日本の女性研究者

資源保全学

研究者リスト >> 海津 ゆりえ
 

海津 ゆりえ

 
アバター
研究者氏名海津 ゆりえ
 
カイヅ ユリエ
eメールkaizushonan.bunkyo.ac.jp
所属文教大学
部署国際学部国際観光学科
職名教授
学位博士(農学)(東京大学), 学士(立教大学)
科研費研究者番号20453441

研究キーワード

 
エコツーリズム , サステナブルツーリズム , 観光まちづくり , 地域活性化 , 人材育成 , ガイド育成 , 宝探し , 震災復興

研究分野

 
  • 生物資源保全学 / 生物資源保全学 / 
  • 人文地理学 / 人文地理学 / 
  • 社会学 / 社会学 / 
  • 地域研究 / 地域研究 / 

経歴

 
1986年9月
 - 
1991年8月
株式会社テイクナイン計画設計研究所 地域計画部門副主任
 
1991年9月
 - 
1994年8月
株式会社地球工作所
 
1994年9月
 - 
1995年12月
アースワーク代表 (1995年法人化し下記へ)
 
1995年12月
 - 
2007年3月
有限会社資源デザイン研究所 代表取締役
 
2007年4月
   
 
文教大学国際学部准教授
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1986年3月
立教大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2004年
   
 
委員 
 
2003年
 - 
2004年
ワーキング委員 
 
 
   
 
委員 
 
 
   
 
専門委員 
 
2013年4月
 - 
2014年3月
国立公園における協働型運営体制のあり方検討会 
 

受賞

 
2011年10月
北海道大学観光学高等研究センター 第1回前田弘記念観光学賞 観光研究業績、地域貢献
 
2010年5月
日本観光研究学会 日本観光研究学会著作賞 『大覚寺大沢池 景観修復プロジェクト―古代と現代をむすぶ文化遺産―』(世界思想社)
 
2002年
日本ディスプレイデザイン協会賞 南大東島まるごと博物館の展示設計
 
2000年
ドイツ旅行業協会 国際環境賞2000受賞 フィジーアンバザ村のプロジェクト(太平洋経済協力会議)
 
1997年9月
世界観光機関日本事務所 第2回観光に関する学術論文(最優秀) 最優秀賞
 

論文

 
東日本大震災における観光の風評被害に関する研究―福島県北塩原村の『風評手控え行動」の分析を通して―
橋本俊哉、海津ゆりえ、相澤孝文
立教大学観光学部紀要第17号   17 3-12   2015年3月
地域における観光ガバナンス概念の検討
森重昌之、海津ゆりえ、内田純一、敷田麻実
第29回日本観光研究学会全国大会学術論文集   29 165-168   2014年12月
農村体験が参加者と提供者に及ぼす心理的影響について
西村千尋、海津ゆりえ
第28回日本観光研究学会全国大会学術論文集   28 236-238   2014年12月
Satoyama Initiative: How it can cooperate with ecotourism promotion(査読付)
Hiroko Ichioka
APTA 2011 Conference in Seoul   82-84   2011年   [査読有り]
文化の意思ー戦略としての観光と、メディアとしての旅人(査読付)
インターカルチュラル   189 pp42-53   2009年   [査読有り]

書籍等出版物

 
私たちの国際学の「学び」
奥田孝晴・椎野信雄 編著 (担当:共著)
新評論   2015年3月   
新現代観光総論
前田勇、東徹、井上晶子、大久保あかね、太田実、大橋健一、越塚宗孝、佐藤喜子光、杉田由紀子、鈴木涼太郎、中村哲、橋本俊哉、橋本佳恵、細野光一、村上和夫、安村克己
学文社   2015年3月   ISBN:9784762025327
人の移動事典 日本からアジアへ・アジアから日本へ
吉原和男・伊豫谷登士翁・塩原良和・関根政美・山下晋司・吉原直樹他 (担当:共著, 範囲:エコツーリズムの未来)
丸善出版   2013年11月   ISBN:978-4-621-08719-0
復興ツーリズム 観光学からのメッセージ
山下晋司 他
同文社   2013年3月   
東日本大震災からの復興まちづくり
鈴木浩、濱田甚三郎、富田宏、重村力、塩崎賢明、岡田昭人、真板昭夫、鳴海邦硯、糸長浩司、北原啓司
大月書店   2011年12月   ISBN:9784272330690

講演・口頭発表等

 
地域における観光ガバナンス概念の検討
森重昌之
日本観光研究学会   2014年12月7日   日本観光研究学会
農村体験が参加者と提供者に及ぼす心理的影響について
西村千尋
日本観光研究学会全国大会   2014年12月7日   日本観光研究学会
本土と離島の関係性を前提した観光政策にする研究-三重県答志島を事例として
海津ゆりえ
2013年12月8日   日本観光研究学会
本土と離島を有する自治体における観光振興では、ともすると地域ごとに焦点を当てた観光政策が検討されてきた。しかし、地域が主体となる観光振興を図るためには、両者の関係性を前提とした観光政策の立案とその実施が望ましい。本研究はその観点から先駆的自治体の1つである三重県鳥羽市を取り上げ、鳥羽市本土および離島に対する観光政策の史的変遷を分析した。また有人4島のうち答志島を例に、地域住民や観光事業者が観光政策をどのように捉え、対応してきたかについてのプロセスを分析した。これらを踏まえた上で、離島を有す...
復興国立公園においてエコツーリズムを推進する意義・可能性 [招待有り]
田村省二・古田尚也・海津ゆりえ・山本清龍
平成25年度日本造園学会全国大会 ミニフォーラム報告   2013年5月25日   日本造園学会
日本のエコツーリズム推進の現状
高橋啓介(環境省自然環境局国立公園課課長補佐)
世界エコツーリズム会議2012(国際会議)   2012年9月4日   Asia Pacific Ecotourism Society

担当経験のある科目

 
  • エコツーリズム論 (立教大学、江戸川大学、文教大学)
  • サステナブルツーリズム論 (立教大学)
  • 資源デザイン論 (京都嵯峨芸術大学)
  • 観光資源論 (文教大学)
  • 地域プロジェクト演習 (文教大学)

所属学協会

 
日本観光研究学会 , 日本造園学会 , 日本国際開発学会 , 日本島嶼学会 , 日本国際観光学会 , 日本建築学会 , 日本エコツーリズム協会

Works

 
竹富島ゆがふ館(展示基本設計)
芸術活動   2005年 - 2007年
南大東村島まるごと館(基本構想・基本設計・実施設計・施工)
芸術活動   1998年4月 - 2002年3月
西表野生生物保護センター(基本構想・基本設計・実施設計・施工)
芸術活動   1994年 - 1997年7月
屋久島世界遺産センター(基本構想・基本設計・実施設計)
芸術活動   1994年4月 - 1996年7月