日本の女性研究者

神経科学

研究者リスト >> 鄭 嫣婷
 

鄭 嫣婷

 
アバター
研究者氏名鄭 嫣婷
 
JEONG Hyeonjeong
通称等の別名ジョンヒョンジョン
eメールjeongtohoku.ac.jp
所属東北大学
職名講師
学位博士(東北大学)
科研費研究者番号60549054
ORCID IDorcid.org/0000-0002-5094-5390

研究キーワード

 
神経言語学 , 認知科学 , 脳科学 , 脳機能イメージング , 社会認知 , 言語習得 , 言語処理 , 第二言語習得

研究分野

 
  • 言語学 / 外国語教育 / 
  • 脳科学 / 基盤・社会脳科学 / 
  • 情報学 / 認知科学 / 
  • 神経科学 / 神経生理学・神経科学一般 / 脳機能イメージング

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東北大学大学院国際文化研究科 言語総合研究系 応用言語研究講座 講師
 
2017年4月
 - 
現在
東北大学 加齢医学研究所人間脳科学研究分野 講師
 
2016年10月
 - 
2017年4月
東北大学加齢医学研究所 脳機能開発研究分野 助教
 
2016年
 - 
2017年
ペンシルベニア州立大学 心理学 客員研究員
 
2015年
 - 
2017年
東北大学 大学院国際文化研究科 非常勤講師
 
2013年
 - 
2016年
日本学術振興会 特別研究員(RPD)
 
2009年
 - 
2016年
仙台大学 非常勤講師
 
2011年
 - 
2013年
東北大学 加齢医学研究所 研究員
 
2009年
 - 
2009年
東北大学 加齢医学研究所 研究員
 
2007年
 - 
2009年
日本学術振興会 外国人特別研究員 (PD)
 
2006年
 - 
2007年
日本学術振興会 特別研究員(DC)
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
Journal of Neurolinguistics  editorial board
 
2017年
 - 
現在
東北国際文化学会  編集委員
 

受賞

 
2013年6月
日本言語科学会 優秀論文賞
 
2015年12月
第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門 優秀講演賞 英語授業における脳活動同調評価の試み
 

論文

 
Maruyama T, Takeuchi H, Taki Y, Motoki K, Jeong H* et al.,
Neural Plasticity   Article ID 6574178 12 pages   2018年2月   [査読有り]
Time-compressed speech is an artificial form of rapidly presented speech. Training with time-compressed speech (TCSSL) in a second language leads to adaptation toward TCSSL. Here, we newly investigated the effects of 4 weeks of training with TCSSL...
Hsieh MH*, Jeong H*(責任著者), Kawata KH, Sasaki Y, Lee HC, Yokoyama S, Sugiura M, Kawashima R.
Brain and Language   174 72-85   2017年7月   [査読有り]
Bilingual studies using alphabetic languages have shown parallel activation of two languages during word recognition. However, little is known about the brain mechanisms of language control during word comprehension with a logogram writing system....
Nakagawa S, Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Kotozaki Y, Shinada T, Maruyama T, Sekiguchi A, Iizuka K, Yokoyama R, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Magistro D, Sakaki K, Jeong H, Sasaki Y, Kawashima R
Brain structure & function      2017年3月   [査読有り]
Brain Mechanism of Simultaneous Interpretation (review paper)
Hyeonjeong Jeong*
Journal of the Interpretation & Translation Institute   21(1) 191-211   2017年2月   [査読有り]
Nakagawa S, Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Kotozaki Y, Shinada T, Maruyama T, Sekiguchi A, Iizuka K, Yokoyama R, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Magistro D, Sakaki K, Jeong H, Sasaki Y, Kawashima R
Scientific Reports   6 21386   2016年2月   [査読有り]
An investigation of brain synchrony between students and their teacher during a secondary school EFL lesson
Yamamoto R, Nozawa T, Jeong H, Ikeda S, Sakaki K, Kawashima R, Smith C, Ishikawa Y
Breaking Theory: New Directions in Applied Linguistics, Proceedings of the 48th Annual Meeting of the British Association for Applied Linguistics, London. UK: Scitsiugnil Press   201-212   2015年9月   [査読有り]
Jeong H*, Sugiura M, Suzuki W, Sassa Y, Hashizume H, Kawashima R
Neuropsychologia   66 182-192   2015年1月   [査読有り]
Wakusawa K, Sugiura M, Sassa Y, Jeong H, Yomogida Y, Horie K, Sato S, Yokoyama H, Kure S, Takei N, Mori N, Kawashima R
Neuroscience research   90 72-82   2015年1月   [査読有り]
Konoike N, Kotozaki Y, Jeong H, Miyazaki A, Sakaki K, Shinada T, Sugiura M, Kawashima R, Nakamura K
PloS one   10(6) e0130120   2015年   [査読有り]
Hashizume H, Taki Y, Sassa Y, Thyreau B, Asano M, Asano K, Takeuchi H, Nouchi R, Kotozaki Y, Jeong H, Sugiura M, Kawashima R
Human brain mapping   35(8) 4079-4089   2014年8月   [査読有り]
コミュニケーション場面からの第二言語習得―脳科学的知見から―
Jeong Hyeonjeong
ことばの科学研究   (15)    2014年3月   [招待有り]
Funayama R, Sugiura M, Sassa Y, Jeong H, Wakusawa K, Horie K, Sato S, Kawashima R
Social neuroscience   7(1) 59-73   2011年9月   [査読有り]
Mano Y, Sugiura M, Tsukiura T, Chiao JY, Yomogida Y, Jeong H, Sekiguchi A, Kawashima R
NeuroImage   57(3) 1234-1242   2011年8月   [査読有り]
Sugiura M, Sassa Y, Jeong H, Wakusawa K, Horie K, Sato S, Kawashima R
Human brain mapping   33(6) 1364-1374   2011年5月   [査読有り]
Jeong H*, Hashizume H, Sugiura M, Sassa Y, Yokoyama S, Shiozaki S, Kawashima R
Language Learning   61(3) 675-699   2011年   [査読有り]
Jeong H*, Sugiura M, Sassa Y, Wakusawa K, Horie K, Sato S, Kawashima R
NeuroImage   50(2) 802-809   2010年4月   [査読有り]
Wakusawa K, Sugiura M, Sassa Y, Jeong H, Horie K, Sato S, Yokoyama H, Tsuchiya S, Kawashima R
NeuroImage   48(2) 486-496   2009年11月   [査読有り]
Sugiura M, Wakusawa K, Sekiguchi A, Sassa Y, Jeong H, Horie K, Sato S, Kawashima R
Human brain mapping   30(8) 2676-2688   2009年8月   [査読有り]
脳科学的方法を用いた第二言語習得研究
鄭 嫣婷
日本語学研究   23 213-222   2008年10月   [査読有り]
Sugiura M, Sassa Y, Jeong H, Horie K, Sato S, Kawashima R
NeuroImage   42 414-422   2008年8月   [査読有り]
辰巳桂子, 出口弘, 長尾ひろみ, 杉浦元亮, JEONG Hyeonjeong, 生田奈穂, 橋爪寛, 松縄順子, 川島隆太
神戸女学院大学論集   55(1) 89-104   2008年6月   [査読有り]
Wakusawa K, Sugiura M, Sassa Y, Jeong H, Horie K, Sato S, Yokoyama H, Tsuchiya S, Inuma K, Kawashima R
NeuroImage   37 1417-1426   2007年10月   [査読有り]
Sassa Y, Sugiura M, Jeong H, Horie K, Sato S, Kawashima R
NeuroImage   37 985-992   2007年9月   [査読有り]
Jeong H, Sugiura M, Sassa Y, Haji T, Usui N, Taira M, Horie K, Sato S, Kawashima R
Human brain mapping   28 194-204   2007年3月   [査読有り]
Jeong H*, Sugiura M, Sassa Y, Yokoyama S, Horie K, Sato S, Taira M. and Kawashima R
Bilingualism: Language and Cognition   10(2) 175-187   2007年   [査読有り]
Sugiura M, Sassa Y, Jeong H, Miura N, Akitsuki Y, Horie K, Sato S, Kawashima R
NeuroImage   32 1905-1917   2006年10月   [査読有り]
Yokoyama S, Okamoto H, Miyamoto T, Yoshimoto K, Kim J, Iwata K, Jeong H, Uchida S, Ikuta N, Sassa Y, Nakamura W, Horie K, Sato S, Kawashima R
NeuroImage   30 570-579   2006年4月   [査読有り]

Misc

 
第二言語学習者の意味曖昧性解消に関する認知メカニズムの解明:fMRI研究
岡本吉世, 鄭嫣婷
全国英語教育学会第44回京都研究大会予稿集   576-577   2018年8月   [査読有り]
Bilinguals’ lexical access of cognates in the brain: Effects of language memberships
Hsieh MC, Jeong H, Sugiura M, Kawashima R
Proceedings of The 20th Annual International Conference of the Japanese Society for Language Sciences,   34-37   2018年8月   [査読有り]
野澤孝之, 近藤睦美, 山本玲子, JEONG Hyeonjeong, 池田純起, 榊浩平, 三宅美博, 石川保茂, 川島隆太
計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM)   18th ROMBUNNO.2B1‐03   2017年12月
野澤孝之, 榊浩平, 山崎翔平, 河田サントスケルシ人美, 河田サントスナタシャ百合子, 佐々木結咲子, 池田純起, KULASON Kay, 平野香南, JEONG Hyeonjeong, 川島隆太
計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM)   17th ROMBUNNO.1L4‐5   2016年12月
長谷部正, 長谷部正, 伊藤航平, 杉浦元享, 木谷忍, 木暮悠太, 小山田晋, 朴壽永, 山本悠貴, 塙杉子, 野内類, 野澤孝之, ジョン ヒョンジョン, 川島隆太, 安江紘幸
日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM)   18th ROMBUNNO.A53   2016年

書籍等出版物

 
『最新英語学・言語学用語辞典』中野弘三・服部義弘・小野隆啓・西原哲雄(監修) - 言語脳に関する項目を担当-
鄭嫣婷
開拓社   2015年   
「バイリンガルの脳内言語処理」『「言語・脳・認知」科学と外国語習得』
Jeong Hyeonjeong (担当:分担執筆)
ひつじ書房   2009年   
「機能的脳イメージング法」『言語コミュニケーション障害の新しい視点と介入理論』
Jeong Hyeonjeong (担当:分担執筆)
医学書院   2005年   

講演・口頭発表等

 
Promoting interdisciplinary research on language from a cognitive-neuroscience perspective [Keynote Speech] [招待有り]
Hyeonjeong Jeong
Tsukuba Global Science week (TGSW) 2018 (Data Science in Collaboration on Language) at the Tsukuba International Congress Center, Tsukuba University   2018年9月22日   
A real-time sentence processing task measures L2 implicit grammatical knowledge: A role of procedural memory
Suzuki Y, Jeong H, Cui H, Okamoto K, Kawashima R, Sugiura M
Cognitive Neuroscience of Second and Artificial Language Learning at the Bangor University, Bangor, UK   2018年9月21日   
Brain activity predicts future learning potential in intensive second language listening training
Kajiura M, Jeong H, Kawata N, Yu S, Kinoshita T, Kawashima R, Sugiura S
The 10th Annual Meeting of Society for the Neurobiology of Language, Quebec City, Canada   2018年8月17日   
Neural correlates of sematic ambiguity in second language learners
Okamoto K, Jeong H, Cui H, Kawashima R, Sugiura M
The 10th Annual Meeting of Society for the Neurobiology of Language, Quebec City, Canada   2018年8月17日   
Processing linguistic complexity in Japanese scrambled sentences: an fMRI study
Jeong H, Koyanagi K, Mine F, Mukoyama Y, Ishinabe H, Cui H, Okamoto K, Kawashima R, Sugiura M
The 10th Annual Meeting of Society for the Neurobiology of Language, Quebec City, Canada   2018年8月17日   
Neural signature of Cross-Linguistic Influence in L2 Learning
Ishinabe H Jeong H,Ikeda S, Nozawa T, Sakaki K, Sugiura M, Kawashima R
The 10th Annual Meeting of Society for the Neurobiology of Language, Quebec City, Canada   2018年8月16日   
MRIを用いた言語コミュニケーション研究 [招待有り]
鄭 嫣婷
心理言語学方法論再考 セミナー   2017年9月30日   
言語コミュニケーションの神経基盤: MRIの中で対面コミュニケーションは可能か [招待有り]
鄭 嫣婷
日本心理学会 第81回大会、社会はMRIスキャナーに持ち込めるか?   2017年9月22日   
コミュニケーションと言語適性:脳機能イメージング研究
鄭嫣婷, 鈴木渉, 齋藤玲
全国英語教育学会   2017年8月19日   
Second Language Communication, Anxiety, and Cortical Mechanisms: An fMRI study [招待講演] [招待有り]
Hyeonjeong Jeong
Psycholinguistic Research seminar, Department of Linguistics, Georgetown University   2017年3月28日   
Using fMRI in second language interaction research: An empirical study [招待講演] [招待有り]
Hyeonjeong Jeong
Friday Speaker Series, Department of Linguistics, Georgetown University   2017年3月24日   
Brain mechanisms of simultaneous interpretation [招待講演] [招待有り]
Hyeonjeong Jeong
International conference 'Methodology and Application of Translation Studies, Interpreting and Translation Research Institute at Hankuk University of Foreign Studies   2016年10月14日   
The role of social cognition in second language learning [招待講演] [招待有り]
Hyeonjeong Jeong
Department of Linguistics, Georgetown University   2016年9月26日   
「脳科学から探る第二言語習得メカニズム」 [招待講演] [招待有り]
Jeong Hyeonjeong
言語文化研究所「言語を中心とした認知科学研究会」津田塾大学, 東京   2014年11月15日   
コミュニケーション場面からの第二言語習得-脳科学的知見から-  [招待講演] [招待有り]
Jeong Hyeonjeong
ことばの科学会オープンフォーラム, 関西学院大学, 大阪   2013年10月12日   
「脳科学的アプローチによる第二言語習得研究」 [招待講演] [招待有り]
Jeong Hyeonjeong
建国日本言語文化学会, 国際学術大会, 建国大学,ソウル, 大韓民国   2007年11月   
Brain mechanisms in a second language. [招待講演] [招待有り]
Jeong Hyeonjeong
Ontario Institute for Studies in Education of the University of Toronto   2005年6月22日   

担当経験のある科目

 
  • 言語科学概論 (東北大学大学院)
  • 英語 (東北大学)
  • 神経言語学 (東北大学大学院)
  • 日本語 (東北大学)
  • 韓国語 (仙台大学)

所属学協会

 
日本言語科学会 , 東北英語教育学会 , 日本韓国語教育学会 , Society for the neurobiology of language , Society for Neuroscience , Organization for Human Brain Mapping , American Association for Applied Linguistics , 日本神経科学会

競争的資金等の研究課題

 
外国語学習を通した情意や社会性の育成:認知神経科学からの検証
文部科学: 科学研究費補助金(基盤研究(C)): 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: JEONG Hyeonjeong
EFL環境下における教育コミュニケーションの実証的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究): 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 近藤 睦美
第2言語習得過程における神経基盤の変化の研究 研究課題
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C)): 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 石鍋 浩
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: JEONG HYEONJEONG
第二言語コミュニケーション能力の発達に関わる脳内神経基盤の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費 (RPD )
研究期間: 2013年10月 - 2017年9月    代表者: JEONG HYEONJEONG
外国語学習における学習者と教員の共振動化を実現する空間創出のための方法論の研究
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 山本令子
コミュニケーション活動における気づきと言語習得:fMRIと超小型NIRSの利用
文部科学省: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 鈴木渉
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: JEONG HYEONJEONG
脳科学的アプローチによる第二言語産出研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費(PD) 
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: JEONG HYEONJEONG
脳機能画像法に基づく第二言語習得研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金特別研究員奨励費
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: JEONG HYEONJEONG