日本の女性研究者

社会・安全システム科学

Researcher List >> Maki KOYAMA
 

Maki KOYAMA

 
Avatar
NameMaki KOYAMA
DegreeDr. Eng.(Tokyo Institute of Technology), 修士(工学)(山口大学)
Other AffiliationGifu University, Gifu University, Gifu Disaster Mitigation Center

Profile

Dr. Maki Koyama is an Associate Professor in River Basin Research Center at Gifu University, Japan. She received B.Eng. and M.Eng. degrees in Computer Science and Systems Engineering from Yamaguchi University (Japan) in 1996 and 1998, respectively. In 2004, she earned a D.Eng degree in Built Environment, at Tokyo Institute of Technology (Japan). Her research is focused on mechanism of human casualties and building disaster resilient communities. Her research interests are multidisciplinary and cover a wide range of academic fields, including earthquake engineering, computer science, education, social science, health science and psychology. <br /><br />
https://jp.linkedin.com/pub/maki-koyama/40/820/b0<br />
Research Gate: http://www.researchgate.net/profile/Maki_Koyama2<br />
Academia.edu: http://gifu-u.academia.edu/MakiKoyama<br />
SlideShare: http://www.slideshare.net/makikoyama14

研究キーワード

 
Inclusive , Human resource development , Disaster Proactive , Disaster Mitigation , Disaster Prevention , Human Casualty , Seismic Intensity , Earthquake Protection , Emergency Information Science , Livable City , 地震防災 , 防災情報 , 安寧の都市 , 健康都市 , 都市計画 , interdisciplinary earthquake disaster prevention , local community , disaster protection support measures for individual , mechanism of death in an earthquake

研究分野

 
  • Social infrastructure (civil Engineering, architecture, disaster prevention) / Structural and seismic engineering / Earthquake Engineering
  • Social infrastructure (civil Engineering, architecture, disaster prevention) / Disaster prevention engineering / 
  • Social infrastructure (civil Engineering, architecture, disaster prevention) / Safety engineering / 
  • Social infrastructure (civil Engineering, architecture, disaster prevention) / Social systems engineering / 

経歴

 
2017
 - 
Today
Part-time lecturer, Graduate School of Engineering, Kyoto University
 
Jun 2015
 - 
Today
Associate Professor, River Basin Research Center, Gifu University
 
Aug 2018
 - 
Nov 2019
Director, GLocal Exchange Promotive Organization
 
Jun 2015
 - 
Mar 2019
Part-time Lecturer, Graduate School of Medicine, Kyoto University
 
2017
 - 
2019
Part-time lecturer, Faculty of Science and Technology, Meijo University
 

受賞

 
Jun 2017
熊本地震における警察の救助活動の調査分析への貢献, 感謝状, 警察庁警備局長
 
Jul 2013
AR技術を用いた防災教育ツールの活用に向けた社会実験について, 平成25年度近畿地方整備局研究発表会優秀賞, 国土交通省近畿地方整備局
 
2010
Development of Active Evacuation System through Computer Vision Technology : As a Part of Multi-countermeasures for Reducing Seismic Casualties in Dwellings, ISSS Paper Award 2010, Institute of Social Safety Science
 

論文

 
Maki KOYAMA
Journal of Japan Association for Earthquake Engineering   19(6) 225-231   Oct 2019   [Refereed]
A questionnaire survey was conducted for long-term evacuees to Kyoto Prefecture because of the 2011 Great East Japan Earthquake. The survey also conducted for residents who are not evacuees in Kyoto Prefecture. This study is focused to differences...
Maki Koyama, Yoshinobu Kako, Akiko Yoshimura, Naoya Miyasato, Fumio Seki, Hidemaru Shimizu, Fumiaki Satoh
Proceedings International Conference in Commemoration of 20th Anniversary of the 1999 Chi-Chi Earthquake      Sep 2019   [Refereed]
Hiroki KATO, Nobuoto NOJIMA, Maki KOYAMA, Kouki TANAKA
Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE/EE))   75(4) 443-453   Sep 2019   [Refereed]
In order to support users’ response to lifeline disruption in the event of earthquake disaster, and also to promote self-help and mutual assistance of lifeline users, it is vitally important to provide lifeline information in a timely and appropri...
小山真紀
日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   15th ROMBUNNO.PS1‐01‐32   Nov 2018

MISC

 
小山真紀
季刊消防防災の科学   (133) 45‐49   Aug 2018
久田 嘉章, 大原 美保, 加藤 孝明, 市古 太郎, 廣井 悠, 小山 真紀, 村上 正浩, 久保 智弘
日本地震工学会論文集   16(5) 5_1-5_1   2016
小山真紀
教職員情報   126    Jan 2015   [Invited]
二木 淑子, 小山 真紀
安寧の都市 --医学・工学からのアプローチ (Liveable Cities)   102-107   Jan 2015
第2章: 研究と実践から導かれる「安寧の都市」論

書籍等出版物

 
小山真紀, 相原征代, 舩越高樹 (Part:編集, あとがき,5章)
ナカニシヤ出版   Feb 2019   
教育推進, 学生支援機構 (Part:分担執筆, 自由になろう)
Mar 2017   
教育推進, 学生支援機構 (Part:分担執筆, 災害科学との出会い)
Mar 2016   
小山真紀 (Part:分担執筆, ユニットの教育の特徴とその成果,医工連携の難しさと楽しみ,「安寧の都市」教育ユニットと京都大学の世界展開力強化事業)
京都大学大学院工学研究科・医学研究科安寧の都市ユニット   Jan 2015   ISBN:9784990815608
http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/193435
京都府災害ボランティアセンター (Part:監修)
Apr 2014   

講演・口頭発表等

 
Maki KOYAMA, Akihiro SHIBAYAMA, Mamoru HIRAOKA, Hiroshi ARAKAWA, Mieko ITO, Harumichi MURAOKA
Japan Society of Civil Engineers 2019 Annual Meeting   3 Sep 2019   
Maki KOYAMA, Kohei TSUCHIDA, Daisuke MATSUSHITA, Kiyotaka OGATA
Japan Society of Civil Engineers 2019 Annual Meeting   3 Sep 2019   
Maki KOYAMA, Takanori KOSEKI, Harumichi MURAOKA, Nobuoto NOJIMA, Akiyoshi TAKAGI
74th Japan Society of Civil Engineers 2019 Annual Meeting   3 Sep 2019   
小山真紀, 藤瀬亮平, 村岡治道, 高木朗義, 能島暢呂
土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   1 Aug 2018   
加藤宏紀, 能島暢呂, 小山真紀, 永井小雪里
土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   1 Aug 2018   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 地域社会と災害 (岐阜大学)
  • 都市安全学 (名城大学)
  • 地域防災リーダー実践Ⅱ(地域防災リーダー実践Ⅱ) (全学共通教育)
  • 防災セミナー (工学部(昼))
  • 地震防災工学(地震防災工学) (工学研究科M)

所属学協会

 
Seismological Society of Japan , INSTITUTE OF SOCIAL SAFETY SCIENCE , The Seismological Society of Japan , JAPAN ASSOCIATION FOR EARTHQUAKE ENGINEERING , INFORMATION PROCESSING SOCIETY OF JAPAN

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
Project Year: 2017 - 2019
文部科学省: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
Project Year: 2017 - 2019
文部科学省: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
Project Year: 2017 - 2019

学歴

 
Jul 2004
 - 
Jul 2004
Interdisciplinary Graduate School of Science and Technology, Dr. Eng., Tokyo Institute of Technology
 
Apr 2001
 - 
Mar 2004
Interdisciplinary Graduate School of Science and Technology, Finished Ph.D. program without dissertation, Tokyo Institute of Technology
 
Apr 1996
 - 
Mar 1998
Graduate School of Science and Engineering, Yamaguchi University
 
Apr 1991
 - 
Mar 1996
Faculty of Engineering, B. Eng., Yamaguchi University
 

委員歴

 
Feb 2019
 - 
Today
岐阜県  建設業広域BCM認定制度運用委員会 委員
 
Apr 2018
 - 
Today
Japan Society for the Promotion of Science  Diverse STEM Workforce Engagement Research Committee
 
Apr 2018
 - 
Today
独立行政法人日本学術振興会  研究開発専門委員会委員(多様性をイノベーションに繋ぐ要因の研究と新たな評価法の提案 副委員長)
 
Feb 2018
 - 
Today
海津市歴史民族資料館  海津市歴史民族資料館リニューアル検討委員会委員
 
May 2016
 - 
Today
Japan Association for Earthquake Engineering  Editorial board
 

社会貢献活動

 
[助言・指導]  Bergische Universitat Wuppertal  非常勤講師  (Bergische Universitat Wuppertal)  1 Jul 2018 - 30 Jun 2020
27
[講師]  岐阜県清流の国推進部  講演会  11 Aug 2019 - 31 Mar 2020
3
[助言・指導]  関市  2 Jul 2019 - 31 Mar 2020
2~3
[講師]  日本防災士会岐阜県支部  講演会  1 Jun 2019 - 31 Mar 2020
1~2
[その他]  同志社大学  1 Apr 2019 - 31 Mar 2020
5

その他

 
Mar 2015   指導した実践プロジェクトの題目
□テナントの移り変わりからみた都心部小規模敷地の役割について
□消防団員減少・高齢化問題への一考察~京都市左京区・消防分団からの調査報告発信~
□京町家権トレードルールの提案〜建築意匠から安寧の都市を考える〜
□自然発生的な「つながりの場」の発見―賀茂川河川敷でのラジオ体操会の調査―
□「西京極大門ハイツ」に学ぶ地域コミュニティによる「まちづくり」推進のための方策
□ベンチによる高齢者にやさしい街の実現に向けた研究~街のベンチが果たす役割とそのあり方を考える~
□福祉現場での対話を誘発するコミュニケーションツールとしてのライフイベント調査法の試作
□居場所で交わされる会話量に関する研究~京都市右京区のコミュニティ―スペースにおけるケーススタディ~
Mar 2014   指導した実践プロジェクトの題目
□ニュータウンにおける高齢者の社会的孤立リスクの構造分析──京田辺市を事例として
□「逃げろ!」水害から命を守るための一考察──南山城水害から60年の経験に学ぶ
□武庫川づくりの実践に基づく住民の参画と協働による安寧の治水に向けた取組
□警報音と守る 安心な街についての考察──自ら行動できるために
□無人集落が消滅集落へ至る過程に関する考察──滋賀県多賀町保月集落の事例から
□生活道路における路上活動と自動車交通の関係に関する考察──京都市の歴史的街区内の道路空間の役割について
Mar 2013   指導した実践プロジェクトの題目
地域活動における住民意識の一考察―守山市浮気町の場合―
住民要望に基づく行政サービスに対する地域住民と行政の事業評価
地域活動従事者の意識と活動実態並びに防災意識から見る地域活性化に関する考察
昼夜の避難行動の違いと避難支援のあり方に着目した地域住民組織の再考
世代間の意識の違いによる地域活動の役割―自分たちのまちという自覚―
まるごとまちごとハザードマップの拡充及びAR技術を活用した防災教育ツールに関する社会実験について
旧五條楽園の景観保全と活性化―地域内外の意識の違いと景観要素に着目して-
「安寧距離」の提案―住みたいまちの要素と住む場所との心地よい距離感-
南海トラフ地震の津波から西成区の要援護者を一人でも多く守れるか?
Mar 2012   指導した実践プロジェクトの題目
大規模災害時における域内搬送の再構築〜京都第一赤十字病院の事例から〜
災害時における情報伝達手段の提案~絶望期からの早期脱出に向けて~
向日市水道災害対策マニュアルの実行性の検証
循環器科外来患者における医薬品と健康食品に関する実態調査―相互作用による健康被害低減に向けて―
Sep 2011   指導した実践プロジェクトの題目
救急隊員の安寧に向けた職務ストレスに関する研究──俺たちは限界だ!
大規模災害時の派遣職員受入れ体制の構築──大阪府の東日本大震災及び2004年新潟県中越地震の派遣事例より
ウツタインデータからみた救急搬送の現状と課題