日本の女性研究者

神経科学

研究者リスト >> 西 真弓
 

西 真弓

 
アバター
研究者氏名西 真弓
 
ニシ マユミ
eメールnmayuminaramed-u.ac.jp
URLhttp://www.naramed-u.ac.jp/~1ana/
所属奈良県立医科大学
部署医学部 医学科第一解剖学
職名教授
学位博士(医学)(京都府立医科大学)
科研費研究者番号40295639

プロフィール

愛知県立旭丘高等学校、 京都大学薬学部卒業。愛知県がんセンター生物学部を経て、1991年京都府立医科大学卒業後、 京都府立医科大学・麻酔科研修医、大学院生。この間1994年~1996年ニューヨーク大学生物学部神経科学センター留学。1997年博士(医学)を取得後、京都府立医科大学・解剖学・生体構造科学部門(旧:第一解剖学)助手、講師、助教授、准教授を経て、2009年8月より奈良県立医科大学・第一解剖学教授(現職)。

研究キーワード

 
神経科学一般 , 神経解剖学・神経病理学 , 神経内分泌学 , 内分泌学\ストレス応答 , 視床下部 , ステロイド受容体 , バイオイメージング , 幼児虐待の神経基盤

研究分野

 
  • 神経科学 / 神経解剖学・神経病理学 / 神経解剖学・神経病理学
  • 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学) / 解剖学一般(含組織学・発生学)
  • 神経科学 / 神経生理学・神経科学一般 / 神経内分泌学

経歴

 
1991年5月
 - 
1992年3月
京都府立医科大学 研修医
 
1997年4月
 - 
1998年5月
京都府立医科大学 医学部・医学科 助手
 
1998年6月
 - 
2005年3月
京都府立医科大学 医学部・医学科 講師
 
2005年4月
 - 
2007年3月
京都府立医科大学 医学部・医学科 助教授
 
2007年4月
 - 
2009年7月
京都府立医科大学 医学部・医学科 准教授
 

受賞

 
2017年9月
日本組織細胞化学会学会賞(高松賞) Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry Award
 
1999年10月
日本バイオイメージング学会 ベストイメージング賞
 

論文

 
A newly defined area of the mouse anterior hypothalamus involved in septohypothalamic circuit : Perifornical Area of the Anterior Hypothalamus.
Horii-Hayashi N
Acta Histochem Cytochem   51 1-8   2018年2月   [査読有り]
幼少期生育環境が脳に及ぼす影響:母子分離研究からの知見
Nishi M*, Sasagawa T, Horii-Hayashi N
日本薬理学雑誌   149 72-72   2017年   [査読有り]
Insights from extracellular matrix studies in the hypothalamus: structural variations of perineuronal nets and discovering a new perifornical area of the anterior hypothalamus
Horii-Hayashi N*, Sasagawa T, Namikawa T, Nishi M
Anatomical Science International   92 18-24   2017年   [査読有り]
Long-term effects of maternal separation on reward seeking and dopamine D1 receptor expression via DNA methylation in female mice
Sasagawa T, Horii-Hayashi N, Okuda A, Hashimoto T, Azuma C, Nishi M*
Neurosci Lett   641 33-39   2017年1月   [査読有り]
Nishikawa K, Furube E, Morita-Takemura S, Horii-Hayashi N, Nishi M, Miyata S
J Neuroendocrinol   29(2)    2017年   [査読有り]
Detection of Nitric Oxide Induced by Angiotensin II Receptor Type 1 Using Soluble Guanylate Cyclase beta1 Subunit Fused to a Yellow Fluorescent Protein, Venus
Tsuji Y, Ozawa K*, Komatsubara T, Zhao J, Nishi M, Yoshizumi M
J Fluoresc   27 399-405   2017年   [査読有り]
Okuda A*, Horii-Hayashi N, Sasagawa T, Shimizu T, Shigematsu H, Iwata E, Morimoto Y, Masuda K, Koizumi M, Akahane M, Nishi M, Tanaka Y
J Neurosurgery Spine   26(3) 388-399   2017年
Ishiwari, F, Hasebe H, Matsumura S, Hajjaj F, Horii-Hayashi N, Nishi M, Someya T, Fukushima T*
Scientific Report   6 24275   2016年6月   [査読有り]
A new area of the mouse anterior hypothalamus involved in septohypothalamic circuit.
Horii-Hayashi N, Sasagawa T, Nishi M*
Interdisciplinary Information Science   21 243-251   2015年   [査読有り]
Horii-Hayashi N, Sasagawa T. Matsunaga W, Nishi M*
Neural plasticity   256389   2015年   [査読有り]
A newly identified mouse hypothalamic area having bidirectional neural connections with the lateral septum: the perifornical area of the anterior hypothalamus rich in chondroitin sulfate proteoglycans.
Horii-Hayashi N, Sasagawa T, Hashimoto T, Kaneko T, Takeuchi K, Nishi M*.
Eur J Neurosci   42 2322-2334   2015年   [査読有り]
Differences in elements between intact and disrupted human ligamenta capitum femorum.
Shinohara Y, Kumai T, Higashiyama I, Tanaka Y, Takakura Y, Nishi M, Azuma C, Minami T, Tohno Y
Biol Trace Elem Res   160 161-168   2014年   [査読有り]
Distribution of corticosteroid receptors in mature oligodendrocytes and oligodendrocyte progenitors of the adult mouse brain.
Matsusue Y, Horii-Hayashi N, Kirita T, Nishi M*
J Histochem Cytochem   62 211-226   2014年   [査読有り]
Imaging of corticosteroid receptors in live cells.
Methods Mol Biol   1204 205-218   2014年   [査読有り]
Nishi M*, Horii-Hayashi N, Sasagawa T.
Frontiers in Neuroscience      2014年   [査読有り]
Developmental changes in desensitization of c-Fos expression induced by repeated maternal separation in pre-weaned mice.
Horii-Hayashi N, Sasagawa T, Matsunaga W, Matsusue Y, Azuma C, Nishi M*
J Neuroendocrinol   25 158-167   2013年   [査読有り]
Effects of early life stress on brain activity: Implications from maternal separation in rodents
Nishi M*, Horii-Hayashi N, Sasagawa T, Matsunaga W
General and Comparative Endocrinol   181 306-309   2013年   [査読有り]
Rapid signaling of steroid hormones in the vertebrate nervous system: a comparative insight from fish to mammals.
Sakamoto H, Takahashi H, Matsuda K-I, Nishi M, Takanami K, Ogoshi M, Sakamoto T, Kawata M
Front Biosci.   17 996-1019   2012年   [査読有り]
Imaging of corticosteroid receptors in live cells.
Nishi M
Methods in Enzymology   505 347-361   2012年   [査読有り]

書籍等出版物

 
PTSD- Brain mechanisms and clinical implications
Kawata M, Nishi M, Matsuda K, Sakamoto H, Cui H, Yoshii T
Springer, Tokyo   2006年   
Development and Steroid Hormone Action
Kawata M, Nishi M, Matsuda K, Ogawa H, Ochiai I, Yoshida M
CRC PRESS LLC, USA   2001年   
Molecular Steroidgenesis
Kawata M, Nishi M, Yoshida M, Ogawa H, Matsuda K, Ito T, Morimoto M, Ozawa H
Universal Academy Press Inc.Tokyo, Japan   2000年   
Management of Pain a World Perspective
Maegawa Y, Hosokawa T, Itoh T, Nisihi M, Yaegashi K, Morimoto T, Tanaka Y
S. Erdine. Bolonga   1998年   

講演・口頭発表等

 
視床下部新規領域PeFAHのUrocortin3/Enkephalin共発現ニューロンの機能.
堀井謹子、西真弓
第123回日本解剖学会総会•全国学術集会   2018年3月   
ストレスの神経科学:コルチコステロイド受容体のリアルタイムイメージングから幼少期ストレスの研究まで.
西真弓.
第59回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2017年9月   
Effects of early life adverse experiences on the brain: Implications from maternal separation in rodents.
Mayumi Nishi
3rd IBRO-APRC Advanced School of Neuroscience 2016.   2016年11月   
幼少期ストレスが嗜好性食餌に対する欲求行動へ与える影響について.
笹川誉世、堀井謹子、並河知宏、西真弓
第43回日本神経内分泌学会学術集会   2016年10月   
ペリニューロナルネット研究から見えてきた臨界期の時空間パターンと視床下部細胞外マトリクスの多様性.
堀井謹子、笹川誉世、並河知宏、西真弓
第57回日本組織細胞化学会総会・学術集会   2016年9月   

所属学協会

 
日本解剖学会 , 日本神経内分泌学会 , 日本神経科学会 , 日本組織細胞化学会 , 日本細胞生物学会 , 北米神経科学会

学歴

 
1976年4月
 - 
1980年3月
京都大学 薬学部 
 
1985年4月
 - 
1991年3月
京都府立医科大学 医学部 
 
1993年4月
 - 
1997年3月
京都府立医科大学 医学研究科 外科学
 

委員歴

 
2018年1月
   
 
日本組織細胞化学会  理事
 
2017年3月
 - 
2019年3月
厚生労働省  医道審議会委員
 
2017年3月
 - 
2019年3月
厚生労働省  医道審議会委員
 
2015年
   
 
日本解剖学会  理事
 
2014年10月
 - 
2020年9月
日本学術会議  第23・24期 連携会員