日本の女性研究者

生物分子科学

研究者リスト >> 黒飛 紀美
 

黒飛 紀美

 
アバター
研究者氏名黒飛 紀美
eメールkurotobirs.socu.ac.jp
所属山陽小野田市立山口東京理科大学
部署共通教育センター
職名講師
学位博士(東京理科大学)

研究キーワード

 
大学教育 , 遺伝子検査技術 , 生体適合性材料

研究分野

 
  • 生体分子科学 / 生物分子化学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
山陽小野田市立山口東京理科大学 共通教育センター 講師
 
2011年9月
 - 
2016年3月
山口東京理科大学 一般基礎 講師
 
2006年3月
 - 
2011年5月
ソニー株式会社 ライフサイエンス研究部 研究員
 
2005年4月
 - 
2006年2月
静岡大学工学部 イノベーション共同研究センター 特別研究員
 
2002年11月
 - 
2005年3月
物質・材料研究機構 生体材料研究センター 特別研究員
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
東京理科大学 理学研究科 物理学専攻博士課程
 

受賞

 
2004年
財団法人日本科学協会 平成16年笹川海外発表促進助成 New Method for Evaluating Material Blood Compatibility Using Microchannel Array
 
2003年2月
公益財団法人 井上科学振興財団 井上科学研究奨励賞 イオンビーム照射によるコラーゲンの生体反応制御に関する研究
 
2003年3月
未踏科学技術協会 第12回インテリジェント・材料シンポジウム 高木賞 イオンビーム照射コラーゲンの血小板粘着抑制と細胞接着性の制御
 
2001年
財団法人日本科学協会 平成13年度笹川科学研究助成 イオンビーム照射したコラーゲンの血小板粘着抑制に関する研究
 

論文

 
Short term evaluation of material blood compatibility using a microchannel array.
K. Kurotobi, A. Yamamoto, A. Kikuta and T. Hanawa
Materials in Medicine   18(6)    2007年   [査読有り]
In vitro and in vivo study of He+ ion irradiated collagen for development of small diameter stent graft material.
11) Suzuki Yoshiaki, Iwaki Masaya, Takahashi Noriyoshi, Yotoriyama Tasuku, Kurotobi Kimi, Ujiie Hiroshi, Hori Tomokastu.
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B   232 353-357   2005年   [査読有り]
New method for evaluating material blood compatibility using microcahnnel array.
10) K. Kurotobi, A. Yamamoto, A. Kikuta and T. Hanawa.
Key Engineering Materials   288-289   2005年   [査読有り]
Bloodcompatibility Evaluation of MPC Polymer using Microchannel Array
K. Kurotobi, A. Yamammoto, A. Kikuta, T. Hanawa
4th Asian International Symposium on Biomaterials      2004年11月   [査読有り]
New methods for evaluating material blood compatibility
K. Kurotobi, A. Yamammoto, A. Kikuta, T. Hanawa
The 6th Asia Symposium on Biomedical Materials      2004年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
生体適合性材料の開発と応用
黒飛 紀美
化学工業社   2017年12月   
2017年12月号
人工血管の開発及び現状を解説しつつ、筆者が開発に携わった人工血管に関する所見および、ステントへの応用に関して解説する。
イオンビーム照射によって血小板粘着、細胞接着性を制御したコラーゲンの血液適合性材料への応用
鈴木 嘉昭, 黒飛 紀美, 氏家 弘, 中島 博, 杉田 洋一
日本血栓止血学会   2006年   
血小板粘着、細胞接着性を制御したコラーゲンの血管修復材への応用
鈴木 嘉昭, 世取山 翼, 黒飛 紀美, 高橋 範吉, 氏家 弘, 加藤 宏一, 堀 智勝
日本脳卒中外科学会   2006年   
脳卒中の外科
Vol.34 pp445-450 (2006)
抗血栓性材料と関わって (Essays バイオマテリアルの夢を語る)
黒飛 紀美
日本医学館   2005年3月   
イオンビームを用いた血小板、細胞接着誘導技術と小口径人工血管への応用
黒飛 紀美
MRSJ   2003年   
イオンビーム照射したコラーゲンの人工血管への応用に関する解説書

講演・口頭発表等

 
血小板粘着、細胞接着性を制御したコラーゲンの血管修復材への応用
Yoshiaki Suzuki, Hiroshi Ujiie, Tomokatsu Hori, Kimi Kurotobi, Noriyoshi Takahashi, Tasuku Yotoriyama
第34回日本脳卒中の外科学会(Stroke 2005)   2005年   
Bloodcompatibility Evaluation of MPC Polymer using Microchannel Array
K. Kurotobi, A. Yamammoto, A. Kikuta, T. Hanawa
4th Asian International Symposium on Biomaterials   2004年11月16日   
マイクロチャネルアレイを用いたMPCポリマー表面への血液適合性評価
黒飛紀美、山本玲子、菊田明美、塙隆夫
日本バイオマテリアル学会シンポジウム   2004年11月15日   
New methods for evaluating material blood compatibility
K. Kurotobi, A. Yamammoto, A. Kikuta, T. Hanawa
The 6th Asia Symposium on Biomedical Materials   2004年7月19日   
Short time evaluation of blood compatibility using micro channel array
K. Kurotobi, A. Yamammoto, A. Kikuta, T. Hanawa
7th World Biomaterials Congress   2004年5月17日   
New Evaluation Method for Material Blood Compatibility using Microchannel Array
K. Kurotobi, A. Yamamoto, A. Kikuta, T. Hanawa
2nd BMC-NIMS Symposium '04   2004年3月12日   
マイクロチャネルアレイを用いた血液適合性評価技術の開発
黒飛紀美、山本玲子、菊田明美、塙隆夫
第13回インテリジェント材料/システムシンポジウム   2004年3月8日   
イオンビーム照射したコラーゲン複合化ePTFEの血管修復材料への応用
Yoshiaki Suzuki, Kimi Kurotobi, Tasuku Yotoriyama, Noriyoshi Takahashi, Masaya Iwaki, Hiroshi Ujiie, Tomokatsu Hori
第53回高分子学会年次大会   2004年   
In vitro and in vivo study of He+ ion irradiated collagen for the development of small diameter stent grafts
Suzuki Y, Takahashi N, Iwaki M, Kurotobi K, Ujiie H, Hori T
15th International Workshop on Inelastic Ion Surface Collisions (IISC-15)   2004年   
マイクロチャネルアレイを用いた材料表面への血液適合性
黒飛紀美、山本玲子、塙隆夫
第25回日本バイオマテリアル学会大会   2003年12月16日   

担当経験のある科目

 
  • 物理学実験 (山口東京理科大学)
  • 物理学及び演習 (山口東京理科大学)
  • 工学数学及び演習 (山口東京理科大学)
  • 微分積分及び演習 (山口東京理科大学)
  • 線形代数 (山口東京理科大学)

所属学協会

 
高分子学会

社会貢献活動

 
「第2回自転車さんぽ@山陽小野田」主催
【企画】  山口東京理科大学自転車部Radfahren  第2回自転車さんぽ@山陽小野田(イベント)  2016年11月27日 - 2016年11月27日
宇部空港からほど近く、新幹線も停車する山陽小野田市は、自転車目線ではとても魅力ある地域である。遠くから走りにきたサイクラー、地元の住人、大学の学生、、、たくさんの人々が楽しめるような道を集めて情報を発信することを目標に大学の自転車部を創設し活動をしている。
「自転車さんぽ@山陽小野田」主催
【企画】  山口東京理科大学自転車部Radfahren  自転車さんぽ@山陽小野田(イベント)  2015年6月6日 - 2015年6月6日
遺伝子検査方法を学ぼう
【講師】  山口東京理科大学  佐賀学園高等学校体験学習  2014年9月12日
簡易核酸抽出による自己DNAの遺伝子検査―あなたはアルコールが飲める人?飲めない人?―
【講師】  山口東京理科大学  佐賀学園高等学校高大連携授業  2012年9月14日 - 2012年9月15日
簡易抽出法と等温増幅を利用した最新の遺伝子検査技術は、高価なPCR装置がなくとも、検査ができることがわかっている。お酒が飲めるかどうかに関与するALDH2遺伝子のタイプを、頬の細胞から抽出した遺伝子を用いて、1時間程度で判定する。
理系の大学を選んで
【講師】  野田学園高等学校  2015年7月7日 - 2015年7月7日
高校1.2年生を対象に、理系の大学を選ぶ利点、今後どのような分野が重視されるのかなどを解説。