日本の女性研究者

資源保全学

研究者リスト >> 金子 有子
 

金子 有子

 
アバター
研究者氏名金子 有子
 
カネコ ユウコ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/90280817.ja.html
所属東洋大学
部署文学部 英米文学科
職名准教授
学位博士(理学)(京都大学)
その他の所属滋賀県琵琶湖環境科学研究センター
科研費研究者番号90280817

研究キーワード

 
生物多様性 , 絶滅確率 , 森林生態系 , LTRE解析 , コンピュータシミュレーション , 2倍体植物 , 撹乱 , 生物多様性保全 , 希少植物 , 集団遺伝解析 , PnETモデル , LTRE , 下部残存型強度間伐 , 数理モデル , 窒素流出 , 渓流水質 , 森林撹乱 , サワグルミ , 展葉期間 , 遺伝構造 , 保全遺伝学 , GIS , トチノキ , PnET , 汚濁負荷 , レッドリスト , 遺伝的多様性 , 植物 , 推移行列モデル , 環境配慮型森林施業

研究分野

 
  • 生物科学 / 分子生物学 / 
  • 基礎生物学 / 生物多様性・分類 / 
  • 環境学 / 環境動態解析 / 
  • 生物資源保全学 / 生物資源保全学 / 
  • 環境学 / 自然共生システム / 
  • 基礎生物学 / 生態・環境 / 
  • 森林圏科学 / 森林科学 / 

経歴

 
1992年4月
 - 
1995年3月
日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
 

論文

 
Watanabe S, Kaneko Y, Maesako Y, Noma N
Journal of plant research   127(6) 709-720   2014年11月   [査読有り]
中川 昌人, 金子 有子, 西野 麻知子
保全生態学研究   19(1) 3-14   2014年5月   [査読有り]
琵琶湖南部の副湖盆として成立する南湖では沈水植物群落の面積・現存量が1930年代以降、人為的な影響を受け大きく変動している。群落の変動は群落構成種の遺伝構造に影響を及ぼしていると考えられるが、その影響はほとんど研究されていない。ネジレモ(トチカガミ科セキショウモ属)は琵琶湖・淀川水系に固有な沈水植物であるが、1970年代以降分布を減少させ続けている。本研究では南湖におけるネジレモ集団の遺伝構造の現状把握と分布減少の影響評価を主な目的として、南湖を中心とした集団を対象としてアロザイム酵素多型...
Ohtsuki T, Shoda T, Kaneko Y, Setoguchi H
Applications in plant sciences   2(4)    2014年4月   [査読有り]
前迫 ゆり, 野間 直彦, 金子 有子, 横川 昌史, 渡部 俊太郎, 東 善広
地域自然史と保全 : bulletin of Kansai Organization for Nature Conservation   34(2) 165-179   2012年12月
Kaneko Y, Lian C, Watanabe S, Shimatani K, Sakio H, Noma N
American journal of botany   99(7) e265-7   2012年7月   [査読有り]

Misc

 
金子 有子
種生物学研究   28 73-84   2005年3月
金子有子
種生物学研究   (28) 111-136,1(2)   2005年3月

書籍等出版物

 
西野 麻知子, 浜端 悦治
サンライズ出版   2006年1月   ISBN:4883252698

講演・口頭発表等

 
渡部俊太郎, 金子有子, 野間直彦, 西田隆義
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2014年3月26日   
渡部俊太郎, 金子有子, 野間直彦, 西田隆義
日本生態学会大会講演要旨集   2013年3月5日   
高田壮則, 金子有子
日本生態学会大会講演要旨集   2013年3月5日   
福島慶太郎, 金子有子, 徳地直子, 籠谷泰行, 浜端悦治, 尾坂兼一, 國松孝男
日本陸水学会大会講演要旨集   2012年9月14日   
渡部俊太郎, 金子有子, 前迫ゆり, 野間直彦
日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM)   2012年3月26日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 金子 有子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 川那部 浩哉
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 高田 壮則
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 金子 有子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 徳地 直子