日本の女性研究者

神経科学

研究者リスト >> 坂内 博子
 

坂内 博子

 
アバター
研究者氏名坂内 博子
 
バンナイ ヒロコ
URLhttp://hamhamqdspt.strikingly.com
所属国立研究開発法人科学技術振興機構
部署さきがけ
職名専任研究者
学位博士(理学)(東京大学)
その他の所属理化学研究所
科研費研究者番号40332340

プロフィール

生命の基本単位である細胞は,「細胞膜」という脂質二重膜で囲まれた構造体である.細胞膜は外界と内部環境を隔離するのみならず,細胞内代謝や自己複製に必要な物質の摂取や不要物の排出,細胞内外の情報のやりとりを行うインターフェイスとして機能している.1972年にSingerとNicolsonにより提唱された生体膜モデルによると,細胞膜は脂質二重層とモザイク状に入り混じったタンパク質により構成されている.これらの細胞膜構成要素は流体としての性質を持ち,細胞膜の中をブラウン運動している.この2次元的なブラウン運動を,側方拡散と呼ぶ.熱力学の第二法則に従えば,自由側方拡散により脂質・タンパク質分子は均一に分布するはずである.
  しかし実際の細胞膜では,驚くべきことに膜分子の分布は一様ではなく,高密度で特定の分子が局在する領域が多数存在する.これらの領域は,細胞同士の接着や細胞間の信号伝達など,特定の生体機能を集約した「膜機能ドメイン」と呼ぶことのできる構造である.機能ドメインが壊れてしまうと,細胞はその機能を果たすことができず,場合によっては死んでしまう.実際,脳神経疾患の原因の一つは,「シナプス」という機能ドメインの異常によるものである.従って,自由拡散に逆らって膜分子を自己組織化し機能ドメインを形成・維持する分子機構を解明することができれば,生命の本質を理解すると同時に疾患の治療に対して具体的なターゲット分子を提示することも可能になると考えられる.私は「膜分子1分子のダイナミクスを解析することにより,機能ドメインの形成・維持・制御機構を解明する」という方針で研究を行っている.

研究キーワード

 
神経科学 , 生物物理学 , 神経細胞生理学

研究分野

 
  • 神経科学 / 神経科学一般 / 
  • 生物科学 / 生物物理学 / 

経歴

 
2015年10月
 - 
現在
JST さきがけ 「統合1細胞解析のための革新的技術基盤」
 
2013年4月
 - 
現在
名古屋大学  大学院理学研究科 生命理学専攻 特任講師
 
2012年4月
 - 
2013年3月
理化学研究所 日本学術振興会特別研究員RPD
 
2000年
 - 
2005年
 理化学研究所 研究員
 
 
   
 
御子柴克彦チームリーダー研究室で,細胞内小胞体とIP3受容体神経細胞内トラフィッキングの研究に従事
 

学歴

 
 
 - 
2000年
東京大学 理学系研究科 生物科学専攻
 
 
 - 
1995年
東京大学 理学部 生物学科 動物学教室
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
2019年5月
日本生物物理学会  理事
 
2015年1月
 - 
2018年12月
日本生物物理学会  分野別専門委員(グリア細胞)
 
2012年1月
 - 
2012年12月
日本生物物理学会  分野別専門委員
 

受賞

 
2017年12月
日本学術振興会 日本学術振興会賞 1分子イメージングによる脳機能発現メカニズムの研究
 
2013年6月
日本神経科学学会 日本神経科学学会 奨励賞
 
2010年1月
理化学研究所 基礎科学特別研究員成果報告発表会 ポスター賞受賞 
 
2008年12月
日本生物物理学会 若手奨励賞
 

論文

 
Vervliet T, Pintelon I, Welkenhuyzen K, Bootman MD, Bannai H, Mikoshiba K, Martinet W, Nadif Kasri N, Parys JB, Bultynck G
Biochemical pharmacology   132 133-142   2017年5月   [査読有り]
Sakuragi S, Niwa F, Oda Y, Mikoshiba K, Bannai H
Biochemical and biophysical research communications   486(4) 879-885   2017年5月   [査読有り]
Sherwood MW, Arizono M, Hisatsune C, Bannai H, Ebisui E, Sherwood JL, Panatier A, Oliet SH, Mikoshiba K
Glia   65(3) 502-513   2017年3月   [査読有り]
Niwa F, Sakuragi S, Kobayashi A, Takagi S, Oda Y, Bannai H, Mikoshiba K
Biochemical and biophysical research communications   479(1) 67-73   2016年10月   [査読有り]
Niwa F, Bannai H, Mikoshiba K
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   147(4) 184-189   2016年4月   [査読有り]
Bannai H, Niwa F, Sherwood MW, Shrivastava AN, Arizono M, Miyamoto A, Sugiura K, Lévi S, Triller A, Mikoshiba K
Cell reports   13(12) 2768-2780   2015年12月   [査読有り]
Arizono M, Bannai H, Mikoshiba K
Current protocols in neuroscience / editorial board, Jacqueline N. Crawley ... [et al.]   66 Unit 2.21.   2014年1月   [査読有り]
Wu YW, Tang X, Arizono M, Bannai H, Shih PY, Dembitskaya Y, Kazantsev V, Tanaka M, Itohara S, Mikoshiba K, Semyanov A
Cell calcium   55(2) 119-129   2014年2月   [査読有り]
Miyamoto A, Bannai H, Michikawa T, Mikoshiba K
Biochemical and biophysical research communications   434(2) 252-257   2013年5月   [査読有り]
Tamamushi S, Nakamura T, Inoue T, Ebisui E, Sugiura K, Bannai H, Mikoshiba K
Neuroscience research   74(1) 32-41   2012年9月   [査読有り]
Nakamura H, Bannai H, Inoue T, Michikawa T, Sano M, Mikoshiba K
The Journal of biological chemistry   287 24563-24572   2012年7月   [査読有り]
Arizono M, Bannai H, Nakamura K, Niwa F, Enomoto M, Matsu-Ura T, Miyamoto A, Sherwood MW, Nakamura T, Mikoshiba K
Science signaling   5 ra27   2012年4月   [査読有り]
Renner M, Schweizer C, Bannai H, Triller A, Lévi S
PloS one   7 e43032   2012年   [査読有り]
Niwa F, Bannai H, Arizono M, Fukatsu K, Triller A, Mikoshiba K
PloS one   7 e36148   2012年   [査読有り]
Fukatsu K, Bannai H, Inoue T, Mikoshiba K
Journal of neurochemistry   114(6) 1720-1733   2010年9月   [査読有り]
Bannai H, Lévi S, Schweizer C, Inoue T, Launey T, Racine V, Sibarita JB, Mikoshiba K, Triller A
Neuron   62(5) 670-682   2009年6月   [査読有り]
Fukatsu K, Bannai H, Inoue T, Mikoshiba K
Biochemical and biophysical research communications   342(2) 573-576   2006年4月   [査読有り]
Bannai H, Lévi S, Schweizer C, Dahan M, Triller A
Nature protocols   1 2628-2634   2006年   [査読有り]
Tateishi Y, Hattori M, Nakayama T, Iwai M, Bannai H, Nakamura T, Michikawa T, Inoue T, Mikoshiba K
The Journal of biological chemistry   280(8) 6816-6822   2005年2月   [査読有り]
Bannai H, Fukatsu K, Mizutani A, Natsume T, Iemura S, Ikegami T, Inoue T, Mikoshiba K
The Journal of biological chemistry   279(51) 53427-53434   2004年12月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Approach to synaptic plasticity by single molecule imaging
第47回日本生物物理学会年会 (シンポウジウム Cutting-edge approach to studying neural circuits)   2009年   
La dynamique des recepteurs détermine la transmission synaptique (受容体ダイナミクスがシナプス伝達を決める)
la 26eme Rencontre Scientifique Francophone de Tokyo   2009年   
Calcium-dependent tuning of inhibitory neurotransmission based on GABAAR diffusion dynamics.
Gordon Research Conference in Calcium Signalling (Lucca, Italy)   2009年   
量子ドット1分子イメージングによる抑制性シナプス制御機構の解明
第46回日本生物物理学会年会(第4回若手奨励賞招待講演)   2008年   
IP3受容体の細胞内トラフィッキング
Neuro2007(Neuro2007/(株)ニコンインステック 共催セミナー)   2007年   

担当経験のある科目

 
  • 「生物学実験」理学部1年生 (名古屋大学)
  • 「基礎生物学演習」生命理学科2年生 (名古屋大学)
  • 「生理学I」生命理学科3年生 (名古屋大学)

所属学協会

 
生物物理学会 , 日本神経科学学会 , 日本神経化学会

競争的資金等の研究課題

 
神経変性疾患におけるシンギュラリティ現象の解析と分子機構の解明
文部科学省: 科学研究費助成事業 新学術領域研究
研究期間: 2018年6月 - 2023年3月    代表者: 坂内 博子
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 坂内 博子
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 坂内 博子
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 坂内 博子
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 坂内 博子