日本の女性研究者

神経科学

研究者リスト >> 西 真弓
 

西 真弓

 
アバター
研究者氏名西 真弓
 
ニシ マユミ
eメールnmayuminaramed-u.ac.jp
URLhttp://www.naramed-u.ac.jp/~1ana/
所属奈良県立医科大学
部署医学部 医学科第一解剖学
職名教授
学位博士(医学)(京都府立医科大学)
科研費研究者番号40295639

プロフィール

愛知県立旭丘高等学校、 京都大学薬学部卒業。愛知県がんセンター生物学部を経て、1991年京都府立医科大学卒業後、 京都府立医科大学・麻酔科研修医、大学院生。この間1994年~1996年ニューヨーク大学生物学部神経科学センター留学。1997年博士(医学)を取得後、京都府立医科大学・解剖学・生体構造科学部門(旧:第一解剖学)助手、講師、助教授、准教授を経て、2009年8月より奈良県立医科大学・第一解剖学教授(現職)。
2012年〜日本神経内分泌学会理事
2014年〜内閣府日本学術会議代23-24期連携会員
2015年〜日本解剖学会理事

研究キーワード

 
神経科学一般 , 神経解剖学・神経病理学 , 神経内分泌学 , 内分泌学\ストレス応答 , 視床下部 , ステロイド受容体 , バイオイメージング , 幼児虐待の神経基盤

研究分野

 
  • 神経科学 / 神経解剖学・神経病理学 / 神経解剖学・神経病理学
  • 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学) / 解剖学一般(含組織学・発生学)
  • 神経科学 / 神経生理学・神経科学一般 / 神経内分泌学

経歴

 
1991年5月
 - 
1992年3月
京都府立医科大学 研修医
 
1997年4月
 - 
1998年5月
京都府立医科大学 医学部・医学科 助手
 
1998年6月
 - 
2005年3月
京都府立医科大学 医学部・医学科 講師
 
2005年4月
 - 
2007年3月
京都府立医科大学 医学部・医学科 助教授
 
2007年4月
 - 
2009年7月
京都府立医科大学 医学部・医学科 准教授
 

受賞

 
2017年9月
日本組織細胞化学会学会賞(高松賞) Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry Award
 
1999年10月
日本バイオイメージング学会 ベストイメージング賞
 

論文

 
A newly defined area of the mouse anterior hypothalamus involved in septohypothalamic circuit : Perifornical Area of the Anterior Hypothalamus.
Horii-Hayashi N
Acta Histochem Cytochem   51 1-8   2018年2月   [査読有り]
幼少期生育環境が脳に及ぼす影響:母子分離研究からの知見
Nishi M*, Sasagawa T, Horii-Hayashi N
日本薬理学雑誌   149 72-72   2017年   [査読有り]
Insights from extracellular matrix studies in the hypothalamus: structural variations of perineuronal nets and discovering a new perifornical area of the anterior hypothalamus
Horii-Hayashi N*, Sasagawa T, Namikawa T, Nishi M
Anatomical Science International   92 18-24   2017年   [査読有り]
Long-term effects of maternal separation on reward seeking and dopamine D1 receptor expression via DNA methylation in female mice
Sasagawa T, Horii-Hayashi N, Okuda A, Hashimoto T, Azuma C, Nishi M*
Neurosci Lett   641 33-39   2017年1月   [査読有り]
Nishikawa K, Furube E, Morita-Takemura S, Horii-Hayashi N, Nishi M, Miyata S
J Neuroendocrinol   29(2)    2017年   [査読有り]
Detection of Nitric Oxide Induced by Angiotensin II Receptor Type 1 Using Soluble Guanylate Cyclase beta1 Subunit Fused to a Yellow Fluorescent Protein, Venus
Tsuji Y, Ozawa K*, Komatsubara T, Zhao J, Nishi M, Yoshizumi M
J Fluoresc   27 399-405   2017年   [査読有り]
Okuda A*, Horii-Hayashi N, Sasagawa T, Shimizu T, Shigematsu H, Iwata E, Morimoto Y, Masuda K, Koizumi M, Akahane M, Nishi M, Tanaka Y
J Neurosurgery Spine   26(3) 388-399   2017年
Ishiwari, F, Hasebe H, Matsumura S, Hajjaj F, Horii-Hayashi N, Nishi M, Someya T, Fukushima T*
Scientific Report   6 24275   2016年6月   [査読有り]
A new area of the mouse anterior hypothalamus involved in septohypothalamic circuit.
Horii-Hayashi N, Sasagawa T, Nishi M*
Interdisciplinary Information Science   21 243-251   2015年   [査読有り]
Horii-Hayashi N, Sasagawa T. Matsunaga W, Nishi M*
Neural plasticity   256389   2015年   [査読有り]
A newly identified mouse hypothalamic area having bidirectional neural connections with the lateral septum: the perifornical area of the anterior hypothalamus rich in chondroitin sulfate proteoglycans.
Horii-Hayashi N, Sasagawa T, Hashimoto T, Kaneko T, Takeuchi K, Nishi M*.
Eur J Neurosci   42 2322-2334   2015年   [査読有り]
Differences in elements between intact and disrupted human ligamenta capitum femorum.
Shinohara Y, Kumai T, Higashiyama I, Tanaka Y, Takakura Y, Nishi M, Azuma C, Minami T, Tohno Y
Biol Trace Elem Res   160 161-168   2014年   [査読有り]
Distribution of corticosteroid receptors in mature oligodendrocytes and oligodendrocyte progenitors of the adult mouse brain.
Matsusue Y, Horii-Hayashi N, Kirita T, Nishi M*
J Histochem Cytochem   62 211-226   2014年   [査読有り]
Imaging of corticosteroid receptors in live cells.
Methods Mol Biol   1204 205-218   2014年   [査読有り]
Nishi M*, Horii-Hayashi N, Sasagawa T.
Frontiers in Neuroscience      2014年   [査読有り]
Developmental changes in desensitization of c-Fos expression induced by repeated maternal separation in pre-weaned mice.
Horii-Hayashi N, Sasagawa T, Matsunaga W, Matsusue Y, Azuma C, Nishi M*
J Neuroendocrinol   25 158-167   2013年   [査読有り]
Effects of early life stress on brain activity: Implications from maternal separation in rodents
Nishi M*, Horii-Hayashi N, Sasagawa T, Matsunaga W
General and Comparative Endocrinol   181 306-309   2013年   [査読有り]
Rapid signaling of steroid hormones in the vertebrate nervous system: a comparative insight from fish to mammals.
Sakamoto H, Takahashi H, Matsuda K-I, Nishi M, Takanami K, Ogoshi M, Sakamoto T, Kawata M
Front Biosci.   17 996-1019   2012年   [査読有り]
Imaging of corticosteroid receptors in live cells.
Nishi M
Methods in Enzymology   505 347-361   2012年   [査読有り]

書籍等出版物

 
PTSD- Brain mechanisms and clinical implications
Kawata M, Nishi M, Matsuda K, Sakamoto H, Cui H, Yoshii T
Springer, Tokyo   2006年   
Development and Steroid Hormone Action
Kawata M, Nishi M, Matsuda K, Ogawa H, Ochiai I, Yoshida M
CRC PRESS LLC, USA   2001年   
Molecular Steroidgenesis
Kawata M, Nishi M, Yoshida M, Ogawa H, Matsuda K, Ito T, Morimoto M, Ozawa H
Universal Academy Press Inc.Tokyo, Japan   2000年   
Management of Pain a World Perspective
Maegawa Y, Hosokawa T, Itoh T, Nisihi M, Yaegashi K, Morimoto T, Tanaka Y
S. Erdine. Bolonga   1998年   

講演・口頭発表等

 
Effects of early life stress on brain plasticity.
Mayumi Nishi*, Noriko Horii-Hayashi, Takayo Sasagawa, Wataru Matsunaga
第89回日本生理学会大会   2012年3月   
Effects of early life environments on the brain plasticity.
Nishi M, Horii-Hayashi N, Sasagawa T, Matsunaga W
The 7th AOSCE Congress   2012年3月   
光るタンパク質
藤島高校コアSSHプログラム「福井県にゆかりのある科学からノーベル賞の科学へ」   2012年1月29日   
Visualization of corticosteroid receptor interactions in living cells with GPF-based FRET.
日本組織細胞化学会 第10回日中合同組織細胞化学セミナー   2011年10月   
Effects of early life adverse events on brain plasticity
The First ASIA-PACIFIC Conference on Integrative Behavioral Science with Sino-Japan Integrative Symposium of Behavior and its Neuro-Mechanism   2011年7月   

所属学協会

 
日本解剖学会 , 日本神経内分泌学会 , 日本神経科学会 , 日本組織細胞化学会 , 日本細胞生物学会 , 北米神経科学会

学歴

 
1976年4月
 - 
1980年3月
京都大学 薬学部 
 
1985年4月
 - 
1991年3月
京都府立医科大学 医学部 
 
1993年4月
 - 
1997年3月
京都府立医科大学 医学研究科 外科学
 

委員歴

 
2018年1月
   
 
日本組織細胞化学会  理事
 
2017年3月
 - 
2019年3月
厚生労働省  医道審議会委員
 
2017年3月
 - 
2019年3月
厚生労働省  医道審議会委員
 
2015年
   
 
日本解剖学会  理事
 
2014年10月
 - 
2020年9月
日本学術会議  第23・24期 連携会員