日本の女性研究者

実験動物学

研究者リスト >> 加藤容子
 

加藤容子

 
アバター
研究者氏名加藤容子
 
カトウ ヨウコ
eメールyokonara.kindai.ac.jp
eメール(その他)yokokato15hotmail.com
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/40278742.ja.html
所属近畿大学
部署農学部
職名教授
学位農学(近畿大学)
科研費研究者番号40278742

研究キーワード

 
reprogramming , 核移植 , 初期化 , クローン , 全能性

研究分野

 
  • 動物生命科学 / 統合動物科学 / 動物発生工学
  • 実験動物学 / 実験動物学 / 
  • 畜産学・獣医学 / 応用動物科学 / 

経歴

 
2009年
 - 
現在
近畿大学 農学部 教授
 

論文

 
Estimating the survival probability of nuclear transfer embryos before embryo transfer by unique biopsy: diagnosing by evaluating Oct4 and Sox2 gene expression pattern on a monozygotic twin blastocyst separated at the 2-cell stage of nuclear transferred e
Kazuki Ohata, Yoko Kato
J.Mamm.Ova.Res   33 55-61   2016年   [査読有り]
核移植とクローン動物
加藤容子
脳神経系の再生医学   161-165   2015年   [招待有り]
Ezoe K, Yabuuchi A, Tani T, Mori C, Miki T, Takayama Y, Beyhan Z, Kato Y, Okuno T, Kobayashi T, Kato K
PloS one   10(5) e0126801   2015年   [査読有り]
Yoko Kato, Yukio Tsunoda
Transgenic Animal Technology: A Laboratory Handbook: Third Edition   195-227   2014年6月
© 2014 Elsevier Inc. All rights reserved. Since the advent of Dolly the Sheep in the 1990s, nuclear transfer or cloning technology has been used extensively to examine the developmental potency of embryonic and somatic cell nuclei. The development...
Salehi M, Kato Y, Tsunoda Y
Zygote (Cambridge, England)   22(2) 213-217   2014年5月   [査読有り]
Yoko Kato, Yukio Tsunoda
Principles of Cloning: Second Edition   127-135   2013年10月
After the first successful nuclear transfer in mammals in 1983 with pronuclear exchanges, this technique was applied to produce cloned animals using unfertilized oocytes. In 1997 first somatic cell cloning was succeeded in sheep, and after that in...
加藤 容子
学術の動向   18(4) 4_62-4_67   2013年
Yukio Tsunoda, Yoko Kato
Transgenic Animal Technology: A Laboratory Handbook: Second Edition   195-231   2012年12月
Takaaki Sugimoto, Yuta Tsuji, Yoko Kato, Yukio Tsunoda
Journal of Mammalian Ova Research   29 128-134   2012年11月
After screening 408 crude drugs, we found that Rizoma Arisaematis increased the cell numbers of mouse blastocysts developed from in vivo zygotes. We examined the effects of Rizoma Arisaematis on the in vitro development of mouse zygotes and embryo...
Tsuji Y, Kato Y, Tsunoda Y
Zygote (Cambridge, England)   20(3) 261-267   2012年8月   [査読有り]
Takaaki Sugimoto, Yoko Kato, Yukio Tsunoda
Journal of Mammalian Ova Research   29 75-81   2012年6月
As reported previously, berberine, the main component extracted from Coptis rhizome and Phellodendron, has potential as a contraceptive for animals since berberine has a strong inhibitory effect on the in vitro development of mouse zygotes and on ...
Nakano M, Kato Y, Tsunoda Y
Zygote (Cambridge, England)   20(2) 199-207   2012年5月   [査読有り]
Tsuji Y, Kato Y, Tsunoda Y
Cellular reprogramming   14(1) 38-44   2012年2月   [査読有り]
Yukio Tsunoda, Yoko Kato
Journal of Mammalian Ova Research   28 40-46   2011年7月
After screening 269 crude drugs for their ability to inhibit the development of mouse zygotes, we found Coptis rhizome and Phellodendron bark to have inhibitory effects. We examined the effects of both extracts and of berberine, a major component ...
Kato Y, Tsunoda Y
The International journal of developmental biology   54(11-12) 1623-1629   2010年   [査読有り]
【細胞核の初期化メカニズム 多能性・全能性獲得のナゾに迫る】 クローン個体の作出からみた「核移植と核のリプログラミング」
加藤 容子
Medical Bio   6(5) 14-21   2009年9月
Tsuji Y, Kato Y, Tsunoda Y
Zygote (Cambridge, England)   17(2) 109-115   2009年5月   [査読有り]
Mizumoto S, Kato Y, Tsunoda Y
Cloning and stem cells   10(4) 453-459   2008年12月   [査読有り]
M. Kawakami, Y. Kato, Y. Tsunoda
Animal Reproduction Science   106 402-411   2008年7月
The effect of removing cytoplasmic lipid droplets (delipidation) at the 2-cell and developmental stages on the survival of porcine somatic cell nuclear-transferred blastocysts developed from the enucleated oocytes receiving somatic cells from kidn...
Li X, Kato Y, Tsuji Y, Tsunoda Y
Cloning and stem cells   10(1) 133-142   2008年3月   [査読有り]
Gene expression in individual bovine somatic cell cloned embryos at the 8-cell and blastocyst stages of preimplantation development.
Amarnath D, Li X, Kato Y, Tsunoda Y
The Journal of reproduction and development   53(6) 1247-1263   2007年12月   [査読有り]
Aging of recipient oocytes reduces the development of cloned embryos receiving cumulus cells.
Liu G, Kato Y, Tsunoda Y
The Journal of reproduction and development   53(4) 785-790   2007年8月   [査読有り]
Effect of the timing of first cleavage on in vitro developmental potential of nuclear-transferred bovine oocytes receiving cumulus and fibroblast cells.
Amarnath D, Kato Y, Tsunoda Y
The Journal of reproduction and development   53(3) 491-497   2007年6月   [査読有り]
Aberrant spindle assembly checkpoint in bovine somatic cell nuclear transfer oocytes
Tani T, Kato Y, Tsunoda Y
Front Biosci.   12 2693-2705   2007年1月   [査読有り]
Kato Y, Li X, Amarnath D, Ushizawa K, Hashizume K, Tokunaga T, Taniguchi M, Tsunoda Y
Cloning and stem cells   9(4) 495-511   2007年   [査読有り]
Rybouchkin A, Kato Y, Tsunoda Y
Biology of reproduction   74(6) 1083-1089   2006年6月   [査読有り]
Li X, Kato Y, Tsunoda Y
Cloning and stem cells   8(3) 214-224   2006年   [査読有り]
Tani T, Shimada H, Kato Y, Tsunoda Y
Cloning Stem Cells   8(1) 61-66   2006年   [査読有り]
Li X, Amarnath D, Kato Y, Tsunoda Y
Cloning and stem cells   8(1) 41-50   2006年   [査読有り]
Li X, Kato Y, Tsunoda Y
Molecular reproduction and development   72(2) 152-160   2005年10月   [査読有り]
【再生医学 クローン・幹細胞から医療へ】 未来技術応用 クローン家畜の作成と利用
角田 幸雄, 加藤 容子
綜合臨床   54(1) 56-61   2005年1月
Kawakami M, Kato Y, Tsunoda Y
Cloning and stem cells   7(3) 167-177   2005年   [査読有り]
Cryopreservation of bovine somatic cell nuclear-transferred blastocyst: effect of developmental stage
Amarnath Dasari, Yoko Kato, Yukio Tsunoda
The Journal of Reproduction and Development   50(5) 593-598   2004年10月
Cryopreservation of bovine somatic cell nuclear-transferred blastocysts: effect of developmental stage.
Amarnath D, Kato Y, Tsunoda Y
The Journal of reproduction and development   50(5) 593-598   2004年10月   [査読有り]
S. Matsushita, T. Tani, Y. Kato, Y. Tsunoda
Animal Reproduction Science   84 293-301   2004年9月
The present study examined the competence of oocytes from bovine ovaries stored at low temperatures for at least 1 day, which is the necessary time period to complete inspection for bovine spongiform encephalopathy. Storage of ovaries at 10°C for ...
T. Kobayashi, Y. Kato, Y. Tsunoda
Theriogenology   62 854-860   2004年9月
The present study examined whether the timing of the first cleavage has an effect on the in vitro and in vivo developmental potential of nuclear-transferred mouse oocytes receiving embryonic stem cells. First, the timing of the first cleavage and ...
Effect of nuclear transfer procedures on ES-cell cloning efficiency in the mouse
Akiko Yabuuhi, Keiko Ysuda, Yoko Kato, Yukio Tsunoda
The Journal of Reproduction and Development   50(2) 263-268   2004年4月
Effects of nuclear transfer procedures on ES cell cloning efficiency in the mouse.
Yabuuchi A, Yasuda Y, Kato Y, Tsunoda Y
The Journal of reproduction and development   50(2) 263-268   2004年4月   [査読有り]
Kato Y, Imabayashi H, Mori T, Tani T, Taniguchi M, Higashi M, Matsumoto M, Umezawa A, Tsunoda Y
Biology of reproduction   70(2) 415-418   2004年2月   [査読有り]
【卵から親へ 新しい動物の発生のしくみ】 クローン動物の発生のしくみと寿命
角田 幸雄, 加藤 容子
遺伝: 生物の科学   58(1) 64-68   2004年1月
Kawano K, Kato Y, Tsunoda Y
Cloning and stem cells   6(2) 67-72   2004年   [査読有り]
Tsunoda Y, Kato Y
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   254 195-212   2004年   [査読有り]
Kawakami M, Tani T, Yabuuchi A, Kobayashi T, Murakami H, Fujimura T, Kato Y, Tsunoda Y
Cloning and Stem Cells   5(4) 379-387   2003年12月   [査読有り]
Tani T, Kato Y, Tsunoda Y
Biology of reproduction   69(6) 1890-1894   2003年12月   [査読有り]
【再生医療】 再生医療にかかわる基本的事項 細胞増殖・分化誘導関連因子 核の初期化とその制御因子
角田 幸雄, 加藤 容子
日本臨床   61(3) 406-410   2003年3月
核の初期化とその制御因子
角田 幸雄, 加藤 容子
日本臨床   61(3) 406-410   2003年3月   [査読有り]
体細胞を核移植した時に生じる核の初期化機構を中心に紹介した。
Tetsuya Tani, Yoko Kato, Yukio Tsunoda
Biology of Reproduction   69(6) 1890-1894   2003年1月   [査読有り]
ウシ体細胞核移植における体細胞核の初期化は、卵細胞質内のMPF 及びMAPK によって直接制御されない事を明らかにした。
Akiko Yabuuchi, Yoko Kato, Yukio Tsunoda
Journal of Reproduction and Development   48 393-397   2002年12月
Nuclear-transferred mouse eggs receiving embryonic stem cells develop into blastocysts at a high rate, but their potential to develop into fetuses is very low. Therefore, the present study examined the effects of aggregating of two nuclear-transfe...
Masahiro Kawakami, Tetsuya Tani, Xi Jun Yin, Yoko Kato, Yukio Tsunoda
Journal of Reproduction and Development   48 409-414   2002年12月
The effects of oxygen tension (5% and 20%) during in vitro culture of oocytes and fetal fibroblast cells on the developmental potential of parthenogenetic and nuclear-transferred porcine oocytes were examined. The potential of parthenogenetic oocy...
【クローン動物の頻発異常とエピジェネティクス】 クローンウシにおける核の初期化と頻発異常
角田 幸雄, 加藤 容子
蛋白質・核酸・酵素   47(13) 1797-1803   2002年10月
体細胞の核移植によって,多くのクローンウシが作出されているが,その半数は死亡したり,形態形成異常を示している.社会は,核移植技術が家畜の生産性の向上に果たす役割を認めながらも,現在の未完成の技術で作出した生産物を食料とすることに不安感を示している.現行の核移植技術を用いて作出した核移植卵は,正常な形態をもつ胚盤胞へ高率に発生するが,正常な個体へはごく一部しか発生しない.クローンウシ作出研究の現状と,異常個体が頻発する原因について考察する
ブタ体細胞由来核移植の発生能に及ぼす酸素濃度の影響
角田 幸雄, 川上雅弘, 谷 哲弥, Xi Jun Yin, 加藤 容子
Journal of Reproduction and Development   48 409-414   2002年9月
ブタ単為発生卵ならびに核移植卵の発生能に及ぼす気相中の酸素濃度の影響を検討した。(英文)
川上 雅弘, 谷 哲弥, YIN Xi Jun, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of reproduction and development   48(4) 409-414   2002年8月
薮内 晶子, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of reproduction and development   48(4) 393-397   2002年8月
ブタ単為発生卵ならびに胎子繊維芽細胞由来核移植卵の体外発生能に及ぼす酸素気相の影響(Effect of Oxygen Tension on the Developmental Potential of Parthenogenetic Oocytes and Nuclear-Transferred Porcine Oocytes Receiving Fetal Fibroblast Cells)
川上 雅弘, 谷 哲弥, Jun Yin Xin, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   48(4) 409-414   2002年8月
マウスES細胞由来核移植卵の発生能に及ぼす集合ならびに再核置換の影響(Effects of Aggregation of Nuclear-transferred Mouse Embryos Developed from Enucleated Eggs Receiving ES Cells on In Vitro and In Vivo Development)
薮内 晶子, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   48(4) 393-397   2002年8月
Effect of delayed enucleation on the developmental potential of nuclear-transferred oocytes receiving adult and fetal fibroblast cells
Yin XJ, Kato Y, Tsunoda Y
Zygote   10(3) 217-222   2002年8月   [査読有り]
Production of cloned pigs from adult somatic cells by chemically assisted removal of maternal chromosomes.
Yin XJ, Tani T, Yonemura I, Kawakami M, Miyamoto K, Hasegawa R, Kato Y, Tsunoda Y
Biology of reproduction   67(2) 442-446   2002年8月   [査読有り]
ウサギ体細胞核移植卵の発生能に及ぼす除核方法ならびに成熟条件の影響
角田 幸雄, Xi Jun Yin, 加藤 容子
Reproduction   124 41-47   2002年7月
Production of cloned pigs from adult somatic cells by chemically assisted removal of maternal chromosomes
Yin Xi Jun, Tani, T., Kato, Y., Tsunoda,Y
Biology of Reproduction   67 442-446   2002年7月
動物クローンニングの最近の進歩と問題点
角田 幸雄, 加藤 容子
Differentiation   69 158-161   2002年5月
哺乳類のクローンフォーラムの中で、 再生医療の分野においてもクローニング技術を使用すべきではないとの考えを述べた。 (英文)
マウス ES 細胞由来胚盤胞内細胞塊細胞の発生能
角田 幸雄, 天野朋和, 加藤 容子
Cell Tissue Research   307 367-370   2002年5月
マウス ES 細胞由来核移植卵の産子への発生能が低い原因を明らかにした。 (英文)
Takatsugu Yamada, Takatsugu Yamada, Takatsugu Yamada, Masahide Yoshikawa, Seiji Kanda, Yoko Kato, Yoshiyuki Nakajima, Shigeaki Ishizaka, Yukio Tsunoda
Stem Cells   20 146-154   2002年4月
Background and aims. Embryonic stem (ES) cells have a pluripotent ability to differentiate into a variety of cell lineages in vitro. We have recently found the emergence of cell clusters that show the cellular uptake of indocyanine green (ICG) in ...
T. Amano, Y. Kato, Y. Tsunoda
Cell and Tissue Research   307 367-370   2002年4月
The present study examined the causes of the low developmental potential of enucleated oocytes that have received ES cells and consequent postnatal death of the young. The inner cell masses (ICM) of nuclear-transferred blastocysts or diploid blast...
マウス ES 細胞から肝様細胞の形成
角田 幸雄, 加藤 容子, 他4名, 山田高嗣
Stem Cells   20 146-154   2002年3月
マウス ES 細胞を分化誘導して、 肝様細胞の形成に成功した。 (英文)
マウス ES 細胞から腸様器官の形成
角田 幸雄, 加藤 容子, 他5名, 山田高嗣
Stem Cells   20 41-49   2002年2月
マウス ES 細胞を分化誘導して、 腸様器官の作出に成功した。 (英文)
Y. Tsunoda, Y. Kato
Differentiation   69 158-161   2002年1月
It is remarkable that mammalian somatic cell nuclei can form whole individuals if they are transferred to enucleated oocytes. Advancements in nuclear transfer technology can now be applied for genetic improvement and increase of farm animals, resc...
Yukio Tsunoda, Yoko Kato
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   47 1797-1803   2002年1月
【細胞の再プログラム化と万能性はどこまで可能か】 クローンウシと再プログラム化
角田 幸雄, 加藤 容子
実験医学   19(12) 1494-1498   2001年8月
体細胞の核移植によるクローンウシ作出研究の現状を述べた.ウシ初期胚の割球や体細胞由来培養細胞を除核未受精卵へ融合すると,核が初期化されて30〜50%の核移植卵が胚盤胞へ発生し,受胚雌へ移植すると約20%が仔ウシへ発育する.又,体細胞を用いた場合は特に,分娩前後の産仔の死亡や形態形成異常等が高頻度で認められる.体細胞核の初期化は,活性化刺激を与える前の未受精卵細胞質中で生じるが,その分子機構は不明である
クローンウシと再プログラム化
角田 幸雄, 加藤 容子
実験医学   19(12) 1494-1498   2001年8月
体細胞核の初期化機構について紹介した。
T. Amano, Y. Kato, Y. Tsunoda
Reproduction   121 729-733   2001年6月
The developmental potential of enucleated mouse oocytes receiving embryonic stem cells from ten lines with either the same or different genetic backgrounds using the cell fusion method was examined in vitro and in vivo. The development of nuclear-...
T. Amano, Y. Kato, Y. Tsunoda, Y. Tsunoda
Zygote   9 153-157   2001年5月
The present study compared the production efficiency and incidence of postnatal death in mice derived by injecting embryonic stem (ES) cells into either heat-treated blastocysts or tetraploid blastocysts. The proportion of completely ES-cell-deriv...
【生殖医学のゆくえ】 体細胞クローン技術の新展開
角田 幸雄, 加藤 容子
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY   8(1) 33-38   2001年3月
1997年2月に成羊の体細胞の核移植によって子羊を得たことが報告されて以来,その再現性を確かめるための研究が行われてきた.その結果,体細胞を操作して個体が作出できることは確実になったが,成功率は低く,また必ずしも正常な個体が得られるばかりでなく,死産や産子の分娩直後の死亡,形態形成異常などが高率にみられることも明らかになった.体細胞クローン個体作出研究の現状と問題点を明らかにすると共に,医学との接点についても言及した
A. Yabuuchi, T. Tani, Y. Kato, Y. Tsunoda
Journal of Experimental Zoology   289 208-212   2001年2月
The in vitro and in vivo developmental potential of nuclear transferred embryos receiving follicular epithelial cells pretreated with spermine (5 and 20 mM), protamine (0.25 and 25 mg/ml), or putrescine (1 and 100 μg/ml) at room and reduced temper...
Tomokazu Amano, Tetsuya Tani, Yoko Kato, Yukio Tsunoda, Yukio Tsunoda
Journal of Experimental Zoology   289 109-118   2001年2月
Plasma leptin and thyroxin concentrations of eleven raccoon dogs and eleven blue foxes were monitored for 6 months. Half of the animals were placed on a 3-week fast in November. Leptin levels were low in summer, but in October they rose significan...
T. Tani, Y. Kato, Y. Tsunoda
Biology of Reproduction   64 324-330   2001年1月
We examined the in vitro developmental potential of non-activated and activated enucleated ova receiving cumulus cells at various stages of the cell cycle. Eleven to 29% of activated ova receiving donor cells stopped developing at the 8-cell stage...
Yukio Tsunoda, Yoko Kato
Zoological Science   17 1177-1184   2000年12月
Differentiated mammalian somatic cell nuclei and embryonic nuclei can now be reprogrammed to develop into young if they are introduced into enucleated oocytes. The success rates for cloning are generally low, however, and peri-and postnatal death ...
X. J. Yin, T. Tani, Y. Kato, Y. Tsunoda
Theriogenology   54 1469-1476   2000年12月
The present study determined a suitable parthenogenetic activation procedure for rabbit oocytes and examined the developmental potential of enucleated oocytes receiving cultured cumulus cells. Unfertilized oocytes recovered from superovulated rabb...
Y. Kato, T. Tani, Y. Tsunoda
Journal of Reproduction and Fertility   120 231-237   2000年11月
Twenty-four calves were cloned from six somatic cell types of female and male adult, newborn and fetal cows. The clones were derived from female cumulus (n=3), oviduct (n=2) and uterine (n=2) cells, female and male skin cells (n=10), and male ear ...
【再生医学と生命科学】 生殖工学 体細胞核移植による動物クローニング
角田 幸雄, 加藤 容子
蛋白質・核酸・酵素   45(13) 2015-2020   2000年9月
動物クローニングの現状について概説した.従来,種々の発生ステージの初期胚やオタマジャクシの体細胞の核移植によって正常なカエルが得られていたが,成長したカエルの体細胞核からはカエルは得られていなかった.最近,6歳の雌ヒツジの乳腺の培養細胞から仔ヒツジが得られたことをきっかけに,哺乳類では成体から採取した卵丘細胞や様々な組織の体細胞を核移植して,個体が得られるようになった.しかしながら,分化した体細胞核が個体への発生能を獲得する分子機構は不明なままである
T. Tani, Y. Kato, Y. Tsunoda
Theriogenology   53 1623-1629   2000年5月
An efficient method for freezing donor cells is necessary when using nucleus transfer of somatic cells for large-scale cloning. In the present study, we developed a method for freezing and thawing bovine cumulus cell- derived cultured cells to be ...
【新世紀医療をめざしてII-クローンと再生医学】 家畜における核移植
加藤 容子, 角田 幸雄
遺伝子医学   4(2) 269-273   2000年5月
T. Amano, K. Nakamura, T. Tani, Y. Kato, Y. Tsunoda
Theriogenology   53 1449-1458   2000年4月
The sensitivity of the inner cell mass (ICM) and trophectoderm (TE) of mouse blastocysts to high temperatures was examined. When blastocysts with a diameter of 100 to 120 μm treated for 15 to 20 min at 45°C were cultured in vitro, the cell number ...
B. X. Nguyen, B. X. Nguyen, Y. Sotomaru, T. Tani, Y. Kato, Y. Tsunoda
Theriogenology   53 1439-1448   2000年4月
Preservation by vitrification of Day 7 and Day 8 bovine blastocysts derived from nuclear transfer with cumulus cells was compared with preservation of in vitro fertilized blastocysts. In Experiment 1, embryos were vitrified in PBS containing 60% e...
Y. Tsunoda, Y. Kato
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   45 2015-2020   2000年1月
Yoko Kato, Akiko Yabuuchi, Nami Motosugi, Jun Ya Kato, Yukio Tsunoda, Yukio Tsunoda
Biology of Reproduction   61 1110-1114   1999年10月
The developmental potential after nuclear transfer of mouse follicular epithelial cells cultured in vitro was examined. Follicular epithelial cells surrounding growing oocytes (type 5, diameter of oocytes, 62.6 ± 5.9 μm; n = 14) were obtained from...
Y. Sotomaru, Y. Kato, Y. Tsunoda
Theriogenology   52 213-220   1999年7月
Pluripotency of mouse trophectoderm (TE) cells was examined using a nuclear transfer technique. We transferred a TE cell to an enucleated oocyte and cultured the reconstituted oocyte to the blastocyst stage. Then a portion of the inner cell mass (...
Yoko Kato, William M. Rideout, William M. Rideout, Kathy Hilton, Sheila C. Barton, Yukio Tsunoda, M. Azim Surani
Development   126 1823-1832   1999年5月
There are distinctive and characteristic genomic modifications in primordial germ cells that distinguish the germ cell lineage from somatic cells. These modifications include, genome-wide demethylation, erasure of allele-specific methylation assoc...
Yoko Kato, Tetsuya Tani, Yusuke Sotomaru, Kazuo Kurokawa, Jun Ya Kato, Hiroshi Doguchi, Hiroshi Yasue, Yukio Tsunoda
Science   282 2095-2098   1998年12月
Eight calves were derived from differentiated cells of a single adult cow, five from cumulus cells and three from oviductal cells out of 10 embryos transferred to surrogate cows (80 percent success). All calves were visibly normal, but four died a...
Yusuke Sotomaru, Yoko Kato, Yukio Tsunoda
Journal of Reproduction and Development   44 1-6   1998年12月
Trophectoderm (TE) and inner cell mass (ICM) cells from blastocytsts were compared for their ability to produce chimeric mice or conceptuses (pluripotency) using nuclear transplantation in which a single cell was transplanted into an enucleated bl...
角田 幸雄, 加藤 容子
化学と生物   36(9) 572-577   1998年9月
Yusuke Sotomaru, Yoko Kato, Yoko Kato, Yukio Tsunoda, Yukio Tsunoda
Cryobiology   37 139-145   1998年9月
We examined the viability of mouse bisected embryos after freezing and thawing and produced monozygotic twin mice from these embryos. Two-cell embryos were collected from superovulated mature agouti, F1 hybrid (C57BL/6 X CBA) female mice. For bise...
Y. Tsunoda, Y. Kato
Journal of Reproduction and Fertility   113 181-184   1998年7月
The nuclei of mouse trophectoderm cells were found to have developmental totipotency like inner cell mass cells after serial nuclear transfer. Single inner cell mass or trophectoderm cells from expanded blastocysts synchronized with the cell cycle...
Y. Kato, Y. Tsunoda
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   43 397-404   1998年1月
角田 幸雄, 加藤 容子
The Journal of reproduction and development   43(6) j123-j126   1997年12月
加藤 容子
The Journal of reproduction and development   43(6) j47-j54   1997年12月
In the present study, the pluripotency of embryonic cells on the germ line, especially fetal germ cells, was examined. The results obtained are as follows; when donor cells on the germ line were aggregated with precompacted stage embryos or inject...
Katsuhiro Ohkoshi, Masaki Hata, Yoko Kato, Yukio Tsunoda
Journal of Reproduction and Development   43 261-265   1997年12月
The effect of the age of a donor embryo on the developmental ability of bovine nuclear transferred eggs was examined. A blastomere of an in vitro fertilized embryo cultured for 3.5 to 6.5 days, or an inner cell mass cell (ICM) from a blastocyst cu...

Misc

 
加藤 容子, 詫摩 美里, 角田 幸雄, 詫摩 美里, タクマ ミサト, Takuma Misato, 角田 幸雄, ツノダ ユキオ, Tsunoda Yukio
近畿大学農学部紀要   27(27) 79-84   1994年3月
本研究では,低温感作を与えたマウス卵管が初期胚の低温保存容器として適しているとのArav and Shehuの報告を追試することを目的に実施した。過剰排卵処理を施したCD-1系雌マウスを同系雄と交配し,(1)hCG投与後20および45時間目に卵巣付近-20℃の綿花で2分間冷却したしたのち卵管を摘出し,低温保存,(2)感作を与えていないマウスの卵管を保存,(3)感作を与えていないマウスの卵管から回収した2細胞期胚をマイクロチューブ内に移して保存した。各区とも4℃で24〜120時間保存後,回収...

書籍等出版物

 
Cibelli Jose B.
Academic Press, an imprint of Elsevier   2014年   ISBN:9780123865410
Pinkert Carl A.
Elsevier   2014年   ISBN:9780124104907
角田 幸雄
昭和堂   2012年2月   ISBN:4812212073
クローニングの原理 第13章 細胞の由来が核移植効率に及ぼす影響
角田 幸雄, 加藤 容子 (担当:共著)
Academic Press   2002年10月   
ドナー細胞の由来が、核移植卵の発生能に及ぼす影響について紹介した。(英文) (分担執筆)
トランスジェニック動物作出技術 第7章 核移植
角田 幸雄, 加藤 容子 (担当:共著)
Academic Press   2002年11月   
トランスジェニック動物作出マニュアルの中で、核移植技術について紹介した。(英文)(分担執筆)

講演・口頭発表等

 
体細胞クローンマウス卵子のDNAメチレーションエラー
吉岡 匠、神長 祐子、大畠 一輝、加藤 容子、小池 佐、小林 久人、河野 友宏
第109回日本繁殖生物学会   2016年9月   
Evaluation of the impact of pre-exposure to PHA on developmental efficiency of porcine PA and SCNT embryos
第121回日本畜産学会   2016年3月   
マウス個体の老化が生殖能力に及ぼす影響ならびに個体老化の緩和に関する予備的検討
山口 正義, 谷 哲弥, 加藤 容子
The Journal of Reproduction and Development   2015年9月   
ブタ精子の前処理がICSI卵の体外発生能に及ぼす影響
秦 仁樹, 谷 哲弥, 加藤 容子
The Journal of Reproduction and Development   2015年9月   
Oct3/4,Nanog遺伝子の発現を指標としたマウス体細胞核移植胚の移植前選別の試み
大畠一輝、谷哲弥、加藤容子
第108回日本繁殖生物学会   2015年   
マウス体細胞核移植胚の発生能と胚盤胞期におけるNanogの発現様式との関連性
大畠一輝、谷哲弥、加藤容子
第56回日本卵子学会   2015年   
マウス体細胞核移植卵の第一卵割における不等分裂改善の試み
大畠 一輝, 谷 哲弥, 加藤 容子
The Journal of Reproduction and Development   2014年8月   
体外加齢ブタ未受精卵の生物学的特性と体外発生能の検討
谷 哲弥, 加藤 容子
The Journal of Reproduction and Development   2014年8月   
核移植研究の動向と課題 [招待有り]
加藤容子
第55回日本卵子学会   2014年5月18日   
マウス体細胞核移植胚の2細胞期における割球サイズの差異が発生能に及ぼす影響
大畠 一輝, 谷 哲弥, 加藤 容子
Journal of Mammalian Ova Research   2014年4月   
融解後のMG132処理がウシ凍結-融解未受精卵の体外発生能に及ぼす影響
清水 聡一郎, 谷 哲弥, 加藤 容子
Journal of Mammalian Ova Research   2014年4月   
核移植研究の動向と課題
加藤 容子
Journal of Mammalian Ova Research   2014年4月   
過剰排卵処置の有無がマウス体細胞核移植卵の発生能に及ぼす影響
松下 淳, 谷 哲弥, 加藤 容子
日本畜産学会大会講演要旨集   2014年3月   
マウス体細胞核移植卵の第一卵割における不等分裂改善の試み
大畠一輝、谷哲弥、加藤容子
第107回日本繁殖生物学会   2014年   
体外加齢ブタ未受精卵の生物学的特性と体外発生能の検討
谷哲弥、加藤容子
第107回日本繁殖生物学会   2014年   
マウス体細胞核移植胚の2細胞期における割球サイズの差異が発生能に及ぼす影響
大畠一輝、谷哲弥、加藤容子
第55回日本卵子学会   2014年   
融解後のMG132処理がウシ凍結-融解未受精卵の体外発生能に及ぼす影響
清水聡一郎、谷 哲弥、加藤容子
第55回日本卵子学会   2014年   
受胚雌へのPlacental Lactogen(PL)投与がマウスクローン胚の体内発生能に及ぼす影響
松下 淳, 加藤 容子
The Journal of Reproduction and Development   2013年8月   
ブタ未受精卵の体外加齢抑制法の最適化
谷 哲弥, 加藤 容子
The Journal of Reproduction and Development   2013年8月   
マウス体細胞核移植胚の移植前選別の試み
大畠 一輝, 加藤 容子
The Journal of Reproduction and Development   2013年8月   
マウスにおける体内受精卵および体細胞核移植胚由来一卵性双子胚の遺伝子発現
大畠 一輝, 加藤 容子
Journal of Mammalian Ova Research   2013年4月   
受胚雌へのプロラクチンの投与がマウス体細胞核移植卵の体内発生能に及ぼす影響
松下 淳, 加藤 容子
Journal of Mammalian Ova Research   2013年4月   
マウス体細胞核移植由来2細胞期分離胚の培養条件の検討
大畠 一輝, 加藤 容子
日本畜産学会大会講演要旨集   2013年3月   
受胚雌へのPlacental Lactogen(PL)投与がマウスクローン胚の体内発生能に及ぼす影響
松下 淳、加藤容子
第106回日本繁殖生物学会   2013年   
ブタ未受精卵の体外加齢抑制法の最適化
谷哲弥、加藤容子
第106回日本繁殖生物学会   2013年   
マウス体細胞核移植胚の移植前選別の試み、第106回日本繁殖生物学会
大畠一輝、加藤容子
第106回日本繁殖生物学会   2013年   
マウスにおける体内受精卵および体細胞核移植胚由来一卵性双子胚の遺伝子発現
大畠一輝、加藤容子
第54回日本卵子学会   2013年   
受胚雌へのプロラクチンの投与がマウス体細胞核移植卵の体内発生能に及ぼす影響
松下 淳、加藤容子
第54回日本卵子学会   2013年   
マウス体細胞核移植由来2細胞期分離胚の透明帯への再挿入が分離胚の発生能に及ぼす影響
大畠 一輝, 角田 幸雄, 加藤 容子
The Journal of Reproduction and Development   2012年8月   
ブタ卵子におけるMII期保存の試み
辻 暖永, 角田 幸雄, 加藤 容子
The Journal of Reproduction and Development   2012年8月   
核リプログラミング因子強発現卵による核リプログラミング能増強の試み
谷 哲弥, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   2012年8月   
加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2012年4月1日   
大畠 一輝, 角田 幸雄, 加藤 容子
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2012年4月1日   
辻 暖永, 角田 幸雄, 加藤 容子
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2012年4月1日   
マニピュレーションと発生研究 マイクロマニピュレーション技術とクローン研究
加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of Mammalian Ova Research   2012年4月   
ラット体細胞核移植卵における第一卵割のタイミングとその後の体外発生能との関係性
水本 茂利, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   2011年8月   
杉本 貴章, 辻 優大, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2011年4月1日   
水本 茂利, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2011年4月1日   
メラトニンがブタ体細胞核移植卵の体外発生能に及ぼす影響
中野 真夕, 谷 哲弥, 加藤 容子, 福田 愛作, 森本 義晴, 角田 幸雄
日本IVF学会誌   2010年9月   
ドナーとして用いる卵丘細胞の培養がラット体細胞核移植卵の体外発生能に及ぼす影響
水本 茂利, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   2010年8月   
単為発生卵との共移植がマウス体細胞核移植(SCNT)胚の発生能に及ぼす影響
辻 優大, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   2010年8月   
水本 茂利, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2010年4月1日   
辻 優大, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2010年4月1日   
受胚雌へのProgesterone投与がマウス体細胞核移植卵の発生能に及ぼす影響
辻 優大, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   2009年8月   
培養細胞を用いたラット体細胞核移植
水本 茂利, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   2009年8月   
中野 真夕, 谷 哲弥, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2009年4月1日   
辻 優大, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2009年4月1日   
ブタ体細胞核移植卵の体外発生能に及ぼすバブプロ酸の影響
谷 哲弥, 加藤 容子, 角田 幸雄
日本畜産学会大会講演要旨集   2009年3月   
活性化付与のタイミングがラット体細胞核移植卵の前核形成および体外発生能に及ぼす影響
水本 茂利, 加藤 容子, 角田 幸雄
日本畜産学会大会講演要旨集   2009年3月   
Cyclosporin Aの投与が体細胞核移植卵の体内発生能に及ぼす影響
辻 優大, 加藤 容子, 角田 幸雄
Reproductive Immunology and Biology   2008年11月   
Cyclosporin Aの投与が受精卵移植後の胎子形成に及ぼす影響
辻 優大, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   2008年8月   
ラット体細胞核移植卵における紡錘体の継時的観察と体外発生能の検討
水本 茂利, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   2008年8月   
水本 茂利, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2008年4月1日   
辻 優大, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2008年4月1日   
加藤 容子
The Journal of reproduction and development   2007年9月1日   
ウシ未受精卵からの初期化因子の同定と体細胞核移植への利用
谷 哲弥, 島田 浩明, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   2007年9月   
ラット単為発生卵におけるMG132とdemecolcineの影響
水本 茂利, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   2007年9月   
川又 美弥子, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2007年4月1日   
LIU Guohui, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2007年4月1日   
ウシ体細胞核移植卵の初期化におけるMAPKの必要性
谷 哲弥, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   2006年8月   
ウシ核移植卵母細胞の最初の卵割の時期(The timing of the first cleavage of bovine nuclear-transferred oocytes)
Amarnath Dasari, 加藤 容子, 角田 幸雄
日本畜産学会大会講演要旨集   2006年3月   
クローン胚盤胞中の形態学及びmRNA発現パターンに関する比較研究(Comparative studies on the morphology and mRNA expression pattern in cloned blastocysts)
Li Xiangping, 加藤 容子, 角田 幸雄
日本畜産学会大会講演要旨集   2006年3月   
ウシ体細胞核移植卵のスピンドルチェックポイント
谷 哲弥, 加藤 容子, 角田 幸雄
日本畜産学会大会講演要旨集   2005年8月   
クローン化ウシ胚盤胞における発生関連遺伝子発現の比較(Comparison of development-related gene expression in cloned bovine blastocysts)
Li Xiangping, Amarnath Dasari, 加藤 容子, 角田 幸雄
日本畜産学会大会講演要旨集   2005年3月   
体細胞クローン個体作出研究の現状と問題点
角田 幸雄, 加藤 容子
日本畜産学会大会講演要旨集   2005年3月   
八津川 彰吾, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2004年4月1日   
川上 雅弘, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   2004年4月1日   
核移植方法の違いがブタ体細胞核移植卵の体外発生能に及ぼす影響
河野 康二郎, 加藤 容子, 角田 幸雄
日本畜産学会大会講演要旨集   2004年3月   
再生医学のがん治療への応用 ES細胞からin vitroで蠕動運動する腸管をつくる
山田 高嗣, 久永 倫聖, 金広 裕道, 高木 都, 鳥橋 茂子, 加藤 容子, 角田 幸雄, 中島 祥介
日本癌治療学会誌   2002年9月   
マウスES細胞の核移植;核移植方法,細胞の遺伝的背景ならびに細胞周期の影響
薮内 晶子, 加藤 容子, 角田 幸雄
日本畜産学会大会講演要旨集   2002年3月   
マウス ES 細胞ならびに排卵卵丘細胞の核移植
角田 幸雄, 薮内晶子, 加藤 容子
第 99 回日本畜産学会 (長野)   2001年9月   第 99 回日本畜産学会 (長野)
核移植卵の発生能に及ぼす再核置換ならびに集合の影響について
活性化条件とドナー細胞の種類が豚体細胞由来再構築卵の体外発生能に及ぼす影響
角田 幸雄, Yin Xi Jun, 谷 哲弥, 川上雅弘, 加藤 容子, 米村功
第 99 回日本畜産学会 (長野)   2001年9月   第 99 回日本畜産学会 (長野)
ブタ体細胞核移植卵の 10%が胎盤胞へ発生することを明らかにした。
ブタ核移植卵の体外発生能に及ぼすドナー細胞及び核移植卵の培養気相条件の影響
角田 幸雄, 川上雅弘, 谷 哲弥, Yin Xi Jun, 加藤 容子
第 100 回日本畜産学会 (東京)   2002年3月   第 100 回日本畜産学会 (東京)
培養中の酸素濃度の影響について検討した。
マウス ES 細胞の核移植;核移植方法、 細胞の遺伝的背景並びに細胞周期の影響
角田 幸雄, 薮内晶子, 加藤 容子
第 100 回日本畜産学会 (東京)   2002年3月   第 100 回日本畜産学会 (東京)
核移植方法、 ES 細胞を樹立したマウスの遺伝的背景並びに細胞周期の違いがマウス ES 細胞由来核移植卵の体外並びに産子の発生能に及ぼす影響について検討した。
胚細胞、体細胞の核移植
加藤 容子, 角田 幸雄
XIX International Congress of Genetics, Symposium on Stem Cells and Development(オーストラリア)   2003年7月   XIX International Congress of Genetics, Symposium on Stem Cells and Development(オーストラリア)
胚細胞、体細胞の核移植について情報を提供した。
家畜の核移植
加藤 容子, 角田 幸雄
第18 回日本生殖免疫学会学術集会シンポジウム(山口)   2003年11月   第18 回日本生殖免疫学会学術集会シンポジウム(山口)
家畜の核移植に関する情報を提供した。
マウスES細胞ならびに排卵卵丘細胞の核移植;再核置換及び集合の影響
薮内 晶子, 加藤 容子, 角田 幸雄
日本畜産学会大会講演要旨集   2001年8月   
マウスES細胞の核移植:産子生産率が低い原因に関する一考案
天野 朋和, 加藤 容子, 角田 幸雄
日本畜産学会大会講演要旨集   2001年3月   
マウスES細胞の核移植によるクローンマウスの作出
天野 朋和, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   2000年12月   
ドナー細胞及びレシピエント卵細胞質の細胞周期の組み合わせがウシ卵丘細胞由来核移植卵の体外発生能に及ぼす影響
谷 哲弥, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   2000年12月   
体外成熟ウサギ卵子をレシピエントにした体細胞の核移植
Yin Xi Jun, 谷 哲弥, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   2000年12月   
高温処理胚盤胞への注入によるES細胞由来マウスの作出 特に4倍体胚盤胞との比較に関する検討
天野 朋和, 谷 哲弥, 加藤 容子, 角田 幸雄
日本畜産学会大会講演要旨集   2000年3月   
マウス排卵卵丘細胞由来核移植卵の体外発生能の検討
薮内 晶子, 谷 哲弥, 加藤 容子, 角田 幸雄
日本畜産学会大会講演要旨集   2000年3月   
体細胞クローン動物
角田 幸雄, 谷 哲弥, 加藤 容子
The Journal of Reproduction and Development   1999年12月   
輸送した卵子或いは卵巣由来のレシピエント卵子がウシ卵丘細胞核移植卵の体外発生能に及ぼす影響
谷 哲弥, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   1999年12月   
高温処理胚盤胞への注入によるES細胞由来マウスの作出
天野 朋和, 谷 哲弥, 加藤 容子, 角田 幸雄
日本畜産学会大会講演要旨集   1999年9月   
体細胞クローン動物
角田 幸雄, 谷 哲弥, 加藤 容子
日本内分泌学会雑誌   1999年9月   
薮内 晶子, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   1999年4月1日   
本杉 奈美, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   1999年4月1日   
天野 朋和, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   1999年4月1日   
谷 哲弥, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   1999年4月1日   
角田 幸雄, 加藤 容子
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   1999年4月1日   
牛及びマウスの体細胞を用いた核移植の現状と問題点
角田 幸雄, 加藤 容子
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1999年3月   
継代培養ウシ卵丘細胞の核移植,特にドナー細胞の細胞周期同調法の違いが核移植卵の発生能に及ぼす影響
谷 哲弥, 外丸 祐介, 加藤 順也, 加藤 容子, 角田 幸雄
The Journal of Reproduction and Development   1998年12月   
外丸 祐介, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   1998年4月1日   
谷 哲弥, 外丸 祐介, 加藤 順也, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   1998年4月1日   
大越 勝広, 加藤 容子, 角田 幸雄
Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌   1997年4月1日   
加藤 容子, 角田 幸雄
哺乳動物卵子学会誌 = Journal of Mammalian Ova Research   1995年4月1日   

担当経験のある科目

 
  • 動物分子発生学特論 (近畿大学)
  • 動物発生工学特論 (近畿大学)
  • 動物生産学 (近畿大学)
  • 実験動物学 (近畿大学)
  • 動物発生工学 (近畿大学)

所属学協会

 
日本組織培養学会 , 日本生殖免疫学会 , 日本繁殖生物学会 , 日本卵子学会

競争的資金等の研究課題

 
ブタ卵子(胚)を用いた新しいポータブル培 養システムの開発
JSPS外国人招聘研究者: (長期)
研究期間: 2016年4月 - 2017年1月    代表者: 加藤容子
哺乳動物初期胚の凍結乾燥保存の試み
JSPS科学研究費助成事業: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 加藤容子
ブタ幹細胞と初期化関連因子を用いたクローニングの効率化に関する研究
JSPS外国人特別研究員事業: 
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 加藤容子
天然物を利用した体細胞核の初期化促進に関する研究
文科省: 特定領域研究「生殖系列」
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 加藤容子
哺乳動物未受精卵に含まれる初期化因子の探索
文科省: 特定領域研究「幹細胞」
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 加藤容子
細胞核の初期化に関する研究
文科省: 特定領域研究「発生システム」
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 加藤容子
核移植を介さない新しい個体作出法の開発
JSPS科学研究費助成事業: 萌芽的研究
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 加藤容子
体細胞を用いた新しい個体作出法に関する基礎的研究
JSPS科学研究費助成事業: 基盤研究B
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 加藤容子