日本の女性研究者

資源保全学

研究者リスト >> 菅野 愛美
 

菅野 愛美

 
アバター
研究者氏名菅野 愛美
 
カンノ マナミ
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/70419232.ja.html
所属株式会社キノックス
部署食用菌研究所
職名研究員
学位博士・農学(東北大学)

研究キーワード

 
海産無脊椎動物 , 担子菌 , キノコ , DNA多型解析 , 遺伝育種 , マナマコ

研究分野

 
  • 生産環境農学 / 遺伝育種科学 / 
  • 生物資源保全学 / 生物資源保全学 / 

経歴

 
2014年6月
 - 
現在
株式会社キノックス 食用菌研究所 研究員
 
2005年8月
 - 
2014年5月
東北大学 大学院・農学研究科 助教
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2005年3月
東北大学大学院 農学研究科 
 
1996年4月
 - 
2000年3月
東北大学 農学部 生物生産科学科
 

論文

 
南阮植, 菅野愛美, 渡邉雅人, 池田実, 木島明博
日本水産学会誌   80(5) 726-740   2014年10月   [査読有り]
Yusuke Mae, Manami Kanno, Akihiro Kijima
Mar Ecol Prog Ser   484 131-141   2013年6月
神山梓, 菅野愛美, 木島明博
水産育種   42(1) 25-32   2012年12月
飯田 雅絵, 菅野 愛美, 木島 明博
日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries   78(5) 934-944   2012年9月
ヤマトシジミ種内の地域集団構造を調べるため,東アジアから採取したヤマトシジミおよび対照群においてmtDNA-COI領域のシーケンス分析を行った。その結果,ヤマトシジミ種内では,1)ロシア・北海道・本州日本海側グループ,2)太平洋側グループ,3)朝鮮半島北東グループ,4)朝鮮半島南西グループの4つの明確なクラスターに分かれ,地理的分化による地域集団構造が示唆された。一方,利根川と桑名の2地域から採取したサンプルは地理的関係を反映しておらず,過去の移植放流の影響が推測された。
Hirase Shotaro, Ikeda Minoru, Kanno Manami
Ichthyological research : an official journal of the Ichthyological Society of Japan   59(3) 264-267   2012年7月
SOLIMAN Taha, KANNO Manami, KIJIMA Akihiro, YAMAZAKI Yuji
Fish Sci   78(4) 775-783   2012年7月
Development of 12 polymorphic microsatellite DNA markers for the kelp Ecklonia cava (Phaeophyceae, Laminariales)
Tomoko Itou, Manami Kanno, Yoshihisa Suyama, Azusa Kamiyama, Shingo X. Sakamoto, Akihiro Kijima, Kazuo Inaba and Masakazu N. Aoki
Conservation genetics resources   4(2) 459-461   2012年   [査読有り]
Phylogeography of the intertidal goby Chaenogobius annularis associated with paleoenvironmental changes around the Japanese Archipelago
Shotaro Hirase, Minoru Ikeda, Manami Kanno and Akihiro Kijima
Marine Ecology Progress Series   450 167-179   2012年   [査読有り]
YUAN Yuan, KANNO Manami, KIJIMA Akihiro, YUAN Yuan
Aquaculture   370-371 109-122   2012年
Evidence of restricted gene flow in small-spatial scale in Chaenogobius annularis
Shotaro Hirase, Manami Kanno, Minoru Ikeda and Akihiro Kijima
Marine Ecology   33(4) 481-489   2012年   [査読有り]
XU Kefeng, KANNO Manami, YU Hong, LI Qi, KIJIMA Akihiro
Mol Biol Rep   38(5) 3067-3074   2011年6月
Isolation and characterization of 15 microsatellite DNA loci for assessing population structure of the intertidal goby, Chaenogobius annularis (Gobiidae)
Shotaro Hirase, Manami Kanno and Akihiro Kijima
Molecular Ecology Resources   10(6) 1106-1108   2010年   [査読有り]
Geographic distribution and genetic population structure of Corbicula japonica around East Asia estimated by mtDNA COⅠsequence analysis
Masae Suzuki, Manami Kanno and Akihiro Kijima
Proceedings of the WFC 2008 5th World Fisheries Congress   7c(1073) 236   2008年
袁 媛, 菅野 愛美, Li Qi
水産育種   36(1) 39-42   2006年12月
砂田 桃代, 菅野 愛美, 小林 俊将
水産育種   36(1) 49-55   2006年12月
菅野 愛美, 木島 明博
水産育種   36(1) 15-23   2006年12月
KANNO Manami, SUYAMA Yoshihisa, LI Qi, KIJIMA Akihiro
Mar Biotechnol   8(6) 672-685   2006年11月
KANNO Manami, LI Qi, KIJIMA Akihiro
Mar Biotechnol   7(3) 179-183   2005年5月
菅野 愛美, 木島 明博
複合生態フィールド教育研究センター報告   19 33-37   2003年12月
マナマコ色彩変異アカナマコアオナマコクロナマコ
Kan-no Manami, Kijima Akihiro
Fisheries science : FS   69(4) 806-812   2003年8月
菅野 愛美, 木島 明博
水産増殖 = The aquiculture   50(1) 63-69   2002年3月
マナマコにみられる色彩変異3型の色彩を、定量的定性的に評価するため、宮城県、青森県、大分県のマナマコを対象に、デジタルカメラと画像編集ソフトを用いて、RGB及びL*a*b*表色系による色彩分析を行うと共に、色彩を構成する色素の観察を行った。その結果、(1)RGB表色系、L*a*bI表色系共に、3型の色彩分布を示すことができたが、L*a*b*表色系でより明確に区分が可能であった。(2)色彩分析において、アカ型はアオ型及びクロ型とは不連続に独立した分布域を示した。一方アオ型とクロ型は互いに連続...
菅野 愛美, 木島 明博
水産育種   31(2) 81-86   2002年3月

Misc

 
北海道でマナマコの栽培漁業を推進するに当たって〜マナマコ放流種苗生産指針(2013年)の作成と普及〜
酒井勇一, 菅野愛美
豊かな海   34 3-6   2014年11月
菅野 愛美, 木島 明博
遺伝   63(3) 75-79   2009年5月
Recent research topics in genetic approaches for sustainable yield and conservation of marine organisms
Akihiro Kijima, Minoru Ikeda and Manami Kanno
Tohoku Journal of Agricultural Research   59(3-4) 93-95   2009年
菅野 愛美, 木島 明博
うみうし通信   (51) 7-9   2006年6月
菅野 愛美
日本水産学会誌   72(2)    2006年3月
ナマコの研究
菅野 愛美
水圏生態研究会ニュースレター   8 3-5   2006年
遺伝マーカーによるマナマコの集団構造解析-色彩変異と地域集団-
菅野愛美, 木島明博
日本水産学会誌(懇話会ニュース)   76(1) 117-118

書籍等出版物

 
ナマコ学―生物・産業・文化
高橋 明義・奥村 誠一 共編 (担当:共著, 範囲:第5章 分子分類・育種)
成山堂書店   2013年3月   
「生態適応科学」自然のしくみを活かし、持続可能な未来を拓く
菅野 愛美 (担当:共著, 範囲:第2章 海洋資源の保全と利用における適応型技術の現状)
日経BP社   2013年2月   

講演・口頭発表等

 
次世代シーケンサーによるSNPマーカーの探索ときのこ品種識別への利用
菅野愛美
日本きのこ学会2015年度ワークショップ   2016年3月11日   
次世代シーケンサーを用いたSNPs分析によるきのこ品種間の遺伝的類縁関係の解析
菅野愛美, 松木 悠, 木村栄一, 鴫原 隆, 陶山佳久
日本きのこ学会第19回大会   2015年9月4日   
酒井勇一, 菅野愛美, 本家一彦, 高山剛, 佐藤直人, 安藤啓一
日本水産学会大会講演要旨集   2014年3月27日   
Genetic relationship among three color variants of East Asian sea cucumber, Apostichopus japonicus.
Manami Kanno and Akihiro Kijima
TU-SBRAS-FEBRAS-ISTC Seminar -Indigenous flora and marine fauna of Russia with health promoting ingredients -   2013年11月   
伊藤知子, 菅野愛美, 陶山佳久, 神山梓, 阪本真吾, 木島明博, 稲葉一男, 青木優和
藻類   2013年3月10日   
SOLIMAN Taha, YAMAZAKI Yuji, NIIYAMA Hiroshi, TSUNODA Keiichi, KANNO Manami, KIJIMA Akihiro
日本水産学会大会講演要旨集   2012年3月26日   
SOLIMAN Taha, YAMAZAKI Yuji, KANNO Manami, KIJIMA Akihiro
日本水産学会大会講演要旨集   2011年9月28日   
Population genetic structure of a sea urchin, Hemicentrotus pulcherrimus, inferred from mtDNA analysis
Nam Wonshik, Manami Kanno, Masato Watanabe and Akihiro Kijima
International Forum for Ecosystem Adaptability Sience Ⅲ, “Adaptability of Human Societies to Perturbation”   2011年11月16日   
Spatial Patterns of Genetic Variation in Japanese Common Intertidal Goby, Chaenogobius annularis, Formed by the Cycles of Vicariance and Dispersal
Shotaro Hirase, Minoru Ikeda, Manami Kanno and Akihiro Kijima
Joint Meeting of Ichthyologists and Herpetologists   2011年7月6日   
A. Lack of gene flow between two geographical groups of intertidal goby, Chaenogobius annularis revealed by nuclear DNA markers
Shotaro Hirase, Minoru Ikeda, Manami Kanno and Akihiro Kijima
International Forum for Adaptability Science II   2010年11月30日   
南阮植, 菅野愛美, 木島明博
日本水産学会大会講演要旨集   2010年3月26日   
菅野愛美, 南阮植, 渡辺雅人, 木島明博
日本水産学会大会講演要旨集   2010年3月26日   
酒井勇一, 菅野愛美
日本水産学会北海道支部大会講演要旨集   2010年   
早坂瞬, 菅野愛美, 小林俊将, 佐々木律子, 藤原桃代, 木島明博
日本水産学会大会講演要旨集   2009年9月30日   
神山梓, 菅野愛美, 木島明博
日本水産学会大会講演要旨集   2009年9月30日   
Isolation and characterization of microsatellite markers from the brown seaweed, Sargassum fusiforme (Fucales, Phaeophyta)
Azusa KAMIYAMA, Manami KANNO and Akihiro KIJIMA
The 10th International Symposium on Genetics in Aquaculture   2009年7月22日   
Taxonomic and phylogenetic relationship of the two color variants of Japanese sea cucumber, Apostichopus japonicus, inferred from mitochondrial DNA analysis
Manami KANNO and Akihiro KIJIMA
Symposium on Genetics in Aquaculture   2009年6月22日   
鈴木雅絵, 菅野愛美, 白澤健太, 北柴大泰, 西尾剛, 木島明博
日本水産学会大会講演要旨集   2009年3月27日   
平瀬祥太朗, 池田実, 菅野愛美, 木島明博
日本魚類学会年会講演要旨   2009年   
Population genetic approaches for stock identification of echinoderms [招待有り]
Manami Kanno
International Workshop on Healthy Aquaculture 2008   2008年5月25日   
HIRASE Shotaro, KANNO Manami, KIJIMA Akihiro
Program Abstr 5th World Fish Congr 2008   2008年   
平瀬祥太朗, 菅野愛美, 木島明博
日本魚類学会年会講演要旨   2008年   
神山梓, 菅野愛美, 木島明博
日本水産学会大会講演要旨集   2007年9月25日   
早坂瞬, 菅野愛美, 木島明博
日本水産学会大会講演要旨集   2007年9月25日   
平瀬祥太朗, 菅野愛美, 木島明博
日本水産学会大会講演要旨集   2007年9月25日   
YUAN Yuan, KANNO Manami, KIJIMA Akihiro
日本水産学会大会講演要旨集   2007年9月25日   
神山梓, 菅野愛美, 木島明博
マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集   2007年5月26日   
渡邉雅人, 菅野愛美, 木島明博
マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集   2007年5月26日   
マナマコの色彩変異に関する遺伝育種学的研究 [招待有り]
菅野愛美, 木島明博
平成18年度水産育種研究会   2006年3月30日   
菅野愛美, えん媛, 木島明博
日本水産学会大会講演要旨集   2006年3月30日   
菅野愛美, 陶山佳久, 木島明博
日本水産学会大会講演要旨集   2005年4月1日   
Genetic differentiation among three color variants of Japanese Sea cucumber, Stichopus japonicus
Manami Kanno, Akihiro Kijima
韓・中・日 水産増・養殖 Joint Symposium   2004年11月1日   
マナマコにおける色彩変異型3型の遺伝学的分化-アカナマコの生殖隔離-
菅野愛美, 木島明博
第一回東北大学バイオサイエンスシンポジウム   2004年5月14日   
菅野愛美, 李き, 木島明博
日本水産学会大会講演要旨集   2004年3月31日   
Genetic Differences among the Three Color Variants of Japanese Sea Cucumber Stichopus japonicus
Manami KAN-NO and Akihiro KIJIMA
The First Joint Seminar on Coastal Oceanography   2003年12月14日   
菅野愛美, 木島明博
日本水産学会大会講演要旨集   2002年3月30日   
遺伝マーカーによるマナマコの集団構造解析-色彩変異型と地域集団- [招待有り]
菅野愛美, 木島明博
平成21年度日本水産学会秋季大会・第一回日本水産学会水産増殖懇話会講演会   2009年9月30日   
研究への想いを語る「マナマコの色彩変異に関する遺伝育種学的研究」 [招待有り]
菅野愛美
2005年度日本付着生物学会ミニシンポジウム   2005年11月25日   
アゴハゼの太平洋グループと日本海グルー プの分岐年代および分布域形成プロセスの推定
平瀬祥太朗, 池田 実, 菅野愛美, 木島明博
平成22年度ゴリ研究会   2010年6月12日   
Identification of artificial seeds of Pacific abalone (Haliotis discus hannai) released into the coastal area using microsatellite DNA markers
Shun HAYASAKA, Manami KANNO, Momoyo FUJIWARA, Ritsuko SASAKI, Toshimasa KOBAYASHI and Akihiro KIJIMA
The 10th International Symposium on Genetics in Aquaculture   2009年6月22日   
Population genetic studies on Echinoderms: population identification and stock management in Japan
Manami KANNO and Akihiro KIJIMA
Workshop in the Faculty of Agricultural Science and Field Science Center in Tohoku University 2008   2008年3月20日   
Evaluation and solution of inbreeding depression in fish and shellfish
Akihiro Kijima, Manami Kanno
International Workshop and Training on Fish Diversity of Mekong River (MeREM)   2006年11月16日   
High Genetic Variability of Isozymes in Japanese Sea Cucumber Stichopus japonicus
Manami KAN-NO and Akihiro KIJIMA
The 11th JSPS Joint Seminar on Marine Science   2000年11月20日   

所属学協会

 
日本きのこ学会

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 菅野 愛美