日本の女性研究者

ジェンダー

研究者リスト >> 坂下 史子
 

坂下 史子

 
アバター
研究者氏名坂下 史子
 
サカシタ フミコ
所属立命館大学
部署文学部コミュニケーション学域
職名准教授
学位博士(アメリカ研究)(ミシガン州立大学), 修士(アメリカ研究)(同志社大学)
その他の所属立命館大学, 立命館大学

研究キーワード

 
アメリカ研究、アフリカ系アメリカ人の歴史と文化

研究分野

 
  • 地域研究 / 地域研究 / 
  • ジェンダー / ジェンダー / 
  • 史学 / 史学一般 / 
  • 史学 / ヨーロッパ史・アメリカ史 / 

経歴

 
2010年4月
 - 
2014年3月
関西外国語大学 外国語学部 講師
 
2014年4月
   
 
立命館大学 文学部 准教授
 

学歴

 
 
   
 
ミシガン州立大学大学院 文芸研究科 アメリカ研究プログラム
 
 
   
 
同志社大学大学院 アメリカ研究科 
 
 
   
 
同志社大学大学院 アメリカ研究科 
 
 
   
 
神戸女学院大学 文学部 英文学科
 

委員歴

 
2011年9月
 - 
2015年8月
日本アメリカ史学会  運営委員
 
2013年6月
 - 
2014年5月
アメリカ学会  評議員
 
2015年7月
   
 
黒人研究学会  事務局長
 

論文

 
「苦悶する黒い身体」の系譜―モハメド・アリを記憶する
立教アメリカン・スタディーズ   39 163-180   2017年3月
James Peterson, “The Power of the Underground: Hip Hop and African American Culture”(坂下史子訳「アンダーグラウンドの底力―ヒップホップとアフリカ系アメリカ人文化」)
立命館言語文化研究   28(1)    2016年6月
他者の死を扱うということ―一次史料としてのリンチ写真を例に
日本アメリカ史学会
アメリカ史研究   (36) 43-62   2013年8月
Lynching across the Pacific: Japanese Views and African American Responses in the Wartime Anti-lynching Campaign
William Carrigan and Christopher Waldrep, eds.
Swift to Wrath: Lynching in Global Historical Perspective (University of Virginia Press)   181-214   2013年6月
1930年代半ばの反リンチ運動とアフリカ系アメリカ人―クロード・ニール事件をめぐるNAACPの活動を中心に
歴史科学評議会
歴史評論   (744) 17-27, 41   2012年4月

書籍等出版物

 
「ヘイト」の時代のアメリカ史–人種・民族・国籍を考える
彩流社   2017年2月   
変容するアメリカの今
町田哲司(監修)、柏原和子、松原陽子(編)
大阪教育図書   2015年12月   ISBN:978-4-271-41016-4
Enslaved Women in America: An Encyclopedia
Daina Ramey Berry and Deleso A. Alford, eds.
Greenwood   2012年6月   
南アフリカの指導者、宗教と政治を語る―自由の精神、希望をひらく
北島義信(監訳)、赤岩隆、北島信子、木田悟史、祖父江美穂、栂正行、朴珣英、渡邊丈文、山本伸
本の泉社   2012年3月   
世界文学史はいかにして可能か
木内徹・西本あづさ・福島昇(監訳)、中地幸、長畑明利、細谷等、三石庸子、宮本敬子、森あおい、山本伸、横田由理
成美堂   2010年10月   

講演・口頭発表等

 
When and Where I Entered: Intellectual Autobiography of a Japanese African Americanist
Public Lecture Series “But Some of Us Are Brave: Narratives of Scholarship, Resistance, and Activism by Women/Womxn of Color”   2018年3月22日   
Strategic Dis/continuities between Anti-Lynching and BLM Movements
黒人研究学会年次大会   2017年6月25日   
"From Anti-Lynching Struggles to the Black Lives Matter Movement: The Politics of Looking and Respectability Reexamined"
アメリカ学会年次大会   2017年6月4日   
「モハメド・アリとは誰か−『アメリカン・レジェンド』の虚実」コメント
アメリカの社会とポピュラーカルチャー研究会   2016年11月26日   
シンポジウムB「グローバル化する世界とアクティヴィズム」コメント
日本アメリカ史学会年次大会   2016年9月18日   

担当経験のある科目

 
  • 専門演習Ⅰ (立命館大学)
  • 専門演習Ⅱ (立命館大学)
  • 前期課程 特別研究Ⅰ (立命館大学)
  • 前期課程 特別研究Ⅱ (立命館大学)
  • 卒業論文 (立命館大学)

所属学協会

 
アメリカ学会 , 日本アメリカ史学会 , American Studies Association , 黒人研究学会 , Association for the Study of African American Life and History

Works

 
ヴァナキュラー文化研究会「西欧の伝統に対するアフリカン・ディアスポラ文学の交渉と実践ーアメリカ、キューバ、ブラジルを例に」企画、運営、司会
その他   2018年3月 - 2018年3月
人権研修会講演「人種ステレオタイプの弊害−アメリカを例に」
その他   2017年9月 - 2017年9月
「アメリカ人種問題の日本的展開」研究会企画
その他   2016年3月 - 2016年3月
C. P. リカルド・アリコック駐日ジャマイカ大使 公開講演会「世界のなかのジャマイカ」企画
その他   2015年11月 - 2015年11月
アミール・イッサー講演会・ミニライブ「あるイタリア語ラッパーの肖像」コメント
その他   2015年10月 - 2015年10月
公開講演会「アンダーグラウンドの底力−ヒップホップとアフリカ系アメリカ人文化」企画、解説、通訳(文学研究科英語圏文化専修 設立記念連続講演会「流体としてのことば、文化、地域」第5回)
その他   2014年12月 - 2014年12月