日本の女性研究者

実験動物学

研究者リスト >> 山田 名美
 

山田 名美

 
アバター
研究者氏名山田 名美
 
ヤマダ ナミ
所属岐阜大学
部署大学院医学系研究科解剖学分野
職名助教
学位博士(獣医学)(岐阜大学)
科研費研究者番号40727319
ORCID ID0000-0002-1220-0814

研究キーワード

 
エクソソーム , 細胞外小胞 , 腫瘍生物学 , マイクロRNA

研究分野

 
  • 実験動物学 / 実験動物学 / 
  • 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学) / 
  • 動物生命科学 / 獣医学 / 
  • 腫瘍学 / 腫瘍生物学 / 

経歴

 
2016年1月
 - 
現在
岐阜大学大学院 医学系研究科 助教
 
2013年4月
 - 
2015年12月
岐阜大学大学院 学術振興会特別研究員
 
2012年2月
 - 
2013年3月
岐阜県獣医師会夜間救急動物病院
 
2009年7月
 - 
2010年3月
岐阜大学附属動物病院腫瘍科
 
2005年4月
 - 
2008年12月
岡山動物医療センター
 

受賞

 
2017年
岐阜医学奨励賞
 

論文

 
Nami O. Yamada, Wenduerma, Shuji Matsuda, Takao Senda
Medical Molecular Morphology      2018年6月   [査読有り]
Wang T, Onouchi T, Yamada NO, Matsuda S, Senda T
Medical molecular morphology   50(2) 94-102   2017年6月   [査読有り]
Yamada NO
Annals of translational medicine   5(3) 59   2017年2月   [査読有り]
Tsujimura N, Yamada NO, Kuranaga Y, Kumazaki M, Shinohara H, Taniguchi K, Akao Y
International journal of molecular sciences   17(11)    2016年11月   [査読有り]
Yamada N, Kuranaga Y, Kumazaki M, Shinohara H, Taniguchi K, Akao Y
Oncotarget   7(19) 27033-27043   2016年5月   [査読有り]
Taniguchi K, Sakai M, Sugito N, Kumazaki M, Shinohara H, Yamada N, Nakayama T, Ueda H, Nakagawa Y, Ito Y, Futamura M, Uno B, Otsuki Y, Yoshida K, Uchiyama K, Akao Y
Oncotarget   7(14) 18940-18952   2016年4月   [査読有り]
Haruka Shinohara, Minami Kumazaki, Yosuke Minami, Yuko Ito, Nobuhiko Sugito, Yuki Kuranaga, Kohei Taniguchi, Nami Yamada, Yoshinori Otsuki, Tomoki Naoe, Yukihiro Akao
Cancer Letters   371(1) 1-11   2016年2月   [査読有り]
© 2015 Elsevier Ireland Ltd. In Ph-positive leukemia, imatinib brought marked clinical improvement; however, further improvement is needed to prevent relapse. Cancer cells efficiently use limited energy sources, and drugs targeting cellular metabo...
Yuki Kuranaga, Yuki Kuranaga, Nami Yamada, Maiko Kashiwaya, Moeko Nakamura, Lei Cui, Minami Kumazaki, Haruka Shinohara, Nobuhiko Sugito, Nobuhiko Sugito, Kohei Taniguchi, Yuko Ito, Tatsushi Nakayama, Bunji Uno, Akichika Itoh, Yukihiro Akao
International Journal of Molecular Sciences   17(1)    2016年1月   [査読有り]
© 2016 by the authors, licensee MDPI, Basel, Switzerland. Organic gem-dihydroperoxides (DHPs) and their derived peroxides have attracted a great deal of attention as potential anti-cancer agents. However, the precise mechanism of their inhibitory ...
Yamada N, Akao Y.
Advances in Biomembranes and Lipid Self-Assembly   23 187-204   2016年   [査読有り]
Yamada N.O.
Translational Cancer Research   5 S561-S563   2016年   [査読有り]
Kazuki Heishima, Kazuki Heishima, Takashi Mori, Takashi Mori, Hiroki Sakai, Hiroki Sakai, Nobuhiko Sugito, Mami Murakami, Nami Yamada, Yukihiro Akao, Kohji Maruo, Kohji Maruo
PLoS ONE   10(9)    2015年9月   [査読有り]
© 2015 Liu et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are cre...
Taniguchi K, Ito Y, Sugito N, Kumazaki M, Shinohara H, Yamada N, Nakagawa Y, Sugiyama T, Futamura M, Otsuki Y, Yoshida K, Uchiyama K, Akao Y.
Scientific Reports   5    2015年   [査読有り]
Taniguchi K, Sugito N, Kumazaki M, Shinohara H, Yamada N, Matsuhashi N, Futamura M, Ito Y, Otsuki Y, Yoshida K, Uchiyama K, Akao Y.
Biochimica et Biophysica Acta - Molecular Basis of Disease   1852(9) 1971-1980   2015年   [査読有り]
Shinohara H, Taniguchi K, Kumazaki M, Yamada N, Ito Y, Otsuki Y, Uno B, Hayakawa F, Minami Y, Naoe T, Akao Y.
Cancer Letters   360(1) 28-38   2015年   [査読有り]
Heishima K, Mori T, Ichikawa Y, Sakai H, Kuranaga Y, Nakagawa T, Tanaka Y, Okamura Y, Masuzawa M, Sugito N, Murakami M, Yamada N, Akao Y, Maruo K.
International Journal of Molecular Sciences   16(10) 25377-25391   2015年   [査読有り]
Taniguchi K, Sugito N, Kumazaki M, Shinohara H, Yamada N, Nakagawa Y, Ito Y, Otsuki Y, Uno B, Uchiyama K, Akao Y.
Cancer Letters   363(1) 17-27   2015年   [査読有り]
Kumazaki M, Shinohara H, Taniguchi K, Yamada N, Ohta S, Ichihara K, Akao Y.
Phytomedicine   21(8-9) 1070-1077   2014年   [査読有り]
Akao Y, Khoo F, Kumazaki M, Shinohara H, Miki K, Yamada N.
International Journal of Molecular Sciences   15(1) 1392-1401   2014年   [査読有り]
Yamada N, Tsujimura N, Kumazaki M, Shinohara H, Taniguchi K, Nakagawa Y, Naoe T, Akao Y.
Biochimica et Biophysica Acta - Gene Regulatory Mechanisms   1839(11) 1256-1272   2014年   [査読有り]
Noguchi S, Kumazaki M, Yasui Y, Mori T, Yamada N, Akao Y.
Journal of Investigative Dermatology   134(2) 461-469   2014年   [査読有り]
Yamada N, Noguchi S, Kumazaki M, Shinohara H, Miki K, Naoe T, Akao Y.
Biochimica et Biophysica Acta - Molecular Cell Research   1843(3) 590-602   2014年   [査読有り]
Yamada N, Nakagawa Y, Tsujimura N, Kumazaki M, Noguchi S, Mori T, Hirata I, Maruo K, Akao Y.
Translational Oncology   6(4) 482-492   2013年   [査読有り]
Noguchi S, Yasui Y, Iwasaki J, Kumazaki M, Yamada N, Naito S, Akao Y.
Cancer Letters   328(2) 353-361   2013年   [査読有り]
Kumazaki M, Noguchi S, Yasui Y, Iwasaki J, Shinohara H, Yamada N, Akao Y.
Journal of Nutritional Biochemistry   24(11) 1849-1858   2013年   [査読有り]
Tsugita M, Yamada N, Noguchi S, Yamada K, Moritake H, Shimizu K, Akao Y, Ohno T.
PLoS ONE   8(10)    2013年   [査読有り]
Noguchi S, Yamada N, Kumazaki M, Yasui Y, Iwasaki J, Naito S, Akao Y.
Cell Death and Disease   4(2)    2013年   [査読有り]
Noguchi S, Mori T, Hoshino Y, Yamada N, Maruo K, Akao Y.
Veterinary and Comparative Oncology   11(2) 113-123   2013年   [査読有り]
Noguchi S, Iwasaki J, Kumazaki M, Mori T, Maruo K, Sakai H, Yamada N, Shimada K, Naoe T, Kitade Y, Akao Y.
Molecular Therapy   21(6) 1204-1211   2013年   [査読有り]
Yamada N, Noguchi S, Mori T, Naoe T, Maruo K, Akao Y.
Cancer Letters   335(2) 332-342   2013年   [査読有り]
Noguchi S, Mori T, Hoshino Y, Yamada N, Nakagawa T, Sasaki N, Akao Y, Maruo K.
Journal of Veterinary Medical Science   74(1) 1-8   2012年   [査読有り]
Itoh T, Ito Y, Ohtsuki Y, Ando M, Tsukamasa Y, Yamada N, Naoe T, Akao Y.
Journal of Molecular Histology   43(5) 509-515   2012年   [査読有り]
Yamada N, Mori T, Murakami M, Noguchi S, Sakai H, Akao Y, Maruo K.
Veterinary and Comparative Oncology   10(4) 303-311   2012年   [査読有り]
Noguchi S, Mori T, Otsuka Y, Yamada N, Yasui Y, Iwasaki J, Kumazaki M, Maruo K, Akao Y.
Journal of Biological Chemistry   287(15) 11769-11777   2012年   [査読有り]
Noguchi S, Mori T, Hoshino Y, Maruo K, Yamada N, Kitade Y, Naoe T, Akao Y.
Cancer Letters   307(2) 211-220   2011年   [査読有り]

Misc

 
APCの細胞内局在と抗APC抗体の有用性2017
山田 名美
日本癌学会総会記事   76回 P-2029   2017年9月
山田名美, 松田修二, 千田隆夫
日本臨床分子形態学会総会・学術集会講演プログラム・要旨集   49th 90   2017年8月
山田名美
日本臨床分子形態学会総会・学術集会講演プログラム・要旨集   49th 57   2017年8月
松田修二, 山田名美, 千田隆夫
日本臨床分子形態学会総会・学術集会講演プログラム・要旨集   49th 52   2017年8月
王図雅, 尾之内高慶, 山田名美, 松田修二, 千田隆夫
日本臨床分子形態学会総会・学術集会講演プログラム・要旨集   49th 76   2017年8月
山田名美, 倉永祐希, 松田修二, 赤尾幸博, 千田隆夫
日本臨床分子形態学会総会・学術集会講演プログラム・要旨集   48th 80   2016年8月
千田隆夫, 尾之内高慶, 小林克典, 松田修二, 山田名美
日本臨床分子形態学会総会・学術集会講演プログラム・要旨集   48th 88   2016年8月
次田雅典, 山田名美, 野口俊助, 山田一成, 盛武浩, 清水克時, 赤尾幸博, 大野貴敏, 秋山治彦
日本整形外科学会雑誌   88(8) S1584-S1584   2014年8月
松田修二, 山田名美, 千田隆夫
日本臨床分子形態学会総会・学術集会講演プログラム・要旨集   48th 88   2016年8月
平島一輝, 酒井洋樹, 森崇, 村上麻美, 伊藤祐典, 川部美史, 山田名美, 赤尾幸博, 丸尾幸嗣
日本獣医学会学術集会講演要旨集   157th 482-482   2014年8月
大腸癌分泌膜小胞によるT細胞分化誘導メカニズム
倉永 祐希, 山田 名美, 熊崎 実南, 篠原 悠, 杉戸 信彦, 岩附 綾子, 酒井 美来, 谷口 高平, 赤尾 幸博
日本癌学会総会記事   74回 J-1210   2015年10月
大腸癌におけるWarburg効果制御マイクロRNA-124(MiR-124 regulates cancer energy metabolism through the miR-124/PTB1/PKM1,2 feedback cascade)
谷口 高平, 杉戸 信彦, 熊崎 実南, 篠原 悠, 中村 真未, 山田 名美, 杉山 太郎, 二村 学, 中川 義仁, 平田 一郎, 吉田 和弘, 内山 和久, 赤尾 幸博
日本癌学会総会記事   73回 J-1077   2014年9月
大腸癌におけるmiR-124とRNAヘリケース、DDX6のエネルギー代謝を介した細胞死誘導メカニズムの解明(MiR-124 induced apoptosis by targeting RNA helicase, DDX6 that regulates cancer energy metabolism in colon cancer cells)
杉戸 信彦, 谷口 高平, 熊崎 実南, 篠原 悠, 中村 真未, 山田 名美, 内山 和久, 赤尾 幸博
日本癌学会総会記事   73回 P-1091   2014年9月
大腸癌分泌膜小胞によるT細胞分化誘導メカニズム(Cancer cell-derived microvesicles promoted differentiation of the recipient cells into regulatory T-cell phenotype)
倉永 祐希, 山田 名美, 熊崎 実南, 篠原 悠, 谷口 高平, 中村 真未, 赤尾 幸博
日本癌学会総会記事   73回 P-2245   2014年9月
山田名美, 倉永祐希, 赤尾幸博
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   18th 144-144   2014年6月
谷口高平, 谷口高平, 杉戸信彦, 中村真未, 熊崎実南, 篠原悠, 山田名美, 赤尾幸博, 内山和久
がんと代謝研究会プログラム&抄録集   2nd 58   2014年7月
森崇, 伊藤祐典, 山崎美史, 村上麻美, 野口俊助, 山田名美, 丸尾幸嗣
日本獣医師会雑誌   66(10) 709-712   2013年10月
篠原悠, 熊崎実南, 三木高平, 杉戸信彦, 山田名美, 直江知樹, 赤尾幸博
日本がん分子標的治療学会学術集会プログラム・抄録集   18th 120   2014年5月
三木高平, 三木高平, 杉戸信彦, 熊崎実南, 篠原悠, 山田名美, 内山和久, 赤尾幸博
日本がん分子標的治療学会学術集会プログラム・抄録集   18th 128   2014年5月
熊崎実南, 篠原悠, 三木高平, 杉戸信彦, 山田名美, 赤尾幸博
日本がん分子標的治療学会学術集会プログラム・抄録集   18th 90   2014年5月
辻村野乃香, 山田名美, 赤尾幸博
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   133rd(4) ROMBUNNO.29P-PM07-69   2013年3月
辻村野乃香, 山田名美, 赤尾幸博
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th 2P-0470 (WEB ONLY)   2014年
関根一哉, 星野有希, 森崇, 酒井洋樹, 野口俊助, 山田名美, 山瀬新悟, 丸尾幸嗣
日本獣医師会雑誌   64(11) 893-895   2011年11月
鼻出血を主訴に来院した12歳未去勢のウェルシュ・コーギーの1例について報告する.CT検査にて左側鼻腔内に腫瘤を認めた.病理組織診により,血管肉腫と診断された.化学放射線治療が行われ,第124病日に行ったCT検査にて腫瘍の退縮を認めた.しかし,第208病日のCT検査にて腫瘍の再発を示す像を認め,さらに,第271病日にはCT検査にて肺に転移を疑わせる像を認めた.他院にて治療を続けていたが,第331病日に死亡した.鼻腔内に発生した血管肉腫は脾臓や心臓に発生したものに比べ,治療に反応し,長期生存で...
森 崇, 伊藤 祐典, 山崎 美史, 村上 麻美, 野口 俊助, 山田 名美, 丸尾 幸嗣
日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association   66(10) 709-712   2013年10月
15頭の下垂体腫瘍の犬に対して,週一回,寡分割3次元原体照射(3D-CRT)による放射線治療を行った.総線量中央値は48Gy(35~52Gy),一回線量中央値は7Gy(5~8Gy)であった.観察期間中央値は298日で,12頭が生存中である.1頭は放射線治療中に死亡した.また放射線治療終了後372日及び479日に2頭が死亡した.下垂体性副腎皮質機能亢進症である13頭中6頭で症状の軽減が観察されたが,トリロスタンの投与を中止できた犬はいなかった.神経症状を発現していた13頭中10頭で症状の完全...
野口俊助, 森崇, 山田名美, 赤尾幸博, 丸尾幸嗣
日本獣医学会学術集会講演要旨集   152nd 302-302   2011年8月
中鎖脂肪酸誘導体によるE2F1を介したオートファジー細胞死の誘導(3-Decenoic acid derivatives induce autophagic cell death through the down-regulation of E2F1 in vitro and in vivo)
篠原 悠, 野口 俊助, 熊崎 実南, 山田 名美, 赤尾 幸博
日本癌学会総会記事   72回 262-262   2013年10月
大腸癌における新規バイオマーカーmicroRNA-92aの特性と機能解析(Oncogenic roles of intra- and extra-cellular microRNA-92a in colorectal cancer)
山田 名美, 中川 義仁, 森 崇, 野口 俊助, 丸尾 幸嗣, 赤尾 幸博
日本癌学会総会記事   72回 266-266   2013年10月
オートファジー細胞死誘導MicroRNA-124の機能メカニズムの解明(MiRNA-124 is involved in the machinery of autophagic cell death through down-regulation of RNA processing modifier DDX6)
三木 高平, 山田 名美, 中川 義仁, 平田 一郎, 内山 和久, 赤尾 幸博
日本癌学会総会記事   72回 269-269   2013年10月
レスベラトロールによるmiR-34a/E2F3/Sirt1カスケードを介した抗がん作用(Resveratrol exhibits anti-cancer effects by eliciting miR- 34a/E2F3/Sirt1 cascade in human colon cancer cells)
熊崎 実南, 野口 俊助, 篠原 悠, 山田 名美, 赤尾 幸博
日本癌学会総会記事   72回 273-273   2013年10月
熊崎実南, 野口俊助, 山田名美, 篠原悠, 赤尾幸博
日本がん分子標的治療学会学術集会プログラム・抄録集   17th 74   2013年5月
篠原悠, 野口俊助, 熊崎実南, 山田名美, 赤尾幸博
日本がん分子標的治療学会学術集会プログラム・抄録集   17th 87   2013年5月
伊藤祐典, 森崇, 星野有希, 岩谷直, 山中洋一, 山田名美, 丸尾幸嗣
日本獣医学会学術集会講演要旨集   149th 282-282   2010年3月
がん予防における抗がん剤とファイトケミカルの相乗効果(Phytochemicals function as chemosensitizer by the combination treatment with anti-cancer drugs)
熊崎 実南, 山田 名美, 野口 俊助, 赤尾 幸博
日本癌学会総会記事   71回 105-105   2012年8月
miR-145によるWnt/beta-cateninシグナルの制御機構(miR-145 attenuates intracellular translocation of beta-catenin by targeting catenin delta-1 in colon cancer cells)
山田 名美, 森 崇, 野口 俊助, 次田 雅典, 丸尾 幸嗣, 赤尾 幸博
日本癌学会総会記事   71回 232-232   2012年8月
メラノーマ細胞における合成microRNA-205の腫瘍抑制効果(Tumor suppressive effect of synthetic microRNA-205 on melanoma cells)
岩崎 純也, 野口 俊助, 山田 名美, 赤尾 幸博
日本癌学会総会記事   71回 268-268   2012年8月
Ewing肉腫におけるmicrovesicleを介した融合遺伝子の分泌(Ewing sarcoma cells secrete EWS/FLI-1 fusion gene via microvesicles)
次田 雅典, 山田 名美, 野口 俊助, 赤尾 幸博, 大野 貴敏
日本癌学会総会記事   71回 276-276   2012年8月
野口俊助, 山田名美, 赤尾幸博
日本Cell Death学会学術集会プログラム抄録集   21st 58   2012年
悪性メラノーマ細胞におけるmiR-145/インターフェロン/TRAILを介したアポトーシス(Apoptosis cascade of miR-145/Interferon/TRAIL in malignant melanoma cells)
野口 俊助, 森 崇, 丸尾 幸嗣, 山田 名美, 赤尾 幸博
日本癌学会総会記事   70回 267-267   2011年9月
大腸癌細胞におけるmiR-145とWnt/β-Cateninシグナル(miR-145 and Wnt/β-Catenin signaling in colon caner cells)
山田 名美, 森 崇, 丸尾 幸嗣, 野口 俊助, 赤尾 幸博
日本癌学会総会記事   70回 268-268   2011年9月
山田名美, 三竹由佳子, 森崇
小動物臨床   30(4) 224-226   2011年7月
山田名美, 森崇
小動物臨床   30(2) 119-123   2011年3月
山田名美, 野口俊助, 赤尾幸博
日本Cell Death学会学術集会プログラム抄録集   20th 47   2011年
山田名美, 松山道子, 森崇
小動物臨床   29(6) 362-366   2010年11月
新美健太, 酒井洋樹, 村井厚子, SALEM Abou Asa Sama, 村上麻美, 山田名美, 星野有希, 森崇, 丸尾幸嗣, 柳井徳磨
日本獣医学会学術集会講演要旨集   150th 171   2010年9月
遺伝的背景を変えることにより症状が緩和したaganglionosis rat
安居院 高志, 山田 名美, 廣江 猛, 小木曽 昇, 宮本 智美, 三好 一郎, 尾崎 毅
日本疾患モデル学会記録   19(Suppl.) 66-66   2003年10月

担当経験のある科目

 
  • 先端基礎獣医学特別講義 (共同獣医学科)

所属学協会

 
日本獣医がん学会 , 日本解剖学会 , 日本癌学会 , 日本臨床分子形態学会

競争的資金等の研究課題

 
細胞外小胞による転移ニッチ形成メカニズムの解明とがん転移予防への応用
岐阜大学: 研究科長・医学部長裁量経費による研究費の重点的配分
研究期間: 2018年9月 - 2019年3月    代表者: 山田 名美
大腸がんが分泌する細胞外小胞の宛先タンパクの探索
岐阜大学: 大学活性化経費(一般研究支援)
研究期間: 2017年6月 - 2018年3月    代表者: 山田 名美
細胞の代謝・分化・増殖におけるAPCタンパクC末端特異的機能の解明
岐阜大学: 大学活性化経費(一般研究支援)
研究期間: 2016年6月 - 2017年3月    代表者: 山田 名美
大腸癌におけるmiR-145のWnt/β-cateninシグナル制御機構の解明
文部科学省: 学術研究助成基金助成金特別研究員奨励費
研究期間: 2013年4月 - 2015年12月    代表者: 山田 名美
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 山田 名美

社会貢献活動

 
作業療法士・言語聴覚士 解剖生理学
【講師】  サンビレッジ国際医療福祉専門学校  2016年4月 - 現在
はり師・きゅう師 解剖生理学
【講師】  岐阜県立岐阜盲学校  2016年4月 - 現在