日本の女性研究者

人文学

Researcher List >> KAIZU Yurie
 

KAIZU Yurie

 
Avatar
NameKAIZU Yurie
e-mailkaizushonan.bunkyo.ac.jp
AffiliationBunkyo University
SectionFaculty of International Studies, Department of International Tourism and Hospitality Management
Job titleProfessor
DegreePh.D(The University of Tokyo)
Research funding number20453441

Research Interests

 
Ecotourism , Sustainable Tourism , 観光まちづくり , 地域活性化 , 人材育成 , ガイド育成 , 宝探し , 震災復興

Research Areas

 
  • Area studies / Area studies / 
  • Sociology / Sociology / 
  • Cultural anthropology / Cultural anthropology / 
  • Human geography / Human geography / 

Academic & Professional Experience

 
Sep 1986
 - 
Aug 1991
副主任, 地域計画部門, 株式会社テイクナイン計画設計研究所 
 
Sep 1991
 - 
Aug 1994
株式会社地球工作所
 
Sep 1994
 - 
Dec 1995
代表, アースワーク (1995年法人化し下記へ)
 
Dec 1995
 - 
Mar 2007
代表取締役社長, 有限会社資源デザイン研究所
 
Apr 2007
 - 
Mar 2013
准教授, 国際学部, Associate Professor, Faculty of International Studies, Bunkyo University
 

Education

 
Apr 1983
 - 
Mar 1986
Department of Chemistry, Faculty of Science, Rikkyo University
 

Awards & Honors

 
Oct 2011
観光研究業績、地域貢献, 第1回前田弘記念観光学賞, 北海道大学観光学高等研究センター
 
May 2010
『大覚寺大沢池 景観修復プロジェクト―古代と現代をむすぶ文化遺産―』(世界思想社), 日本観光研究学会著作賞, Japan Institute Toursm Research
 
2002
南大東島まるごと博物館の展示設計, 日本ディスプレイデザイン協会賞
 
2000
フィジーアンバザ村のプロジェクト(太平洋経済協力会議), DRV 2000, ドイツ旅行業協会
 
Sep 1997
最優秀賞, 第2回観光に関する学術論文(最優秀), World Tourism Organization Japan Office
 

Published Papers

 
ゲームエンジンを用いた津波避難行動シミュレーションシステムの開発
川合康央, 海津ゆりえ
日本建築学会関東支部研究報告集Ⅱ   379-382   Mar 2018
防災計画における合意形成のための津波避難行動シミュレーションシステムの開発
川合康央, 海津ゆりえ, 河原健太, 大渕遥平, 大塚哲史, 富松栞里
情報処理学会インタラクション2018論文集   1099-1104   Mar 2018   [Refereed]
Development of a Tsunami Evacuation Behavior Simulation System with Massive Evacuation Agents
Yasuo Kawai, Yurie Kaizu, Kenta Kawahara, Youhei Obuchi, Satoshi Otsuka, Shiori Tomimatsu
Proceedings of the 23rd International Conference on Intelligent User Interfaces Companion   (13)    Mar 2018
地域主導型観光から見た日本の観光政策の変遷と推進組織の課題
Nahoko SHIMIAU, Yurie KAIZU, Masayuki MORISHIGE, Noriyasu KUNORI
第32会日本観光研究学会全国大会学術論文集   32 9-12   Dec 2017
Critical Issues for Ecotourism Management System for Sustainable Development Based on Survey of Ecotourism Master Plans
Yurie KAIZU, Akio MAITA
第32回日本観光研究学会全国大会学術論文集   32 21-24   Dec 2017

Misc

 
観光まちづくりの推進に向けた観光ガバナンス研究の動向と可能性
森重昌之・海津ゆりえ・内田純一・敷田麻実
観光研究   30(1) 29-36   Sep 2018   [Refereed]
Study on Risk Management for Tourists under Natural Disasters in Coastal Areas - Case Study of Sagami Bay Coast Tourists-
Yurie KAIZU
Journal Of the Faculty of International Studies Bunkyo University   27(1) 89-103   Jan 2017
海津ゆりえ
アフラシア   10 1-4   Nov 2016   [Invited]
観光のグローバル化時代の森林整備~自然災害と森林~
海津ゆりえ
森林科学No82   (82) 25-28   Feb 2018   [Refereed]
Study on Tsunami Disaster Risk Reduction in Sagami Bay Coastal Area through Survey of Tsunami Hazard Maps
Yurie Kaizu, Yasuo Kawai
Journal of the Faculty of International Studies, Bunkyo University, Vol.28,No.1   28(1) 163-180   Jul 2017

Books etc

 
環境復興 東日本大震災・福島原発事故の被災地から
川﨑興太・安藤尚一・石橋理志・伊藤香織・郭東潤・齋藤伊久太郎・藤本典嗣・加藤宏承・海津ゆりえ・鏑木剛 (Part:Joint Work, 第8章 被災地観光に見る自然災害からの守りの伝承文化―「語り部観光」を題材に)
八朔社   May 2018   ISBN:978-4-86014-090-8
新版 はじめての国際観光学―訪日外国人を迎えるために―
山口一美・椎野信雄(編著) (Part:Joint Work, 第10章 交流文化とエコツーリズム)
創成社   May 2018   
みんなでつくるフェノロジー・カレンダー 
日本エコツーリズム協会 フェノロジー・カレンダー研究会 (Part:Joint Work, 第3章各地のフェノロジーカレンダー CASE5岩手県宮古市 みやこ宝こよみ)
旬報社   Jan 2018   ISBN:9784845115235
エコツーリズムと持続可能な開発 楽園は誰のもの?
Martha Honey (Part:Joint Translation, 第4章(ガラパゴス)、第5章(コスタリカ)、日本語版補遺)
くんぷる   Mar 2016   
新現代観光総論
Toru Azuma, Akiko Inoue, Akane Okubo, Minoru Ohta, Kenichi Ohashi,Munetaka Kosizuka, Kishimitsu Sato, Ryotaro Suzuki, Yukiko Sugita, Isamu Maeda, Tetsu Nakamura, Toshiya Hashimoto, Yoshie Hashimoto, Koichi Hosono, Kazuo Murakami, Katsumi Yasumura
学文社   Mar 2015   ISBN:9784762025327

Conference Activities & Talks

 
文化遺産が映し出すもう一つの風景―名勝・大沢池の風景は誰のものか
海津ゆりえ
平成30年度日本造園学会全国大会ミニフォーラム「文化遺産と自然のよりよい関係を考える」報告資料   27 May 2018   日本造園学会
文化遺産と自然のよりよい関係を考える
海津ゆりえ
平成30年度日本造園学会全国大会ミニフォーラム   27 May 2018   日本造園学会
Ecotourism as Recovery Tool from Natural Disasters - Case Study of Miyako, Iwate [Invited]
Yurie Kaizu
16th Japan Studies   2 Feb 2018   Ateneo de Manila University
アテネオ・マニラ大学で毎年開催している日本研究シンポジウムの招待講演。東日本大震災からの復興と黒森神楽、エコツーリズムの連携について講演を行った。
持続可能な地域社会の運営に資するエコツーリズムの課題―エコツーリズム推進法認定地域調査に基づく試論―
海津ゆりえ
第32回日本観光研究学会全国大会   3 Dec 2017   日本観光研究学会
地域社会の外的・内的環境の変化や観光の解釈の変化に伴って、いわゆる「地域主導型観光」への期待は高まりつつある。日本で取り組みが始まって25年以上が経過したエコツーリズムは、エコツーリズム推進法(2008施行)の存在もあって、地域づくりと関わりの深い観光として理解され、地域で一定の役割を担うようになってきた。一方でその成果や課題を評価して、より良い地域社会の運営に資することが求められる。本論文は12の推進法認定地域の全体構想のレビューと個別調査をもとに、地域とエコツーリズムの関わりについての...
被災地観光に見る自然災害への守りの伝承と文化―宮古市「学ぶ防災」等を題材に― [Invited]
海津ゆりえ
東日本大震災・福島原発事故と環境都市計画   10 Mar 2017   日本建築学会 都市計画委員会 環境都市計画ワーキンググループ
表記ワーキンググループの2年間の研究成果報告公開シンポジウム

Association Memberships

 
日本島嶼学会 , 日本森林学会 , 日本建築学会 , 日本国際観光学会 , 日本国際開発学会 , 日本エコツーリズム協会 , JILA , 日本観光研究学会

Works

 
竹富島ゆがふ館(展示基本設計)
Artistic Activity   2005 - 2007
南大東村島まるごと館(基本構想・基本設計・実施設計・施工)
Artistic Activity   Apr 1998 - Mar 2002
西表野生生物保護センター(基本構想・基本設計・実施設計・施工)
Artistic Activity   1994 - Jul 1997
屋久島世界遺産センター(基本構想・基本設計・実施設計)
Artistic Activity   Apr 1994 - Jul 1996

Research Grants & Projects

 
観光地環境管理と市場活動の統合型計画技術「地域観光プランニング」の詳細化と実装化
文部科学省: 科学研究助成
Project Year: Apr 2017 - Mar 2021    Investigator(s): 川原晋(首都大学東京)
自然災害に対する観光地の「災害弾力性」に関する評価指標の開発
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 橋本俊哉
海岸観光地の地震津波発生時における対観光者リスクマネジメントに関する研究
文部科学省: 
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 海津ゆりえ
資源マネジメントのための地域ガバナンスと観光ガバナンスの融合可能性の研究
文部科学省: 科学研究費
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): 森重昌之
観光まちづくりのための計画技術の体系化と教育開発に関する研究
文部科学省: 科学研究費
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): 川原晋