日本の女性研究者

実験動物学

研究者リスト >> 飛龍 志津子
 

飛龍 志津子

 
アバター
研究者氏名飛龍 志津子
 
ヒリユウ シヅコ
URLhttp://www1.doshisha.ac.jp/~bioinfo/index.html
所属同志社大学
部署生命医科学部医情報学科
職名博士前期課程教授
学位博士(工学)(同志社大学), 修士(工学)(同志社大学)

研究キーワード

 
コウモリ , 生物ソナー , ナビゲーション , バイオミメティクス , バイオロギング , 生物音響工学 , 計測工学 , 超音波工学

研究分野

 
  • 情報学 / 知覚情報処理 / 
  • 電気電子工学 / 計測工学 / 
  • 実験動物学 / 実験動物学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
同志社大学 生命医科学部 教授
 
2014年10月
 - 
現在
科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ 研究員
 
2014年4月
 - 
現在
東京大学 生産技術研究所 研究員
 
2012年4月
 - 
2017年3月
同志社大学 生命医科学部医情報学科 准教授
 
2009年4月
 - 
2015年3月
京都嵯峨美術大学 非常勤講師
 
2009年4月
 - 
2014年3月
東京大学 生産技術研究所 協力研究員
 
2008年4月
 - 
2012年3月
同志社大学 生命医科学部 医情報学科 助教
 
2007年4月
 - 
2008年3月
日本学術振興会 東京大学生産技術研究所 特別研究員PD
 
2006年4月
 - 
2008年3月
同志社大学 研究開発推進機構 特別研究員
 
1999年4月
 - 
2005年12月
日本アイ・ビー・エム株式会社
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2006年3月
同志社大学大学院 工学研究科 電気工学専攻(博士課程後期)
 
1997年4月
 - 
1999年3月
同志社大学大学院 工学研究科 電気工学専攻(修士課程)
 
1993年4月
 - 
1997年3月
同志社大学 工学部 電子工学科
 

受賞

 
2016年11月
NOLTA 2015 Best Paper Award
 
2015年12月
第4回 ネイチャー・インダストリー・アワード特別賞
 
2015年5月
日本海洋工学会 JAMSTEC中西賞
 
2013年4月
文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2009年9月
第5回生物ソナーシンポジウム優秀ポスター賞
 
2007年3月
日本音響学会 粟屋潔学術奨励賞
 
2005年5月
海洋音響学会優秀論文発表賞
 

論文

 
Three-dimensional sonar beam-width expansion by Japanese house bats (Pipistrellus abramus) during natural foraging
Kazuya Motoi, Sumiya, Emyo Fujioka, Shizuko Hiryu
Journal of Acoustical Society of America   141(doi: http://dx.doi.org/10.1121)    2017年   [査読有り]
Coordinated Control of Acoustical Field of View and Flight in Three-Dimensional Space for Consecutive Capture by Echolocating Bats during Natural Foraging
Miwa Sumiya, Emyo Fujioka, Shizuko Hiryu
PLOS ONE   DOI:10.1371/journal.pone.01699    2017年   [査読有り]
Nonlinear Dynamics in Free Flight of an Echolocating Bat
Aihara, I., Yamada, Y., Fujioka, E. and Hiryu, S.
NOLTA, IEICE   6 313-328   2016年4月   [査読有り]
Species-specific control of acoustic gaze by echolocating bats, Rhinolophus ferrumequinum Nippon and Pipistrellus abramus, during flight
Yamada, Y., Hiryu, S. and Watanabe, Y.
J. Comp. Physiol. A.   202 791-801   2016年   [査読有り]
Rapid frequency control of sonar sounds by the FM bat, Miniopterus fuliginosus, in response to spectral overlap
Hase, K., Miyamoto, T., Kobayasi, K. I. and Hiryu, S
Behavioural Processes   128 126-133   2016年   [査読有り]
Echolocating bats use future-target information for optimal foraging
Fujioka, E., Aihara, I., Sumiya, M., Aihara, K. and Hiryu, S
Proceedings of the National Academy of Sciences   113 4848-4852   2016年   [査読有り]
先を読む"コウモリの音響ナビゲーション
飛龍志津子,藤岡慧明
日本ロボット学会誌   34(8) 529-533   2016年   [招待有り]
Ultrasound radiation from a three-layered thermoacoustic transformation device
Nishioka, T., Teshima, Y., Mano, T., Sakai, K., Asada, T., Matsukawa, M., Ohta, T., Hiryu, S
Ultrasonic   57 84-89   2015年3月   [査読有り]
Experimental evaluation of binaural recording system using a miniature dummy head
Uchibori, S., Sarumaru, Y., Ashihara, K., Ohta, T., Hiryu, S
Acoustical Science and Technology   36 42-45   2015年1月   [査読有り]
Rapid shifts of sonar attention by Pipistrellus abramus during natural hunting for multiple prey
Fujioka, E., Watanabe, S., Sumiya, M., Aihara, I., Hiryu, S., Simmons, J. A., Riquimaroux, H., Watanabe, Y
J. Acoust. Soc. Am.,   136 3389-3400   2014年12月   [査読有り]
Prey pursuit strategy of Japanese horseshoe bats during an in-flight target-selection task
Kinoshita, Y., Ogata, D., Riquimaroux, H., Watanabe, Y., Ohta, T., Hiryu, S.
J. Comp. Physiol. A.   200 799-809   2014年7月
Adaptive changes in echolocation sounds by Pipistrellus abramus in response to artificial jamming sounds
Takahashi, E., Hyomoto, K., Riquimaroux, H., Watanabe, Y., Ohta, T. and Hiryu, S.
J. Exp. Biol.   217 2885-2891   2014年
Adaptive beam-width control of echolocation sounds by CF-FM bats, Rhinolophus ferrumequinum nippon, during prey-capture flight
Matsuta, N., Hiryu, S., Fujioka, E., Yamada, Y., Riquimaroux, H., Watanabe, Y.
J. Exp. Biol   216 1210-1218   2013年
Qualitative and Quantitative Analyses of the Echolocation Strategies of Bats on the Basis of Mathematical Modeling and Laboratory Experiments
Aihara, I., Fujioka, E. and Hiryu, S.
PLOS One   8(7) e68635   2013年6月
Convergence of reference frequencies by multiple CF-FM bats (<i>Rhinolophus ferrumequinum nippon</i>) during paired flights evaluated with onboard microphones
Yuto Furusawa, Shizuko Hiryu, Kohta I. Kobayashi, Hiroshi Riquimaroux
J. Comp. Physiol. A   198 683-693   2012年
Echolocation behavior or the Japanese horseshoe bat in pursuit of fluttering prey
Shigeki Mantani, Shizuko Hiryu, Emyo Fujioka, Naohiro Matsuta, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
J. Comp. Physiol. A   198 741-751   2012年
Vocalization of echolocation-like pulses for interindividual interaction in horseshoe bats (<i>Rhinolophus ferrumequinum</i>)
Kohta I. Kobayasi, Shizuko Hiryu, Ryota Shimazawa and Hiroshi
J. Acoust. Soc. Am.   132 417-422   2012年
Echolocation and flight strategy of Japanese house bats during natural foraging, revealed by a microphone array system
Emyo Fujioka, Shigeki Mantani, Shizuko Hiryu, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
J. Acoust. Soc. Am.   129 1081-1088   2011年
Developmental changes in ultrasonic vocalizations by infant Japanese echolocating bats, <i>Pipistrellus abramus</i>
Shizuko Hiryu, Hiroshi Riquimaroux
J. Acoust. Soc. Am.   130 147-153   2011年
FM echolocating bats shift frequencies to avoid broadcast-echo ambiguity in clutter
Shizuko Hiryu, Mary Bates, James A. Simmons, Hiroshi Riquimaroux
Proceedings of the National Academy of Sciences   (107) 7048-7053   2010年
<i></i>Frequency tuning and latency organization of responses in the inferior colliculus of Japanese house bat, <i>Pipistrellus abramus</i>
Kazuhiro Goto, Shizuko Hiryu, Hiroshi Riquimaroux
J. Acoust. Soc. Am.   128 1452-1459   2010年
<i></i>Pulse-echo interaction in free-flying horseshoe bats, <i>Rhinolophus ferrumequinum nippon</i>
Yu Shiori, Shizuko Hiryu, Yu Watanabe, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
J. Acoust. Soc. Am   126 80-85   2009年
<i></i>Adaptive echolocation sounds of insectivorous bats, <i>Pipistrellus abramus</i>, during foraging flights in the field
Shizuko Hiryu, Tomotaka Hagino, Emyo Fujioka, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
J. Acoust. Soc. Am.   124 51-56   2008年
On-board telemetry of emitted sounds from free-flying bats: compensation for velocity and distance stabilizes echo frequency and amplitude
Shizuko Hiryu, Yu Shiori, Tatsuro Hosokawa, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
J. Comp. Physiol. A   194 841-851   2008年
Echo-intensity compensation in echolocating bats (<i>Pipistrellus abramus</i>) during flight measured by a telemetry microphone
Shizuko Hiryu, Tomotaka Hagino, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
J. Acoust. Soc. Am   121 1749-1757   2007年
コウモリの生物ソナーシステム
飛龍志津子, 力丸裕, 渡辺好章
日本音響学会誌   62 345-350   2006年   [招待有り]
Intra-individual variation in the vocalized frequency of the Taiwanese leaf-nosed bat, <i>Hipposideros terasensis</i>, influenced by conspecific colony members
Shizuko Hiryu, Koji Katsura, Tsuyoshi Nagato, Hideo Yamazaki, Liang-Kong Lin, Yoshiaki Watanabe, Hiroshi Riquimaroux
J. Comp. Physiol. A   192 807-815   2006年
<i></i>Doppler-shift compensation in the Taiwanese leaf-nosed bat (<i>Hipposideros terasensis</i>) recorded with a telemetry microphone system during flight
Shizuko Hiryu, Koji Katsura, Liang-Kong Lin, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
J. Acoust. Soc. Am.   118 3927-3933   2005年
Radiation pattern of echolocation pulse in the Taiwanese leaf-nosed bat, <i>Hipposideros terasensis</i>
Shizuko Hiryu, Koji Katsura, Liang-Kong Lin, Hiroshi Riquimaroux, Yoshiaki Watanabe
Acoust. Sci. & Tech.   27 108-110   2005年
コウモリの生物ソナーシステム:エコーロケーション行動の動態観測
飛龍 志津子
超音波テクノ   (3月) 29-33   2004年
Ultrasonic wave properties in the particle compounded agarose gels
Mami Matsukawa, Tadaaki Akimoto, Shizuko Ueba, Takahiko Ohtani
Ultrasonics   40 323-327   2002年
Ultrasonic Wave Propagation in Particle Compounded Gels
Shizuko Ueba, Mami Matsukawa, Takahiko Ohtani
Japanese Journal of Applied Physics   38 3023-3027   1999年

書籍等出版物

 
音響学入門ぺディア
飛龍 志津子 (担当:分担執筆, 範囲:エコーロケーションって何ですか?)
コロナ社   2017年3月   
バイオロギング2:動物たちの知られざる世界を探る
飛龍 志津子 藤岡 慧明 (担当:分担執筆, 範囲:コウモリの賢い超音波の使い方)
2016年   
Bat Bioacoustics
Hiryu, S., Mora, M. C. and Riquimaroux, H (担当:分担執筆, 範囲:Behavioral and physiological bases for Doppler shift compensation by echolocating bats)
Springer, pp. 239-263.   2016年6月   

講演・口頭発表等

 
コウモリのアクティブセンシングによるナビゲーション行動の包括的理解
飛龍 志津子
新学術領域会議「生物ナビゲーションのシステム科学」領域会議, 東北大学片平さくらホール   2017年6月   
音で見るコウモリ-生物による超音波センシング-
飛龍 志津子
センシング技術応用研究会 第196回研究例会(常翔学園大阪センター)   2016年9月   
コウモリから学ぶ超音波センシング技術
飛龍 志津子
2016年中部地域若手研究者合同研修(名古屋ウインクあいち)   2016年9月   
Measuring the "attention" during 3D navigation of bats [招待有り]
IEEE ICMA 2017 Conference Tutorial Workshops on Systems Science of Bio-navigation@Takamatsu   2017年8月   
コウモリのエコーロケーション-生物に学ぶエンジニアリング-
飛龍 志津子
数理で解き明かす森羅万象~小林亮と“ゆかい”な仲間たちの研究会(広島大学)   2016年8月   
2016 8 生物補償行動アルゴリズムを用いた超音波イメージング技術の開発
飛龍 志津子
戦略的研究基盤形成支援事業 2016年度研究成果公開シンポジウム(同志社大学)   2016年8月   
What are bats really thinking?-Learning future engineering from bat echolocation
飛龍 志津子
10th European Conference on Mathematical and Theoretical Biology, Nottingham, UK   2016年7月   
コウモリに学ぶ超音波技術
飛龍 志津子
第131回大阪超音波研究会(大阪国際会議場)   2016年3月   
コウモリに学ぶ超音波技術の新展開
飛龍 志津子
2015 10 "コウモリに学ぶ超音波技術の新展開", 飛龍志津子, 第19回D-egg Cocktail(同志社大学連携型起業家育成施設)   2015年10月   
2015 9 人間の暮らしに活かそう!動物たちの超能力
飛龍 志津子
サイエンティスト・クエスト―あなたと考えるあたらしい科学とくらし(日本科学未来館 )   2015年9月   
2015 8 生物補償行動アルゴリズムを用いた超音波イメージング技術の開発
飛龍 志津子
戦略的研究基盤形成支援事業 2015年度研究成果公開シンポジウム(同志社大学)   2015年8月   
Navigation strategy by bats using active ultrasonic sensing
飛龍 志津子
第38回日本神経科学大会 ミニシンポジウム(神戸国際会議場)   2015年7月   
生物ソナー・コウモリに学ぶ超音波利用技術
飛龍 志津子
海洋音響学会談話会(東京工業大学)   2015年6月   
生物に学ぶセンシング技術-コウモリの超音波利用の実態
飛龍 志津子
同志社大学「新ビジネス」フォーラム(同志社大学東京オフィス)   2015年3月   
コウモリに学ぶ超音波利用技術の新展開 2014年度同志社大学リエゾンフェア(同志社大学)
飛龍 志津子
2014年度同志社大学リエゾンフェア(同志社大学)   2015年1月   
Adaptive changes in acoustic characteristics of echolocation pulses emitted by Japanese house bats under artificial jamming condition
飛龍 志津子
ASA Spring 2014 Meeting, Providence, Rhode Island   2014年5月   
Beam-width control of echolocation pulses in Japanese CF-FM bats (Rhinolophus ferrumequinum nippon) during aerial prey hunting
飛龍 志津子
Tenth International Congress of Neuroethology, Maryland, USA   2012年8月   
On-board telemetry of biosonar sounds from free-flying bats
飛龍 志津子
Acoustics 2012 Hong Kong   2012年   
Telemetry measurements of pulse-echo pair in FM echolocating bats (Miniopterus fuliginosus) during landing flight
飛龍 志津子
The 12th auditory research forum,   2007年   
Compensation for pulse duration by free-flying CF-FM bat, Japanese horseshoe bat (Rhinolophus ferrumequinum nippon)
飛龍 志津子
The 12th auditory research forum,   2007年   
Jamming avoidance response for own reverberant echoes by FM echolocating bats (Eptesicus fuscus) during flight
飛龍 志津子
The 12th auditory research forum,   2007年   
コウモリのエコー音圧補償行動に関する検討:飛行中の放射パルス音圧の変化について
飛龍 志津
日本音響学会秋季大会 講演論文集   2004年   
コウモリのエコーロケーション機能に関する検討:物体の接近時におけるコウモリの空間分解能
飛龍 志津子
海洋音響学会2004年度研究発表会 講演論文集   2004年   

所属学協会

 
アメリカ音響学会 , 動物行動学会 , 北米耳鼻科研究学会 , 日本バイオロギング研究会 , 日本音響学会 , 海洋音響学会

競争的資金等の研究課題

 
コウモリのアクティブセンシングによるナビゲーション行動の包括的理解
日本学術振興会 : 科学研究費補助金(新学術領域「研究領域提案型」)
研究期間: 2016年10月 - 2021年3月    代表者: 飛龍 志津子
移動生態学的アプローチを基盤とした生物分散問題解決のための実証的研究
日本学術振興会 : 科学研究費補助金(基盤研究A)
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 依田憲
コウモリの生物ソナー機構に学ぶ,ロバストな実時間空間センシング技術の創出
科学技術振興機構 : 戦略的創造研究推進事情 さきがけ
研究期間: 2014年10月 - 2018年3月    代表者: 飛龍 志津子
コウモリのアクティブ超音波センシングによる実時間空間探索アルゴリズムの解明
日本学術振興会 : 科学研究費補助金(若手研究A)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 飛龍 志津子
コウモリの音響センシング行動に基づいたナビゲーションアルゴリズムの提案
日本学術振興会 : 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 飛龍 志津子
コウモリのバイオ・ナビゲーション機構の解明とその工学的応用
文部科学省: 新学術領域研究 研究課題提案型
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 飛龍 志津子
イルカとコウモリに学ぶ新しい水中ソナー技術
財団法人日本科学協会: 笹川研究助成
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 飛龍 志津子
音響行動観測に基づいた生物ソナーシステムの解明とその工学的応用
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(PD)
研究期間: 2007年5月 - 2008年3月    代表者: 飛龍 志津子
生物ソナーシステムからバイオミメティックスへ-次世代音響計測技術の開発-
科学技術振興機構: 平成18年度シーズ発掘試験
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 飛龍志津子