日本の女性研究者

文化財科学

研究者リスト >> 貫井裕恵
 

貫井裕恵

 
アバター
研究者氏名貫井裕恵
所属神奈川県立金沢文庫
部署学芸課

研究キーワード

 
筆跡 , 文献学 , 真言密教 , 寺院史 , 古文書学 , 史学史 , 歴史叙述 , 寺社縁起 , 聖教書誌学 , 寺誌 , 史料管理論 , 日本中世史

研究分野

 
  • 哲学 / 思想史 / 
  • 文化財科学・博物館学 / 文化財科学・博物館学 / 
  • 史学 / 史学一般 / 
  • 史学 / 日本史 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
法政大学 兼任講師
 
2016年4月
 - 
現在
神奈川県立金沢文庫 学芸員
 
2015年4月
 - 
現在
日本女子大学 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2016年3月
東京大学史料編纂所 研究支援推進員
 
2008年4月
 - 
2011年3月
日本学術振興会特別研究員(DC1)
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2014年3月
早稲田大学 文学研究科博士後期課程 
 
2006年4月
 - 
2008年3月
早稲田大学 文学研究科修士課程 
 

論文

 
東大寺本末相論関係資料の紹介 : 兵庫県立歴史博物館蔵喜田文庫のうち
貫井裕恵
金沢文庫研究   337 11-20   2016年
称名寺蔵(金沢文庫保管)『東寺々務并凡僧別当方雑記』について
貫井裕恵
資料館紀要(京都府立総合資料館)   33 43-75   2016年   [査読有り]
日本中世寺院における史料の管理と保存―東寺を題材として―
貫井裕恵
(ハノイ国家大学附属人文社会科学大学東洋学部日本学科)日本研究論文集   2014年版 91-102   2015年   [招待有り]
「東寺百合文書」にみえる東大寺醍醐寺本末相論関係史料について
貫井裕恵
鎌倉遺文研究   35 83-90   2015年   [査読有り]
中世東寺における寺誌の利用と継承―『東宝記』を中心に―
貫井裕恵
早稲田大学大学院文学研究科紀要   第4分冊(59) 53-70   2014年   [査読有り]

Misc

 
称名寺聖教・金沢文庫文書の国宝指定に関連して
貫井裕恵
第49 回日本古文書学会大会記念冊子      2016年
文献案内 西弥生「描かれた東寺の灌頂―東寺蔵「弘法大師行状絵」の一齣―」
貫井裕恵
東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター通信   63    2014年

書籍等出版物

 
特別展 安達一族と鎌倉幕府(神奈川県立金沢文庫展覧会図録)
貫井裕恵 (担当:監修, 範囲:企画・編集・執筆)
2018年7月   
特別展 運慶(神奈川県立金沢文庫展覧会図録)
貫井裕恵 (担当:分担執筆, 範囲:紡がれる復興の語りと運慶霊験譚―東寺講堂仏舎利出現をめぐって)
2018年1月   
特別展 唐物(神奈川県立金沢文庫展覧会図録)
貫井裕恵 (担当:分担執筆, 範囲:金沢北条氏における書様について―「唐様」をめぐって)
2017年11月   
特別展 忍性菩薩(神奈川県立金沢文庫展覧会図録)
貫井裕恵 (担当:分担執筆, 範囲:総説一)
2016年11月   
鎌倉遺文 補遺編・東寺文書 第3巻
貫井裕恵 (担当:共編者)
2014年   

講演・口頭発表等

 
歴史学からみた千字文説草
貫井裕恵
仏教文学会例会シンポジウム   2018年   
失われた「東寺碑文」をめぐって
貫井裕恵
第5回紀州地域学共同研究会   2015年   
聖教・寺誌部門:諸本よりみた中世寺院における寺誌の相伝と利用―東寺寺誌『東宝記』を中心に― [招待有り]
貫井裕恵
軍記と語り物研究会シンポジウム   2013年   
中世後期における御影供執事役について
貫井裕恵
早稲田大学総合人文研究センター・高等研究所共催「中世村落の総合的復原研究」   2013年   
東寺における情報管理―目録と史料編纂―
貫井裕恵
寺社縁起研究会 第103回関東支部例会   2010年   
国宝本『東宝記』における史料編纂と「法流」
貫井裕恵
寺院史料研究会   2010年   
室町期東寺と『東宝記』諸本の生成について
貫井裕恵
2009年度 早稲田大学史学会大会日本史部会   2009年   
『東宝記』の諸本生成とその意義について
貫井裕恵
第42回 日本古文書学会大会   2009年   
東寺における勧進活動と寺誌・縁起
貫井裕恵
鎌倉遺文研究会第144回例会   2008年   
『東宝記』のテクスト生成とその編纂契機をめぐって [招待有り]
貫井裕恵
第5回巡礼記研究会研究集会   2008年   
東寺「最頂の論理」の展開と変容―国宝本『東宝記』僧宝の編纂をめぐって―
貫井裕恵
第Ⅲ期15回 東寺文書研究会   2007年   
南北朝期東寺における歴史叙述―『東宝記』を中心に―
貫井裕恵
寺社縁起研究会 第74回関東 支部例会   2007年   

担当経験のある科目

 
  • 日本史講義 (法政大学)
  • 日本史演習 (日本女子大学)

所属学協会

 
寺社縁起研究会 , 東寺文書研究会 , 鎌倉遺文研究会 , 日本史研究会 , 日本古文書学会

競争的資金等の研究課題

 
応永・永享期文化論―「北山文化」「東山文化」という大衆的歴史観のはざまで―
国際日本文化研究センター: 共同研究
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 大橋直義・呉座勇一
寺院組織と史料管理システム解明のための書誌学的研究-日本中世寺誌論の構築に基づく
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 貫井裕恵
称名寺聖教を中心とした東国寺院における唱導資料と説話に関する研究
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 高橋悠介
国宝「称名寺聖教・金沢文庫文書」の書誌学的復原研究―『薄草紙口决』を中心に―
東京大学史料編纂所: 一般共同研究
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 貫井裕恵
東寺における歴史編纂過程解明のための書誌学的研究
日本学術振興会: 特別研究員(DC1)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 貫井裕恵

社会貢献活動

 
現代に生きる中世の文庫(ふみくら)
【寄稿】  聚美26  2018年