日本の女性研究者

ゲノム科学

研究者リスト >> 小柳香奈子
 

小柳香奈子

 
アバター
研究者氏名小柳香奈子
eメールkkoyanagist.hokudai.ac.jp
URLhttp://www.ist.hokudai.ac.jp/div/bio/intro/genome/
所属北海道大学
部署大学院情報科学研究科
職名准教授
学位博士(理学)(京都大学)

研究キーワード

 
細胞分化 , 細胞系譜 , エピジェネティクス , イネ , ヒト , ウィルス , ゲノム , 進化 , 分子進化 , 発現制御 , ゲノム構造 , 比較解析

研究分野

 
  • 生物科学 / 進化生物学 / 
  • 情報学 / 生体生命情報学 / 
  • ゲノム科学 / 基礎ゲノム科学 / 

経歴

 
2007年
 - 
現在
北海道大学 大学院・情報科学研究科 准教授
 
2004年
 - 
2007年
北海道大学 大学院・情報科学研究科 助教授
 
2001年
 - 
2003年
生物情報解析研究センター 特別研究員
 
2003年
 - 
2004年
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助手
 
2000年
 - 
2001年
京都大学 大学院理学研究科 派遣研究員
 

受賞

 
2005年
第77回日本遺伝学会BP賞
 

論文

 
Jąkalski M, Takeshita K, Deblieck M, Koyanagi KO, Makałowska I, Watanabe H, Makałowski W
Biology direct   11 35   2016年8月   [査読有り]
Fujino K, Obara M, Shimizu T, Koyanagi KO, Ikegaya T
Breeding science   65(5) 403-410   2015年12月   [査読有り]
Gonzalez G, Koyanagi KO, Aoki K, Watanabe H
Journal of virology      2015年4月   [査読有り]
Chen S, Liu R, Koyanagi KO, Kishima Y
Virology   471-473C 141-152   2014年11月   [査読有り]
Gonzalez G, Koyanagi KO, Aoki K, Kitaichi N, Ohno S, Kaneko H, Ishida S, Watanabe H
Gene      2014年4月   [査読有り]
A novel complex recombinant form of type 48-related human adenovirus species d isolated in Japan.
Fujimoto T, Yamane S, Ogawa T, Hanaoka N, Ogura A, Hotta C, Niwa T, Chiba Y, Gonzalez G, Aoki K, Koyanagi KO, Watanabe H
Japanese journal of infectious diseases   67 282-287   2014年   [査読有り]
Kanako O Koyanagi, Tadashi Imanishi, Takashi Gojobori
eLS. John Wiley & Sons, Ltd: Chichester      2013年12月   [査読有り][招待有り]
Yamane S, Lee AW, Hanaoka N, Gonzalez G, Kaneko H, Ishida S, Kitaichi N, Ohno S, Koyanagi KO, Aoki K, Fujimoto T, Yawata N, Watanabe H
Journal of virology   87(2) 1285-1286   2013年1月   [査読有り]
Liu R, Koyanagi KO, Chen S, Kishima Y
The Plant journal : for cell and molecular biology   72(5) 817-828   2012年12月   [査読有り]
Kaneko H, Aoki K, Ishida S, Ohno S, Kitaichi N, Ishiko H, Fujimoto T, Ikeda Y, Nakamura M, Gonzalez G, Koyanagi KO, Watanabe H, Suzutani T
The Journal of general virology   92(6) 1251-1259   2011年6月   [査読有り]
Kaneko H, Aoki K, Ohno S, Ishiko H, Fujimoto T, Kikuchi M, Harada S, Gonzalez G, Koyanagi KO, Watanabe H, Suzutani T
Journal of clinical microbiology   49 484-490   2011年2月   [査読有り]
Tanaka T, Koyanagi KO, Itoh T
Plant physiology   149(3) 1316-1324   2009年3月   [査読有り]
Matsuya A, Sakate R, Kawahara Y, Koyanagi KO, Sato Y, Fujii Y, Yamasaki C, Habara T, Nakaoka H, Todokoro F, Yamaguchi K, Endo T, Oota S, Makalowski W, Ikeo K, Suzuki Y, Hanada K, Hashimoto K, Hirai M, Iwama H, Saitou N, Hiraki AT, Jin L, Kaneko Y, Kanno M, Murakami K, Noda AO, Saichi N, Sanbonmatsu R, Suzuki M, Takeda J, Tanaka M, Gojobori T, Imanishi T, Itoh T
Nucleic acids research   36 D787-92   2008年1月   [査読有り]
Genome Information Integration Project And H-Invitational 2, Yamasaki C, Murakami K, Fujii Y, Sato Y, Harada E, Takeda J, Taniya T, Sakate R, Kikugawa S, Shimada M, Tanino M, Koyanagi KO, Barrero RA, Gough C, Chun HW, Habara T, Hanaoka H, Hayakawa Y, Hilton PB, Kaneko Y, Kanno M, Kawahara Y, Kawamura T, Matsuya A, Nagata N, Nishikata K, Noda AO, Nurimoto S, Saichi N, Sakai H, Sanbonmatsu R, Shiba R, Suzuki M, Takabayashi K, Takahashi A, Tamura T, Tanaka M, Tanaka S, Todokoro F, Yamaguchi K, Yamamoto N, Okido T, Mashima J, Hashizume A, Jin L, Lee KB, Lin YC, Nozaki A, Sakai K, Tada M, Miyazaki S, Makino T, Ohyanagi H, Osato N, Tanaka N, Suzuki Y, Ikeo K, Saitou N, Sugawara H, O'Donovan C, Kulikova T, Whitfield E, Halligan B, Shimoyama M, Twigger S, Yura K, Kimura K, Yasuda T, Nishikawa T, Akiyama Y, Motono C, Mukai Y, Nagasaki H, Suwa M, Horton P, Kikuno R, Ohara O, Lancet D, Eveno E, Graudens E, Imbeaud S, Debily MA, Hayashizaki Y, Amid C, Han M, Osanger A, Endo T, Thomas MA, Hirakawa M, Makalowski W, Nakao M, Kim NS, Yoo HS, De Souza SJ, Bonaldo Mde F, Niimura Y, Kuryshev V, Schupp I, Wiemann S, Bellgard M, Shionyu M, Jia L, Thierry-Mieg D, Thierry-Mieg J, Wagner L, Zhang Q, Go M, Minoshima S, Ohtsubo M, Hanada K, Tonellato P, Isogai T, Zhang J, Lenhard B, Kim S, Chen Z, Hinz U, Estreicher A, Nakai K, Makalowska I, Hide W, Tiffin N, Wilming L, Chakraborty R, Soares MB, Chiusano ML, Suzuki Y, Auffray C, Yamaguchi-Kabata Y, Itoh T, Hishiki T, Fukuchi S, Nishikawa K, Sugano S, Nomura N, Tateno Y, Imanishi T, Gojobori T
Nucleic acids research   36 D793-9   2008年1月   [査読有り]
Rice Annotation Project, Tanaka T, Antonio BA, Kikuchi S, Matsumoto T, Nagamura Y, Numa H, Sakai H, Wu J, Itoh T, Sasaki T, Aono R, Fujii Y, Habara T, Harada E, Kanno M, Kawahara Y, Kawashima H, Kubooka H, Matsuya A, Nakaoka H, Saichi N, Sanbonmatsu R, Sato Y, Shinso Y, Suzuki M, Takeda J, Tanino M, Todokoro F, Yamaguchi K, Yamamoto N, Yamasaki C, Imanishi T, Okido T, Tada M, Ikeo K, Tateno Y, Gojobori T, Lin YC, Wei FJ, Hsing YI, Zhao Q, Han B, Kramer MR, McCombie RW, Lonsdale D, O'Donovan CC, Whitfield EJ, Apweiler R, Koyanagi KO, Khurana JP, Raghuvanshi S, Singh NK, Tyagi AK, Haberer G, Fujisawa M, Hosokawa S, Ito Y, Ikawa H, Shibata M, Yamamoto M, Bruskiewich RM, Hoen DR, Bureau TE, Namiki N, Ohyanagi H, Sakai Y, Nobushima S, Sakata K, Barrero RA, Sato Y, Souvorov A, Smith-White B, Tatusova T, An S, An G, OOta S, Fuks G, Fuks G, Messing J, Christie KR, Lieberherr D, Kim H, Zuccolo A, Wing RA, Nobuta K, Green PJ, Lu C, Meyers BC, Chaparro C, Piegu B, Panaud O, Echeverria M
Nucleic acids research   36 D1028-33   2008年1月   [査読有り]
Sakai H, Koyanagi KO, Imanishi T, Itoh T, Gojobori T
Gene   389(2) 196-203   2007年3月   [査読有り]
Rice Annotation Project, Itoh T, Tanaka T, Barrero RA, Yamasaki C, Fujii Y, Hilton PB, Antonio BA, Aono H, Apweiler R, Bruskiewich R, Bureau T, Burr F, Costa de Oliveira A, Fuks G, Habara T, Haberer G, Han B, Harada E, Hiraki AT, Hirochika H, Hoen D, Hokari H, Hosokawa S, Hsing YI, Ikawa H, Ikeo K, Imanishi T, Ito Y, Jaiswal P, Kanno M, Kawahara Y, Kawamura T, Kawashima H, Khurana JP, Kikuchi S, Komatsu S, Koyanagi KO, Kubooka H, Lieberherr D, Lin YC, Lonsdale D, Matsumoto T, Matsuya A, McCombie WR, Messing J, Miyao A, Mulder N, Nagamura Y, Nam J, Namiki N, Numa H, Nurimoto S, O'Donovan C, Ohyanagi H, Okido T, Oota S, Osato N, Palmer LE, Quetier F, Raghuvanshi S, Saichi N, Sakai H, Sakai Y, Sakata K, Sakurai T, Sato F, Sato Y, Schoof H, Seki M, Shibata M, Shimizu Y, Shinozaki K, Shinso Y, Singh NK, Smith-White B, Takeda J, Tanino M, Tatusova T, Thongjuea S, Todokoro F, Tsugane M, Tyagi AK, Vanavichit A, Wang A, Wing RA, Yamaguchi K, Yamamoto M, Yamamoto N, Yu Y, Zhang H, Zhao Q, Higo K, Burr B, Gojobori T, Sasaki T
Genome research   17 175-183   2007年2月   [査読有り]
Takeda J, Suzuki Y, Nakao M, Barrero RA, Koyanagi KO, Jin L, Motono C, Hata H, Isogai T, Nagai K, Otsuki T, Kuryshev V, Shionyu M, Yura K, Go M, Thierry-Mieg J, Thierry-Mieg D, Wiemann S, Nomura N, Sugano S, Gojobori T, Imanishi T
Nucleic acids research   34(14) 3917-3928   2006年   [査読有り]
Fujii Y, Itoh T, Sakate R, Koyanagi KO, Matsuya A, Habara T, Yamaguchi K, Kaneko Y, Gojobori T, Imanishi T
Gene   364 45-52   2005年12月   [査読有り]
Yamasaki C, Koyanagi KO, Fujii Y, Itoh T, Barrero R, Tamura T, Yamaguchi-Kabata Y, Tanino M, Takeda J, Fukuchi S, Miyazaki S, Nomura N, Sugano S, Imanishi T, Gojobori T
Gene   364 99-107   2005年12月   [査読有り]
Koyanagi KO, Hagiwara M, Itoh T, Gojobori T, Imanishi T
Gene   353(2) 169-176   2005年7月   [査読有り]
Imanishi T, Itoh T, Suzuki Y, O'Donovan C, Fukuchi S, Koyanagi KO, Barrero RA, Tamura T, Yamaguchi-Kabata Y, Tanino M, Yura K, Miyazaki S, Ikeo K, Homma K, Kasprzyk A, Nishikawa T, Hirakawa M, Thierry-Mieg J, Thierry-Mieg D, Ashurst J, Jia L, Nakao M, Thomas MA, Mulder N, Karavidopoulou Y, Jin L, Kim S, Yasuda T, Lenhard B, Eveno E, Suzuki Y, Yamasaki C, Takeda J, Gough C, Hilton P, Fujii Y, Sakai H, Tanaka S, Amid C, Bellgard M, Bonaldo Mde F, Bono H, Bromberg SK, Brookes AJ, Bruford E, Carninci P, Chelala C, Couillault C, de Souza SJ, Debily MA, Devignes MD, Dubchak I, Endo T, Estreicher A, Eyras E, Fukami-Kobayashi K, Gopinath GR, Graudens E, Hahn Y, Han M, Han ZG, Hanada K, Hanaoka H, Harada E, Hashimoto K, Hinz U, Hirai M, Hishiki T, Hopkinson I, Imbeaud S, Inoko H, Kanapin A, Kaneko Y, Kasukawa T, Kelso J, Kersey P, Kikuno R, Kimura K, Korn B, Kuryshev V, Makalowska I, Makino T, Mano S, Mariage-Samson R, Mashima J, Matsuda H, Mewes HW, Minoshima S, Nagai K, Nagasaki H, Nagata N, Nigam R, Ogasawara O, Ohara O, Ohtsubo M, Okada N, Okido T, Oota S, Ota M, Ota T, Otsuki T, Piatier-Tonneau D, Poustka A, Ren SX, Saitou N, Sakai K, Sakamoto S, Sakate R, Schupp I, Servant F, Sherry S, Shiba R, Shimizu N, Shimoyama M, Simpson AJ, Soares B, Steward C, Suwa M, Suzuki M, Takahashi A, Tamiya G, Tanaka H, Taylor T, Terwilliger JD, Unneberg P, Veeramachaneni V, Watanabe S, Wilming L, Yasuda N, Yoo HS, Stodolsky M, Makalowski W, Go M, Nakai K, Takagi T, Kanehisa M, Sakaki Y, Quackenbush J, Okazaki Y, Hayashizaki Y, Hide W, Chakraborty R, Nishikawa K, Sugawara H, Tateno Y, Chen Z, Oishi M, Tonellato P, Apweiler R, Okubo K, Wagner L, Wiemann S, Strausberg RL, Isogai T, Auffray C, Nomura N, Gojobori T, Sugano S
PLoS biology   2 e162   2004年6月   [査読有り]
Protein tyrosine phosphatases from amphioxus, hagfish, and ray: divergence of tissue-specific isoform genes in the early evolution of vertebrates.
Ono-Koyanagi K, Suga H, Katoh K, Miyata T
Journal of molecular evolution   50 302-311   2000年3月   [査読有り]
Suga H, Koyanagi M, Hoshiyama D, Ono K, Iwabe N, Kuma K, Miyata T
Journal of molecular evolution   48(6) 646-653   1999年6月   [査読有り]
Ono K, Suga H, Iwabe N, Kuma K, Miyata T
Journal of molecular evolution   48(6) 654-662   1999年6月   [査読有り]
Suga H, Ono K, Miyata T
FEBS letters   453(3) 346-350   1999年6月   [査読有り]
Koyanagi M, Ono K, Suga H, Iwabe N, Miyata T
FEBS letters   439(1/2) 66-70   1998年11月   [査読有り]
Koyanagi M, Suga H, Hoshiyama D, Ono K, Iwabe N, Kuma K, Miyata T
FEBS letters   436(3) 323-328   1998年10月   [査読有り]
Suga H, Kuma K, Iwabe N, Nikoh N, Ono K, Koyanagi M, Hoshiyama D, Miyata T
FEBS letters   412(3) 540-546   1997年8月   [査読有り]

Misc

 
飯田雅, 小柳香奈子, 日隈陸太郎, 青木功喜, 渡邉日出海
日本化学療法学会雑誌   65(Supplement-A) 379   2017年3月
青木慧斗, 小柳香奈子, 渡邉日出海
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   39th ROMBUNNO.2P‐0888 (WEB ONLY)   2016年
小松篤史, 小柳香奈子, 渡邉日出海
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   39th ROMBUNNO.3LBA‐006 (WEB ONLY)   2016年
西宮航, 小柳香奈子, 渡邉日出海
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   39th ROMBUNNO.2P‐0892 (WEB ONLY)   2016年
藤野 賢治, 木内 均, 池ヶ谷 智仁, 小柳 香奈子
育種学研究   18(2) 72-77   2016年
北市伸義, 北市伸義, 北市伸義, 北市伸義, 山根翔太郎, ゴンザレス ガブリエル, パント ローラ, 奥山雄一郎, 金子久俊, 青木功喜, 小柳香奈子, 渡邉日出海
日本眼感染症学会・日本眼炎症学会・日本コンタクトレンズ学会総会・日本涙道・涙液学会プログラム・講演抄録集   52nd-49th-58th-4th 67   2015年
池ヶ谷 智仁, 小柳 香奈子, 清水 敏明, 品田 博史, 西村 努, 平山 裕治, 木内 均, 前川 利彦, 佐藤 毅, 藤野 賢治
日本育種学会・日本作物学会北海道談話会会報   (55) 7-8   2014年12月
藤野 賢治, 小柳 香奈子, 佐藤 毅
日本育種学会・日本作物学会北海道談話会会報   (55) 3-4   2014年12月
池ケ谷智仁, 小柳香奈子, 清水敏明, 品田博史, 西村努, 平山裕治, 木内均, 前川利彦, 佐藤毅, 藤野賢治
育種学研究   16 39   2014年9月
藤野賢治, 小柳香奈子, 佐藤毅
育種学研究   16 12   2014年3月
An in silico genomic search of endomorphin-like opioid peptides
Ayami Matsushima, Kanako O. Koyanagi, Hirokazu Nishimura, Shogo Inamine, Yudai Motomatsu, and Yasuyuki Shimohigashi
Peptide Science (2014) 51st Japanese Peptide Symposium   281-282   2014年   [査読有り]
奥山雄一郎, 山根翔太郎, ゴンザレス ガブリエル, パントー ラウラ, タバラ ハーリド, 金子久俊, 小柳香奈子, 青木功喜, 渡邉日出海
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th 3P-0724 (WEB ONLY)   2014年
小柳 香奈子, 劉 瑞芳, 陳 孫禄, 水野 美登利, 貴島 祐治
日本草地学会誌   59(1) 55-59   2013年4月
高等植物のゲノムは倍数化や転位因子の影響でそのサイズが大きく,一般にゲノム解読は困難であった。高等植物で最初にゲノムが解読されたのは,シロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana)であり(The Arabidopsis Genome Initiative 2000),次いでイネ(Oryza sativa)のゲノムが解読されたが(Yuら 2002;International Rice Genome Sequencing Project 2005),いずれもゲノムサイズの小さなモデ...
加地一貴, 小柳香奈子, 渡邉日出海
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th 2P-0134 (WEB ONLY)   2014年
劉 端芳, 小柳 香奈子, 陳 孫禄, 貴島 祐治
日本育種学会・日本作物学会北海道談話会会報   (53) 11-12   2012年12月
小柳香奈子
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   36th 3P-0628 (WEB ONLY)   2013年
LIU R., CHEN S., 小柳香奈子, 貴島祐治
育種学研究   14 44   2012年9月
福尾 悠平, 山根 翔太郎, 小柳 香奈子, 渡邉 日出海
情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学   2012(6) 1-2   2012年3月
ヒトゲノムプロジェクトは2004年に完了し、解読されたヒトゲノム配列は広く利用されている。しかしながら現在でもユークロマチン領域に関しても1%程度が配列未決定領域として残されている。一方でヒトゲノム上にマッピングされないヒトcDNA配列が存在しており、機能既知の遺伝子が未だ配列未決定領域内に存在することが示唆される。本研究ではヒトに近縁な霊長類のゲノム配列を利用することで、ヒトゲノム配列未決定領域の塩基配列決定を行った。
小柳香奈子
日本草地学会誌   58 (24)   2012年8月
福尾 悠平, 山根 翔太郎, 小柳 香奈子, 渡邉 日出海
研究報告バイオ情報学(BIO)   2012(6) 1-2   2012年3月
ヒトゲノムプロジェクトは2004年に完了し、解読されたヒトゲノム配列は広く利用されている。しかしながら現在でもユークロマチン領域に関しても1%程度が配列未決定領域として残されている。一方でヒトゲノム上にマッピングされないヒトcDNA配列が存在しており、機能既知の遺伝子が未だ配列未決定領域内に存在することが示唆される。本研究ではヒトに近縁な霊長類のゲノム配列を利用することで、ヒトゲノム配列未決定領域の塩基配列決定を行った。The human genome project was comple...
イネゲノムに内在するDNA型ウイルス様配列とエピゾームDNAのAT連続配列への挿入
劉 端芳, 小柳 香奈子, 陳 孫禄, 貴島 祐治
日本育種学会・日本作物学会北海道談話会会報   53 11-12   2012年
田尻鮎美, 小柳香奈子, 渡邉日出海
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   35th WEB ONLY 3P-0026   2012年
青木功喜, 北市伸義, 北市伸義, 石田晋, 石古博昭, 金子久俊, 渡邉日出海, 小柳香奈子, ゴンザレス ガブリエル, 大野重昭
日本眼科学会雑誌   115(臨増) 202-202   2011年4月
鈴木拓幸, 渡邉日出海, 小柳香奈子, 天野直己
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   34th WEB ONLY 2P-0274   2011年
石丸貴史, 小柳香奈子, 渡邉日出海
生化学   ROMBUNNO.1P-1162   2010年
伊藤真純, 小柳香奈子, 渡邉日出海
生化学   83回・33回 ROMBUNNO.4T19-1-1   2010年12月
伊藤真純, 岩田浩明, 小柳香奈子, 渡邉日出海
生化学   4P-0957   2008年
原雄一郎, 小柳香奈子, 渡邉日出海
生化学   81回・31回 1T2-9-9   2008年11月
松矢明宏, 松矢明宏, 坂手龍一, 坂手龍一, 川原善浩, 川原善浩, 佐藤慶治, 佐藤慶治, 藤井康之, 藤井康之, 武田淳一, 武田淳一, 最知直美, 最知直美, 三本松良子, 三本松良子, 鈴木満美, 鈴木満美, 田中政之, 田中政之, 村上勝彦, 村上勝彦, 野田彰子, 野田彰子, 山崎千里, 山崎千里, 小柳香奈子, 太田聡史, 遠藤俊徳, 今西規, 五條堀孝, 五條堀孝, 伊藤剛, 伊藤剛
生化学   1P-1063   2007年
池田勝志, 小柳香奈子, 渡邉日出海
生化学   3P-1218   2007年
谷口陽介, 小柳香奈子, 渡邉日出海
生化学   4P-1267   2007年
小柳 香奈子, 渡邉 日出海
バイオニクス   3(1) 36-41   2006年1月
小柳香奈子, 渡辺日出海
バイオニクス   3(1) 36-41   2006年1月
坂井寛章, 坂井寛章, 坂井寛章, 坂井寛章, 小柳香奈子, 今西規, 今西規, 伊藤剛, 伊藤剛, 五条堀孝, 五条堀孝
日本分子生物学会年会講演要旨集   28th 351   2005年11月
小柳香奈子
日本分子生物学会年会講演要旨集   28th 92   2005年11月
藤井康之, 藤井康之, 伊藤剛, 伊藤剛, 坂手龍一, 坂手龍一, 松矢明宏, 小柳香奈子, 羽原拓哉, 羽原拓哉, 山口香織, 山口香織, 金子弥生, 金子弥生, 五条堀孝, 五条堀孝, 今西規
日本分子生物学会年会講演要旨集   28th 358   2005年11月
羽原拓哉, 山口香織, 藤井康之, 小柳香奈子, 五条堀孝, 今西規
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   27th 775   2004年11月
坂手龍一, 藤井康之, 松矢明宏, 羽原拓哉, 山口香織, 小柳香奈子, 今西規, 五条堀孝, 伊藤剛
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   27th 778   2004年11月
松矢明宏, 高橋愛子, 小柳香奈子, 太田聡史, 今西規, MAKALOWSKI W, 平井百樹, 五条堀孝
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   27th 776   2004年11月
原雄一郎, 小柳香奈子, 渡辺日出海
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   27th 839   2004年11月
今西規, 藤井康之, 山崎千里, 伊藤剛, 小柳香奈子, BARRERO R, 田村卓郎, 山口由美, 谷野元彦
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   27th 777   2004年11月
坂井寛章, 小柳香奈子, 藤井康之, 今西規, 伊藤剛
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   27th 778   2004年11月
小柳香奈子, 藤井康之, 坂井寛章, 羽原拓哉, 佐藤慶治, 伊藤剛, 今西規, 五条堀孝
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   27th 775   2004年11月
工藤充, 小柳香奈子, 金谷重彦, 渡辺日出海
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   27th 841   2004年11月
猿渡卓也, 牧野悟士, 新屋みのり, 間野修平, 米倉学, 高山正賢, 藤本慶, 相川圭, 小柳香奈子
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   26th 549   2003年11月
萩原正人, SURINESH K, 小柳香奈子, 今西規, 伊藤剛
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   26th 546   2003年11月

書籍等出版物

 
ニコラス・H. バートン, ジョナサン・A. アイゼン, デイビッド・B. ゴールドステイン, ニパム・H. パテル, デレク・E.G. ブリッグス
メディカルサイエンスインターナショナル   2009年12月   ISBN:4895926214

講演・口頭発表等

 
Inferring cell differentiation processes based on phylogenetic analysis of genome-wide epigenetic information
Kanako O. Koyanagi
CDB symposium 2017   2017年3月27日   
Inferring cell differentiation processes based on phylogenetic analysis of genome-wide epigenetic information
Kanako O. Koyanagi
THE 40th NAITO CONFERENCE on Epigenetics―From Histone Code to Therapeutic Strategy   2015年9月17日   
新規遺伝子同定法 FATES;その特徴と今後の展開 「基盤整備~専用解析プログ ラムFATESerの開発」
小柳香奈子
日本育種学会 第128回講演会・新潟   2015年9月11日   
ヒストン修飾情報の系統解析による細胞分化過程の推定 ーヒト血球系細胞をモデルとして
小柳香奈子
日本進化学会 第17回大会・東京   2015年8月22日   
Inferring cell differentiation processes based on the phylogenetic analysis of genome-wide DNA methylation data: Hematopoiesis as a model case
Kanako O. Koyanagi
Keystone Symposia Conference (Z1: DNA Methylation)   2015年3月31日   
アデノウイルスのゲノム進化を可能にする組換えと置換の特徴 [招待有り]
小柳香奈子
第15回アデノウィルス研究会 品川インターシティ   2014年11月8日   
エピジェネティック情報の最尤推定による細胞分化過程の推定 ーマウス血球系細胞をモデルとして
小柳香奈子
日本進化学会 第16回大会・高槻   2014年8月22日   
エピジェネティック情報の系統解析による細胞分化過程の推定 ーマウス血球系細胞をモデルとして
小柳香奈子
日本分子生物学会 第36回・神戸   2013年12月5日   
エピジェネティック情報の系統解析による細胞分化過程の推定 ーマウス血球系細胞をモデルとして
小柳香奈子
日本進化学会 第15回大会・つくば   2013年8月30日   

担当経験のある科目

 
  • 生体情報工学実験Ⅰ (北海道大学 工学部)
  • 情報科学特論 (北海道大学 大学院獣医学研究科)
  • ゲノム情報科学特論 (北海道大学 大学院情報科学研究科)
  • ゲノム情報科学応用特論 (北海道大学 大学院共通授業科目)
  • 情報学Ⅰ (北海道大学 全学教育)
  • 生体情報工学演習Ⅱ (北海道大学 工学部)
  • 生体情報工学実験Ⅱ (北海道大学 工学部)
  • 外国語演習 (北海道大学 全学教育)
  • 生体機能学 (北海道大学 工学部)
  • 一般教育演習 ゲノムを考える (北海道大学 全学教育)
  • 細胞生物学 (北海道大学 工学部)
  • 生物学Ⅰ (北海道大学 全学教育)

競争的資金等の研究課題

 
体細胞ヒストン修飾情報の系統解析によるヒトの細胞系譜および細胞分化過程の推定
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 小柳香奈子
地域の育種集団におけるFNPsハプロタイプを用いた高速ゲノム育種法の開発
農林水産省: 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 シーズ創出ステージ
研究期間: 2013年 - 2016年3月    代表者: 藤野 賢治
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 小柳 香奈子
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型), 新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 渡邉 日出海
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 小柳 香奈子

委員歴

 
2016年
 - 
現在
日本進化学会  2019年大会準備委員
 
2016年
 - 
現在
IIBM2017  実行委員
 

社会貢献活動

 
RIKEJO CAFE
【取材協力】  2017年3月15日 - 2017年3月15日
北大セミナー in オホーツク2015
【講師】  2015年10月10日
北海道大学 公開講座
【講師】  2014年7月31日
日本植物学会 第4回男女共同参画セミナー
【パネリスト】  2013年9月13日
日本遺伝学会 男女共同参画ランチョンワークショップ
【パネリスト】  2010年9月21日
第47回サイエンス・カフェ札幌
【出演】  2009年10月3日
北海道大学 女性研究者支援室開設記念シンポジウム
【パネリスト】  2006年7月25日