日本の女性研究者

情報学

研究者リスト >> 山岡和枝
 

山岡和枝

 
アバター
研究者氏名山岡和枝
 
ヤマオカ カズエ
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/50091038.ja.html
所属帝京大学
部署大学院・公衆衛生学研究科
職名教授

研究キーワード

 
国際比較 , 評価 , QOL , 信頼感 , 実証的研究 , 社会調査 , 患者 , 文化 , メタアナリシス , アウトカム指標 , 文化要因 , Evidence Based Medicine , システマティック・レビュー , 健康診断 , 健康 , 生命観 , 健康関連QOL , がん患者 , 生活満足 , 社会格差

研究分野

 
  • 情報学 / 統計科学 / 
  • 社会医学 / 公衆衛生学・健康科学 / 
  • 境界医学 / 医療社会学 / 
  • 生活科学 / 食生活学 / 
  • 社会学 / 社会学 / 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
帝京大学 大学院・公衆衛生学研究科 教授
 

学歴

 
1971年4月
 - 
1975年3月
横浜市立大学 文理学部 数学科
 

委員歴

 
2012年1月
 - 
現在
日本計量生物学会  監事
 
2010年4月
 - 
現在
社会調査士協会  理事
 
2005年1月
 - 
現在
日本計量生物学会  評議員
 
2003年4月
 - 
現在
日本分類学会  運営委員
 
2002年7月
 - 
現在
日本公衆衛生学会  評議員
 

受賞

 
2003年9月
日本行動計量学会 林知己夫賞「優秀賞」
 
 
労働問題リサーチセンター 沖永賞 EBM健康診断(第2版)
 

論文

 
中学生の食事摂取量と運動習慣との関連性―熊本県の横断調査結果から―.
渡邉純子, 渡辺満利子,山岡和枝,安達美佐,根本明日香,丹後俊郎.
学校保健研究   59(1) 19-27   2017年   [査読有り]
中学生におけるライフスタイルと愁訴との関連性:熊本県の横断調査結果から
渡邉純子,渡辺満利子,山岡和枝,根本明日香,安達美佐,横塚昌子,丹後俊郎
日本公衆衛生雑誌   63(3) 113-125   2016年   [査読有り]
Relation of social capital to helath and well-being in the Asia Pacific values survey: a population-based study.
Behaviormetrika   42(2) 209-229   2015年   [査読有り]
Social ties may play a critical role in mitigating sleep difficulties in disaster-affected communities: A cross-sectional study in the Ishinomaki area, Japan.
Sleep   37 137-145   2014年   [査読有り]
Summarizing the fifteen scales of the EORTC QLQ-C30 questionnaire by five aggregate scales with two underlying dimensions: A literature review and an empirical study.
J Psychosoc Oncol.      2014年   [査読有り]
Risk of Social Isolation Among Great East Japan Earthquake Survivors Living in Tsunami-Affected Ishinomaki, Japan.
Disaster Medicine and Public Health Preparedness   8 333-340   2014年   [査読有り]
Relationship between active information exchange and the quality of life (QOL) of women living in Lao People’s Democratic Republic.
Southeast Asian Journal of Tropical Medicine and Public Health,   45(4) 956   2014年   [査読有り]
Effects of lifestyle education program for type 2 diabetes patients in clinics: a cluster randomized controlled trial.
山岡和枝
BMC Public Health   13 467   2013年   [査読有り]
Illness perceptions and quality of life in Japanese and Dutch women with breast cancer.
Journal of Psychosocial Oncology   31 83-102   2012年   [査読有り]
帝京大学医学部における学生による授業評価の特徴−授業の評価と改善に向けてー
可知悠子,山岡和枝,高木晴良,矢野栄二
帝京医学雑誌   35(1) 25-35   2012年
Illness perceptions and quality of life in Japanese and Dutch patients with non-small-cell lung.
Lung Cancer   72 384-390   2011年   [査読有り]
特集 行動計量学的アプローチによる栄養教育 巻頭言.
山岡和枝
行動計量学   38(2) 105-106   2011年   [査読有り]
食事調査と無作為化比較試験に基づく食育効果の評価
渡辺満利子,山岡和枝,丹後俊郎
行動計量学   38(2) 107-116   2011年   [査読有り]
栄養サポートチームを介した管理栄養士による取り組み
中田恵津子,長晴彦,辻智大, 石原雅美,村松美穂,山岡和枝
行動計量学   38(2) 135-141   2011年   [査読有り]
生活習慣改善のための栄養教育における対象者タイプ分類 -行動計量学的アプローチによる栄養教育の評価の試み
安達美佐, 寺澤康子, 金子伸子, 山岡和枝
行動計量学   38(2) 117-125   2011年   [査読有り]
Subjective Health and Social Factors: Multidimensional Data Analyses of Cross-national Survey
Behaviormetrika   37 37-54   2010年   [査読有り]
The impact of subjective and objective social status on psychological distress among men and women in Japan
Social Science and Medicine   70 1832-1839   2010年   [査読有り]
Social determinants of self-reported sleep problems in South Korea and Taiwan.
Journal of Psychosomatic Research   69 435-440   2010年   [査読有り]
Validity and Reproducibility of the Food Frequency Questionnaire (FFQW82) for Dietary Assessment in Female Adolescents.
Public Health Nutrition   14(2) 297-305   2010年   [査読有り]
Impact of group based dietary education on dietary habit for female adolescents: A cluster randomized trial.
Public Health Nutrition   14 702-708   2010年   [査読有り]
臨床研究〔試験〕情報検索ポータルサイトの紹介.
飛田英祐,西川正子,山岡和枝,丹後俊郎
医薬品情報学   11 247-251   2010年   [査読有り]
生命観の国際比較からみた臓器移植・脳死に関するわが国の課題の検討.
峯村芳樹,山岡和枝,吉野諒三
保健医療科学   59 109-115   2010年   [査読有り]
栄養教育のための食物摂取頻度調査票(FFQW82)の妥当性と再現性の検討
安達美佐, 渡辺満利子, 山岡和枝, 丹後俊郎.
日本公衆衛生雑誌    57(6) 475-485   2010年   [査読有り]
統計的メタボリックシンドローム・シミュレータの開発.
圖師 誠,山岡和枝,渡辺満利子,丹後俊郎.
日本公衆衛生学会誌   (12) 1043-1134   2010年
2.栄養領域のRCTとSR.
山岡和枝
薬理と治療(JPT)   37(12) 977-990   2009年   [査読有り]
ベイズ推定の医療費地域差指数への適用
高橋邦彦, 飛田英祐, 山岡和枝, 丹後俊郎
日本公衆衛生学会誌   57 17-26   2009年
Social capital and health and well-being in East Asia: a population-based study,
Social Science and Medicine   66 885-899   2008年   [査読有り]
標準化死亡比の経験的ベイズ推定量に基づく医療資源と死亡との関連:全国の市区町村を対象として
大坪浩一,山岡和枝,横山徹爾,高橋邦彦,西川正子,丹後俊郎.
日本公衆衛生雑誌   56(2) 101-110   2008年
Conceptual equivalence and health-related quality of life: an exploratory study in Japanese and Dutch cancer patients.
Quality of Life Research   15(6) 1091-1101   2006年   [査読有り]
Effect of Apolipoprotein E Genotype on Association of Menopausal Status with Lipid Level in Japanese Women.
Journal of Health Science   52 532-539   2006年   [査読有り]
Efficacy of Lifestyle Education to Prevent Type 2 Diabetes: A meta-analysis of randomized controlled trials.
Diabetes Care   28 2780-2786   2005年   [査読有り]
Impact of insomnia on individual health dissatisfaction in Japan, South Korea, and Taiwan.
Journal SLEEP   28 1302-1306   2005年   [査読有り]
糖尿病の食事療法の進歩 糖尿病予防のための栄養教育の効果の評価
山岡和枝, 丹後俊郎, 渡辺満利子
日本臨床栄養協会誌(New Diet Therapy)   20(5) 26-29   2005年   [査読有り]
【公衆衛生分野におけるeラーニング(遠隔教育)の現状と展望】 国立保健医療科学院・遠隔教育受講者アンケート調査報告, 国立保健医療科学院・遠隔研修委員会
増田宏, 安藤雄一, 土井徹, 宮間浩史, 山岡和枝, 岡本悦司, 望月友美子, 磯野威
保健医療科学   4(3) 205-215   2005年   [査読有り]
東アジアの人々の「健康感」と関連する社会・文化要因: ―「東アジア価値観調査」と「医療と文化調査」結果の分析 ―
山岡 和枝
行動計量学   32(2) 191-199   2005年
Risk perception, risk-taking attitude, and hypothetical behavior of active volcano tourists.
Human and ecological risk assessment   10 595-604   2004年   [査読有り]
Application of symptom checklist for screening major depression by annual health examinations: a cross validity study in the workplace
Journal of medical screening   11(3) 207-209   2004年   [査読有り]
Evidence Based Nutritionに基づく糖尿病予防のための栄養教育の評価研究
山岡和枝, 丹後俊郎
公衆衛生   68(5) 384-387   2004年   [査読有り]
健康観の国際比較は?
山岡和枝
肥満と糖尿病   3(4) 584-585   2004年   [査読有り]
健康と国民性
山岡和枝
学際   12 39-45   2004年   [査読有り]
QOL研究における統計的方法
山岡和枝
保健医療科学   53(3) 186-190   2004年   [査読有り]
国際比較調査データの安定性についての検証―2003年度韓国・台湾における「健康と文化調査」および「東アジア価値観国際比較調査」データの比較―
山岡和枝, 李相侖
行動計量学   31(2) 125-135   2004年
標準化死亡比の経験的ベイズ推定量による医療資源の死亡に及ぼす影響に関する研究 福岡県における事例
大坪浩一, 山岡和枝, 横山徹爾, 高橋邦彦, 丹後俊郎
日本公衆衛生雑誌   51(5) 347-356   2004年
Sci Total Environ   302(1-3) 53-62   2003年1月   [査読有り]
Cultural link analysis of Japanese Americans.
Behaviormetrika   30(1) 7-19   2003年   [査読有り]
Randomized controlled trial of a new dietary education program to prevent type 2 diabetes in a high-risk group of Japanese male workers
Diabetes Care   26 3209-3214   2003年   [査読有り]
Health-related quality of life in Japanese lung cancer patients as determined by two questionnaires: the HRQOL-20 and the EORTC QLQ-C30
Annals of Cancer Research and therapy   11(1&2) 31-46   2003年   [査読有り]
エビデンスに基づく栄養教育は?
山岡和枝
肥満と糖尿病   2(5) 104-106   2003年   [査読有り]
Use of home health services covered by new public long-term care insurance in Japan: impact of the presence and kinship of family caregivers.
Int J Qual Health Care.   14(4) 295-303   2002年8月   [査読有り]
行動計量学とEvidence-based Medicine
行動計量学   28(2) 39-43   2002年
Relationship between Hematological Parameters and Incidence of Ischemic Heart Diseases among Japanese White- Colloar Male Workers.
J Occup Health   43 85-89   2001年   [査読有り]
Test validity of periodic liver function tests in a population of Japanese male bank employees.
Journal of Clinical Epidemiology   54 945-951   2001年   [査読有り]
Beyond Simpson's Paradox: stochastic approach by Monte Carlo.
Student   3(4) 255-272   2000年   [査読有り]
Variation in attitudes and values among Japanese Americans and Japanese Brazilians across generations.
Behaviometrika   27 125-151   2000年   [査読有り]
臨床統計学の教育の重要性
山岡和枝
医学のあゆみ   195(11・12) 821-822   2000年   [査読有り]
糖尿病の栄養教育のための半定量食物摂取頻度調査票(FFQW65)の妥当性と再現性の検討
山岡和枝, 渡辺満利子,丹後俊郎,横塚昌子
日本公衛誌   47(3) 230-244   2000年
定期健康診断における尿糖査の糖尿病スクリーニングとしての有効性
篠崎敏明, 山岡和枝, 矢野栄二
日本公衛誌   46(9) 791-798   1999年
電話帳記載・非記載者をめぐる諸問題−首都圏調査から−
山岡和枝, 林知己夫
行動計量学   26(2) 114-124   1999年
栄養教育のための食物摂取頻度調査票(FFQW82)の妥当性と再現性の検討を行った.(共同研究につき本人担当部分抽出は不可能)
Validity of the Japanese version of the questionnaire for quality of life measurement (QO20).
International Medical Journal   5(1) 23-29   1998年   [査読有り]
Health-related quality of life varies with personality types: A comparison among cancer patients, non-cancer patients and healthy individuals in a Japanese population.
Quality of Life Research   7 535-544   1998年   [査読有り]
「情報に関するアンケート」調査報告(7) 情報人間はどこにいるか
林 知己夫,山岡和枝
広告月報   3 38-46   1998年   [査読有り]
「情報に関するアンケート」調査報告(10) 情報人間の正体
林 知己夫,山岡和枝
広告月報   6 44-53   1998年   [査読有り]
電話調査と電話帳記載・非記載者
山岡和枝
よろん   83 19-23   1998年   [査読有り]
健康関連QOLの評価尺度の構築
山岡和枝
行動計量   25(2) 86-90   1998年
日本人の自然観 ―特定地域調査から―
林 文, 林知己夫, 菅原聡, 宮崎正康, 山岡和枝, 北田淳子
Journal of the Institute of Nuclear Safety System      1997年9月   [査読有り]
性格特性のQOL測定への影響
山岡和枝, 林 文, 林知己夫, 重久剛, 渡辺満利子
健康心理学研究   9(2) 11-20   1997年
Effect of Overtime Work on 24-Hour Ambulatory Blood Pressure.
JOEM   38(10) 1007-1011   1996年   [査読有り]
Beyond Simpson’s Paradox: A Descriptive Approach.
Applied Stochastic Models and Data Analysis   12 239-253   1996年   [査読有り]
境界型耐糖能異常と食生活およびタイプA,
渡辺満利子,山岡和枝,萩野アサ子
タイプA   7(1) 41-50   1996年
小児期の肥満度、コレステロール値の変化および異常値出現に関与する食事性因子の検討―5歳からの追跡調査―
石井荘子, 坂本元子, 山岡和枝, 丹後俊郎
小児保健研究   55(1) 22-30   1996年
日本人の自然観(2)
林 文,林知己夫,菅原聡,宮崎正康,山岡和枝,北田淳子
森林野生動物研究会誌   (21) 44-52   1995年
日本人の自然観についての予備的考察
林 文, 林知己夫, 菅原聡, 宮崎正康, 山岡和枝, 花房英光
Journal of the Institute of Nuclear Safety System      1994年5月   [査読有り]
Questionnaire Construction of Quality of Life and Quantification Method Ⅲ.
The Eighth Japan and Korea Joint Conference of Statistics   77-82   1994年   [査読有り]
A Japanese version of the questionnaire for quality of life.
Annals of Cancer Research and Therapy   3(1) 45-53   1994年   [査読有り]
胃癌患者の術後補助療法とQOL
生越喬二, 三富利夫, 林知己夫, 山岡和枝, 林 文
Oncologia   27(3) 246-250   1994年
広告におけるリスクコミュニケーションの影響 ―生命保険の場合―
林 理,山岡和枝
社会心理学研究   9(2) 145-153   1994年
職域における動脈硬化性疾患の諸指標に関与する因子 ― 作業態様を中心にした解析 ―
林剛司, 庄司幸子, 山岡和枝, 矢野栄二, 小林廉毅, 石崎達郎, 行山康, 加藤登紀子, 森正樹, 三好裕司, 村上正孝
日本公衆衛生学雑誌   41(11) 1050-1064   1994年
調査票の持つ構造を保持した簡略化の試み―Eysenckのパーソナリティテストの日本語訳簡略版の作成―
山岡和枝, 林 文, 林知己夫
社会心理学研究   10(2) 123-133   1994年
日本人の自然観 ―プリテスト調査から―
林 文, 林知己夫, 菅原聡, 宮崎正康, 山岡和枝
森林野生動物研究会誌   20 25-29   1994年
Length of Inpatient stay in Japan.
Medical Education   27 280-285   1993年   [査読有り]
Effect of smoking on pleural thickening in asbestos workers
British Journal of Industrial Medicine   50 898-901   1993年   [査読有り]
用量反応関係の分析のためのロジットモデル
山岡和枝
日本循環器管理研究協議会雑誌   28(1) 78-80   1993年   [査読有り]
用量反応関係の分析のための一般線形モデル
山岡和枝
日本循環器管理研究協議会雑誌   28(2) 150-151   1993年   [査読有り]
喫煙と飲酒の男性社内健康診断結果に及ぼす影響
金子亘弘,水野洋子,三好裕司,山岡和枝,矢野栄二
日本保険医学会誌   (92) 94-98   1993年
大都市男子勤労者の境界型耐糖能異常と食物摂取状況,生活習慣との関連性―人間ドック受診者における断面調査―
渡辺満利子, 山岡和枝
日本公衆衛生学雑誌   40(10) 969-980   1993年
A Resampling-based Multivariate Quantification Method: An application for the analysis of influential factors on non-insulin-dependent diabetes mellitus.
Proceedings of MEDINFO   92 957   1992年   [査読有り]
Comparing Postgraduate Med cal Education at University and Non-university Hospitals in Japan.
Academic Medicine,   67 54-58   1992年   [査読有り]
Effects of Plasmodium yoelii Anopheles stephensi nigerieriensis infection on fluctuations in blood-feeding activity of Anopheles stephensi.
Jpn J Sanit Zool   43(2) 113-116   1992年   [査読有り]
リサンプリングを利用した数量化Ⅱ類,
山岡和枝,丹後俊郎
医学のあゆみ   161(13) 975   1992年   [査読有り]

書籍等出版物

 
いろいろな分野のエビデンス―温泉から国際援助までの多岐にわたるRCTやシステマティック・レビュー
津谷喜一郎 編著 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 栄養領域のRCTとSR.)
ライフサイエンス出版   2015年7月   
ライフスタイル改善の実践と評価─生活習慣病発症・重症化の予防に向けて─
山岡和,枝安達美佐, 渡辺満利子, 丹後俊郎
朝倉書店   2015年2月   
社会調査協会 細谷昴 飽戸弘 天野正子 藤田英典 盛山和夫 大谷信介 山岡和枝   佐藤健二 北澤毅 丸岡吉人 浅川達人 小林一穂 杉岡直人 油布佐和子編著
丸善出版   2014年1月   ISBN:4621087312
新版 ロジスティック回帰分析-SASを利用した統計解析の実際
丹後俊郎, 山岡和枝, 高木晴良 (担当:共著)
朝倉書店   2013年11月   
統計応用の百科事典
松原望・美添泰人・岩崎学・金明哲・竹村和久・林文・山岡和枝編著 (担当:共編者)
丸善出版   2011年   

講演・口頭発表等

 
中学生親子のライフスタイル現状調査と改善プログラム評価の研究プロトコル策定.
渡邉純子,渡辺満利子,山岡和枝,安達美佐,根本明日香, 丹後俊郎.
第27回日本疫学会学術総会   2017年1月25日   
レスポンスシフトを考慮したがん患者のQOL評価方法.
松田彩子,高野利実,石塚典子,松島英介,大久保孝義,山岡和枝.
第27回日本疫学会学術総会   2017年1月25日   
糖尿病ハイリスクへのライフスタイルおよび投薬治療効果のネットワーク・メタアナリシス.
山岡和枝,丹後俊郎
第27回日本疫学会学術総会   2017年1月25日   
中学生の食事摂取量と運動習慣との関連:横断研究.
渡辺満利子, 渡邉純子, 山岡和枝, 根本明日香, 安達美佐, 丹後俊郎.
第75回日本公衆衛生学会総会.   2016年11月26日   
中学生の学校給食と食事摂取量との関連:横断研究.
渡邉純子, 渡辺満利子, 山岡和枝, 根本明日香, 安達美佐, 丹後俊郎
第75回日本公衆衛生学会総会   2016年10月26日   
国際比較調査におけるソーシャル・キャピタルの測定.ソーシャル・キャピタル ワークショップ:ソーシャル・キャピタル研究における異分野間の学際的知見の共有.
山岡和枝
日本大学法学部   2016年3月12日   
無作為化比較試験によるMetS危険因子の個数削減のためのライフスタイル改善プログラム効果の評価.
渡辺満利子, 横塚昌子, 山岡和枝, 安達美佐, 根本明日香, 丹後俊郎.
第26回日本疫学会学術総会   2016年1月   
ライフスタイル改善のための行動タイプ別アプローチの効果の評価―研究プロトコルでの標本数算出の検討.
安達美佐, 山岡和枝, 渡辺満利子, 根本明日香, 丹後俊郎.
第26回日本疫学会学術総会   2016年1月   
中学生のライフスタイル改善による愁訴減少の効果の評価:クラスター無作為化比較試験.
渡邉純子, 渡辺満利子, 山岡和枝, 安達美佐, 根本明日香, 丹後俊郎
第26回日本疫学会学術総会   2016年1月   
クラスター無作為化比較試験による中学生のためのPADOKの愁訴低減への効果の評価.
渡邉純子, 渡辺満利子, 山岡和枝, 安達美佐, 根本明日香,丹後俊郎
第74回日本公衆衛生学会   2015年11月4日   
ライフスタイル改善のための対象者の行動タイプ別アプローチの効果の評価ークラスター無作為化割付試験プロトコール.
安達美佐,山岡和枝,渡辺満利子, 根本明日香, 丹後俊郎
第74回日本公衆衛生学会   2015年11月4日   
医療・福祉系大学生による整理頓意識と居室環境状況の特徴.
麻生保子,斉藤雅茂,野尻由香,望月由紀子,下園美保子,小長谷百合絵,浜崎優子,吉岡幸子,野村祥平、岸恵美子,根本明日香,山岡和枝
第74回日本公衆衛生学会   2015年11月4日   
乳がん患者のQOLの評価方法の検討.
松田 彩子,大久保 孝,山岡和枝
第74回日本公衆衛生学会、   2015年11月4日   
帝京大学板橋キャンパス無煙化に向けた取り組みと経過.
米倉あゆみ,竹内武昭,福田吉治,矢野栄二,高橋謙造,堀江早喜,山岡和枝
第74回日本公衆衛生学会   2015年11月4日   
高齢脳卒中患者の機能回復と自己選択された栄養ケアとの関連性.
熊谷直子,山岡和枝
第74回日本公衆衛生学会   2015年11月4日   
Well-beingとsocial capitalの国際比較
山岡和枝,吉野諒三.
第43回日本行動計量学会大会   2015年9月1日   
メタボリックシンドロームのためのライフスタイル教育の行動計量.
渡辺満利子,山岡和枝,安達美佐,根本明日香,丹後俊郎
第43回日本行動計量学会大会   2015年9月1日   
中学生の食育プログラム構築ため現状分析-ライフスタイルと愁訴の関連性-
渡邉純子,渡辺満利子,山岡和枝,根本明日香,安達美佐,丹後俊郎
第43回日本行動計量学会大会   2015年9月1日   
ライフスタイル改善のための対象者の行動タイプ別アプローチの効果の評価ークラスター無作為化割付試験プロトコル
安達美佐、山岡和枝,渡辺満利子,根本明日香,丹後俊郎
第43回日本行動計量学会大会.   2015年9月1日   
がん患者のQOLにおける、レスポンスシフトを考慮した反応性と意味のある最小スコア差の評価研究.
松田彩子,高野利実,石塚典子,松島英介,大久保孝義,山岡和枝
統計関連学会連合大会.   2015年6月9日   
Limited samplingに起因する母集団薬物動態解析の問題の検討.
根本明日香,松浦正明,山岡和枝
2015年度日本計量生物学会年会   2015年3月   
石巻市における個人レベルのソーシャル・サポートが被災地の人々の健康に与える影響.
緑川明恵、井上まり子、山岡和枝、石黒彩、松本祥子、武藤真佑、矢野栄二
第25回日本疫学会学術総会   2015年1月21日   
クラスター無作為化比較試験による食育プログラム効果の評価 -ベースライン調査結果- 
渡邉純子、渡辺満利子、山岡和枝、横塚昌子、安達美佐、根本明日香、丹後俊郎.
第73回日本公衆衛生学会   2014年11月5日   
「女性医師が働きやすい病院」職場環境尺度の開発.
堀江早喜、竹内真純、山岡和枝、野原理子、蓮沼直子、冲永寛子、野村恭子
第73回日本公衆衛生学会   2014年11月5日   
早期乳がん患者における心理社会的介入によるQOLへの効果 ―多変量メタアナリシス― 
松田彩子、山岡和枝、丹後俊郎、大久保孝義
第73回日本公衆衛生学会   2014年11月5日   
東日本大震災被災者の不眠に対するソーシャルサポートの役割.
松本祥子、山岡和枝、井上真智子、井上まり子、武藤真祐
第73回日本公衆衛生学会   2014年11月5日   
東日本大震災被災地におけるコミュニティづくり活動の評価.
石黒彩、逢坂美幸、磨田百合子、大久保孝義、武藤真祐、井上まり子、山岡和枝、矢野栄二
第73回日本公衆衛生学会   2014年11月5日   
アウトカム基盤型教育と公衆衛生専門職大学院:帝京大学におけるコンピテンシーモデル.
山岡和枝、井上まり子、矢野榮二、原邦夫
第73回日本公衆衛生学会   2014年11月5日   
米国の公衆衛生大学院におけるアウトカム基盤型教育の導入状況.
井上まり子、矢野榮二、原邦夫、山岡和枝
第73回日本公衆衛生学会   2014年11月5日   
質的分析による東日本大震災後2年目の在宅被災者が抱いた問題の構造.
筒井秀代、石黒彩、井上まり子、武藤真祐、山岡和枝
第73回日本公衆衛生学会   2014年11月5日   
Well-beingとsocial capitalの国際比較.
山岡和枝, 吉野諒三.
日本行動計量学会第42回大会   2014年9月2日   
ベトナムにおける鳥インフルエンザ(H5N1)ヒト感染, 2003−2013: 空間疫学的検証
間辺利江、山岡和枝、丹後俊郎、泉信有、高崎仁、工藤宏一郎
第88回日本感染症学会学術講演会、第62回日本化学療法学会総会合同学会   2014年6月19日   
震災後1年以上経過した時点での石巻在宅被災者のメンタルヘルスとソーシャルサポートとの関連
井上真智子, 松本祥子, 井上まり子, 山岡和枝, 園田愛, 武藤真祐
第24回日本疫学会学術総会   2014年1月24日   
生活習慣改善支援における対象者のタイプ別アプローチの効果の評価;研究プロトコル
安達美佐,山岡和枝, 渡辺満利子,丹後俊郎
第24回日本疫学会学術総会   2014年1月24日   
クラスター無作為化比較試験研究デザインのための中学生の生活習慣と愁訴の現状分析
渡邉純子, 渡辺満利子, 山岡和枝, 根本明日香,安達美佐, 横塚昌子,丹後俊郎
第24回日本疫学会学術総会   2014年1月24日   
空間疫学の研究・教育・実務のための統計手法と統計ソフトウエアの開発
丹後俊郎, 高橋邦彦, 山岡和枝
第24回日本疫学会学術総会   2014年1月24日   
クラスター無作為化比較試験研究デザインのための中学生の食生活と健康の現状分析
渡邉純子,渡辺満利子,山岡和枝,横塚昌子,安達美佐,橋本夕紀恵,丹後俊郎
第72回日本公衆衛生学会総会   2013年10月23日   
無作為化比較試験に基づくMETS教育プログラム効果の評価―介入前調査の分析結果―
渡辺満利子, 山岡和枝, 横塚昌子, 安達美佐, 橋本夕紀恵, 丹後俊郎
第72回日本公衆衛生学会総会   2013年10月23日   
行動科学的視点からの対象者のタイプ分類による生活習慣病改善支援
安達美佐, 山岡和枝, 渡辺満利子, 丹後俊郎
第72回日本公衆衛生学会総会   2013年10月23日   
早期乳がん患者におけるQOL評価よりみた心理社会的介入の効果―メタアナリシス―
松田彩子, 山岡和枝, 丹後俊郎, 松田智大, 西本寛
第72回日本公衆衛生学会総会   2013年10月23日   
東日本大震災被災者の不眼に関連する社会的要因:石巻在宅被災世帯調査
松本祥子, 山岡和枝, 井上真智子, 武藤真祐, 園田愛
第72回日本公衆衛生学会総会   2013年10月23日   
社会関係要因と震災による健康・生活問題との関係:石巻在宅被災世帯調査
磨田百合子,石黒彩,山岡和枝,井上まり子,園田愛,武藤真祐,矢野栄二
第72回日本公衆衛生学会総会   2013年10月23日   
多変量メタアナリシス:早期乳がん患者におけるQOL評価よりみた心理社会的介入の効果による検討より
松田彩子, 山岡和枝, 丹後俊郎, 松田智大, 西本寛
2013年度統計関連学会連合大会   2013年9月8日   
国際比較調査からみた健康感と生命観。社会。生活関連要因との関連
山岡和枝, 吉野諒三
日本行動計量学会第41回大会   2013年9月3日   
中学校・地域連携食育プログラム開発のための食と健康の調査結果報告
渡邉純子, 渡辺満利子, 古賀みのり, 横塚昌子, 山岡和枝, 丹後俊郎
第23回日本疫学会学術総会   2013年1月25日   
メタボリックシンドロームのための栄養教育プログラム効果の評価:無作為化比較試験研究プロトコル
渡辺満利子, 山岡和枝, 横塚昌子, 安達美佐, 橋本夕紀恵, 丹後俊郎
第23回日本疫学会学術総会   2013年1月25日   
クラスター無作為化比較試験による2型糖尿病のための生活習慣改善プログラムの介入効果の評価(第2報)
安達美佐, 山岡和枝, 渡辺満利子, 丹後俊郎
第23回日本疫学会学術総会   2013年1月25日   
メタボリックシンドロームへの生活習慣改善プログラムの介入効果の評価:メタアナリシス
山岡和枝, 丹後俊郎
第23回日本疫学会学術総会   2013年1月25日   
RTCに基づくメタボ改善の新栄養教育プログラムの効果の評価−プロトコル−
渡辺満利子、山岡和枝、安達美佐、横塚昌子、大坪哲雄、丹後俊郎
第71回日本公衆衛生学会   2012年10月25日   
石巻在宅避難世帯調査?−在宅避難者の精神状態と生活状況との関連
古川洋和、竹内武昭、園田愛、山岡和枝、武井宣子、武藤真祐
第71回日本公衆衛生学会   2012年10月25日   
石巻在宅避難世帯調査?−交友・近隣関係の実態と世帯の特徴
井上真智子、園田愛、武藤真祐、山岡和枝、古川洋和
第71回日本公衆衛生学会   2012年10月25日   
石巻住宅避難世帯調査?−世帯調査における欠損値の検討
松本祥子、山岡和枝、山本秀樹、井上真智子、園田愛、武藤真祐
第71回日本公衆衛生学会   2012年10月25日   
石巻住宅避難世帯調査?−地区ごとの家屋損壊状況と世帯状況
竹内武昭、園田愛、井上真智子、山岡和枝、井上和男、武藤真祐
第71回日本公衆衛生学会   2012年10月25日   
糖尿病のための個別生活習慣改善プログラムによる教育効果の評価(第2報)
安達美佐、山岡和枝、渡辺満利子、丹後俊郎
第71回日本公衆衛生学会   2012年10月25日   
健康感と関連要因の相関構造からみた翻訳の影響に関する検討
山岡和枝, 吉野諒三
日本行動計量学会第40回大会   2012年9月13日   
クラスター無作為化比較試験による2型糖尿病のための生活習慣改善プログラムの介入効果の評価
安達美佐, 山岡和枝, 渡辺満利子, 小林逸郎, 西川正子, 飛田英祐, 丹後俊郎
第22回日本疫学会学術総会   2012年1月27日   
国際エイズ質問票(IAQ-J)による若年者への健康教育介入効果の評価への活用
濱口由子, 可知悠子, 高木晴良, 原邦夫, 中田善規, 山本秀樹, 山岡和枝
第70回日本公衆衛生学会   2011年10月20日   
糖尿病のための個別生活習慣改善プログラムによる教育効果の評価
安達美佐, 山岡和枝, 渡辺満利子, 西川正子, 飛田英佑, 丹後俊郎
第70回日本公衆衛生学会   2011年10月20日   
幸福感の国際比較:医療と文化のRDD国際比較調査から
山岡和枝
第70回日本公衆衛生学会   2011年10月20日   
健康感の国際比較
山岡和枝, 吉野諒三
日本行動計量学会第39回大会   2011年9月11日   
Health and Trust on The Asia Pacific Values Survey (APVS)
Yamaoka K, Yoshino R
The International Conference on Social Stratifi cation and Health 2011   2011年8月6日   
地域における2型糖尿病のための生活習慣改善プログラムによる介入効果の評価-クラスター無作為化比較試験の研究デザインおよびベースライン結果
安達美佐、山岡和枝、渡辺満利子、小林逸郎、西川正子、飛田英祐、丹後俊郎
第21回日本疫学会学術総会   2011年1月22日   
メタボリックシンドロームのための生活習慣改善プログラム効果の評価-無作為化比較試験に基づく研究プロトコル‐第21回日本疫学会学術総会
渡辺満利子、山岡和枝、安達美佐、横塚昌子、橋本夕紀恵、丹後俊郎
第21回日本疫学会学術総会   2011年1月22日   
The effects of lifestyle modification on MetS: a multivariate meta-analysis using mets-simulator
Yamaoka K, Zushi M, Hida E, Tango T
The 25th International Biometrics Conference   2010年12月10日   
Longitudinal count data model with heter ogeneity in the intra subject variation
Uehara H, Nishikawa M, Takahashi K, Hida E,Yamaoka K and Tango T
XXVth International Biometric Conference   2010年12月5日   
RCTに基づくメタボ改善プログラム介入研究のための基礎データ解析.
渡辺満利子, 山岡和枝, 安達美佐, 横塚昌子, 橋本夕紀恵, 丹後俊郎
第69回日本公衆衛生学会   2010年10月29日   
地域のソーシャル・キャピタルと身体的・精神的な健康状態との関連
村上慶子, 川上憲人, 橋本英樹, 山岡和枝
第69回日本公衆衛生学会   2010年10月28日   
RDD電話調査による主観的健康感と社会文化的要因の国際比較
山岡和枝
第69回日本公衆衛生学会   2010年10月28日   
隣接地域の影響を考慮した医療費地域差指数のベイズ推定
高橋邦彦, 飛田英佑, 山岡和枝, 丹後俊郎
第69回日本公衆衛生学会   2010年10月28日   
The statically analysis of prognosis factor in acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis
Katsuta T, Yamaoka K, Tango T
31th Annual Conference of the International Society for Clinical Biostatistics   2010年8月29日   
特発性肺線維症の急性増悪の予後因子に関する統計学的検討
勝田知也、山岡 和枝、丹後俊郎
2010年度日本計量生物学会年会   2010年5月21日   
Geographical clustering of caries prevalence on 3-year-old children in Hokkaido
国際疫学会西太平洋地域学術会議兼第20回日本疫学会学術総会   2010年1月9日   
医療費における地域差指数のベイズ推定
高橋邦彦, 飛田英祐, 山岡和枝, 丹後俊郎
第68回日本公衆衛生学会   2009年10月23日   
自覚的健康感と社会文化的要因の国際比較
山岡和枝
第68回日本公衆衛生学会   2009年10月22日   
クラスター無作為化比較試験による青少年女子の食育効果の評価
渡辺満利子,山岡和枝, 丹後俊郎, 飛田英祐, 横塚昌子
第68回日本公衆衛生学会   2009年10月22日   
糖尿病のための個別栄養教育プログラムによる栄養教育の効果の評価研究プロトコル
安達美佐, 山岡和枝, 渡辺満利子, 西川正子,飛田英佑, 丹後俊郎
第68回日本公衆衛生学会   2009年10月22日   
メタアナリシスの応用:糖尿病予防のための生活習慣教育の効果の評価
山岡和枝・丹後俊郎
第1回Evidence-based Anesthesia 研究会   2009年9月26日   
Impact of classroom based dietary education for female adolescents: A pilot study of a cluster randomized controlled trial
Watanabe M, Yamaoka K, Tango T, Eisuke Hida, Hashimoto Y, Yokotsuka M
19th International Congress of Nutrision   2009年9月4日   
Gradate School of Medicine and FacCharacteristics of self-rated health indicators examined by nation-wide sample surveys in Japan
Yamaoka K, Hashimoto H
The 57th Session of the International Statistics Institute   2009年8月18日   
地域における糖尿病のための個別栄養教育プログラムによる栄養教育の効果の評価研究プロトコル
安達美佐, 山岡和枝, 小林逸郎, 渡辺満利子, 西川正子,飛田英佑, 丹後俊郎
日本行動計量学会第37回大会   2009年8月4日   
クラスター無作為化比較試験による食育効果の評価―都市部女子中学生を対象とした新食育プログラム―
渡辺満利子, 山岡和枝, 丹後俊郎, 飛田英祐, 横塚昌子
日本行動計量学会第37回大会   2009年8月4日   
青少年の食生活改善のための食教育の効果の評価:都市部女子中学生を対象としたクラスター無作為化比較試験
渡辺満利子,山岡和枝,丹後俊郎
第19回日本疫学会学術総会   2009年1月24日   
統計的メタボリックシンドローム・シミュレータの開発に関する研究
圖師 誠、山岡和枝、渡辺満利子、丹後俊郎
2009年度統計関連学会   2009年   
アメリカ・ドイツにおける自覚的健康感と社会文化的要因の関連
山岡和枝
第67回日本公衆衛生学会   2008年11月7日   
女子生徒の食事評価のための食物摂取頻度調査票(FFQW82)の妥当性と再現性の検討
渡辺満利子,山岡和枝,安達美佐,可知悠子, 横塚昌子, 丹後俊郎
第67回日本公衆衛生学会   2008年11月7日   
栄養教育のための食物摂取頻度調査票(FFQW82)の妥当性と再現性の検討
安達美佐,渡辺満利子,山岡和枝, 丹後俊郎
第67回日本公衆衛生学会   2008年11月7日   
全国代表サンプルにおける社会階層と心理的ストレスとの関連
桜井桂子,川上憲人,橋本英樹,山岡和枝,石川ひろの
第67回日本公衆衛生学会   2008年11月7日   
Validity and Reproducibility of Semi-Quantitative Food Frequency Questionnaire with 82 food lists (FFQW82): for Assessing Habitual Diet in Adults
Adachi M, Watanabe M, Yamaoka K, Tango T
15th International Congress of Dietetics   2008年9月9日   
Validity and reproducibility of a Female Adolescents Food Frequency Questionnaire (FFQW82) for Dietary Assessment
Watanabe M, Yamaoka K, Adachi M, Yokotsuka M, Tango T
15th International Congress of Dietetics   2008年9月9日   
生命観と文化:米国・ドイツCATI調査結果
山岡和枝
日本行動計量学会第36回大会   2008年9月2日   
女子中学生の習慣的食事摂取量の評価―「食物摂取頻度調査票(FFQW82)青少年版」の妥当性と再現性―
渡辺満利子,山岡和枝,丹後俊郎,安達美佐,可知悠子,横塚昌子,塩原明世,嵐雅子
日本行動計量学会第36回大会   2008年9月2日   
Evaluation of cross-cultural equivalence of QOL measures in clinical trials settings: a mixture model
Yamaoka K, Tango T, Kobayashi K, Inoue K ,Kaptein A A, Nortier JWR , Kleijn W Chr
International Society for Clinical Biostatistics   2008年8月19日   
Multivariate multilevel analyses of the influence of social capital on self-rated perceptions of health: Multivariate response models with missing data
Yamaoka K, Tango T
The 24th International Biometrics Conference   2008年7月17日   
Effects of Lifestyle Modification on Metabolic Syndrome: Resolution Rate and Combining Multiple Endpoints in Meta-Analysis
Yamaoka K, Tango T
East Asia Regional Biometric Conference   2007年12月9日   
女子中高校生における痩身傾向・低体重とエネルギー摂取に関連する要因
渡辺満利子,山岡和枝,丹後俊郎,可知悠子,横塚昌子
第66回日本公衆衛生学会   2007年10月24日   
体型認識の歪みと食生活およびQOLの関連―男女の比較―
可知悠子,山岡和枝,渡辺満利子,小林廉毅,山岡和枝,丹後俊郎
第66回日本公衆衛生学会   2007年10月24日   
米国における「生命観と文化」CATI調査報告
山岡和枝
日本行動計量学会第35回大会   2007年9月2日   
Combining Multiple Endpoints in Meta-Analysis: Effects of Lifestyle Modification on Metabolic Syndrome
Yamaoka K, Tango T
International Society for Clinical Biostatistics   2007年7月29日   
Health and Culture in East Asia and the US: a Population-based Cross Cultural Surveys
Yamaoka K
International Meeting of the Psychometric Society   2007年7月9日   
青少年における食生活の現状評価と効果的食教育のモデル化:実態調査結果とクラスター無作為割付に基づくRCTのためのプロトコルの策定
渡辺 満利子,山岡和枝・丹後俊郎
第17回日本疫学会学術総会   2007年1月26日   

所属学協会

 
日本計量生物学会 , 日本行動計量学会 , 日本公衆衛生学会 , 日本衛生学会 , 日本分類学会連合

競争的資金等の研究課題

 
メタボリック症候群への生活習慣教育の総合評価:メタボリッ クシミュレータ利用とメタ分析
文部科学省科学研究費: 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 山岡和枝
医療と文化の連関に関する統計科学的研究―社会格差と生命観ダイナミックスの国際比較」
文部科学省科学研究費: 基盤研究B(海外学術)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 山岡和枝
メタボリックシンドロームへの生活習慣教育の効果の総合評 価:メタアナリシス(
文部科学省科学研究費: 基盤研究(C)
研究期間: 2007年4月 - 2011年3月    代表者: 山岡和枝
「医療と文化の多次元的連関に関する統計科学的研究―生命観の国際比較」
文部科学省科学研究費: 基盤研究B(海外学術)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 山岡和枝
保健医療のアウトカム評価―多文化間におけるQOLスコア変 換の同等性
文部科学省科学研究費: 基盤研究(C)
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 山岡和枝