日本の女性研究者

農学

Researcher List >> Miki Yoshimura
 

Miki Yoshimura

 
Avatar
NameMiki Yoshimura
AffiliationUniversity of Hyogo
SectionSchool of Human Science and Environment
Degree博士(学術)(大阪市立大学)

研究キーワード

 
Food Science , 食品ハイドロコロイド , 応用栄養学 , Cooking Science , Physical Property of Food

研究分野

 
  • Life sciences / Food sciences / 
  • Humanities & social sciences / Home economics, lifestyle science / 

経歴

 
Apr 2010
 - 
Today
School of Human Science and Environment, University of Hyogo
 
Apr 2006
 - 
Today
University of Hyogo
 
Apr 2007
 - 
Mar 2010
School of Human Science and Environment, University of Hyogo
 
Apr 2004
 - 
Mar 2007
School of Human Science and Environment, University of Hyogo
 
Apr 2002
 - 
Mar 2004
Himeji Institute of Technology
 

学歴

 
 
 - 
Mar 1999
大阪市立大学生活科学研究科食品栄養科学
 
 
 - 
Mar 1991
Graduate School of Human Sciences and Design, Japan Women's University
 
 
 - 
Mar 1985
Faculty of Human Sciences and Design, Japan Women's University
 

委員歴

 
2018
 - 
Today
日本調理科学会  代議員
 
2017
 - 
Today
日本栄養改善学会  関西支部委員
 
2016
 - 
Today
日本咀嚼学会  評議員
 
2014
 - 
Today
日本バイオレオロジー学会  理事
 
2013
 - 
Today
姫路市公民会運営審議会  副委員長
 

受賞

 
2016
栄養士会表彰, 日本栄養士会
 
2016
栄養士会表彰, 兵庫県栄養士会
 
2012
知事表彰, 兵庫県
 
2011
ポスター優秀賞, 第4回兵庫県立大学シンポジウム
 
2011
知事表彰, 兵庫県
 

論文

 
吉村美紀
日本食品科学工学会誌   65(7) 380‐385-385   Jul 2018   [Refereed][Invited]
Copyright © 2018 Japanese Society for Food Science and Technology. Soybeans exhibit excellent functionality as a food and are often a dietary component for the elderly. In the present study, we examined the effects of heating and enzyme treatment ...
吉村美紀
日本バイオレオロジー学会誌(Web)   32(1) 22‐29 (WEB ONLY)-29   Apr 2018   [Refereed][Invited]
シカ肉は蛋白質・鉄分を多く含み、脂質含量が低い。また、脂質代謝に関与するアミノ酸誘導体であるカルニチンを多く含み、栄養性・機能性を有している。シカ肉加工品では、プロテアーゼ活性を含む麹を利用することで、総遊離アミノ酸量が増加し、軟らかく嗜好性が向上する。シカ肉調理では焼く・煮る・揚げる・スチーム加熱・マイクロ波加熱の調理法により、放出肉汁量と硬さ、カルニチン量に違いがみられる。シカ皮由来のコラーゲンペプチドの物性と熱的挙動は、その分子量および分子量分布、濃度に大きく影響すると推察された。
島田良子, 海老原清, 吉村美紀
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   72nd 301   Apr 2018   [Refereed]
吉村美紀
日本調理科学会誌   50(4) 160‐163   Aug 2017   [Refereed][Invited]
畦西克己, 畦西克己, 堀夏海, 上野山あつこ, 吉村美紀, 北元憲利
日本摂食嚥下リハビリテーション学会雑誌   21(2) 71‐82-82   Aug 2017   [Refereed]
【目的】本研究では、食肉の形状を変えることなく軟化させる方法について、加熱方法と食品品質改良剤の浸漬による軟化処理により、物性・嗜好性・咀嚼性の点から検討した。【方法】試料には豚ヒレ肉を半解凍で幅2cm、高さ1cmの直方体に形成後、蒸留水および3%食品品質改良剤溶液(スベラカーゼミート((株)フードケア))に15時間浸漬し、普通鍋は10分間、圧力鍋は8分間加熱を行なった。試料の浸漬前後の重量、加熱調理後の重量より、重量増加率および重量減少率を算出した。レオメーターを用い、貫入応力、貫入エネ...

書籍等出版物

 
吉村 美紀 (Part:共著)
講談社   2017   
Miki Yoshimura (Part:共著)
Springer   2017   
林真理, 吉村美紀, 若林麻耶, 横山真弓 (Part:監修)
丸善出版   Dec 2016   ISBN:4863453167
吉村 美紀 (Part:共著)
羊土社   2016   
林 真理, 横山 真弓, 吉村 美紀
丸善プラネット, 丸善出版 (発売)   2016   ISBN:9784863453166

講演・口頭発表等

 
吉村美紀, 平川あさき
日本バイオレオロジー学会誌(Web)   Jun 2018   
細田捺希, 吉村美紀
日本バイオレオロジー学会誌(Web)   Jun 2018   
永井紘太, 吉村美紀
日本バイオレオロジー学会誌(Web)   Jun 2018   
吉村美紀
レオロジー討論会講演要旨集   Oct 2017   
細田捺希, 吉村美紀
レオロジー討論会講演要旨集   Oct 2017   

所属学協会

 
THE SOCIETY OF RHEOLOGY, JAPAN , JAPANESE SOCIETY OF BIORHEOLOGY , JAPAN SOCIETY FOR FOOD ENGINEERING , JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY , THE JAPAN ASSOCIATION FOR THE INTEGRATED STUDY OF DIETARY HABITS

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
科研費基盤研究C
Project Year: 2012 - 2014
研究成果最適展開支援プログラムA-step
Project Year: 2013