日本の女性研究者

文化財科学

研究者リスト >> 廣川和花
 

廣川和花

 
アバター
研究者氏名廣川和花
 
ヒロカワ ワカ
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/ja/r/10513096
所属専修大学
部署文学部 歴史学科
職名准教授
学位博士(文学)(大阪大学)
科研費研究者番号10513096

プロフィール

医療・疾病・医学の歴史(とくにハンセン病)と、医療のアーカイブズ学が専門です。

研究キーワード

 
疫学 , カルテ , アーカイブズ , 医療史 , 医療情報 , 症例誌 , 医学史 , 疾病史 , 日本史 , ハンセン病 , アーカイブズ学 , 医療・福祉 , 感染症 , 社会医学

研究分野

 
  • 科学社会学・科学技術史 / 科学社会学・科学技術史 / 医学史
  • 文化財科学・博物館学 / 文化財科学・博物館学 / 
  • 史学 / 日本史 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
専修大学 文学部歴史学科 准教授
 
2011年4月
 - 
2015年3月
大阪大学適塾記念センター 准教授
 
2012年10月
 - 
2015年3月
大阪大学アーカイブズ 准教授(兼任)
 
2011年4月
 - 
2015年3月
大阪大学総合学術博物館 准教授(兼任)
 
2014年9月
 - 
2014年11月
Yale University Council on East Asian Studies Visiting Research Scholar
 

論文

 
廣川 和花
科学史研究. [第Ⅲ期] = Journal of history of science, Japan. 日本科学史学会 編   (271) 293-295   2014年10月
旧ハンセン病図書館蔵書の資料的意義―国立ハンセン病資料館移管後の活用に期待して―
廣川和花
ハンセン病図書館旧蔵書目録      2010年3月   [招待有り]
名所「待兼山」の成立―和歌と伝承の近世的受容をめぐって―
廣川和花, 鳴海邦匡
上方文藝研究   6 44-57   2009年6月   [査読有り]
廣川 和花
大阪の歴史   (72) 83-109   2009年1月   [招待有り]

Misc

 
廣川 和花
日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy   85(2) 75-78   2016年8月
ボツマン ダニエル・V, 廣川 和花
日本歴史   (818) 78-80   2016年7月
伊藤 謙, 宇都宮 聡, 小原 正顕, 塚腰 実, 渡辺 克典, 福田 舞子, 廣川 和花, 髙橋 京子, 上田 貴洋, 橋爪 節也, 江口 太郎
日本研究   51 157-167   2015年3月
 日本では江戸時代、「奇石」趣味が、本草学者だけでなく民間にも広く浸透した。これは、特徴的な形態や性質を有する石についての興味の総称といえ、地質・鉱物・古生物学的な側面だけでなく、医薬・芸術の側面をも含む、多岐にわたる分野が融合したものであった。また木内石亭、木村蒹葭堂および平賀源内に代表される民間の蒐集家を中心に、奇石について活発に研究が行われた。しかし、明治期の西洋地質学導入以降、和田維四郎に代表される職業研究者たちによって奇石趣味は前近代的なものとして否定され、石の有する地質・古生物...
二宮 美鈴, 福田 舞子, 廣川 和花
適塾   (48) 191-199,図巻頭1p   2015年
廣川 和花
適塾   (47) 6-19,図巻頭2p   2014年
廣川 和花
適塾   (47) 20-27,図巻頭4p   2014年
廣川 和花
適塾   (46) 155-164,図巻頭2p   2013年
廣川 和花
適塾   (46) 130-136,図巻頭2p   2013年
廣川 和花
適塾   (46) 4-11,図巻頭2p   2013年
被災資料レスキューの現場に少しだけ触れての雑感
廣川和花
宮城資料ネット・ニュース   173    2012年10月   [依頼有り]
廣川 和花
適塾   (45) 5-15,図巻頭4p   2012年

書籍等出版物

 
Waka Hirokawa (担当:共著, 範囲:A Colony or a Sanitorium?: A comparative history of segregation politics of Hansen's disease in modern Japan)
Routledge   2016年4月   ISBN:113890533X
ハンセン病フォーラム=編 (担当:共著, 範囲:病者にとっての「生きていく場所」)
工作舎   2016年2月   ISBN:4875024703
アン・ジャネッタ (担当:共訳, 範囲:翻訳および解説(共著))
岩波書店   2013年12月   ISBN:4000259369
廣川 和花
大阪大学出版会   2011年3月   ISBN:4872593782
詳細目次はこちら。
http://www.osaka-up.or.jp/books/ISBN978-4-87259-378-5.html
大阪大学適塾記念センター (担当:分担執筆, 範囲:解題等の執筆、目録作成)
大阪大学出版会   2015年   

講演・口頭発表等

 
廣川和花
The Meiji Restoration and Its Afterlives: Social Change and the Politics of Commemoration   2017年9月15日   Yale University Council on East Asian Studies
医療記録を通してみる近代日本の地域社会―明治中後期の栃木県塩谷郡喜連川町を事例に [招待有り]
廣川和花
立教大学史学会大会   2017年6月24日   立教大学史学会
日本における医療アーカイブズの現状と課題―ハンセン病資料を念頭に置いて― [招待有り]
廣川和花
第90回日本ハンセン病学会・学術大会   2017年6月9日   日本ハンセン病学会
The Struggle to Modernize Community Medicine in Nineteenth-Century Japan
廣川和花
Association for Asian Studies 2017 Annual Conference   2017年3月19日   Association for Asian Studies
書評 鈴木晃仁・北中淳子編『精神医学の歴史と人類学』 [招待有り]
廣川和花
精神医学の歴史と人類学ワークショップ   2017年2月26日   
The Executioner’s Medicine: The Traffic of Body Parts in the City of Edo [招待有り]
廣川和花
History of Medicine in East Asia   2016年7月16日   
Toward the Modernization of Acquiring Knowledge: Flexible Boundaries of a Medical Educational System in the Late Tokugawa Osaka
廣川和花
The Asian Studies Conference Japan (ASCJ)   2016年7月2日   
The Introduction of Epidemiological Survey Methods for the Study of Hansen’s Disease in Japan in the 1930s
廣川和花
International Health Organizations (IHOs): People, Politics and Practice in Historical Perspective   2016年4月21日   
「和解」の時代のハンセン病史―「顕彰」と「検証」をこえて― [招待有り]
廣川和花
神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア「文化としての病と老い」研究会   2016年3月2日   
Entering the Era of Reconciliation: A Contemporary History of Former Hansen's Disease Patients in Japan [招待有り]
廣川和花
The 3rd International Hansen Forum   2015年9月17日   Sorokdo National Hospital
医療記録の保存と活用を目指して:医学史研究の立場から [招待有り]
廣川和花
2014年度文学部プロジェクト研究「岡山大学病院診療記録類の保存と活用にむけた資料学的基礎研究」研究会   2015年1月23日   
書評 海原亮『江戸時代の医師修業 学問・学統・遊学』 [招待有り]
廣川和花
近世史の会   2015年1月15日   
New Perspectives on the History of Hansen’s Disease (Leprosy) in Modern Japan: Beyond Commemoration and Denunciation [招待有り]
廣川和花
Embodied Histories: New Perspectives on Prostitution and Disease in Modern Japan, Council on East Asian Studies at Yale University   2014年3月26日   
ハンセン病史研究の新たな展開―「顕彰」と「検証」をこえて― [招待有り]
廣川和花
青柿舎勉強会   2014年3月2日   
A History Torn Between “Providing Relief” and “Inflicting Harm”: Missionary Work for Hansen’s Disease Sufferers and Local Communities in Modern Japan from the 1880s to the 1940s
廣川和花
The 18th International Leprosy Congress   2013年9月17日   
フィールドサイエンスと医療政策―1930年代のハンセン病疫学の営み― [招待有り]
廣川和花
科学コミュニケーション研究会 第28回関西支部勉強会   2013年2月13日   
医学がフィールドにでるとき―戦前・戦中期におけるハンセン病疫学調査と「検診」活動 [招待有り]
廣川和花
病と社会・環境・科学技術に関する近代史研究会(若手研究者研究力強化型プロジェクト)   2013年1月27日   
The Linkage of Hansen’s Disease between Pre-modern and Modern, Inside and Outside Japan
Waka Hirokawa
The Sixth Conference for the Asian Society for the History of Medicine   2012年12月14日   
Treatment Places and Living Places: The Circumstances of People with Hansen’s Disease in Modern Japan
Waka Hirokawa
British Association for Japanese Studies Conference 2012   2012年9月7日   
From Rural to Urban Communities: Reconsidering the Epidemiology of Hansen’s Disease in Modern Japan [招待有り]
Waka Hirokawa
Japan at Chicago: Medicine, Politics, and Culture in the Japanese Empire   2012年5月11日   
近代大阪における疾病と地域社会−都市のハンセン病問題と大阪皮膚病研究所− [招待有り]
廣川 和花
国際シンポジウム「東アジアにおける都市社会史への視点−上海と大阪を中心に−」   2012年3月2日   
疾病・医学・医療の歴史と地域社会−近代日本のハンセン病問題を素材に− [招待有り]
廣川 和花
歴史科学協議会大会   2011年11月27日   
近代日本の疾病史資料の保存と公開にむけて―ハンセン病史資料を素材に― [招待有り]
廣川 和花
第15回精神医学史学会   2011年10月30日   
A Colony or a Sanitarium? A Comparative History of Segregation Politics of Hansen’s Disease in Modern Japan
Waka Hirokawa
Science, Technology, and Medicine in East Asia: Policy, Practice, and Implications in a Global Context   2011年10月8日   
書評:横田陽子『技術からみた日本衛生行政史』
廣川 和花
医療・社会・環境研究会/大阪市大重点研究「健康格差と都市の社会経済構造」歴史班   2011年8月25日   
近代ハンセン病史研究のパースペクティヴと書評へのリプライ
廣川 和花
大阪歴史科学協議会7月例会   2011年7月17日   
Understanding Modern Japan Through Epidemiological Patterns of Hansen’s Disease (Leprosy), 1880s-1950s
Waka Hirokawa
Asian Studies Conference Japan   2011年6月25日   
高岡裕之氏の「福祉」史研究へのコメント [招待有り]
廣川 和花
近現代史サマーセミナー   2010年9月4日   
ハンセン病という宿命−地域との共存と共生− [招待有り]
廣川 和花
第377回みんぱくゼミナール   2009年10月   
The International Impact of the Prevalence of Leprosy on Colonialism and Japan in the Late 19th / Early 20th Century [招待有り]
Waka Hirokawa
Death and Dying in Early Modern Japan Workshop   2009年9月   

所属学協会

 
日本アーカイブズ学会 , 日本科学史学会 , 日本医史学会 , 歴史学研究会 , 日本史研究会 , 歴史科学協議会 , 大阪歴史科学協議会 , ハンセン病市民学会

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 廣川 和花
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 蘭 由岐子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 高橋 京子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 鈴木 晃仁
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 廣川 和花