日本の女性研究者

生物学

研究者リスト >> 黒田 慶子
 

黒田 慶子

 
アバター
研究者氏名黒田 慶子
 
クロダ ケイコ
URLhttp://www2.kobe-u.ac.jp/~kurodak
所属神戸大学
部署大学院農学研究科 資源生命科学専攻
職名教授
学位農学修士(京都大学)

プロフィール

専門は森林病理学,樹木組織学。ナラ類集団枯死やマツ材線虫病の発病メカニズムなどミクロな世界を研究する一方で,予防医学の観点から里山や人工林の健康維持に取り組む。森林総合研究所では,地域の林業振興や森林保全の推進を担当した。2010年12月1日より神戸大学に所属。
著書:「ナラ枯れと里山の健康」林業改良普及双書, 里山に入る前に考えること,森林保護学 (共著), 樹木医学(共著)など.

研究キーワード

 
forest health , 健全性 , 里山 , ナラ枯れ , 抵抗性家系 , 通導阻害 , 松枯れ , アカマツ , RNA抽出 , 分子指標

研究分野

 
  • 農学 / 植物病理学 / 
  • 基礎生物学 / 形態・構造 / 樹木の機能解剖学
  • 森林学 / 森林科学 / 

経歴

 
2010年12月
   
 
神戸大学大学院農学研究科 森林資源学研究室 教授
 
2008年4月
   
 
(独)森林総合研究所関西支所 地域研究監
 
2005年
 - 
2007年
独立行政法人森林総合研究所 関西支所 グループ長
 
2002年
   
 
独立行政法人森林総合研究所 関西支所 グループ長
 
2001年4月
   
 
(独)森林総合研究所関西支所 生物被害研究グループ長
 

受賞

 
2015年3月
神戸市公園緑地協会 26年度,緑の普及・啓発に寄与する調査研究 奨励賞 ナラ枯れ等の萎凋感受性の熱流束計による予測
 
2014年3月
日本生態学会 第61回 日本生態学会大会 優秀ポスター賞 秋田スギの梢端葉の水ストレスは貯水機能によって改善される?
 
2013年9月
日本緑化工学会 第23回 日本緑化工学会森林学会大会 最優秀ポスター賞 神戸層群における天然林再生を目的とした法面緑化:10年後の経過報告
 
2013年
京都府 京都府,行政委員会等委員功労表彰 行政委員会委員
 
2012年
日本生態学会近畿地区会 日本生態学会近畿地区会2012年度奨励賞受賞 アイノキクイムシの樹幹内行動はイチジク株枯病の発病にどう影響するのか
 

論文

 
黒田 慶子, 中馬 いづみ, 木原 健雄, 村上 翼, 高階 空也, 平岡 大輝, 亀山 統一
Journal of General Plant Pathology   83(6) 344-35   2017年11月   [査読有り]
新良貴 歩美, 東 若菜, 黒田 慶子, 石井 弘明
Tree Physiology   37(-) 1327-1336   2017年11月   [査読有り]
Water retained in tall Cryptomeria japonica leaves as studied by infrared micro-spectroscopy.
東 若菜, 中島 悟, 山北 えり, 石井 弘明, 黒田 慶子
Tree Physiology   37 1367-1378   2017年11月   [査読有り]
デイゴ枯死被害におけるFusarium solani species complex の病原性の検討
木原 健雄, 高階 空也, 村上 翼, 平岡 大輝, 中馬 いづみ, 黒田 慶子
樹木医学研究   21(4) 211-212   2017年9月   [査読有り]
高木の通水構造と機能
石井 弘明, 東 若菜, 新良貴 歩美, 黒田 慶子
日本森林学会誌   99(2) 74-83   2017年5月   [査読有り]

Misc

 
フューチャーグリーン2050 森林資源の新たな活用と森林の存続に必要な視点
黒田慶子
俯瞰ワークショップ報告書 フューチャーグリーン2050 平成29年   62‐68   2017年   [依頼有り]
里山林の健康回復と生態系安定化のための生理学的研究
黒田 慶子
旭硝子財団助成研究成果報告 Reports of research assisted by the Asahi Glass Foundation   1-12   2017年   [依頼有り]
黒田 慶子
学術の動向 : SCJフォーラム = Trends in the sciences : SCJ Forum   21(2) 62-65   2016年2月
特集1 農学の新展開に向けて ―物理学・数理学の視点を取り入れた分野横断型農学:樹木の中の水の流れをどうとらえるか
黒田 慶子
学術の動向   21(2) 62-65   2016年2月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
診断防除マニュアル、7.デイゴの軟腐症状および枯死
黒田 慶子
沖縄県   2017年   
 エシカルな農業: 未来のために今すべきこと(伊藤一幸編著), 里山保全と森林資源の活用,
黒田 慶子
誠文堂新光社   2016年   
植物学の百科事典, 9章 社会,マツ枯れ・ナラ枯れ(分担執筆)
日本植物学会編, 黒田 慶子
丸善   2016年   
樹木医学の基礎講座
樹木医学会 編, 黒田 慶子 (担当:共編者)
海青社   2014年12月   
里山管理を始めよう~持続的な利用のための手帳 ~ 森林総合研究所関西支所,40pp, 2014
大住 克博, 奥 敬一, 黒田 慶子 (担当:共著)
森林総合研究所関西支所   2014年2月   

講演・口頭発表等

 
クスノキ老大木の通水構造:高さにともなう通水性と安全性のトレードオフ
野口 結子, 堀川 慎一郎, 石井 弘明, 黒田 慶子
第65回日本生態学会大会   2018年3月   
沖縄のデイゴ衰退枯死に関わるFusarium属菌の分布と病原性の検討
黒田慶子, 中馬 いづみ, 高階空也, 亀山統一, 梶村 恒, 名田 勝貴, 後藤 千明
第129回森林学会大会   2018年3月   日本森林学会
デイゴ枯死に関与するFusarium solani species complexの地理的分布
高階空也, 黒田慶子, 中馬 いづみ, 名田 勝貴, 後藤 千明, 亀山統一
樹木医学会第22回大会   2017年11月   樹木医学会
沖縄島と石垣島のデイゴ(Erythrina variegata)衰退木から検出されたFusarium 属菌の病原性の確認
黒田慶子, 後藤 千明, 高階空也, 名田 勝貴, 中馬 いづみ
樹木医学会第22回大会   2017年11月   樹木医学会
植生から見る六甲山の自然観察ハイキング利用の可能性と課題 [招待有り]
黒田慶子
六甲山シンポジウム「私有林の利活用をどう進めるか?」   2017年10月   兵庫県立大学環境軽済研究セy ター

担当経験のある科目

 
  • 応用植物学基礎実験 (神戸大学)
  • 応用植物学専門実験 I (神戸大学)
  • 応用植物学専門実験 II (神戸大学)
  • 課題開発演習 (神戸大学)
  • 外国書講読 (神戸大学)
  • 高度教養セミナー農学部応用植物学入門 (神戸大学)
  • 国際植物防疫演習 (神戸大学)
  • 国際動植物防疫演習 (神戸大学)
  • 資源植物開発論A (神戸大学)
  • 資源植物開発論 B (神戸大学)

所属学協会

 
日本線虫学会 , 日本生態学会 , 樹木医学会 , IAWA , 植物病理学会 , 日本木材学会 , 日本森林学会

Works

 
人と自然のふれあい機能向上を目的とした里山の保全・利活用技術の開発
H18〜20年度
高度化事業:クロマツの第二世代マツ材線虫病抵抗性種苗生産システムの構築
H16-20
流域圏における水循環・農林水産生態系の自然共生型管理技術の開発
H14-18
国際的基準に基づいた生物多様性及び森林の健全性評価手法の開発
H12-
抵抗性アカマツから材線虫病抵抗性遺伝子群を特定する
H17~19

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 黒田 慶子
学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 黒田 慶子
科学研究費一部基金/基盤研究(B)特設
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 黒田 慶子
学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 黒田 慶子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 黒田宏之

学歴

 
 
 - 
1985年3月
京都大学 大学院農学研究科 林産工学専攻
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
2018年5月
日本森林学会  副会長
 
2014年6月
 - 
現在
日本木材学会  理事
 
2006年
 - 
2009年
日本森林学会  常任理事
 
2008年
   
 
樹木医審査委員会(日本緑化センター)  委員
 
2006年
   
 
日本学術会議  連携会員
 
 
   
 
International Association of Wood Anatomists   評議員