日本の女性研究者

Humanities

Researcher List >> Yurie Kaizu
 

Yurie Kaizu

 
Avatar
NameYurie Kaizu
AffiliationBunkyo University
SectionFaculty of International Studies, Department of International Tourism and Hospitality Management
Job titleProfessor
DegreePh.D(The University of Tokyo), 学士(理学)(立教大学)
Other AffiliationBunkyo University
Research funding number20453441

研究キーワード

 
震災復興 , 宝探し , ガイド育成 , 人材育成 , 地域活性化 , 観光まちづくり , Sustainable Tourism , Ecotourism

研究分野

 
  • Humanities & social sciences / Human geography / 
  • Humanities & social sciences / Cultural anthropology and folklore / 
  • Humanities & social sciences / Sociology / 
  • Humanities & social sciences / Local studies / 

経歴

 
Dec 2017
 - 
Dec 2017
非常勤講師, 都市環境科学研究科都市環境科学専攻観光科学域, 首都大学東京
 
Apr 2007
 - 
Mar 2013
准教授, 国際学部, Associate Professor, Faculty of International Studies, Bunkyo University
 
Apr 2002
 - 
Sep 2010
非常勤講師, 芸術学部, 京都嵯峨芸術大学
 
Apr 2006
 - 
Sep 2008
非常勤講師, 観光学部, 城西国際大学
 
Apr 1998
 - 
Mar 2008
非常勤講師, 社会学部, 江戸川大学
 

学歴

 
Apr 1983
 - 
Mar 1986
Faculty of Science, Rikkyo University
 

委員歴

 
Mar 2019
 - 
Mar 2021
茅ヶ崎市  ちがさき自転車プラン推進委員会委員
 
Sep 2018
 - 
Mar 2019
株式会社オリエンタルコンサルタンツ沖縄支店  エコツーリズム推進体制の構築へ向けたあり方に関する検討委員会委員
 
Apr 2018
 - 
Mar 2019
長野県  信州ネイチャーセンター基本方針策定検討会委員
 
Dec 2017
 - 
Mar 2019
東京都建設局公園緑地部計画課  葛西臨海水族園のあり方検討会委員
 
Mar 2017
 - 
Mar 2019
茅ヶ崎市都市部  都市マスタープラン策定委員会
 

受賞

 
Oct 2011
観光研究業績、地域貢献, 第1回前田弘記念観光学賞, 北海道大学観光学高等研究センター
 
May 2010
『大覚寺大沢池 景観修復プロジェクト―古代と現代をむすぶ文化遺産―』(世界思想社), 日本観光研究学会著作賞, Japan Institute Toursm Research
 
2002
南大東島まるごと博物館の展示設計, 日本ディスプレイデザイン協会賞
 
2000
フィジーアンバザ村のプロジェクト(太平洋経済協力会議), DRV 2000, ドイツ旅行業協会
 
Sep 1997
最優秀賞, 第2回観光に関する学術論文(最優秀), World Tourism Organization Japan Office
 

論文

 
WANG,Yurie KAIZU, Akio MAITA
Proceedings of JITR Annual Conference, 2019. All rights reserved. Printed in Japan. Copyright 2019 Japan Institute of Tourism Research.   34 53-56   Dec 2019
MORISHIGE Masayuki, UCHIDA Junichi, SHIKIDA Asami, KAIZU Yurie
Proceedings of JITR Annual Conference, 2019. All rights reserved. Printed in Japan. Copyright 2019 Japan Institute of Tourism Research.   34 261-264   Dec 2019
SHIMIZU Nahoko, KAIZU Yurie, MORISHIGE Masayuki, YAMAMOTO Kiyotatsu
Proceedings of JITR Annual Conference, 2019. All rights reserved. Printed in Japan. Copyright 2019 Japan Institute of Tourism Research.   34 97-100   Dec 2019
Yanyan YUAN, Yurie KAIZU
Proceedings of JITR Annual Conference, 2019. All rights reserved. Printed in Japan. Copyright 2019 Japan Institute of Tourism Research.   34 449-452   Dec 2019
Yurie KAIZU, Sho ITO, KIeiko OSHIDA, Tomohiro ICHINOSE, Noriyasu KUNORI, Nobuhiko TANAKA, Yasuo KAWAI
Reports of the City Planning Institute of Japan   18 201-207   Sep 2019
The basis of tourism risk management against natural disaster is the "self-help" power of the tourists themselves. In this study, it was investigated the risk awareness of tourists at major beaches along the Sagami Bay coast by focusing ...

MISC

 
森重昌之, 海津ゆりえ, 内田純一, 敷田麻実
観光研究   30(1) 29-36   Sep 2018   [Refereed]
海津ゆりえ
森林科学No82   (82) 25-28   Feb 2018   [Refereed]
Yurie Kaizu, Yasuo Kawai
Journal of the Faculty of International Studies, Bunkyo University, Vol.28,No.1   28(1) 163-180   Jul 2017
Yurie KAIZU
Journal Of the Faculty of International Studies Bunkyo University   27(1) 89-103   Jan 2017
海津ゆりえ
アフラシア   10 1-4   Nov 2016   [Invited]

書籍等出版物

 
東徹, 麻生憲一, 井上晶子, 内田彩, 大久保あかね, 太田実, 大橋健一, 海津ゆりえ, 鈴木涼太郎, 関口伸一, 中村哲, 橋本俊哉, 橋本佳恵, 正木聡, 安村克己 (Part:共著, 第9章 観光と地域社会)
学文社   Aug 2019   ISBN:9784762029172
野倉淳
原書房   Jun 2019   ISBN:9784562092130
白坂・稲垣, 小沢, 古賀, 山下, 編 (Part:共著, 9.15エコツーリズム)
朝倉書店   Apr 2019   ISBN:9784254163575
文教大学国際学部海津研究室奄美プロジェクトチーム, 高梨修 (Part:編集)
奄美群島広域事務組合(非売品)   Mar 2019   
海津ゼミナール学生, 海津ゆりえ, 高梨修 (Part:編集)
奄美群島広域事務組合   Mar 2019   

講演・口頭発表等

 
海津ゆりえ
平成30年度日本造園学会全国大会ミニフォーラム   27 May 2018   日本造園学会
海津ゆりえ
平成30年度日本造園学会全国大会ミニフォーラム「文化遺産と自然のよりよい関係を考える」報告資料   27 May 2018   日本造園学会
Yurie Kaizu
16th Japan Studies   2 Feb 2018   Ateneo de Manila University
アテネオ・マニラ大学で毎年開催している日本研究シンポジウムの招待講演。東日本大震災からの復興と黒森神楽、エコツーリズムの連携について講演を行った。
海津ゆりえ
第32回日本観光研究学会全国大会   3 Dec 2017   日本観光研究学会
地域社会の外的・内的環境の変化や観光の解釈の変化に伴って、いわゆる「地域主導型観光」への期待は高まりつつある。日本で取り組みが始まって25年以上が経過したエコツーリズムは、エコツーリズム推進法(2008施行)の存在もあって、地域づくりと関わりの深い観光として理解され、地域で一定の役割を担うようになってきた。一方でその成果や課題を評価して、より良い地域社会の運営に資することが求められる。本論文は12の推進法認定地域の全体構想のレビューと個別調査をもとに、地域とエコツーリズムの関わりについての...
海津ゆりえ
東日本大震災・福島原発事故と環境都市計画   10 Mar 2017   日本建築学会 都市計画委員会 環境都市計画ワーキンググループ
表記ワーキンググループの2年間の研究成果報告公開シンポジウム

担当経験のある科目(授業)

 
  • エコツーリズム論 (立教大学、江戸川大学、文教大学)
  • サステナブルツーリズム論 (立教大学)
  • 資源デザイン論 (京都嵯峨芸術大学)
  • 観光資源論 (文教大学)
  • 地域プロジェクト演習 (文教大学)

所属学協会

 
日本観光研究学会 , JILA , 日本エコツーリズム協会 , 日本国際開発学会 , 日本国際観光学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
JSPS: 科学研究助成
Project Year: Apr 2019 - Mar 2022
文部科学省: 科学研究費
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017