日本の女性研究者

Laboratory Animal Science

研究者リスト >> 飛龍 志津子
 

飛龍 志津子

 
アバター
研究者氏名飛龍 志津子
 
ヒリユウ シヅコ
URLhttp://www1.doshisha.ac.jp/~bioinfo/index.html
所属同志社大学
部署生命医科学部医情報学科
職名博士前期課程教授
学位博士(工学)(同志社大学), 修士(工学)(同志社大学)

研究キーワード

 
コウモリ , 生物ソナー , ナビゲーション , バイオミメティクス , バイオロギング , 生物音響工学 , 計測工学 , 超音波工学

研究分野

 
  • 情報学 / 知覚情報処理 / 
  • 電気電子工学 / 計測工学 / 
  • 実験動物学 / 実験動物学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
同志社大学 生命医科学部 教授
 
2014年10月
 - 
現在
科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ 研究員
 
2014年4月
 - 
現在
東京大学 生産技術研究所 研究員
 
2012年4月
 - 
2017年3月
同志社大学 生命医科学部医情報学科 准教授
 
2009年4月
 - 
2015年3月
京都嵯峨美術大学 非常勤講師
 
2009年4月
 - 
2014年3月
東京大学 生産技術研究所 協力研究員
 
2008年4月
 - 
2012年3月
同志社大学 生命医科学部 医情報学科 助教
 
2007年4月
 - 
2008年3月
日本学術振興会 東京大学生産技術研究所 特別研究員PD
 
2006年4月
 - 
2008年3月
同志社大学 研究開発推進機構 特別研究員
 
1999年4月
 - 
2005年12月
日本アイ・ビー・エム株式会社
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2006年3月
同志社大学大学院 工学研究科 電気工学専攻(博士課程後期)
 
1997年4月
 - 
1999年3月
同志社大学大学院 工学研究科 電気工学専攻(修士課程)
 
1993年4月
 - 
1997年3月
同志社大学 工学部 電子工学科
 

委員歴

 
2018年3月
 - 
現在
科学技術振興機構  ダイバーシティ推進 アドバイザリー委員
 

受賞

 
2018年5月
海洋音響学会論文賞
 
2018年2月
日本学術振興会賞 第14回日本学術振興会賞
 
2016年11月
NOLTA 2015 Best Paper Award
 
2015年12月
第4回 ネイチャー・インダストリー・アワード特別賞
 
2015年5月
日本海洋工学会 JAMSTEC中西賞
 
2013年4月
文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2009年9月
第5回生物ソナーシンポジウム優秀ポスター賞
 
2007年3月
日本音響学会 粟屋潔学術奨励賞
 
2005年5月
海洋音響学会優秀論文発表賞
 

論文

 
Hearing sensitivity evaluated by the auditory brainstem response in Miniopterus fuliginosus
Takafumi Furuyama, Kazuma Hase, Shizuko Hiryu, and Kohta I. Kobayasi
144(EL436)    2018年   [査読有り]
Adaptive frequency shifts of echolocation sounds in Miniopterus fuliginosus according to the frequency-modulated pattern of jamming sounds
Yosuke Maitani, Kazuma Hase, Kohta I Kobayasi, and Shizuko Hiryu
Journal of Experimental Biology      2018年   [査読有り]
Organization of subcortical auditory nuclei of Japanese house bat (Pipistrellus abramus) identified with cytoarchitecture and molecular expression
Tetsufumi Ito, Takafumi Furuyama, Kazuma Hase, Kohta I. Kobayasi, Shizuko Hiryu, Hiroshi Riquimaroux
Journal of Comparative Neurology      2018年   [査読有り]
Organization of projection from brainstem auditory nuclei to the inferior colliculus of Japanese house bat (Pipistrellus abramus)
Tetsufumi Ito, Takafumi Furuyama, Kazuma Hase, Kohta I. Kobayasi, Shizuko Hiryu
Brain and Behavior      2018年   [査読有り]
Bats enhance their call identities to solve the cocktail party problem
Kazuma Hase、 Yukimi Kadoya、 Yosuke Maitani、 Takara Miyamoto、 Kohta I Kobayasi、 Shizuko Hiryu
Communications Biology      2018年   [査読有り]
Coordinated Control of Acoustical Field of View and Flight in Three-Dimensional Space for Consecutive Capture by Echolocating Bats during Natural Foraging
Miwa Sumiya, Emyo Fujioka, Shizuko Hiryu
PLOS ONE   DOI:10.1371/journal.pone.01699    2017年   [査読有り]
Three-dimensional sonar beam-width expansion by Japanese house bats (Pipistrellus abramus) during natural foraging
Kazuya Motoi, Sumiya, Emyo Fujioka, Shizuko Hiryu
Journal of Acoustical Society of America   141(doi: http://dx.doi.org/10.1121)    2017年   [査読有り]
Aihara, I., Yamada, Y., Fujioka, E. and Hiryu, S.
NOLTA, IEICE   6 313-328   2016年4月   [査読有り]
Fujioka, E., Aihara, I., Sumiya, M., Aihara, K. and Hiryu, S
Proceedings of the National Academy of Sciences   113 4848-4852   2016年   [査読有り]
Hase, K., Miyamoto, T., Kobayasi, K. I. and Hiryu, S
Behavioural Processes   128 126-133   2016年   [査読有り]
Yamada, Y., Hiryu, S. and Watanabe, Y.
J. Comp. Physiol. A.   202 791-801   2016年   [査読有り]
Nishioka, T., Teshima, Y., Mano, T., Sakai, K., Asada, T., Matsukawa, M., Ohta, T., Hiryu, S
Ultrasonic   57 84-89   2015年3月   [査読有り]
Uchibori, S., Sarumaru, Y., Ashihara, K., Ohta, T., Hiryu, S
Acoustical Science and Technology   36 42-45   2015年1月   [査読有り]
Fujioka, E., Watanabe, S., Sumiya, M., Aihara, I., Hiryu, S., Simmons, J. A., Riquimaroux, H., Watanabe, Y
J. Acoust. Soc. Am.,   136 3389-3400   2014年12月   [査読有り]
Kinoshita, Y., Ogata, D., Riquimaroux, H., Watanabe, Y., Ohta, T., Hiryu, S.
J. Comp. Physiol. A.   200 799-809   2014年7月
Takahashi, E., Hyomoto, K., Riquimaroux, H., Watanabe, Y., Ohta, T. and Hiryu, S.
J. Exp. Biol.   217 2885-2891   2014年
Matsuta, N., Hiryu, S., Fujioka, E., Yamada, Y., Riquimaroux, H., Watanabe, Y.
J. Exp. Biol   216 1210-1218   2013年
Kohta I. Kobayasi, Shizuko Hiryu, Ryota Shimazawa and Hiroshi Riquimaroux
J. Acoust. Soc. Am.   132 417-422   2012年
Shigeki Mantani, Shizuko Hiryu, Emyo Fujioka, Naohiro Matsuta, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
J. Comp. Physiol. A   198 741-751   2012年
Yuto Furusawa, Shizuko Hiryu, Kohta I. Kobayashi, Hiroshi Riquimaroux
J. Comp. Physiol. A   198 683-693   2012年
Shizuko Hiryu, Hiroshi Riquimaroux
J. Acoust. Soc. Am.   130 147-153   2011年
Emyo Fujioka, Shigeki Mantani, Shizuko Hiryu, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
J. Acoust. Soc. Am.   129 1081-1088   2011年
Kazuhiro Goto, Shizuko Hiryu, Hiroshi Riquimaroux
J. Acoust. Soc. Am.   128 1452-1459   2010年
Shizuko Hiryu, Mary Bates, James A. Simmons, Hiroshi Riquimaroux
Proceedings of the National Academy of Sciences   (107) 7048-7053   2010年
Yu Shiori, Shizuko Hiryu, Yu Watanabe, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
J. Acoust. Soc. Am   126 80-85   2009年
Shizuko Hiryu, Yu Shiori, Tatsuro Hosokawa, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
J. Comp. Physiol. A   194 841-851   2008年
Shizuko Hiryu, Tomotaka Hagino, Emyo Fujioka, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
J. Acoust. Soc. Am.   124 51-56   2008年
Shizuko Hiryu, Tomotaka Hagino, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
J. Acoust. Soc. Am   121 1749-1757   2007年
Shizuko Hiryu, Koji Katsura, Tsuyoshi Nagato, Hideo Yamazaki, Liang-Kong Lin, Yoshiaki Watanabe, Hiroshi Riquimaroux
J. Comp. Physiol. A   192 807-815   2006年
Shizuko Hiryu, Koji Katsura, Liang-Kong Lin, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
Acoust. Sci. & Tech.   27 108-110   2005年
Shizuko Hiryu, Koji Katsura, Liang-Kong Lin, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
J. Acoust. Soc. Am.   118 3927-3933   2005年
Mami Matsukawa, Tadaaki Akimoto, Shizuko Ueba, Takahiko Ohtani
Ultrasonics   40 323-327   2002年
Shizuko Ueba, Mami Matsukawa, Takahiko Ohtani
Japanese Journal of Applied Physics   38 3023-3027   1999年

Misc

 
さきがけ研究で得た多くのこと
飛龍 志津子
産学連携ジャーナル   4 28-29   2018年11月   [依頼有り]
集団飛行をするコウモリは,なぜ互いに衝突しないのか
飛龍志津子 長谷一磨
コンバーテック   46 2-6   2018年10月   [依頼有り]
コウモリが音で見る世界
飛龍 志津子
Birder   32 68-69   2018年10月   [依頼有り]
コウモリは自分の超音波をどう聞き分ける?
飛龍志津子 長谷一磨
月間科学雑誌Newton      2018年8月   [依頼有り]
コウモリが音で見る世界
飛龍 志津子
機関紙「Re]   197 46-49   2018年1月   [依頼有り]
コウモリの生物ソナーシステムに関する研究
飛龍 志津子
科研費白書      2018年   [依頼有り]
コウモリの生物ソナーシステム
飛龍志津子,角谷美和,長谷和磨
応用物理      2018年   [査読有り][依頼有り]
コウモリの音響ナビゲーション―動的変化の仕組みからロボット制御などへの応用探る―
山田恭史、藤岡慧明、飛龍志津子
生物の科学 遺伝   71 526-532   2017年   [依頼有り]
なぜたどり着けるのかー新学術領域「生物のナビゲーションのシステム科学」
飛龍 志津子
生物の科学「遺伝」   71 508-511   2017年   [依頼有り]
飛龍志津子,藤岡慧明
日本ロボット学会誌   34(8) 533-533   2016年   [依頼有り]
生物ソナー―コウモリの周囲環境情報収集システム―
飛龍志津子, 力丸裕, 渡辺好章
電子情報通信学会誌   89 1077-1084   2006年   [査読有り][依頼有り]
コウモリの生物ソナーシステム
飛龍志津子, 力丸裕, 渡辺好章
日本音響学会誌   62 345-350   2006年   [依頼有り]
コウモリの生物ソナーシステム:エコーロケーション行動の動態観測
飛龍 志津子
超音波テクノ   (3月) 29-33   2004年

書籍等出版物

 
バイオロギングで新発見!動物たちの謎を追え
飛龍志津子,藤岡慧明
あかね書房   2018年6月   
音響学入門ぺディア
飛龍 志津子 (担当:分担執筆, 範囲:エコーロケーションって何ですか?)
コロナ社   2017年3月   
バイオロギング2:動物たちの知られざる世界を探る
飛龍 志津子 藤岡 慧明 (担当:分担執筆, 範囲:コウモリの賢い超音波の使い方)
2016年   
Bat Bioacoustics
Hiryu, S., Mora, M. C. and Riquimaroux, H (担当:分担執筆, 範囲:Behavioral and physiological bases for Doppler shift compensation by echolocating bats)
Springer, pp. 239-263.   2016年6月   

講演・口頭発表等

 
コウモリの音響ナビゲーション
飛龍 志津子
第66回日本生態学会大会   2019年3月   
コウモリの音響ナビゲーション行動
飛龍 志津子
第124回日本解剖学会総会全国学術集会   2019年3月   
コウモリの生物ソナーに学ぶセンシング技術 [招待有り]
飛龍 志津子
第52回人工知能学会 AI チャレンジ研究会 (早稲田大学)   2018年12月3日   
教育者と研究者,そして親としての自分 [招待有り]
飛龍 志津子
道場カフェ@けいはんなオープンイノベーションセンタ   2018年11月15日   
教育と研究と子育てと―お母さん研究者のワークライフバランスとは― [招待有り]
飛龍 志津子
脳科学若手の会セミナー (大阪大学 吹田キャンパス)   2018年11月10日   
コウモリのエコーロケーションに学ぶ [招待有り]
飛龍 志津子
第24回コウモリフェスティバル2018 in 三重 (三重総合博物館)   2018年10月20日   
生物に学ぶ先端的センシング技術 [招待有り]
飛龍 志津子
マクセル(株)技術教育分科会 先端技術講演会   2018年9月   
Advances in bio-logging techniques and their application to study navigation in birds and bats
飛龍 志津子
International Symposium on Systems Science of Bio-Navigation 2018   2018年9月5日   
コウモリの音響ナビゲーション [招待有り]
飛龍 志津子
日本動物学会   2018年9月   
研究者のワークとライフを考える ―お母さんが理系研究者の場合― [招待有り]
飛龍 志津子
第11回 高分子学会男女共同参画セミナー(名古屋国際会議場)   2018年5月25日   
Learning future engineering from acoustic navigation of bats [招待有り]
飛龍 志津子
20th CiNet Monthly Seminar   2018年5月   
コウモリの音響ナビゲーションに学ぶ [招待有り]
飛龍 志津子
第62回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’18)   2018年5月   
生物に学ぶ,未来の技術-生物ソナー・コウモリの超音波センシング術
飛龍 志津子
同志社講座   2018年3月   
生物ソナー・コウモリの超音波センシング -“音で見る”ための様々な工夫- [招待有り]
飛龍 志津子
ブレインウェア工学研究会   2017年12月   
Tracking of 3D flight paths and ultrasounds -Laboratory and field studies on acoustic navigation of bats [招待有り]
飛龍 志津子
The 33rd Annual meeting of the society of population echolocaty   2017年10月   
生物ソナー・コウモリの超音波センシング技術 [招待有り]
飛龍 志津子
第163回電子セラミック ・ プロセス研究会   2017年9月   
Measuring the "attention" during 3D navigation of bats
飛龍 志津子
IEEE ICMA 2017 Conference Tutorial Workshops on Systems Science of Bio-navigation@Takamatsu   2017年8月   
働くお母さん達に 本当に必要な支援とは・・・ [招待有り]
飛龍 志津子
ダイバカフェ 豊田中央研究所   2017年7月   
生物に学ぶセンシング技術-コウモリの生物ソナーシステム- [招待有り]
飛龍 志津子
豊田中央研究所「生物に学ぶ研究領域」講演会   2017年7月   
生物ソナーに学ぶ超音波技術 [招待有り]
飛龍 志津子
第75回関西地区分科会(日立返仁会と日立製作所研究開発グループとの共催)   2017年7月   
コウモリのアクティブセンシングによるナビゲーション行動の包括的理解
飛龍 志津子
新学術領域会議「生物ナビゲーションのシステム科学」領域会議, 東北大学片平さくらホール   2017年6月   
コウモリの音響ナビゲーション
飛龍 志津子
神戸大学「現代の生物学」セミナー    2017年5月   
Laboratory and field studies on acoustic navigation of echolocating bats - Tracking of flight paths and ultrasounds [招待有り]
飛龍 志津子
The 6th International Seminar on Biodiversity and Evolution: Wildlife Science by New Biologging studies   2017年5月   
生物ソナー・コウモリに学ぶ,超音波センシング術 [招待有り]
飛龍 志津子
第21回関西大学先端科学技術シンポジウム   2017年1月   
コウモリから学ぶ超音波センシング技術
飛龍 志津子
2016年中部地域若手研究者合同研修(名古屋ウインクあいち)   2016年9月   
音で見るコウモリ-生物による超音波センシング- [招待有り]
飛龍 志津子
センシング技術応用研究会 第196回研究例会(常翔学園大阪センター)   2016年9月   
コウモリのエコーロケーション-生物に学ぶエンジニアリング- [招待有り]
飛龍 志津子
数理で解き明かす森羅万象~小林亮と“ゆかい”な仲間たちの研究会(広島大学)   2016年8月   
What are bats really thinking?-Learning future engineering from bat echolocation [招待有り]
飛龍 志津子
10th European Conference on Mathematical and Theoretical Biology, Nottingham, UK   2016年7月   
コウモリに学ぶ超音波技術 [招待有り]
飛龍 志津子
第131回大阪超音波研究会(大阪国際会議場)   2016年3月   
コウモリに学ぶ超音波技術の新展開 [招待有り]
飛龍 志津子
2015 10 "コウモリに学ぶ超音波技術の新展開", 飛龍志津子, 第19回D-egg Cocktail(同志社大学連携型起業家育成施設)   2015年10月   
2015 9 人間の暮らしに活かそう!動物たちの超能力
飛龍 志津子
サイエンティスト・クエスト―あなたと考えるあたらしい科学とくらし(日本科学未来館 )   2015年9月   
Navigation strategy by bats using active ultrasonic sensing
飛龍 志津子
第38回日本神経科学大会 ミニシンポジウム(神戸国際会議場)   2015年7月   
生物ソナー・コウモリに学ぶ超音波利用技術 [招待有り]
飛龍 志津子
海洋音響学会談話会(東京工業大学)   2015年6月   
生物に学ぶセンシング技術-コウモリの超音波利用の実態
飛龍 志津子
同志社大学「新ビジネス」フォーラム(同志社大学東京オフィス)   2015年3月   
Adaptive changes in acoustic characteristics of echolocation pulses emitted by Japanese house bats under artificial jamming condition [招待有り]
飛龍 志津子
ASA Spring 2014 Meeting, Providence, Rhode Island   2014年5月   
コウモリの超能力―生物から学ぶ,超音波の賢い利用術 [招待有り]
飛龍 志津子
応用物理学会 特別企画シンポジウム   2013年9月   
On-board telemetry of biosonar sounds from free-flying bats [招待有り]
飛龍 志津子
Acoustics 2012 Hong Kong   2012年   
空飛ぶコウモリが音で”見る”世界―テレメトリ音響計測によるバイオソナー機構の解明― [招待有り]
飛龍 志津子
バイオロギング研究会第7回シンポジウム   2011年7月   

所属学協会

 
日本生態学会 , アメリカ音響学会 , 動物行動学会 , 北米耳鼻科研究学会 , 日本バイオロギング研究会 , 日本音響学会 , 海洋音響学会

競争的資金等の研究課題

 
コウモリの集団行動に学ぶ,3次元群知能センシングの解明とその工学的応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究A)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 飛龍 志津子
コウモリのアクティブセンシングによるナビゲーション行動の包括的理解
日本学術振興会 : 科学研究費補助金(新学術領域「研究領域提案型」)
研究期間: 2016年10月 - 2021年3月    代表者: 飛龍 志津子
移動生態学的アプローチを基盤とした生物分散問題解決のための実証的研究
日本学術振興会 : 科学研究費補助金(基盤研究A)
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 依田憲
耳小骨X
日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2018年6月 - 2020年3月    代表者: 小薮 大輔
非侵襲・新型人工内耳の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 小林耕太
コウモリの生物ソナー機構に学ぶ,ロバストな実時間空間センシング技術の創出
科学技術振興機構 : 戦略的創造研究推進事情 さきがけ
研究期間: 2014年10月 - 2018年3月    代表者: 飛龍 志津子
生物ソナー・コウモリの超音波に学ぶセンシングテクノロジー:コウモリ同士による混信回避メカニズムの解明
村田学術振興財団 研究助成: 村田学術振興財団 研究助
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 飛龍 志津子
コウモリのアクティブ超音波センシングによる実時間空間探索アルゴリズムの解明
日本学術振興会 : 科学研究費補助金(若手研究A)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 飛龍 志津子
コウモリの音響センシング行動に基づいたナビゲーションアルゴリズムの提案
日本学術振興会 : 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 飛龍 志津子
コウモリのバイオ・ナビゲーション機構の解明とその工学的応用
文部科学省: 新学術領域研究 研究課題提案型
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 飛龍 志津子

社会貢献活動

 
日経ウーマノミクスフォーラム
【パネリスト】  2018年8月31日
コウモリの超音波を計測してみよう!-生物に学ぶ音の物理-
【講師, 実演】  ひらめき☆ときめきサイエンス  2017年7月
特別シンポジウム ― 今年のテーマは「君だけのテーマの見つけ方」!
【パネリスト】  第6回 科学の甲子園 全国大会  2017年3月
サイエンティスト・クエスト―あなたと考えるあたらしい科学とくらし 「人間の暮らしに活かそう!動物たちの"超能力"」
【実演】  日本科学未来館  2015年9月13日