日本の女性研究者

地理学

研究者リスト >> 河角 直美
 

河角 直美

 
アバター
研究者氏名河角 直美
 
カワスミ ナオミ
所属立命館大学
部署文学部地域研究学域
職名准教授
学位博士(文学)(立命館大学)
その他の所属立命館大学, 立命館大学, 立命館大学, 立命館大学

研究キーワード

 
歴史地理学、歴史GIS、近代都市史、環境史、災害史

研究分野

 
  • 地理学 / 地理学 / 
  • 地域研究 / 地域研究 / 
  • 人文地理学 / 人文地理学 / 

経歴

 
2006年10月
 - 
2008年3月
立命館大学COE推進機構 ポストドクトラルフェロー
 
2008年4月
 - 
2010年3月
立命館大学衣笠総合研究機構 ポストドクトラルフェロー
 
2010年4月
 - 
2016年3月
立命館大学文学部 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2016年3月
京都女子大学 非常勤講師
 
2010年10月
 - 
2012年3月
立命館大学衣笠総合研究機構 ポストドクトラルフェロー
 

学歴

 
 
 - 
2000年3月
立命館大学 文学部 地理学科 地理学専攻
 
 
 - 
2006年9月
立命館大学大学院 文学研究科 地理学専攻
 

委員歴

 
2011年3月
 - 
2014年5月
2013年京都国際地理学会議組織委員会  財務委員
 

論文

 
明治中期における京都旅行―与謝野晶子の記録から―
河角直美
立命館文学   (650) 78-88   2017年
近代京都の景観と金閣寺
河角直美
立命館言語文化研究   28(3) 41-48   2017年
記憶地図から読む地域の景観の歴史―仁和寺門前地域を例に―
河角直美・板谷直子・中谷友樹・佐藤弘隆・谷崎友紀・前田一馬
ランドスケープ研究   81(1) 22-25   2017年
二つの『京都市明細図』の概要とそのGISデータベースの構築─京都府立総合資料館所蔵本と長谷川家住宅所蔵本
河角直美・矢野桂司・山本俊平
地理学評論   90(4) 390-400   2017年
近代期における大津の水辺空間の変遷と観光開発
赤石(河角)直美・河角龍典
立命館文学   (645) 246-235   2016年

講演・口頭発表等

 
WebGISを用いた戦後京都の記憶のアーカイブとその課題
地理情報システム学会第24回学術研究発表大会   2015年   
『京都市明細図』と京都市の都市計画履歴
地理情報システム学会第23回学術研究発表大会   2014年   
“Landscape Reconstruction of Modern Kyoto using “Large-scale Maps of Kyoto City”
IGU 2013 Kyoto Regional onference, Japan   2013年   
“Spatial Analysis and Web-based Application of “Large-scale Maps of Kyoto City”
JADH2013   2013年   
地籍図・土地台帳による近代の災害被災地域の復原―濃尾地震を例に―
2012年岐阜県古地図文化研究会   2012年   

担当経験のある科目

 
  • プロジェクト演習Ⅲ (立命館大学)
  • プロジェクト演習Ⅳ (立命館大学)
  • 京都学フィールドワークⅠ (立命館大学)
  • 京都学フィールドワークⅤ (立命館大学)
  • 研究入門Ⅰ (立命館大学)

所属学協会

 
日本地理学会 , 人文地理学会 , 歴史地理学会 , 日本建築学会 , 京都民俗学会

Works

 
「京都市明細図」に描かれた近代京都の街並み
その他   2014年
近代京都の景観と街並みを再現する―「京都市明細図」のデジタル化から
その他   2011年

競争的資金等の研究課題

 
山村における生業の複合からみた人々の環境への適応に関する地理学的研究
日本科学協会、笹川科学助成
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月