日本の女性研究者

ナノ・マイクロ科学

研究者リスト >> 名和 愛利香
 

名和 愛利香

 
アバター
研究者氏名名和 愛利香
 
ナワ エリカ
通称等の別名戸籍名:沖田 愛利香
所属同志社大学
部署研究開発推進機構
職名助教(有期研究員)
学位博士(工学)(同志社大学)

研究キーワード

 
非平衡科学 , オレイン酸 , 自律運動 , ベシクル

研究分野

 
  • プロセス・化学工学 / 生物機能・バイオプロセス / 非平衡科学
  • ナノ・マイクロ科学 / ナノマイクロシステム / 
  • 物理学 / 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
2017年3月
独立行政法人 日本学術振興会 特別研究員DC2(H28. 4以降、PD)
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2016年3月
同志社大学大学院 理工学研究科 応用化学専攻
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
化学工学会  CES21
 

受賞

 
2015年3月
化学工学会 ポスター賞金賞 pH勾配から仕事を得てアメーバ的変形を行うベシクルとそのメカニズムの解明
 
2014年12月
非線形反応と協同現象研究会 ポスター賞 pH勾配下におけるベシクルのアメーバ的変形
 

論文

 
Keisuke Mae, Hidetoshi Toyama, Erika Nawa-Okita, Daigo Yamamoto, Yong Jun Chen, Kenichi Yoshikawa, Fumiyuki Toshimitsu, Naotoshi Nakashima, Kazunari Matsuda, Akihisa Shioi
Scientific Reports   7    2017年5月   [査読有り]
© 2017 The Author(s). Single-walled carbon nanotubes (SWCNTs) are reported to spontaneously align in a rotational pattern by drying a liquid droplet of toluene containing polyfluorene as a dispersant. By situating a droplet of an SWCNT solution ar...
生物のように見える運動を示すコロイド
塩井章久、山本大吾、沖田(名和)愛利香
オレオサイエンス   17(2) 63-75   2017年2月   [査読有り]
Ban Takahiko, Fukuyama Takashi, Makino Shouta, Nawa Erika, Nagatsu Yuichiro
LANGMUIR   32(11) 2574-2581   2016年3月   [査読有り]
pH変化感知性の自律運動を示すオレイン酸系ベシクルに関する研究
名和 愛利香
同志社大学      2016年3月   [査読有り]
Nawa Erika, Sakashita Daichi, Owaki Kentaro, Yamamoto Daigo, Shioi Akihisa
COLLOID AND INTERFACE SCIENCE COMMUNICATIONS   8 10-13   2016年1月   [査読有り]
Nawa Erika, Yamamoto Daigo, Shioi Akihisa
BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   88(11) 1536-1544   2015年7月   [査読有り]
Nawa Erika, Nishigaki Yasuyoshi, Yamamoto Daigo, Shioi Akihisa
SOFT MATTER   9(32) 7832-7842   2013年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Chemoresponsive Materials: Stimulation by Chemical and Biological Signals
Daigo Yamamoto, Erika Nawa, Akihisa Shioi (担当:分担執筆, 範囲:Autonomously Moving Interface and Colloidal Objects)
RSC Smart Materials   2015年1月   ISBN:978-1-78262-062-4

講演・口頭発表等

 
Abiotic vigorously motion of a vesicle under a pH gradient
名和愛利香、中尾友紀
European Colloid and Interface Society 2018   2018年9月2日   
非線形現象と化学工学
名和愛利香、山本大吾、塩井章久
化学工学会 第83年会   2018年3月13日   
オレイン酸系ベシクルの自励振動とpH勾配の関係
中尾友紀・濱口琴美・塩井章久・沖田(名和)愛利香
第27回非線形反応と協同現象研究会   2017年12月9日   
pH勾配を仕事に変換して自励振動をおこなうオレイン酸系ベシクル
中尾友紀・濱口琴美・塩井章久・沖田(名和)愛利香
粉体工学会 2017年度 秋季研究発表会   2017年10月10日   
擬定常pH勾配から得た駆動力で周期運動するベシクル
沖田愛利香、中尾友紀、山本大吾、塩井章久
化学工学会 第49回秋季大会   2017年9月20日   
擬定常pH勾配下におけるベシクル運動の駆動力
沖田(名和)愛利香、中尾友紀、山本大吾、塩井章久
第68回 コロイドおよび界面化学討論会   2017年9月6日   
A Vesicle with Biomimetic Transformation under a pH Gradient
名和愛利香、山本大吾、塩井章久
International union of materials research society-International conference of advanced materials 2017   2017年8月27日   
Observation of autonomic vesicle motion under a quasi steady-state pH gradient
名和愛利香、中尾友紀、山本大吾、塩井章久
12th Japan-Korea Symposium on Materials & Interface International Symposium on Frontiers in Chemical Engineering   2016年11月2日   
pH勾配とpHの絶対値がベシクル運動に及ぼす影響
名和愛利香、中尾友紀、山本大吾、塩井章久
第67回 コロイドおよび界面化学討論会   2016年9月22日   
擬似定常pH勾配下におけるベシクル運動の定量的検討
名和愛利香、中尾友紀、山本大吾、塩井章久
化学工学会 第48回秋季大会   2016年9月6日   

担当経験のある科目

 
  • 化学システム工学実験 (同志社大学)

所属学協会

 
化学工学会 , 日本化学会 , 粉体工学会

競争的資金等の研究課題

 
粉体層の物理振動による物体の指向的運動や自己組織化
公財)ホソカワ粉体工学振興財団: 研究助成
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 名和 愛利香
ドラッグデリバリーを目的とした能動輸送ベシクルの設計
日本私立学校振興・共済事業団: 平成30年度 女性研究者奨励金
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 名和 愛利香
pH勾配下のベシクルによる細胞動特性モデリング
独立行政法人 日本学術振興会: 特別研究員
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 名和 愛利香