7975   2018年5月   [査読有り]
Sasaki Y, Kawamoto A, Tahara H, Kasuga K, Sato R, Ohnishi M, Nakamura S, Koizumi N
PloS one   13(4) e0194923   2018年   [査読有り]
Kie Kasuga, Yasutake Katoh, Keisuke Nagase, Kazuhiko Igarashi
PROTEOMICS   1600420   2017年7月   [査読有り]
Kie Kasuga, Takahiro Suga, Nariyasu Mano
Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis Elsevier   113 151-162   2015年   [査読有り]
Mirzaei MK, Eriksson H, Kasuga K, Haggård-Ljungquist E, Nilsson AS
PLOS ONE   9(12)    2014年   [査読有り]
Kasuga K
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1023 203-218   2013年   [招待有り]
Silva E, Souchelnytskyi S, Kasuga K, Eklund A, Grunewald J, Wheelock AM
The European respiratory journal   41(6) 1331-1339   2013年   [査読有り]
Ivanov M, Kals M, Kacevska M, Barragan I, Kasuga K, Rane A, Metspalu A, Milani L, Sundberg MI.
Genome Biology   14(8)    2013年   [査読有り]
Charles N Serhan, Rong Yang, Kimberly Martinod, Kie Kasuga, Padmini S.Pillai, Timothy F Porter, Matthew Spitee
Journal of Experimental Medicine   206(1) 15-23   2009年   [査読有り]
Chiang N, Schwab JM, Fredman G, Kasuga K, Gelman S, Serhan CN
PloS one   3(4)    2008年   [査読有り]
Rapid appearance of resolvin precursors in inflammatory exudates: novel mechanisms in resolution.
Kasuga K, Yang R, Porter TF, Agrawal N, Petasis NA, Irimia D, Toner M, Serhan CN
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   181(12) 8677-8687   2008年12月   [査読有り]
Nariyasu Mano, Kie Kasuga, Norihiro Kobayashi and Junichi Goto
Journal of Biological Chemistry   279(53) 55034-55041   2004年   [査読有り]
Nariyasu Mano, Setsuko Iijima, Kie Kasuga and Junichi Goto
Analytical Sciences   19(11) 1469-1472   2003年   [査読有り]
Tetsu Ando, Kie Kasuga, Yoko Yajima, Hiroshi Kataoka and Akinori Suzuki
Archives of Insect Biochemistry and Physiology   31(2) 207-218   1996年   [査読有り]
Tetsu Ando, Nozomu Koseki, Isamu Yasuhara, Kie Kasuga et.al.,
Pesticide Science   40(4) 307-312   1994年   [査読有り]
Metabolism and Chemical Reactivity of Pyrethroids: Stereochemistry of the 7-Hydroxy Metabolite of (S)-Bioallethrin and Chemical Oxidation of Rethronyl Acetates
Tetsu Ando, Nozomu Koseki, Tomoyuki Kokuryu,Kie Kasuga and Masahiro Natsume
Journal of Pesticide   18 263-270   1993年   [査読有り]

Misc

 
Novel mechanisms in resolution: Rapid utilization of circulating resolvin and protectin precursors by murine exudates
Kasuga, K, Porter, TF, Serhan, CN
JOURNAL OF LEUKOCYTE BIOLOGY      2007年10月   [査読有り]
海外薬学事情:理想郷スウェーデンの今
春日紀恵
ファルマシア(日本薬学会誌)   1186   2013年   [依頼有り]
教育と研究と―ストックホルム奮闘記
春日紀恵
実験医学 2013年4月号 羊土社      2013年   [依頼有り]
High Sensitivity Approach For Identification Of MHC Class II-Bound Peptides From Bronchoalveolar Lavage Cells In Sarcoidosis Patients
Kasuga, K, Branca, RM, Wahlstrom, J, Wheelock, AM, Eklund, A, Grunewald, J, Lehtio, J
AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   183 A6404   2011年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
微量細胞を標的としたプロテオミクス
春日 紀恵
第39回日本分子生物学会   2016年11月30日   
Genomic and Proteomic analysis of vB_EcoP_Su10 a podoviridae phage with C3 morphology
日本薬学会135年会   2015年   
Abundance and distribution of hydroxymethylcytosine (5hmC) in human liver
20 th International Symposium on Microsomes and Drug Oxidations 2014, Volume 5   2014年   
Genomic and Proteomic analysis of vB_EcoP_Su10 a podoviridae phage with C3 morphology
EMBO Conference on Viruses of Microbes III (ISVM)   2014年   
In-depth analysis of human proteome by High Resolution Isoelectric Focusing (HiRIEF)-LC-MS/MS.
Kie Kasuga, Rui M Branca, Henrik J Johansson, Janne Lehtio
The 19th International Mass Spectrometry Conference   2012年9月21日   

担当経験のある科目

 
  • 分析化学実習(薬学), 医学部実習 (東北大学)
  • 生化学 (仙台医療センター看護助産学校)
  • プロテオミクス (カロリンスカ研究所、スウェーデン王立工科大学)

所属学協会

 
アメリカ質量分析学会 , 日本分子生物学会 , アメリカ生化学・分子生物学会

Works

 
MassBank dataset: MS meta data for lipid mediators
春日 紀恵   その他   2014年 - 現在
MSJ00041-54, LC-MS/MS spectrum and meta data set for lipid mediators, PUFA and deuterated-label compouds
MS-based proteomics-course document/material
春日 紀恵 (科目責任者   教材   2012年 - 2013年
Basic MS-based proteomics for a beginner
春日 紀恵   教材   2012年 - 2012年
Invited Seminar
2011年
Proteome Dataset: PXD002278
その他   2014年 - 2015年
Proteome Dataset: PXD005695, JPST000161
春日 紀恵   その他   2015年 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
プロテオミクスによる抗炎症性脂質メディエーターの機能解明
JSPS: 科研費
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 春日紀恵
COPD Omics
EU: PEOPLE FP7 Marie Curie IIF
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 春日 紀恵 (辞退)
MHC リガンドペプチドの包括的解析法の構築
VINNOVA, Sweden: その他の研究制度
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 春日紀恵
クリニカルプロテオミクスの基盤構築
その他の研究制度
研究期間: 2009年 - 2016年
プロテオミクス手法を用いた癌発症メカニズムの解明
VINNOVA, Sweden: その他の試験研究機関
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 春日紀恵

社会貢献活動

 
Grant reviewer (EU)
【その他】  2014年
国際研究コーディネート(SciLife Lab Stockholm - 東北メディカルメガバンク)
【情報提供, 企画, 運営参加・支援, その他】  2012年