日本の女性研究者

科学教育・教育工学

研究者リスト >> 大貫 麻美
 

大貫 麻美

 
アバター
研究者氏名大貫 麻美
 
オオヌキ アサミ
所属白百合女子大学
部署人間総合学部初等教育学科
職名准教授
学位博士(教育学)(東京学芸大学), 修士(教育学)(横浜国立大学), 学士(教育)(横浜国立大学)
科研費研究者番号40531166

研究分野

 
  • 教育学 / 教科教育学 / 
  • 科学教育・教育工学 / 科学教育 / 

委員歴

 
2002年
 - 
2002年
日本理科教育学会  日本理科教育学会第52回全国大会学会創立50周年記念大会横浜大会 実行委員
 
2006年
 - 
2006年
日本科学教育学会  日本科学教育学会 平成18年度第5回研究会第4部会 開催担当(共同)
 
2007年
 - 
2007年
日本教科教育学会  日本教科教育学会第33回全国大会 実行委員
 
2011年4月
 - 
2015年3月
日本理科教育学会  日本理科教育学会 教育課程委員会 委員
 
2018年
 - 
2021年
日本科学教育学会  日本科学教育学会 代議員
 

論文

 
環境問題に関する協同的な学びの場における個の学び : 中学校の「総合的な学習の時間」を通して
大貫 麻美 , 高山 真記子 , 福岡 敏行
理科教育学研究   51(3) 189-199   2011年3月   [査読有り]
非理系学生に保持されている科学概念に関する基礎研究 : 幼稚園教諭及び保育士を志す専門学校生を対象に
大貫麻美・髙山真記子
日本教科教育学会誌   32(3) 51-60   2009年12月   [査読有り]
「自分」ラベルを導入した概念地図法による概念の主観的側面を表出する新たな試み
福岡敏行・大貫麻美・井上典子・田中保樹
理科教育学研究   45(3) 43-50   2005年3月   [査読有り]
日本の理科教育における概念地図法の使用意図・目的並びにその機能に関する分析と考察
大貫麻美
学校教育学研究論集   6 105-116   2002年   [査読有り]

Misc

 
幼年期の子どもに見られる科学的思考の萌芽に関する基礎的研究(3)保育所における4歳児の「光とかげ」に関する活動を通して
大貫麻美
帝京平成大学紀要   27 95-100   2016年3月
幼年期の子どもに見られる科学的思考の萌芽に関する基礎的研究(2)事例「亀の食性」と「生命尊重」について
大貫麻美
帝京平成大学紀要   26(2) 213-218   2015年3月
米国NGSSに見る「生物」領域に関する概念構築過程(1) : kindergartenから小学5年生での横断的概念の構築について
大貫麻美
日本理科教育学会関東支部大会研究発表要旨集   (53) 74-74   2014年12月
教職課程に求められる学校支援ボランティア活動 : 教員養成におけるボランティア活動の意義 (特集 教員養成における体験学習・ボランティア活動の取り組み)
大貫麻美
Synapse : 教員を育て磨く専門誌   (37) 12-15   2014年9月   [依頼有り]
幼年期の子どもがもつ科学的思考の萌芽に関する事例研究 : 事例:保育園における「光とかげ」に関する活動を通して
大貫麻美
日本理科教育学会全国大会要項   (64) 86-86   2014年8月   [依頼有り]
課題研究「これからの理科カリキュラム開発の視点」(企画:内ノ倉真吾)における発表

書籍等出版物

 
幼年期の子どもがもつ科学的思考の萌芽とそれに呼応した支援に関する実践的研究
大貫麻美 (担当:編者, 範囲:主著者及び編者。2章2-1と2-2のみ共著(大貫・原口・土井・瀧上)。また、2章から4章については、章ごとに関連内容に関する寄稿をそれぞれに依頼した(土井・古金・白鳥)。その他の部分は大貫が単著で担当している。)
印刷:港北出版印刷株式会社   2016年3月   
CAL編 (担当:共著, 範囲:「総合的な学習の時間」における環境問題に関するグループ学習の実践(pp. 53-67))
銀の鈴社   2004年4月   
湘南白百合学園中学校第3学年の「総合的な学習の時間」における環境問題に関するグループ学習の実践を報告した。(高山真記子・大貫麻美)
日本理科教育学会 編著 (担当:共著, 範囲:第6章5節 言語活動の充実を図った単元全体の「振り返り」活動 (事例部分以外の執筆・全体構成を担当))
東洋館出版社   2012年8月   
理科の授業における言語活動の充実にコンセプトマップ法を用いることの有効性を示した。
森本信也・遠藤純夫編
東洋館出版社   2004年12月   
こども地球白書2006-07
林良博監修 (担当:分担執筆, 範囲:第10章「企業改革を進める」)
ワールドウォッチジャパン   2006年12月   
ワールドウォッチ研究所発行の「地球白書」(原題:State of the World,原著:クリストファー フレイヴィン)の内容を基に,子ども向けにわかりやすくリライトした書籍。

講演・口頭発表等

 
幼年期の子供がもつ科学的思考の萌芽に関する事例研究(2)~「光とかげ」に関する科学的思考の萌芽と保育者の支援~
大貫麻美
日本保育学会第69回大会   2016年5月   日本保育学会
幼年期の科学的思考を育む言語活動に関する基礎的研究(1)~米国NGSS/CCSS ELA/Literacyと日本の幼稚園教育要領を基に~
大貫麻美
日本理科教育学会第65回全国大会   2015年8月   日本理科教育学会
幼年期の子どもがもつ科学的思考の萌芽に関する事例研究(2)~「光と影」に関し,4歳児がもつ科学的思考の萌芽~
大貫麻美
日本保育学会第68回大会   2015年5月   日本保育学会
幼少期における理数教育の在り方に関する基礎的研究(2)~米国 NGSS・CCSS と日本の幼稚園教育要領の比較から~
大貫麻美
日本教科教育学会第41回大会   2015年10月24日   日本教科教育学会
コンピテンスに基づいた生命科学教育の再構成を目指す基礎的研究(1) ~生命科学領域の学びを再構成する新たなコア概念の提案~
大貫麻美
日本生物教育学会第100回全国大会   2016年1月   日本生物教育学会

担当経験のある科目

 
  • 理科教育概説Ⅰ (千葉大学)
  • 理科教育概説Ⅱ (千葉大学)
  • 中等理科教育法Ⅰ (横浜国立大学)
  • 中等理科教育法Ⅱ (横浜国立大学)
  • 概念地図で探る遺伝学入門 (横浜国立大学)

所属学協会

 
日本教科教育学会 , 日本理科教育学会 , 日本科学教育学会 , 日本生物教育学会 , 日本保育学会 , 日本乳幼児教育学会 , 日本教師教育学会 , 日本カトリック教育学会