日本の女性研究者

神経科学

研究者リスト >> 西 真弓
 

西 真弓

 
アバター
研究者氏名西 真弓
 
ニシ マユミ
eメールnmayuminaramed-u.ac.jp
URLhttp://www.naramed-u.ac.jp/~1ana/
所属奈良県立医科大学
部署医学部 医学科
職名教授
学位博士(医学)(京都府立医科大学)

プロフィール

愛知県立旭丘高等学校卒業。
京都大学薬学部卒業、愛知県がんセンター生物学部を経て
1991年京都府立医科大学卒業。1997年より京都府立医科大学・解剖学・生体構造科学部門(旧:第一解剖学)助手、講師、准教授を経て、2009年8月より現職。この間1994年~1996年ニューヨーク大学生物学部神経科学センター留学。

現在の研究テーマ:
・ 情動とストレスに関わるステロイドホルモンレセプターのダイナミクス
・ 幼少期の生育環境と精神疾患との関連メカニズムの解明
・ シナプスから核へのシグナル伝達

研究キーワード

 
神経科学一般 , 神経解剖学・神経病理学 , 神経内分泌学 , 内分泌学

研究分野

 
  • 脳科学 / 基盤・社会脳科学 / 神経内分泌学
  • 神経科学 / 神経解剖学・神経病理学 / 
  • 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学) / 

経歴

 
1991年
 - 
1992年
:京都府立医科大学・研修医
 
1997年
 - 
1998年
:京都府立医科大学医学部・医学科・助手
 
1998年
 - 
2005年
:京都府立医科大学医学部・医学科・講師
 
2005年
 - 
2007年
:京都府立医科大学医学部・医学科・助教授
 
2007年
 - 
2009年
:京都府立医科大学医学部・医学科・准教授
 

受賞

 
1999年
日本バイオイメージング学会 ベストイメージング賞
 

論文

 
Shinohara Y, Kumai T, Higashiyama I, Tanaka Y, Takakura Y, Nishi M, Azuma C, Minami T, Tohno Y
Biological trace element research   160(2) 161-168   2014年8月   [査読有り]
Matsusue Y, Horii-Hayashi N, Kirita T, Nishi M
The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society   62(3) 211-226   2014年3月   [査読有り]
Nishi M, Horii-Hayashi N, Sasagawa T
Frontiers in neuroscience   8 166   2014年   [査読有り]
Nishi M
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1204 205-218   2014年   [査読有り]
Horii-Hayashi N, Sasagawa T, Matsunaga W, Matsusue Y, Azuma C, Nishi M
Journal of neuroendocrinology   25(2) 158-167   2013年2月   [査読有り]
Sakamoto H, Matsuda K, Hosokawa K, Nishi M, Morris JF, Prossnitz ER, Kawata M
Endocrinology   148(12) 5842-5850   2007年12月   [査読有り]
Nishi M, Horii-Hayashi N, Sasagawa T, Matsunaga W
General and comparative endocrinology   181 306-309   2013年1月   [査読有り]
Nishi M, Kawata M
Neuroendocrinology   85(3) 186-192   2007年   [査読有り]
Rapid signaling of steroid hormones in the vertebrate nervous system.
Sakamoto H, Takahashi H, Matsuda K, Nishi M, Takanami K, Ogoshi M, Sakamoto T, Kawata M
Frontiers in bioscience (Landmark edition)   17 996-1019   2012年1月   [査読有り]
Takeuchi T, Kosuge M, Tadokoro A, Sugiura Y, Nishi M, Kawata M, Sakai N, Matile S, Futaki S
ACS chemical biology   1(5) 299-303   2006年6月   [査読有り]
Morisaki S, Nishi M, Fujiwara H, Oda R, Kawata M, Kubo T
Glia      2010年2月   [査読有り]
Takanami K, Sakamoto H, Matsuda K, Hosokawa K, Nishi M, Prossnitz ER, Kawata M
Brain research   1310 17-28   2010年1月   [査読有り]
Matsuda K, Sakamoto H, Mori H, Hosokawa K, Kawamura A, Itose M, Nishi M, Prossnitz ER, Kawata M
Neuroscience letters   441 94-99   2008年8月   [査読有り]
Matsuda K, Nishi M, Takaya H, Kaku N, Kawata M
Journal of cellular biochemistry   103(1) 136-148   2008年1月   [査読有り]
Nishi M, Kawata M
The Neuroscientist : a review journal bringing neurobiology, neurology and psychiatry   12 119-133   2006年4月   [査読有り]
Tanaka M, Nishi M, Morimoto M, Sugimoto T, Kawata M
Cell and tissue research   320 447-453   2005年6月   [査読有り]
Han F, Ozawa H, Matsuda K, Nishi M, Kawata M
Neuroscience research   51(4) 371-381   2005年4月   [査読有り]
Lu H, Nishi M, Matsuda K, Kawata M
Neuroscience research   50(1) 23-28   2004年9月   [査読有り]
Kumar S, Chaturvedi NK, Nishi M, Kawata M, Tyagi RK
Biochimica et biophysica acta   1691 73-77   2004年5月   [査読有り]
Nishi M, Tanaka M, Matsuda K, Sunaguchi M, Kawata M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   24 4918-4927   2004年5月   [査読有り]

Misc

 
Rapid signaling of steroid hormones in the vertebrate nervous system: a comparative insight from fish to mammals.
西 真弓, Sakamoto H, Takahashi H, Matsuda K-I, Nishi M, Takanami K, Ogoshi M, Sakamoto T, Kawata M
Front Biosci.   17 996-1019   2012年
Imaging of corticosteroid receptors in live cells.
西 真弓, Nishi M
Methods in Enzymology   505 347-361   2012年
西 真弓, Nishi M
Acta Histochem Cytochem.   44(1) 1-7   2011年
西 真弓, Nishi M, Horii-Hayashi N, Kawata M
Neurosci Lett.   494(1) 65-69   2011年
In vivo assessment of peripheral nerve regeneration by diffusion tensor imaging.
西 真弓, Morisaki S, Kawai Y, Umeda M, Nishi M, Oda R, Fujiwara H, Yamada K, Higuchi T, Tanaka C, Kawata M, Kubo T
J of Magn Res Imag.   33 535-542   2011年

書籍等出版物

 
PTSD- Brain mechanisms and clinical implications
Springer, Tokyo   2006年   
Development and Steroid Hormone Action
CRC PRESS LLC, USA   2001年   
Molecular Steroidgenesis
Universal Academy Press Inc.Tokyo, Japan   2000年   
Management of Pain a World Perspective
S. Erdine. Bolonga   1998年   

講演・口頭発表等

 
Effects of early life stress on brain plasticity.
第89回日本生理学会大会   2012年   
Effects of early life environments on the brain plasticity.
The 7th AOSCE Congress   2012年   
光るタンパク質
藤島高校コアSSHプログラム「福井県にゆかりのある科学からノーベル賞の科学へ」   2012年   
Visualization of corticosteroid receptor interactions in living cells with GPF-based FRET.
日本組織細胞化学会 第10回日中合同組織細胞化学セミナー   2011年   
Effects of early life adverse events on brain plasticity
The First ASIA-PACIFIC Conference on Integrative Behavioral Science with Sino-Japan Integrative Symposium of Behavior and its Neuro-Mechanism   2011年   

担当経験のある科目

 
  • 細胞生物学 (京都府立医科大学)
  • 解剖学 (奈良県立医科大学, 京都府立医科大学)

所属学協会

 
日本組織細胞化学会 , 日本細胞生物学会 , 日本神経内分泌学会 , 北米神経科学会 , 日本神経科学会 , 日本解剖学会

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 西 真弓
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 西 真弓
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 西 真弓
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 西 真弓
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 西 真弓
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 西 真弓
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 西 真弓
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 西 真弓
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A), 特定領域研究)
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 西 真弓
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 2001年 - 2001年    代表者: 西 真弓
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 西 真弓
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 西 真弓
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 西 真弓
神経機能分子の蛍光分子イメージング
科学研究費補助金
研究期間: 1999年   
幼少期のストレスが脳の可塑性に及ぼす影響
科学研究費補助金
研究期間: 2007年   

学歴

 
 
 - 
1997年
京都府立医科大学 医学研究科 外科学
 
 
 - 
1980年
京都大学 薬学部 
 
 
 - 
1991年
京都府立医科大学 医学部 
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本解剖学会  理事
 
2014年10月
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 
2012年4月
 - 
現在
日本神経内分泌学会  理事
 
2012年
   
 
日本組織細胞化学会  男女共同参画委員会委員長
 
2010年
   
 
日本組織細胞化学会  将来計画検討委員