日本の女性研究者

ナノ・マイクロ科学

研究者リスト >> 吉田絵里
 

吉田絵里

 
アバター
研究者氏名吉田絵里
 
ヨシダエリ
eメールeyoshidaens.tut.ac.jp
所属豊橋技術科学大学
部署環境・生命工学系
職名准教授
学位工学博士

研究キーワード

 
ニトロキシルラジカル , 人工生体膜モデル , 高分子ジャイアントベシクル , ブロック共重合体 , 非両親媒性高分子 , 超臨界二酸化炭素 , 分子の自己組織化 , リビングラジカル重合

研究分野

 
  • 複合化学 / グリーン・環境化学 / 
  • ナノ・マイクロ科学 / ナノ材料化学 / 自己組織化
  • 複合化学 / 高分子化学 / ラジカル重合

経歴

 
1994年4月
 - 
2004年4月
京都工芸繊維大学 繊維学部高分子学科 助手
 
1999年2月
 - 
2000年1月
ノースカロライナ大学 化学科 ポストドクトラルフェロー
 
2004年5月
 - 
2007年3月
豊橋技術科学大学 工学部物質工学系 助教授
 
2007年4月
 - 
現在
豊橋技術科学大学大学院 工学研究科環境・生命工学系 准教授
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1989年3月
東京学芸大学 教育学部 初等科教育教員養成課程理科
 
1989年4月
 - 
1991年3月
東京工業大学大学院 総合理工学研究科修士課程 電子化学専攻
 
1991年4月
 - 
1994年3月
東京工業大学大学院 総合理工学研究科博士課程 電子化学専攻
 

委員歴

 
2005年
 - 
2006年
日本化学会  化学教育協議会委員
 
2005年
 - 
2012年
化学工学会  超臨界流体部会幹事
 
2006年
 - 
2008年
日本化学会  東海支部代議員
 
2008年
 - 
2017年
日本油化学会  東海支部常任幹事
 
2008年
 - 
2017年
日本油化学会  東海支部界面部会委員
 

受賞

 
1997年
日本化学会 日本化学会第72春季年会 講演奨励賞 リビングラジカル重合によるテトラヒドロフランとスチレンのブロック共重合体の合成と生成ポリマーの性質
 
1998年
高分子学会 高分子研究奨励賞 安定ニトロキシルラジカルを用いたリビングラジカル重合をベースとする高分子設計
 
1999年
高分子学会 Polymer Journal 論文賞 Synthesis of poly(ethylene adipate) with a stable nitroxyl radical at both chain ends, and applications to a counter radical for living radical polymerization
 
2007年
日本女性科学者の会 日本女性科学者の会奨励賞 精密ラジカル重合により合成した新規”非両親媒性高分子”のミセル形成法の開拓
 
2011年
日本塗装技術協会 塗装工学編集委員長賞 超臨界二酸化炭素中での高分子の自己組織化を利用した機能性高分子微粒子の開発
 

論文

 
Photo nitroxide-mediated living radical polymerization of hindered amine-supported methacrylate
吉田絵里
J. Res. Update Polym. Sci.   7(2) 21-28   2018年   [査読有り]
Preparation of giant vesicles containing quaternary ammonium salt of 2-(dimethylamino)ethyl methacrylate through photo nitroxide-mediated controlled/living radical polymerization-induced self-assembly.
吉田絵里
J. Polym. Res.   25(109) 1-12   2018年   [査読有り]
Morphology transformation of giant vesicles by a polyelectrolyte for an artificial model of a membrane protein for endocytosis.
吉田絵里
Colloid and Surface Science.   3(1) 6-11   2018年   [査読有り]
Fabrication of anastomosed tubular networks developed out of fenestrated sheets through thermo responsiveness of polymer giant vesicles.
吉田絵里
ChemXpress   10(1)(118) 1-11   2017年   [査読有り]

書籍等出版物

 
リビングラジカル重合―機能性高分子の合成と応用展開―
松本章一監修 (担当:共著, 範囲:第II編 機能性高分子開発 第11章 光精密ラジカル重合を用いる高分子の設計と合成)
シーエムシー出版   2018年   
超撥水・超撥油・滑液性表面の技術
サイエンス&テクノロジー (担当:共著, 範囲:第3章第2節 超撥水・超撥油性高分子微粒子の合成とその塗布による表面改質)
サイエンス&テクノロジー   2016年   
Encyclopedia of Biocolloid and Biointerface Science
Edited by Hiroyuki Ohshima (担当:共著, 範囲:Chapter 13 Biomimetic polymer aggregates: Self-assembly induced by chemical reactions)
John Wiley & Sons, Inc.   2016年   
油脂・脂質・界面活性剤データブック
日本油化学会編 (担当:共著)
丸善   2012年   
Radical Polymerization: New Developments
Edited by Irena O. Paulauskas, Lukas A. Urbonas (担当:共著, 範囲:Chapter 3, Nitroxide-mediated photo controlled/living radical polymerization)
Nova Science Publishers   2012年   

講演・口頭発表等

 
Worm-like vesicles prepared by photo nitroxide-mediated controlled/living radical polymerization-induced self-assembly. [招待有り]
Eri Yoshida
4th International Conference on Polymer Chemistry   2018年6月   
Giant vesicles supporting amino groups on hydrophilic shells prepared by photo-controlled/living radical polymerization-induced self-assembly of amphiphilic block copolymers. [招待有り]
Eri Yoshida
3rd Edition of International Conference and Exhibition on Polymer Chemistry   2018年3月   
Artificial biomembrane models using polymer giant vesicles: Morphological changes and enhanced permeability of the vesicles by incorporation of ionic segments into the polymer amphiphiles. [招待有り]
Eri Yoshida
3rd International Conference on Chemical Engineering   2017年10月   
Artificial biomembrane models using giant vesicles formed by self-assembly of amphiphilic block copolymers. [招待有り]
Eri Yoshida
Energy Materials on Nanotechnology Meeting on Polymer 2017   2017年3月   
両親媒性高分子の自己組織化を用いる新奇な生体膜モデルの構築 [招待有り]
吉田絵里
化学工学会第81年会, 女性技術者フォーラム   2016年3月   

所属学協会

 
日本女性科学者の会 , 光化学協会 , 日本塗装技術協会 , 化学工学会 , 日本生化学会 , 日本油化学会 , 高分子学会 , 日本化学会 , アメリカ化学会

競争的資金等の研究課題

 
“不可逆的光反応”を自己組織化の推進力とする新規な機能性球状ミセルの創製
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 吉田絵里
新規“光精密ラジカル重合法”の開拓
資生堂: 資生堂女性研究者サイエンスグラント
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 吉田絵里
二酸化炭素を利用する新規“超溌水性”表面処理技術の創出
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 吉田絵里
第12回 World Multi-Conference on Systemics, Cybernetics and Informatics (米国、フロリダで開催) におけるセッション開催費
財団法人 大幸財団: 海外学術交流研究助成金
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 吉田絵里
新規“非両親媒性”界面活性剤を用いた材料設計
財団法人 天野工業技術研究所: 天野工業技術研究所研究助成金
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 吉田絵里

特許

 
特許5604805 : 共重合体及び共重合体微粒子の製造方法
吉田絵里, 田中千秋
特許5479235 : ポリアリルアミン系ポリマー、ポリマー微粒子、及びポリマー微粒子の製造方法
吉田絵里, 田中千秋
特許5364873 : 微粒子及び製造方法
吉田絵里, 田中千秋
特許5306815 : 共重合体およびその製造方法
吉田絵里, 今村ひろ子
特許5243738 : 光分解を利用した球状ナノ粒子の製造法
吉田絵里, 桑山 聡