日本の女性研究者

神経科学

Researcher List >> Rie Shimoju
 

Rie Shimoju

 
Avatar
NameRie Shimoju
NicknameRie Shimoju
AffiliationInternational University of Health and Welfare
SectionCenter for Basic Medical Research

Research Interests

 
ultrasonic vocalization , emotion , autonomic nervous system

Research Areas

 
  • Basic medicine / General physiology / Neuroscience

Awards & Honors

 
Aug 2017
Award for Excellent Papers in the Journal of the Japan Society of Neurovegetative Research
 
Oct 2015
Award for Excellent Papers in the Journal of the Japan Society of Neurovegetative Research
 
Mar 2015
Hiroshi and Aya Irisawa Memorial Promotion Award for Excellent Papers in The
 
Oct 2014
Award for Excellent Papers in the Journal of the Japan Society of Neurovegetative Research
 
Oct 2014
Acupunture and Meridian Studies Award
 

Published Papers

 
温熱棒を用いたマッサージ様皮膚刺激によるラットの動脈圧・心拍数反応とその機序 イトオテルミー療法効果の基礎検討
藤田 和花子, 下重 里江, 江幡 芳枝, 黒澤 美枝子
自律神経   55(1) 38-45   Mar 2018
麻酔下ラットを用い、イトオテルミー療法の温熱棒によるマッサージ様皮膚刺激(触+温熱刺激)が動脈圧と心拍数に与える影響と自律神経性機序について検討した。その結果、動脈圧および心拍数は、触+温熱刺激により有意な低下を認め、アトロピン投与により減弱し、フェントラミンとプロプラノロール追加投与により完全消失した。また、触+温熱刺激群と触単独刺激群に動脈圧と心拍数反応に有意差を認めなかった。以上より、触+温熱刺激による動脈圧と心拍数の低下は交感神経および副交感神経が関与し、麻酔下では触刺激は温熱刺激...
Tokunaga R, Shimoju R, Shibata H, Kurosawa M
The journal of physiological sciences : JPS   67(6) 689-698   Nov 2017   [Refereed]
コルチコトロピン放出因子受容体遮断薬の脳室内投与がピンチ刺激時の動脈圧・心拍数反応におよぼす影響
下重 里江, 徳永 亮太, 黒澤 美枝子
自律神経   53(4) 305-311   Dec 2016
皮膚への侵害性機械的刺激による昇圧反応および頻脈反応に及ぼす脳内コルチコトロピン放出因子(CRF)の影響について検討した。雄性Wistar STラットを用い、麻酔下にα-helical CRF(9-41)を脳室内投与し、後肢足蹠にピンチ刺激を加えた。その結果、α-helical CRF(9-41)の投与により平均動脈圧の上昇、心拍数反応の増加が有意に減弱し、脳内CRFは昇圧反応、頻脈反応のいずれにも関与していると考えられた。
ラットの腹部皮膚触刺激時の動脈圧・心拍数低下反応における自律神経性機序
今井 樹, 下重 里江, 徳永 亮太, 黒澤 美枝子
自律神経   53(3) 253-259   Sep 2016
ラットの腹部皮膚刺激時の動脈圧・心拍数低下反応における自律神経性機序について検討した。Wistar系雄性ラットを用いた。アトロピンを静脈内投与し、副交感神経の関与について検討したところ、対照群と比べて安静時(刺激前)の動脈圧にも、勅激時の降圧反応にも有意な影響は認めなかった。ヘキサメトニウムを静脈内に追加投与して、交感神経も遮断すると、安静時(刺激前)の動脈圧は対照群、ならびにアトロピン投与群に比べて有意に低下し、刺激時の降圧反応は完全に消失した。アトロピン投与後、安静時(刺激前)の心拍数...
Tokunaga R, Shimoju R, Takagi N, Shibata H, Kurosawa M
The journal of physiological sciences : JPS   66(4) 307-314   Jul 2016   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
Contribution of opioids to the responses of dopamine release in the nucleus accumbens to tactile stimulation in rats(和訳中)
Shimoju Rie, Takaoka Masamune, Takaku Kazuyori, Shibata Hideshi, Kurosawa Mieko
The Journal of Physiological Sciences   Mar 2018   
侵害性皮膚刺激時の自律機能、内分泌機能、情動の変化における脳内コルチコトロピン放出因子の関与
黒澤 美枝子, 下重 里江
国際医療福祉大学学会誌   Mar 2018   
体性感覚刺激時のラット側坐核ドーパミン放出におよぼす同核セロトニンの関与
下重 里江, 蒔田 祥子, 柴田 秀史, 黒澤 美枝子
国際医療福祉大学学会誌   Mar 2018   
自律神経と体内環境 閉経モデル動物における骨格筋刺激時の動脈圧反応
下重 里江, 黒澤 美枝子
自律神経   Dec 2017   
触刺激時の側坐核ドーパミン放出反応におけるセロトニン3受容体の関与(The contribution of 5-HT3 receptors to responses of dopamine release in the nucleus accumbens to tactile stimulation in rats)
Shimoju Rie, Makita Shoko, Shibata Hideshi, Kurosawa Mieko
The Journal of Physiological Sciences   Mar 2017