日本の女性研究者

情報学

研究者リスト >> 松下 春奈
 

松下 春奈

 
アバター
研究者氏名松下 春奈
 
マツシタ ハルナ
URLhttp://www.eng.kagawa-u.ac.jp/~haruna/
所属香川大学
部署創造工学部 創造工学科 情報通信コース
職名講師
学位博士(工学)(徳島大学)
科研費研究者番号00604539

プロフィール

ソフトコンピューティング技術の非線形工学への応用に取り組んでいます。
過去に行っていたものも含め、主な研究テーマは次の通りです。

1) 様々な進化計算型最適化手法の提案に関する研究
2) 進化計算法の実社会問題への応用
  - 非線形回路のパラメータ設定
  - 光通信ネットワークの最適化
  - 可視光通信における路車間通信でのデータ復調への応用
3) 進化計算法の非線形力学系における分岐解析への応用
  - 勾配法を用いない分岐点探索法の提案
  - 勾配法を用いない分岐曲線導出法の提案
  - 勾配法を用いない2つ以上の分岐パラメータ導出
4) ディープラーニングの可視光通信技術への応用
5) 自己組織化マップ(SOM)の効果的な学習法の開発とデータマイニングへの応用

研究キーワード

 
最適化 , ソフトコンピューティング , 進化計算 , 群知能 , 分岐 , 非線形問題

研究分野

 
  • 情報学 / 感性情報学・ソフトコンピューティング / 

論文

 
Nested-layer particle swarm optimization method for bifurcation point detection in non-autonomous systems
Haruna Matsushita, Wataru Kinoshita, Hiroaki Kurokawa, Takuji Kousaka
Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE      2019年7月   [査読有り]
Maximum Likelihood Decoding Based on Pseudo-Captured Image Templates for Image Sensor Communication
Shintaro ARAI, Haruna MATSUSHITA, Yuki OHIRA, Tomohiro YENDO, Di HE and Takaya YAMAZATO
Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE      2019年4月   [査読有り]
Quasiperiodicity and Chaos Through the Hopf-Hopf Bifurcation in Minimal Ring Neural Oscillators due to a Single Shortcut
Yo Horikawa, Hiroyuki Kitajima, Haruna Matsushita
International Journal of Bifurcation and Chaos      2019年   [査読有り]
Haruna Matsushita, Hiroaki Kurokawa, Takuji Kousaka
Chaos, Solitons & Fractals   119 126-134   2019年2月   [査読有り]
松下 春奈, 富村 祐翔, 黒川 弘章, 高坂 拓司,
電気学会論文誌C   138(12) 1646-1647   2018年12月   [査読有り]
Yo Horikawa, Hiroyuki Kitajima, Haruna Matsushita
International Journal of Bifurcation and Chaos   28(10)    2018年9月   [査読有り]
Haruna Matsushita,Yusho Tomimura,Hiroaki Kurokawa,Takuji Kousaka
International Journal of Bifurcation and Chaos   27(7) 1-16   2017年   [査読有り]
松下春奈, 黒川弘章, 高坂拓司
電気学会論文誌C   136(11) 1610-1611   2016年11月   [査読有り]
Takeuchi Masaki, Matsushita Haruna, Uwate Yoko, Nishio Yoshifumi
Journal of Signal Processing   20(4) 156   2016年   [査読有り]
We have proposed a firefly algorithm that distinguishes between males and females. In this algorithm, both males and females exist. In this study, we investigate the features of our proposed algorithm by changing the parameters and the percentage of...
Uemura Masafumi, Matsushita Haruna, K. Kraetzschmar Gerhard
Journal of Signal Processing   20(4) 152   2016年   [査読有り]
We propose an artificial slime mould model (ASMM) inspired by the plasmodium of Physarum polucephalum (P. polucephalum). ASMM consists of plural slimes, and each slime shares energy via a tube with neighboring slimes. Outer slimes sense their envir...

Misc

 
松下 春奈
電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   100(6) 489-492   2017年6月   [査読有り][依頼有り]
Deriving Method of a Period Doubling Bifurcation Point by Piecewise-Linear Particle Swarm Optimizer
Kenji Yamazaki, Haruna Matsushita, Hiroaki Kurokawa, Takuji Kousaka
Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'18)   491-494   2018年3月   [査読有り]
International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications
Masaki TAKEUCHI, Thomas OTT, Haruna Matsushita, Yoko UWATE, Yoshifumi NISHIO
Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'17)   576-579   2017年10月   [査読有り]
Particle Swarm Optimization for Calculating Local Bifurcation Point in One-dimensional Discrete Dynamical Systems
Yusho Tomimura, Hiroaki Kurokawa, Haruna Matsushita, Takuji Kousaka
Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'17)   498-501   2017年10月   [査読有り]
Hybrid Method of Genetic Algorithm and Firefly Algorithm Distinguishing Between Males and Females
Masaki Takeuchi, Haruna Matsushita, Yoko Uwate, Yoshifumi Nishio
Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'16)      2016年11月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
可視光通信におけるディープラーニングを用いた撮影画像の分類
廣末 拓己, 松下 春奈, 荒井 伸太郎
平成30年度 電気関係学会 四国支部連合大会   2018年9月   
入れ子構造型粒子群最適化による分岐点探索手法のサドルノード分岐点探索への拡張
松下 春奈, 黒川 弘章, 高坂 拓司
電子情報通信学会 非線形問題研究会 技術報告   2018年8月   
Deriving Method of Period Doubling Bifurcation Point by Modified PSO
Kenji YAMAZAKI, Hiroaki KUROKAWA, Haruna MATSUSHITA, Takuji KOUSAKA
Proceedings of IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'17)   2017年12月   
Parameter Setting of K-Means Clustering with Modifying Firefly Algorithm
Masaki TAKEUCHI, Thomas OTT, Haruna MATSUSHITA, Yoko UWATE, Yoshifumi NISHIO
Proceedings of IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks (NCN'17)   2017年12月   
酒井基光, 富村祐翔, 黒川弘章, 松下春奈, 高坂拓司
電気・情報関係学会九州支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2017年9月19日   

受賞

 
2016年
信号処理学会 Best Paper Award Network-Structured Particle Swarm Optimizer That Considers Neighborhood Distances and Behaviors
 
2010年
IEEE CASS Shikoku Chapter Young Researcher Award
 
2009年
社団法人 電子情報通信学会 第21回 回路とシステム軽井沢ワークショップ奨励賞
 
2007年
社団法人 電子情報通信学会 平成18年度 学術奨励賞
 
 
ICCCAS'07 Steering Committee ICCCAS'07 Best Paper Award
 

委員歴

 
2019年1月
 - 
現在
IEEE Circuits and Systems Society, Shikoku Chapter  WiCAS-YP Chair
 
2015年2月
 - 
現在
電子情報通信学会  常任査読委員
 
2012年6月
 - 
現在
信号処理学会  編集委員
 
2018年
 - 
2018年
IEEE CASS Shanghai and Shikoku Chapters Joint Workshop on Circuits and Systems (SSJW'18)  Secretary
 
2017年
 - 
2017年
2017 Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS'17)  Finance Chair
 

所属学協会

 
IEEE , 進化計算学会 , 信号処理学会 , 電子情報通信学会

競争的資金等の研究課題

 
群知能最適化手法による手軽かつ高精度な非線形解析手法の提案
科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 松下春奈
構造をダイナミックに変化させる粒子群最適化法の提案とその分岐解析への応用
科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 松下春奈

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
香川大学 創造工学部 講師
 
2015年4月
 - 
2018年3月
香川大学 工学部 講師
 
2011年1月
 - 
2015年3月
香川大学 工学部 助教
 
2007年4月
 - 
2008年9月
日本学術振興会, 特別研究員DC1
 
2008年10月
 - 
2010年3月
日本学術振興会, 特別研究員PD
 

学歴

 
 
 - 
2007年
徳島大学 工学研究科 電気電子工学専攻
 
 
 - 
2008年
徳島大学 先端技術科学教育部 システム創生工学専攻
 
 
 - 
2003年
阿南工業高等専門学校 工学部 電気工学科
 
 
 - 
2005年
徳島大学 工学部 電気電子工学科