日本の女性研究者

地域研究

研究者リスト >> 羽場 久美子
 

羽場 久美子

 
アバター
研究者氏名羽場 久美子
 
ハバ クミコ
URLhttp://side.parallel.jp/ekumihaba/
所属青山学院大学
部署国際政治経済学部国際政治学科
職名教授
学位博士(国際関係学)(津田塾大学)

プロフィール

専門は、国際政治学、国際関係論、国際社会学、EU(欧州連合)地域研究、比較政治学、ナショナリズム、ゼノフォビア、先進国危機と戦争。特に、欧州とアジアにおいて、安全保障の制度化や和解の制度化をどのように実現するかについて、ヨーロッパに学び、OSCEや境界線地域のユーロリージョン、和解のための対話組織の恒常化について検討している。冷戦史研究、境界線とマイノリティ研究、移民・難民問題、ジェンダー、グローバル化と格差の拡大など。ホームページ:http://side.parallel.jp/ekumihaba/

研究キーワード

 
EU・NATO , ヨーロッパ連合 , 民主化 , 冷戦の終焉 , ナショナリズムとゼノフォビア , Globalization と地域主義 , 地域統合研究 , 格差と貧困 , グローバリゼーション , マイノリティ研究 , ナショナリズム , ポピュリズム , 地域統合研究 , 格差と貧困 , グローバリゼーション , マイノリティ研究 , ナショナリズム , ポピュリズム

研究分野

 
  • 政治学 / 国際関係論 / パワーシフト、ナショナリズム、先進国危機
  • 政治学 / 政治学 / 民主化、ポピュリズム、ゼノフォビア
  • 地域研究 / 地域研究 / 欧州統合研究、中東欧研究、東アジア研究
  • 史学 / ヨーロッパ史・アメリカ史 / 第1次世界大戦、第2次世界大戦、冷戦史

経歴

 
2018年9月
 - 
2018年9月
ロシア、サンクトペテルブルク国立大学 国際関係学部 客員教授
 
2018年6月
 - 
2018年6月
中国、浙江大学 国際連合大学 招聘教授
 
2017年
 - 
2018年3月
京都大学 経済研究所 客員教授
 
2016年
 - 
現在
グローバル国際関係研究所 所長
 
2011年9月
 - 
2012年9月
ハーバード大学 国際関係研究所(WCFIA) 客員研究員
 
2008年4月
 - 
2011年3月
東京大学大学院 大学院 総合文化研究科 非常勤講師
 
2008年4月
 - 
現在
一橋大学 大学院 公共政策大学院 非常勤講師
 
2008年4月
 - 
2013年3月
一橋大学 大学院 法学研究科、21世紀COE プログラム 共同研究院
 
2007年4月
 - 
現在
青山学院大学 国際政治経済学部 国際政治学科 教授
 
2005年11月
 - 
2007年3月
法政大学 大学院付属特定課題研究所、ヨーロッパ研究所所長
 
2005年4月
 - 
2007年3月
法政大学 センター入試全学実行副委員長
 
2005年
 - 
2005年
関西学院大学 大学院法学研究科博士論文審査委員
 
2004年4月
 - 
2007年3月
一橋大学 EUIJ(European Union Institute in Japan)共同研究員
 
2004年4月
 - 
2006年3月
京都大学 大学院文学研究科・文学部 非常勤講師(集中講義)
 
2004年4月
 - 
2005年3月
一橋大学 大学院社会学研究科 非常勤講師
 
2003年4月
 - 
2004年3月
一橋大学 大学院法学研究科 非常勤講師
 
2003年3月
 - 
2003年8月
フランス・ソルボンヌ大学 国際関係史研究所客員研究員
 
2002年4月
 - 
2008年3月
慶應義塾大学 大学院総合政策研究科博士論文外部審査委員
 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京大学 教養学部DESK 非常勤講師
 
2002年4月
 - 
2004年3月
京都大学 大学院人文科学研究科21世紀COEプログラム客員研究員
 

学歴

 
1987年10月
 - 
1987年10月
津田塾大学大学院 国際関係学研究科 博士号(国際関係学)授与
 
1978年9月
 - 
1980年3月
ハンガリー科学アカデミー 歴史学研究所 留学  (政府交換留学生として)
 
1977年4月
 - 
1981年3月
津田塾大学大学院 国際関係学研究科 博士課程
 
1977年3月
 - 
1977年3月
津田塾大学大学院 国際関係学研究科 修士課程修了、国際関係学修士授与
 
1975年4月
 - 
1977年3月
津田塾大学大学院 国際関係学研究科 修士課程
 
1971年4月
 - 
1975年3月
津田塾大学 学芸学部 国際関係学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
世界国際関係学会(ISA, International Studies Association)  アジア太平洋委員会(Asia Pacific Region)、副会長(Vice President)
 
2014年
 - 
現在
世界国際関係史学会(CHIR, Commission of History of International Relations)  日本代表理事 (現在まで)
 
2000年
 - 
2018年
日本スラブ東欧学会(JSSEES)  理事
 
1997年
 - 
2018年
日本ロシア・東欧学会  理事
 
2018年
   
 
ロシア東欧学会  幹事
 
2014年9月
 - 
2017年8月
日本学術会議 第23期、第1部会員  政治学委員会副委員長、地域研究委員会幹事、比較政治学分科会委員長、アジア地域協力分科会委員長
 
2014年9月
 - 
2017年8月
日本学術会議 第23期  1部会員、ジェンダと政治分科会委員長、地域統合分科会委員長、国際会議選考委員
 
2016年7月
 - 
2017年7月
アジア太平洋EU学会(EUSA AP)  2017年東京大会, 大会実行委員長(President)
 
2015年3月
 - 
2017年4月
世界国際関係学会(ISA、International Studies Association)  学会副会長(Vice President elected)
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本学術振興会  特別研究員等審査会委員
 
2016年
 - 
2017年
EUSA Asia-Pacific(アジア太平洋EU学会)  2017東京大会 実行委員長(President)
 
2010年3月
 - 
2016年5月
国際アジア共同体学会  副代表理事、国際交流、若手人材育成担当
 
2000年
 - 
2016年
歴史科学協議会編集委員  編集委員
 
2008年
 - 
2015年5月
国際アジア共同体学会  理事、編集委員
 
2011年
 - 
2015年
文部科学省大学設置審議会  評価委員
 
2011年10月
 - 
2014年9月
日本学術会議 第22期 第1部会員(政治学)  政治学委員会副委員長、比較政治分科会委員長、地域委員会幹事、地域統合分科会委員長、国際委員会委員、国際会議選考委員
 
2008年4月
 - 
2013年3月
日本政治学会  理事
 
2008年4月
 - 
2013年3月
日本政治学会  理事、2010年書評委員会委員長
 
2011年9月
 - 
2012年9月
在外研究、ハーバード大学、国際問題研究所、客員研究員  客員研究員
 
2012年3月
   
 
日本国際フォーラム  参与、有識者議員(現在まで)
 
2011年
 - 
2012年
日本学術振興会  博士リーディングプロジェクト大型研究費審査委員
 
2004年
 - 
2012年
一橋大学EUIJ(日本EUインスティチュート)  協力メンバー、COE協力メンバー
 
2008年10月
 - 
2011年9月
日本学術会議 第21期 連携会員  政治学委員会委員、地域研究委員会委員、ジェンダー部会委員
 
2009年
 - 
2011年
日本学術振興会  科学研究費 審査委員(地域)
 
2011年
   
 
文部科学省  科学研究費審査委員
 
2010年3月
   
 
、「EUに学ぶ東アジア共同体国際会議」を開催
 
2010年3月
   
 
東アジア共同体学会  副議長、政策本会議会委員(現在まで)
 
2010年
 - 
2010年
日本政治学会  2010年書評委員会委員長
 
2010年
 - 
2010年
日本外務省欧州局ASEM 室との共同国際会議検討準備(欧州とアジア)
 
2010年
   
 
文部科学省大学設置審議会  評価委員
 
2010年
   
 
外務省欧州局日EU共同宣言起草準備委員会  有識者相談員
 
2009年12月
   
 
CHIR東京大会開催
 
2009年11月
   
 
「冷戦終焉20年」の国際会議開催
 
2009年
 - 
2009年
同志社大学法学部・法学研究科  大学評価 第3者審査委員会委員
 
2003年
 - 
2009年
日本ロシア・東欧学会  事務局長
 
2005年3月
 - 
2008年3月
日本EU学会  監事
 
2005年
 - 
2008年
日本学術会議第20期政治学委員会  国際政治分科会、地域研究委員会委員、連携会員
 
2008年
   
 
東アジア共同体学会  有識者会議評議員 (現在まで)
 
2006年
 - 
2007年
財務省国際通貨研究所  拡大EU研究会委員
 
2005年
 - 
2007年
内閣府・外務省欧州局  日、EU市民交流年海外交流委員
 
2000年
 - 
2006年11月
日本国際政治学会  理事
 
2006年
 - 
2006年
日本学術振興会  科学研究費審査委員(国際関係論)
 
2004年
 - 
2006年
日本国際政治学会  NL委員会主任
 
2004年
 - 
2006年
日本国際政治学会理事(~2007年)、ニューズレター委員会主任、対外交流委員  ニューズレター委員会主任、対外交流委員
 
2004年
 - 
2006年
日本国際政治学会  対外交流委員
 
2002年
 - 
2006年
内閣府調査室ヨーロッパ(EU)研究会  委員
 
2001年
 - 
2006年
JETRO(日本貿易振興会)欧州拡大研究会委員  委員
 
2005年12月
 - 
2005年12月
EUSA Asia-Pacific(アジア太平洋EU学会)  東京国際大会実行委員長
 
2005年
 - 
2005年
ECSA World(世界EU学会)  日本代表グループメンバー
 
2004年
 - 
2005年
日本EU市民交流年海外事業委員  委員
 
2004年
 - 
2005年
世界国際関係学会(ISA)Governing Council執行委員会(USA
 
2003年
 - 
2005年
ISA(世界国際関係学会)  Non-American Governing Council member
 
2003年
 - 
2005年
ISA(International Studies Association)  Governing Council(理事)
 
2002年
 - 
2005年
日本学術会議第19期政治学研究連絡会議  委員、幹事
 
2002年
 - 
2005年
日本学術会議  政治学研究連絡会議幹事
 
2005年
   
 
欧州連合(EU)ジャン•モネ•チェア
 
2004年
 - 
2004年
日本EU学会  編集査読委員
 
2004年
 - 
2004年
日本EU学会  国際大会委員
 
2004年
 - 
2004年
CHIR(Committee of History of International Relations)  東京国際大会開催担当校
 
2000年
 - 
2004年
日本国際政治学会  運営委員会委員、会計主任、基盤委員会委員
 
2003年
 - 
2003年
ECSA World(世界EU学会)  日本代表グループメンバー
 
2002年
 - 
2003年
JICA(日本国際協力事業団)中・東欧援助検討会委員  委員
 
2003年
   
 
ハンガリー友好協会理事  理事 (現在まで)
 
2002年
 - 
2002年
日本ロシア・東欧学会  2002年大会企画委員長
 
2002年
 - 
2002年
WISC(世界国際関係委員会)  大会開催準備委員会JAIR代表委員
 
2002年
   
 
日本EU学会  理事 (現在まで)
 
2001年
 - 
2001年
日本スラブ東欧学会(JSSEES)  大会開催校実行委員長
 
2001年
   
 
CHIR(国際関係史学会、国際歴史学会内)  日本支部、代表委員 (現在まで)
 
1998年
 - 
2000年
日本国際政治学会  評議員
 
1998年
 - 
2000年
日本国際政治学会  会計副主任
 
1999年
 - 
1999年
日本ロシア・東欧学会  1999年大会企画委員
 
1992年
   
 
日本西洋史学会  開催校 実行委員
 
1975年
 - 
1989年
東欧史研究会  創設委員、企画委員・会計・編集委員
 
1981年
 - 
1983年
歴史学研究会  委員
 
 
   
 
日本国際フォーラム 参与・有識者議員
 

受賞

 
2005年9月
欧州委員会 ジャン・モネ・チェアの称号とグラント
 
2000年12月
ハンガリー文部大臣 ハンガリー建国1000年国際交流学術奨励賞
 

論文

 
「パワーシフトと、AIIB・シルクロード構想-欧州と中国の共同-」
季刊『国際貿易と投資』100号記念増刊号「変革を待つWTO,拡大深化するFTA」      2015年10月
「EUはどこに向かうのか?」
『歴史地理教育』   (811)    2013年11月
「アジア「知」のネットワーク形成」
『国際貿易』      2013年7月
「アジアにおける日中関係の役割―東アジアの共同発展」
『国際貿易』      2013年4月
「パワーシフトとアジアの地域統合の課題―欧州統合の知恵に学ぶ」
『世界平和研究』2013.秋季号   (199)    2013年
Great Power Politics and East Asian Regional Cooperation
WCFIA      2012年7月
「中欧アイデンティティの夢と現実―拡大EU・NATOのリアリティ―」
特集:中欧とは何か?岩波『思想』   (1056) 9-29   2012年4月
「ソ連の崩壊を西欧はどう受け止めたか?―「民主主義」と全体主義に関する考察」
『ソ連崩壊20年』   118-141   2012年4月
「「ヨーロッパの危険地帯」、中・東欧とバルカンの「戦略文化」―戦争、安全保障、「民主化」とEU・NATOの拡大」
『安全保障・戦略文化の比較研究』国際政治   (167) 189-222   2012年1月
「グローバリゼーションとトラフィッキング―EU・日本に見る実態と戦略―」
『ジェンダーと政治過程』『年報 政治学』日本政治学会編   2010-II 174-193   2010年
「冷戦終焉20年と中・東欧」
特集ベルリンの壁崩壊から20年を経て『歴史評論』   (716)    2009年12月
「冷戦終焉20年と中・東欧―鉄のカーテン崩壊から現在まで」
『歴史評論』   (716)    2009年12月
「冷戦の終焉とトラフィッキング」
人の移動特集『歴史評論』   (713)    2009年9月
「拡大EUの教訓と東アジア共同体」
『海外事情』      2007年
「ハンガリー56年事件と新史料、研究動向」
『ユーラシア研究』   (36)    2007年

Misc

 
「先進国危機からの脱出―マクロンは新しい風を生み出せるか?」
『情況』   7月号    2018年7月
「ルペン氏に迫るマクロン旋風。移民受け入れ派の若手躍進」
『週間エコノミスト』      2018年3月
「ロシアー「反EU、反移民」で高まる存在感。プーチンに接近する欧州の極右勢力」
『週間エコノミスト』世界経済相予測      2017年1月
「東欧とEUの100年―ヨーロッパの未来」ロシア東欧の100年―ロシア革命から現在まで
『神奈川大学評論』   86    2017年
「中国の対欧州戦略:英国の離脱で強まるEUとの関係 AIIB&「一帯一路」構想に邁進」
『週間エコノミスト』      2016年9月
「イギリスのEU離脱」(インタヴュー)
『マスコミ市民』      2016年8月
「イギリスのEU離脱」
フラタニティ7月号      2016年7月
羽場 久美子・金香男「アジアの相互信頼に向けて」
金香男『アジア共同体への信頼醸成に何が必要かーリージョナリズムとグローバリズムのはざまで』      2016年3月
「拡大EUの境界線とナショナリズム、民主化―多様性の中の統合」
『学術の動向』8月号   64-69   2014年8月
「東アジア共同体と大国」
渡邊啓貴編「世界から見たアジア共同」      2014年6月
「東欧激震の拡大―ウクライナを見る視点」
公明グラフ2014年夏号      2014年6月
「パワーシフトー国家不安、領土紛争とゼノフォビア」
特集 パワーシフト、『学術の動向』2014.1月号   26-35   2014年1月
「パワーシフトとゼノフォビア」
学士會会報   40-46   2014年
「大国のパワーシフトとアジアの地域統合」
特集『アジア新世紀―グローバル世界の中で』『神奈川大学評論』   (75) 22-33   2013年7月
「尖閣・竹島をめぐる「固有の領土」論の危うさーヨーロッパの国際政治から」
岩波『世界』      2013年2月
「領土問題と東アジアの共同発展―問題凍結し、相互信頼構築を」
『国際貿易』      2013年1月
「ハプスブルク君主国とEUードナウ連邦構想」
『ハプスブルク史入門』大津留厚編      2013年
「EUの拡大とトラフィッキング(人身売買)-旧社会主義国からの人の移動と「人権侵害」」
『移民・マイノリティと変容する社会』宮島喬・吉村眞子編      2012年6月
「拡大EUのゆくえ」
『雑誌公明』      2012年2月
「世界史からの歴史教育の提言いかなる歴史認識を創っていくか?-ヨーロッパ中心主義から新しい普遍主義へ」
特集:これからの大学学部の歴史教育、『学術の動向』   56-59   2011年10月
“The EU and NATO Enlargement and Central Eastern European Policy under the Influence of the USA ---The Role of Poland in the EU and the Iraq War---
山本吉宣退職記念論文集、『青山学院大学国際政治経済学部紀要』      2011年6月
「仲間づくりの地域統合論―東アジアとEU―」
仲間づくりの国際関係『学術の動向』      2011年6月
「第2次世界大戦氏国際委員会―占領経験―1931-49年、国際関係史学会―移民と分界点―」
特集第21回国際歴史学会議アムステルダム大会(II)『歴史学研究』歴史学研究会編集      2011年5月
「冷戦終焉後の「ヨーロッパの危険地域」―社会主義から民主主義へ、ソ連ブロックから拡大EUへー」「EU・NATOの拡大と中・東欧の「民主化」」
『ロシア・拡大EU』羽場久美子・溝端佐登史編      2011年4月
“The EU Suggestion and East Asian Community as a Comparative Study as Norms and Institutions---Reconciliation with Enemies and Alliance with the US---“
The Regional Integration in Asia and Europe      2011年3月
The Regional Integration in Asia and Europe, Theoretical and Institutional Comparative Studies and Analysis Ed. by G. John Ikenberry, Yoshinobu Yamamoto, & Kumiko Haba
「拡大EUにおける境界線とシティズンシップ―ヨーロッパ・アイデンティティと、ゼノフォビア(よそ者嫌い)の相克―」
『宮島喬教授退職記念論文集』『社会志林』      2011年3月
「EUの現状から東アジア共同体を展望する」
シンポジウム「日中関係の未来を展望する」研究誌『季刊中国』2010年冬季号   (103)    2011年
「世界史の『周辺』におけるジェンダー--「トラフィッキング」と従軍慰安婦非難決議」
『歴史教育とジェンダー―教科書からサブカルチャーまで』      2011年
「拡大EU、地域統合のガバナンス・モデル」
『世界政治を読み解く』押村高・中山俊宏編      2011年
Japan-China Reconciliation is key of United Asia
International Herald Tribune (Herald Asahi)   16-17   2010年1月
The Origin of the Cold War and Eastern Europe―The Turning Point from 1946-1948, Investigating from Hungary―
The End of the Cold War and the Regional Integration in Europe and Asia      2010年
Ed. by Robert Frank, Kumiko Haba, & Hiroshi Momose
「コソボ独立 国際社会の不安定化懸念」
『読売新聞』      2008年3月
"The EU Enlargement and the Border Question, Wider Europe"
『Melting Borders』(Ed. by Ygaki and Mizobata)   331-352   2008年
“The Lesson of the EU Enlargement and the East Aisan Coomunity and Shanghai Cooperative Organization, What and How we can learn from the European Integration”
50 Years Rome Treaty and EU-Asia Reloations, ed. by Chong-ko Peter Tzou      2008年
「拡大EUに見る歴史的和解と東アジア共同体」
『歴史教育年報』      2008年
「殺戮と荒廃の欧州から、平和と繁栄の欧州へ―変遷の要因」
『Japan AALA』      2008年
「拡大EUとフロンティア」
『フロンティアのヨーロッパ』(山内 進編)      2008年
「国際政治をどう学ぶか、どう教えるか」
『日本国際政治学会ニューズレター』   (113)    2007年10月
「拡大EUの教訓と東アジア共同体」
『海外事情』      2007年6月
「ハンガリー56年事件と新史料、研究動向」
『ユーラシア研究』   (36)    2007年5月
"Democracy, Nationalism, and Citizenship in the Enlarged EU, The Effects of Globalisation and Democratisation"
『Intercultural Dialogue and Citizenship』   601-620   2007年
(ed. by Leonce Bekemans, Maria Karasinska-Fendler, Marco Mascia, Antonio Papisca, Constantine A. Stephanou, Peter G. Xuereb)
"EU Enlargement,Border Question and Wider Europe"、University of Kyoto
Wider Europe(University of Kyoto)      2007年
「EU・NATOの拡大とイラク戦争―中・東欧の加盟とアメリカの影響」
『衝突と和解のヨーロッパー』(山内 進,大芝 亮編)   135-166   2007年
「国際政治をどう学ぶか、どう教えるか」
『日本国際政治学会ニューズレター』   (113)    2007年
「『イラク戦争後』のEU・NATOの拡大と中・東欧の国際関係」
『国際問題』   (555)    2006年10月
「総論 ヨーロッパの東方拡大―グローバル化とナショナリズムの相克」
『ヨーロッパの東方拡大』(羽場,小森田,田中編)   1-404   2006年6月
「拡大EUとナショナリズムー民主化とグローバル化の帰結」
『ヨーロッパの軌跡とベクトル』      2006年
"NATO and EU Enlargement and the Central Europe"
『Globalization, Regionalization and the History of International Relations』   91-100   2005年10月
「拡大EUとその境界線をめぐる地域協力―「地域からなるヨーロッパ」再考―」
特集20世紀ヨーロッパ史の中の<境界>『歴史評論』(歴史科学協議会編)   (665) 2-16   2005年9月
「序論 新しいヨーロッパ-拡大EUの諸相」
『新しいヨーロッパ―拡大EUの諸相』(日本国際政治学会編)   178+16   2005年8月
"The EU’s Wider Europe Policy towards Russia"、EU and Russia, 2005.
ICCEES World Conference, Berlin      2005年7月
"Wider Europe and the Kaliningrad Question"
ICCEES World Conference,Berlin,Germany      2005年7月
「NATOの東方拡大と欧州の安全保障―コソヴォ空爆からイラク戦争へ:アメリカの影」
『21世紀の安全保障と日本』      2005年7月
「25カ国拡大ヨーロッパ、『世界秩序の構築』に向けて」
『学術の動向』(日本学術会議)   (2005年5月号)    2005年5月
「拡大EUの今日的意義―「世界秩序」の構築と内なる相克の克服」
拡大EUのインパクト『海外事情』   2-16   2005年2月
「拡大EUと中・東欧、ワイダー・ヨーロッパ」
『国際関係の中の拡大EU』(森井裕一編)   225-249   2005年2月
「多国共存の条件―3つの人質事件の反省から」
『神奈川大学評論』      2005年1月
「中欧地域の『転換』―その社会・政治的背景」
『転換期の作法―ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーの現代美術』      2005年
「欧州から見た、大中華圏」
『大中華圏の実像』(寺島,朱編)      2005年
「EU拡大とカリーニングラード、ベラルーシ」ユーラシア諸国の動き
『ユーラシア研究』   (31)    2004年11月
「拡大EU 新加盟国のインパクト-ポーランドの事例を中心に」
『外交フォーラム』      2004年8月
「欧州拡大とイラク戦争-新旧ヨーロッパの確執とアメリカの影-」
『新しい歴史の動き』      2004年5月
「EU25ヵ国拡大と中・東欧の課題」
『世界週報』      2004年5月
「ヨーロッパの拡大と分断 欧州、中欧、国益、民族」
『人類知の新たな統合に向けて』(21世紀COEプログラム)   329-342   2004年3月
"NATO Enlargement and the Iraq War—Central and Eastern Europe under the shadow of the US—"
Working Paper in the International Conference Russia and NATO      2004年2月
"The Enlargement of the EU toward Central and Eastern Europe: Nationality, Ethnicity, and Security Questions"
『EUの東方拡大』(日本EU学会年報)   (24)    2004年
「拡大EUと中欧意識の揺らぎーヨーロッパ・アイデンティティと中欧」
『歴史としてのヨーロッパ・アイデンティティ』      2003年10月
「ヨーロッパ拡大とハンガリーおよび周辺地域マイノリティの『民主化』」
『EUの中の国民国家:デモクラシーの変容』(日本比較政治学会編)   173-200   2003年6月
"The EU Eastern Enlargement and the Historical Relation between East Central Europe and Japan"
Shakai Shirin(Hosei Journal of Sociology and Social Sciences)   49(2)    2002年12月
"Globalization and Nationalism in Post communist East Central Europe ―Yugoslavia and East Central Europe under the EU Enlargement―"
Journal of International Economic Studies      2002年3月
Paper for ISA International Congress in Hong Kong, China
「『EUの壁』・『シェンゲンの壁』―統合の『外』にすむ民族の問題」
『国際政治』特集:国際政治と文化研究(日本国際政治学会)   (129)    2002年2月
「冷戦期のソ連・東欧関係の再検討-冷戦の起源から56年事件まで-」
『歴史評論』 特集:歴史の中の社会主義   (627) 45-58   2002年
「歴史の中の社会主義再考:歴史の中の社会主義」
木村英亮,羽場 久美子,阪東 宏,古田元夫
『歴史評論』   (627)    2002年
「中東欧とユーゴスラヴィア:民族、国家、地域」
『国際問題』特集:旧ユーゴスラヴィアの10年(日本国際問題研究所)   (496) 31-44   2001年7月
「ソ連・東欧―社会主義の崩壊と現在―:崩壊した社会主義:過去、現在、未来」
岩田昌征、中村 裕、*羽場久美子、藤本和貴夫
『情況』      2000年12月
「フィンランド、ハンガリー、ノルウェーを回って-国際会議参加・報告印象記」
『ユーラシア研究月報』      2000年11月
"Globalism and Regionalism in East-Central Europe: Nationality Problem and Regional Cooperation under the EU and NATO Enlargement"
『Gobalizsation, Regionalization and the History of International Relations』      2000年8月
2000年11月 国際歴史学会CD Rom 所収, Paper of 19th International Congress of Historical Sciences, Oslo, Norway
"New Challenges of the Post Communist Transition in East Central Europe in the era of EU Enlargement: Social Security and the Regional Cooperation for the Consolidation"
Paper of VI IEES World Congress, Tampere, Finland      2000年7月
スラブ東欧学会世界大会著書所収予定
「NATOの東方拡大と中欧:コソヴォ空爆と中欧のNATO加盟」
日本国際政治学会報告原稿      2000年5月
"The EU Enlargement Towards Central Europe under the NATO Influence"
『What EU Enlargement Means for the Post communist East ?』      2000年3月
Working Paper, ISA Annual Convention, Los Angels
「東欧の変革10年と『中欧』社会―民主化の功罪―」
『神奈川大学評論』特集:デモクラシー   (35)    2000年3月
「EU・NATOの拡大と中欧の民族・地域協力」
『経済志林』   67(3/4)    2000年3月
「『中欧』のNATO・EU加盟に伴う諸問題―グローバリゼーションとポスト 空爆の中で―」
『ロシア・東欧学会年報』   (28)    2000年2月
"EU NATO Enlargement and Central Europe"
The EU Enlargement toward Central Europe and the Role of Japanese Economy      2000年
2002年著書予定(『EUの東方拡大と日本経済の影響』)Paper of International Symposium, Hosei University, Tokyo, Japan
"Eastern Enlargement of "Europe" and Relations between Eastern Europe and Japan"
Working Paper, Japan and Its Neighbors in the Global Village      1999年9月

書籍等出版物

 
羽場 久美子
明石書店   2018年3月   ISBN:4750346292
羽場 久美子
明石書店   2018年3月   ISBN:4750346284
羽場久美子編著『アジアの地域共同―未来のために』
明石書店   2018年   
編者査読有
羽場久美子編著『アジアの地域協力―危機をどう乗り切るか』
明石書店   2018年   
編者査読有
羽場久美子編著『ハンガリーを知るための60章―ドナウの宝石』
明石書店   2018年   
第2版
羽場 久美子
明石書店   2017年3月   ISBN:4750344680
The Unwinding of the Globalist Dream, Ed by Steven Rosefielde, Masaaki Kuboniwa, Satoshi Mizobata, Kumiko Haba
World Scientific, New Jersey, London, Singapore,   2017年   
『アジアの地域統合を考えるー戦争をさけるために』
明石書店   2017年   
羽場 久美子
中央公論新社   2016年3月   ISBN:4120048179
『ヨーロッパの分断と統合―拡大EUのナショナリズムと境界線―包摂か排除か』
中央公論新社   2016年   
金香男編『アジア共同体への信頼醸成に何が必要か―リージョナリズムとグローバリズムの狭間で』
ミネルヴァ書房   2016年   
『歴史を読み替える―ジェンダーから見た日本史』久留島典子・長野ひろ子・長志珠絵編
山川出版社   2015年   
査読あり
羽場 久美子
中央公論新社   2014年5月   ISBN:4121917510
『拡大ヨーロッパの挑戦―グローバルパワーとしてのEU』第2版
中央公論新社   2014年   
『歴史を読み替えるージェンダーから見た世界史』三成美保・姫岡とし子・小浜正子編
山川出版社   2014年   
査読あり
(中国語)『全球化時代的亜州区域連合』
中央編峰出版社(峰の右は言弁)   2014年   
羽場久美子『グローバル時代のアジア地域統合―日米中関係とTPPのゆくえ』岩波書店、2012年70頁、出版社査読有、の翻訳)。中国出版社査読有
羽場 久美子 (担当:共著)
明石書店   2013年10月   ISBN:9784750339009
5版(2017年)はしがき、「欧州における2000年の対立と統合」「欧州統合の父、クーデンホーフ・カレルギー」「第2次世界大戦後の統合と和解―屍の上の統合」「マーシャルプランの実行」「東欧のドミノ革命とヨーロッパ回帰」「ヨーロッパの東への拡大と今後の課題」「ハンガリーとEU」「EUはどこまでか」「EUとゼノフォビア」「グローバルパワー・知のネットワークとしてのEU」
Great Power Politics and the Future of Asian Regionalism, at Harvard University, Ed. by Kumiko Haba
Aoyama Gakuin University Tokyo   2013年   
The Euro Crisis and European Political Economy, ---France, Germany and Central Europe---,   Ed. by Robert Boyer, Ivan T. Berend, and Kumiko Haba
Aoyama Gakuin University, Tokyo   2013年   
『ハプスブルク史研究入門―歴史のラビリンスへの招待』(大津留厚・水野博子・河野淳・岩崎周一編),「ハプスブルク君主国とEU―ドナウ連邦構想」
昭和堂   2013年   
山本 吉宣, 羽場 久美子, 押村 高 (担当:共著)
ミネルヴァ書房   2012年5月   ISBN:462306316X
松香堂書店   2012年3月   ISBN:4879746657
『安全保障・戦略文化の比較研究』(日本国際政治学会),「ヨーロッパの危険地帯」、中・東欧とバルカンの「戦略文化」
2012年1月   
Asian Economic Development and Collaborative Relations among EU, Asia and Japan, Ed. by Kumiko Haba, Szerdahelyi Istvan, Brij Tankha & Wang Min
Aoyama Gakuin University   2012年   
The Regional Integration and Institutionalization comparing Europe and Asia, Ed. by G.John Ikenberry, Yoshinobu Yamamoto, and Kumiko Haba
Shokado, Kyoto   2012年   
『グローバル時代のアジア地域統合―日米中関係とTPPのゆくえ』
岩波ブックレット   2012年   
『国際政治から考える東アジア共同体』山本吉宣・羽場久美子・押村高編
ミネルヴァ書房   2012年   
『歴史の教訓と社会主義―ソ連崩壊20年シンポジウムから』,「ソ連の崩壊を西欧はどう受け止めたか?中国はなぜ崩壊しないか?「民主主義」と全体主義に関する考察」
ロゴス   2012年   
『移民・マイノリティと変容する世界』(宮島喬・吉村眞子編),「EUの拡大とトラフィッキング」
法政大学出版局   2012年   
孫崎享『検証尖閣問題』,羽場 久美子・岩下明裕・孫崎享「領土問題と東アジアの共同発展」
岩波書店   2012年   
羽場 久美子, 溝端 佐登史 (担当:共著)
ミネルヴァ書房   2011年4月   ISBN:462305988X
The Regional Integration in Asia and Europe: Theoretical and Institutional Comparative Studies and Analysis, Ed. by G. John Ikenberry, Yoshinobu Yamamoto, and Kumiko Haba
Aoyama Gakuin University   2011年   
『ロシアと拡大EU』(羽場久美子・溝端佐登史編)序「冷戦終焉20年とヨーロッパの危険地域欧」、および「拡大EUと中・東欧の「民主化」」
ミネルヴァ書房   2011年   
『世界政治を読み解く』(押村高・中山俊宏編),「拡大EUというガバナンス」
ミネルヴァ書房   2011年   
『東アジア共同体と日本の戦略―何をどう進めるべきか』(監修進藤榮一、協力 中川十郎),「日中和解を基礎に繁栄探れ」
桜美林大学北東アジア総合研究所   2011年   
『歴史教育とジェンダー』(長野ひろ子、姫岡とし子編),「世界史の周辺におけるジェンダー」
青弓社   2011年   
査読あり
The End of the Cold War and the Regional Integration in Europe and Asia, Ed by Robert Frank, Kumiko Haba and Hiroshi MomoseInternational Conference of the End of the Cold War and the Regional Integration in 2009)
Aoyama Gakuin University, 2010. 451p. (   2010年   
Proceedings Book on the International Conference of the End of the Cold War and the Regional Integration in 2009(Kumiko Haba, “The Origin of the Cold War and Eastern Europe”, pp. 193-215.
『特集:ジェンダーと政策決定』,「グローバリゼーションとトラフィッキング」「グローバリゼーションとトラフィッキング―実態と戦略」
木鐸社   2010年   
査読あり
「拡大EU・NATOと中・東欧の『民主化』」『世界政治叢書 ロシア・拡大EU』
ミネルヴァ書房   2009年   
50 Years Rome Treaty and EU-Asia Relations(Ed. by Chong-ko Peter Tzou) “The Lesson of the EU Enlargement and the East Asian Community and Shanghai Cooperative Organization---What and How we can learn from the European Integration?”
Tamkang University, Taiwan   2008年7月   
“The Lesson of the EU Enlargement and the East Aisan Coomunity and Shanghai Cooperative Organization, What and How we can learn from the European Integration”
『50 Years Rome Treaty and EU-Asia Reloations』(ed. by Chong-ko Peter Tzou)(Tamkang University)   2008年7月   
Melting Boundaries, Institutional Transformation in the Wider Europe(Kiichiro Yagi and Satoshi Mizobata eds.)"EU Enoargement, Border Question and Wider Europe"
Kyoto University Press   2008年   
『ヨーロッパのフロンティア』(山内 進編)「拡大EUのフロンティアーポスト冷戦秩序の再構築・規範と現実」
國際書院   2008年   
Intercultural Dialogue and Citizenship,Translating Values into Actions,A Common Project for Europeans and Their Partners(Leonce Bekemans,Maria Karasinska-Fendler,Marco Mascia,Antonio Papisca,Constantine A.Stephanou,Peter G.Xuereb Eds.)"Democracy,Nation・・・
Marsilio,Venice   2007年   
Intercultural Dialogue and Citizenship,Translating Values into Actions,A Common Project for Europeans and Their Partners(Leonce Bekemans,Maria Karasinska-Fendler,Marco Mascia,Antonio Papisca,Constantine A.Stephanou,Peter G.Xuereb Eds.)"Democracy,N...
『ヨーロッパの軌跡とベクトル』(田中俊郎,庄司克宏編)「拡大EUとナショナリズム―民主化とグローバル化の帰結」
慶應義塾大学出版会   2006年   
『衝突と和解のヨーロッパ―ユーロ・グローバリズムの挑戦』(山内 進,大芝 亮編)「EU・NATOの拡大とイラク戦争―中・東欧の加盟とアメリカの影響」
ミネルヴァ書房   2006年   
<i>Globalization,Regionalization and the History of International Relations</i>(ed.by Joan Beaumont,Alfredo Canarero, Commission of History of International Relations, Edizioni Unicopli eds.) "The Central and Eastern Europe Nationality problem and Regiona
Deakin University,Victoria,Australia   2005年10月   
Globalization,Regionalization and the History of International Relations(ed.by Joan Beaumont,Alfredo Canarero, Commission of History of International Relations, Edizioni Unicopli eds.)"The Central and Eastern Europe Nationality problem and Regiona...
『新しいヨーロッパ―拡大EUの諸相』(国際政治学会,羽場久美子編)「序論 新しいヨーロッパ-拡大EUの諸相」
日本国際政治学会   2005年8月   
『21世紀の安全保障と日本』「NATOの東方拡大と欧州の安全保障―コソヴォ空爆からイラク戦争へ:アメリカの影」
ミネルヴァ書房   2005年7月   
森井 裕一, 戸澤 英典, 上原 良子, 木畑 洋一, 羽場 久美子, 中村 民雄, 廣田 功, 鈴木 一人, 植田 隆子, 小森田 秋夫 (担当:共著)
信山社出版   2005年3月   ISBN:4797233370
羽場 久美子
中央公論新社   2004年6月   ISBN:412101751X
<i>Russia and NATO: New Arias for Partnership</i>, “NATO Enlargement and the Iraq War, Central and Eastern Europe under the Influence of the US”
『The papers of the International Conference』(St.Peterburg State University Press)   2004年2月   
『歴史としてのヨーロッパ・アイデンティティ』(谷川 稔編)「拡大EUと『中欧』認識の揺らぎ」
山川出版社   2003年10月   
『EUの中の国民国家:デモクラシーの変容』(日本比較政治学会編)「ヨーロッパ拡大とハンガリーおよび周辺地域マイノリティの『民主化』」
早稲田大学出版会   2003年6月   
<u>EU Enlargement toward Certral Europe and the Role of Japanese Economy</u> (Kumiko Haba,Hoos Janos,Palankai Tibor eds.)“European Eunion/NATO Enlargement and Central Europe: The Kosovo Bombing and the Radical Right”
Budapest, Hungary   2002年5月   
羽場 久美子
明石書店   2002年4月   ISBN:475031563X
『ハンガリーを知る47章 ドナウの宝石』(羽場久美子編)「序章」、「帝国の崩壊」「西と東のはざまで」「冷戦の起源とハンガリー」「体制転換」「トリアノン条約とその後」「周辺国のハンガリー人マイノリティ」「EU・NATOの拡大とハンガリー」
明石書店   2002年   
2003年2刷
人文書院   2001年9月   ISBN:4409230352
『ヨーロッパ統合のゆくえ』(宮島 喬,羽場久美子編)「序論」、「EU・NATOの拡大と中欧―『境界線上』の民族―」
人文書院   2001年   
2003年2刷
羽場 久美子
岩波書店   1998年12月   ISBN:9784000028301
羽場 久美子
講談社   1994年9月   ISBN:4061492187
『占領改革の国際比較:日本・アジア・ヨーロッパ』(中村,油井,豊下編)「ハンガリーの占領と改革」
三省堂   1994年   
『東欧を知る事典』、ハンガリー政治担当
平凡社   1993年   
『現代政治学事典』(地域統合の項目担当)
ブレーン出版   1991年   
『ロシア革命と東欧』(羽場久美子編)「序論」、「ロシア革命と東欧」、「ハンガリー近代における知識人と『民族』」
彩流社   1990年10月   
羽場 久美子
頸草書房   1989年5月   ISBN:4326300612
『現代社会の分離と統合』(木戸 翁編)「独立以前の東欧における他民族共存と地域統合の模索」
『講座国際政治』第3巻(東京大学出版会)   1989年   
1990年2刷
『社会主義革命』(菊地昌典編)「東欧の革命―独自の道の挫折と再生―」
『社会主義と現代世界』第1巻(山川出版社)   1989年   

講演・口頭発表等

 
Serbian Assaccination and the Break Up of the World War
First World War and Balkans   2018年11月   
Russia and the EU: Crisis of Developed Power, Power Shift, and New World Order”, and “Russia – Japan Relations and Asian Regionalism
2018年9月   St. Petersburg National University, Inviting Professor
Russia and Asian Pacific International Relations [招待有り]
Symposium between Russia & Japan, Russian Academy in Far East   2018年8月   
One Belt One Road Policy, China American Relations, and Chinese World Policy
China, Beijin, University of Foreign Affairs in China   2018年7月   
Power Shift and East Asian Crisis: North Korea and the USA, "Immigrants Question and European Crisis” [招待有り]
Inviting Professor, "Asian Regional Cooperation in 21st century   2018年7月   China, Zhejian Universith(浙江大学) Zhejian University, International Union Department
Russia and Populist in Western Europe after BREXIT [招待有り]
ISA, San Francisco   2018年4月   
Australia: Immigrants and European Crisis after BREXIT [招待有り]
IPSA Conference, Brisben,International Political Science Association   2018年   
BREXIT, Trump Government and the Declining the Big Powers
EUSA AP, Taipei   2018年   
Power Transition and Regional Conflicts comparing Europe and East Asia (Invited) [招待有り]
Rhodes International Conference   2017年10月   
EU統合への信頼性の揺らぎーポピュリズムと欧州政治の動態、[欧州のポピュリズムとロシア・プーチンの影] [招待有り]
日本政治学会研究大会   2017年9月24日   
BREXIT and European Crisis ---Immigrants & Terrorism (President) [招待有り]
EUSA Asia Pacific 2017 Tokyo Conference   2017年7月2日   Aoyama Gakuin Univ. Tokyo
Making Asian Think-tank Networks & the Training Young Leaders for Asian Future [招待有り]
ISA Conference in Hong Kong   2017年7月   
Election Time(s) in Europe, Challenges on the way to economic recovery, Immigrants & European Elections /Quo Va dis, Europe? [招待有り]
Deutsche Bundes Bank, & University of Tokyo   2017年5月23日   
Ukrainian Question among the EU, NATO and Russia [招待有り]
ISA Annual Conference in Baltimore   2017年2月25日   
Immigrants, Refugees & Security: Why did Trump win?
Peace Diplomats Forum   2016年11月11日   
Asian Regional Cooperation and the Security-Collaboration in Borders (Invited)
TIPSA Annual Conference in Taipei   2016年10月23日   
Power Transition, Maritime Security and Collaboration among China-Japan-Korea
21st century Maritime Silk Road; Development Connectivity and Win-Win Cooperation International Conference   2016年8月   Shanghai International Affairs Institute
Immigrants and Xenophobia, Home-grown Terrorism in the Enlarged EU
United Nation University, Women’s Association   2016年6月13日   
Antagonism and Reconciliation in ASIA
CHINA-East Asia International Symposium, International Relations and Order in East Asia   2016年3月12日   China, University of Law and Politics, International Relations, Economic Growth and Political Dispute
Power Shift, Territorial dispute and Reconciliation in ASIA between China and Japan
CHINA-East Asia International Symposium   2016年3月12日   International Relations and Order in East Asia
Security, Sovereignty and Confidence building in the Indo-Pacific: A Perspective from Japan (Invited) [招待有り]
International Conference in India   2014年11月   
For the Solution of War & Conflict: Reconciliation in Europe and Asia, comparing the difference of the US Strategy September, (Invited) [招待有り]
Rhodes, Asian Regionalism and Nationalism   2014年9月27日   
Constructing Asian Academic Networks & the Common Asian Collaboration (Invited) [招待有り]
One Asia Conference in Jeju   2014年8月2日   
Power Game and Confidence Building under the American Rebalance Strategy
IPSA Annual Conference, Montreal, Canada   2014年7月20日   
Democracy and Nationalism in the Orban Government in Hungary
ASEEES, San Antonio, USA,   2014年5月10日   
Hungarian Democracy and Nationalism after the Cold War and Globalization
AHEA (Association for Hungarian Education Association),   2014年5月   
India, Constructing Asian Think-tank Networks & Global Human Resource Development (Invited) [招待有り]
ICSSR Conference   2014年3月   
Historical Reconciliation comparing between Europe and Asia, and the US Strategy (Invited) [招待有り]
AICGS Political and Social Leadership Conference   2013年10月20日   
International Relations and Order in East Asia
CHINA-East Asia International Symposium   2013年3月   南京大学
拡大EUと東アジア共同体 地域統合の比較研究
日本政治学会・日本学術会議共催(単独)   2008年10月11日   
East Asian Regional Cooperation and Shanghai Cooperative Organization under the lesson of the Enlarged EU
Bangkok, Thailand(単独)   2008年7月26日   
Nationalism and Xenophobia under the Enlarged EU― Reformation of the national border and boycott of immigrants
WISC World Conference,Ljubljana, Slovenia(単独)   2008年7月23日   
拡大EU下の、ナショナリズムとゼノフォビア―国境修正から移民排斥へ―
世界政治研究会(東京大学山上会館)(単独)   2008年2月23日   
拡大EUとネオ・ナショナリズムーグローバル化、民主化と、アイデンティティの相克―
神戸大学21世紀COEプログラム「市場化社会の法動態学」「地域紛争研究会」(単独)   2008年2月3日   
拡大EUの教訓と、東アジア共同体―欧州はいかに対立地域と信頼を醸成していったか? [招待有り]
Comparative Studies between the Enlarged EU and the East Asian Regional Cooperation,International Symposium,Aoyama Gakuin University(単独)   2007年12月14日   
拡大EUの教訓と、東アジア共同体―欧州はいかに対立地域と信頼を醸成していったか?
Comparative Studies between the Enlarged EU and the East Asian Regional Cooperation,青山学院大学 International Symposium(単独)   2007年12月14日   
The Arc of Freedom and Prosperity and Prospects of Japan-Wider Black Sea Area Cooperation [招待有り]
Black Sea Regional Cooperation and Cooperation with Japan, Foreign Ministry of Japan, Institute of Japanese International Affairs(単独)   2007年11月21日   
The Arc of Freedom and Prosperity and Prospects of Japan-Wider Black Sea Area Cooperation
Black Sea Regional Cooperation and Cooperation with Japan, Foreign Ministry of Japan, Institute of Japanese International Affairs(単独)   2007年11月21日   
The Lesson of the EU Enlargement and the East Asian [招待有り]
International Conference on the 50th Anniversary of the Treaty of Rome and EU –Asia Relations, Organizer: Graduate Institute of European Studies, Tamkang University, Ministry of Foreign Affairs,Taiwan, R.O.C.(単独)   2007年11月20日   
The Lesson of the EU Enlargement and the East Asian Community + Shanghai Cooperative Organization ―What and how we can learn from the European Integration. ―
International Conference on the 50th Anniversary of the Treaty of Rome and EU –Asia Relations, Organizer: Graduate Institute of European Studies(単独)   2007年11月20日   
~21日
(コメンテイター)国際政治をどう教えるか、どう学ぶか
「国際政治学を考える」(猪口孝コーディネーター)日本学術会議、日本政治学会共催、日本政治学会大会(明治学院大学)(共同)   2007年10月16日   
拡大EUのナショナリズムとポピュリズム
「セッション ポピュリズム」日本政治学会大会報告(明治学院大学)(単独)   2007年10月16日   
The Enlargement of the EU and the East Asian Regional Cooperation [招待有り]
Far-East University,Vladivostok, Russia(単独)   2007年9月7日   
The Enlargement of the EU and the East Asian Regional Cooperation
Russia, Vladivostok(単独)   2007年9月7日   
~12日
Democracy and Neo-Nationalism under the EU Enlargement ――-The Effect of the Globalization and Democratization―-
ICCEES International Conference,Berlin(単独)   2007年8月5日   
~6日
拡大欧州の地域戦略III,―-NATOの拡大と中・東欧―欧州の安全保障をめぐる、拡大NATOの意義と限界、課題」 [招待有り]
慶応大学大学院政策・メディア研究科講演「グローバル・ガバナンスとリージョナル・ストラテジー」(単独)   2007年6月5日   
拡大EUのフロンティアと冷戦秩序の再編 [招待有り]
一橋大学EUIJ, EU Politics ワークショップ「EUのフロンティアー内と外」(単独)   2007年6月2日   
拡大EUのフロンティアと冷戦秩序の再編
一橋大学EUIJ, EU Politics ワークショップ「EUのフロンティアー内と外」(単独)   2007年6月2日   
拡大EUとネオ・ナショナリズムーグローバル化、民主化と、アイデンティティの相克―
国際関係思想・研究ネットワーク研究会(単独)   2007年3月30日   
Comparative Studies between the Enlarged European Union and the East Asian Regional Cooperation
AAS Conference,Boston, Harvard University(単独)   2007年3月25日   
(コメント)拡大EUと東アジア共同体
高原明生,馬 小軍,(司会)鈴木佑司
「東アジア共同体との比較研究」ヨーロッパ研究所成果報告会国際ワークショップ<<ヨーロッパとアジアー地域統合と共存に向けてー>>(法政大学ヨーロッパ研究所)(共同)   2007年3月18日   
拡大EUと東アジア共同体―欧州から何が学べるか― [招待有り]
東海大学平和戦略研究所国際シンポジウム(単独)   2007年3月12日   
Democracy, Nationalism and Citizenship in the Enlarged EU—The Effect of Globalisation and Democratisation―
ECSA COE Conference in Padua, Intercultural Dialogue and Citiqenship, Translating Values into Actions A Common Project for Europeans and their Partners(単独)   2007年3月3日   
The Enlarged EU and before and After the Iraq War
ISA Conference,Chicago(単独)   2007年3月1日   
グローバリゼーションと、拡大ヨーロッパ―アメリカに並ぶ経済圏か、メガ・リージョンの対立か―
東京外国語大学オープンアカデミー「地球の将来を考える EUの現状と未来」(単独)   2007年1月11日   
Lessons of the EU for Asian Regional Cooperation [招待有り]
Joint Symposium New Visions for EU-Japan Relations,European Commission,Brussels(単独)   2006年4月6日   
Lessons of the EU for Asian Regional Cooperation
Joint Symposium New Visions for EU-Japan Govermental Research Conference、European Commission, Sharlemagne Building(単独)   2006年4月6日   
Human Security and the EU Borders : minority, immigrants and conflicts
Jean Monnet Project, Padua International Conference of Human Security and EU’s Role(単独)   2006年3月24日   
Human Security and the EU Borders minority,immigrants and conflicts [招待有り]
Jean Monnet Project,Human Security and EU's role,Padua International Conference(単独)   2006年3月24日   
Social Security Nationalism Uprising and the Regional Cooperation
ISA Confernce,San Diego(単独)   2006年3月21日   
The Lesson of the European Union to the Asian Regional Coopertion",Russia,Turkey,Central Europe,Korea and China
International Conference,EUSA-Asia Pacific Keio University,Tokyo(単独)   2005年12月10日   
Chair Kumiko Haba
Wider Europe and the Kaliningrad Question as the Border of the EU [招待有り]
Wide Europe,International Conference at Kyoto University,COE Programme of Kyoto University(単独)   2005年11月24日   
NATO Enlargement and the Iraq War [招待有り]
International Conference of the Conflict and Reconciliation,COE Project of Hitotsubashi University(単独)   2005年9月23日   
The EU Enlargement and Border Questions,Kaliningrad
Wider Europe:Economy,Border,Minority,ICCEES International Confernce in Berlin(単独)   2005年7月   
拡大EUからイラク戦争に見る、中・東欧の『民主化』
「中・東欧の民主化と経路依存性」(比較政治学会大会)(名古屋大学)(単独)   2005年6月   
台頭する勢力:EU、ロシア第1回『超大国の行方と日本の対応』 [招待有り]
『21世紀を構築する』(21世紀かながわ円卓会議)(湘南国際村センター)(単独)   2005年3月11日   
2005/3/11-2005/3/12
拡大するEUの現状と課題―世界秩序の構築と、内なる相克 [招待有り]
参議院『国際問題に関する調査会』会議録、第5号(単独)   2005年2月28日   
The EU and NATO Enlargement and the Iraq War
Pan European International,Conference Haag,Netherland(単独)   2004年9月   
日本学術会議より代表者派遣で報告
EUの東方拡大と欧州憲法 [招待有り]
早稲田大学GLOPE:ワークショップ(単独)   2004年6月12日   
EUの拡大と日本―アメリカに並ぶ多元的パワーの登場 [招待有り]
経団連クラブ(単独)   2004年6月9日   
EUの拡大と中・東欧の課題―国家、民族、安全保障
日本EU学会(北海道大学)(単独)   2003年11月   
論題:拡大EU
Impact of NATO Enlargement on CEE
Baltic Rim in Common Europe:New Security,Challenges as Challenges to Peace Research,St.Petersburg(単独)   2003年9月   
The EU Enlargement and Minorities Living in the Border:Romania,Yugoslavia,Carpatia
The EU Enlargement and the Minority Question,CEEISA/ISA International Convention,Budapest,Hungary(単独)   2003年7月   
冷戦の起源と終焉―ヨーロッパの分析と統合の『境界領域』から見た冷戦
京都大学現代史研究会(単独)   2003年7月   
新旧ヨーロッパの確執とアメリカの役割 [招待有り]
東京大学DESK講演(単独)   2003年5月   
EU拡大と中欧@ヨーロッパアイデンティティとナショナルアイデンティティのはざま
ハプスブルク帝国史研究会、京都大学COE(京大会館)(単独)   2003年4月   

担当経験のある科目

 
  • 国際政治史 (一橋大学大学院法学研究科)
  • EU研究 (一橋大学公共政策大学院)
  • 欧州国際政治(EU研究) (東京大学大学院総合文化研究科)
  • 東欧史 (東京大学教養学部後期課程)
  • ヨーロッパ政治史 (京都大学大学院人文学研究科)

所属学協会

 
国際文化会館会員 , 日米協会 , 日本イタリア教会 , 日本ハンガリー友好協会 , 日本国際政治学会 , 日本スラブ東欧学会(JSSEES) , ISA(International Studies Association) , 日本EU学会 , 日本ロシア・東欧学会 , CHIR(Committee of History of International Relations) , EUSA Asia-Pacific(アジア太平洋EU学会) , WISC(世界国際関係委員会) , 日本学術会議 , ECSA World(世界EU学会) , AAASS(American Association for the Advancement of Slavic Studies) , ICCEES(International Council for Central and East European Studies) , 国際アジア共同体学会 , 日本政治学会 , 東アジア共同体学会 , 比較政治学会

Works

 
『東欧文化事典』編集代表
その他   2018年
「イギリスのEU離脱」
その他   2016年6月
「移民政策 世界が考えるとき」
その他   2016年1月
「2016年、世界は大激変する」『文芸春秋』2016年1月号
山内昌之、中西輝政、宮家邦彦、羽場久美子、伊藤俊之、宮崎哲弥   その他   2016年1月
『スクリブナー百科事典』「東欧」
その他   2016年
~2017
(座談会)羽場 久美子・岩下明裕・孫崎徹「国境問題を解決する道はどこにあるか。」
その他   2012年12月
「EUの21世紀をめぐってー経済危機から統合の未来へー」『神奈川大学評論』
田中素香・羽場久美子・的場昭弘   その他   2012年11月
Handle Diaoyu issue with care
その他   2012年9月
「アジアの連携、国家越え「知」の結集の場を」
その他   2012年9月
「EUの歴史認識とジェンダー―書かれた歴史、起こった歴史、記憶された歴史」
その他   2012年8月
拡大ヨーロッパと東アジアの地域再編―地域統合・安全保障・社会政策の比較研究(総合研究所プロジェクト)(研究代表者(共同))
2008年 - 2011年
東アジア共同体構築と日本の役割 ③「世界一の金融・地域経済圏を―孤立回避へ「冷戦越え」EUに学べ」
その他   2010年3月
「東アジア共同体 日中和解を基礎に繁栄探れ」
その他   2009年11月
「拡大EU・NATOと中・東欧の『民主化』」
2009年
ヨーロッパのフロンティア(研究分担者(共同))
2005年 - 2008年
拡大EUをめぐる諸問題―国家と民族、拡大EUの東アジア地域協力への教訓(研究代表(単独))
2005年 - 2008年
"The EU Enlargement and the Border Question, Wider Europe"
2008年
"The EU Enlargement and the Border Question, Wider Europe"
2008年
“The Lesson of the EU Enlargement and the East Aisan Coomunity and Shanghai Cooperative Organization, What and How we can learn from the European Integration”
2008年
「コソボ独立 国際社会の不安定化懸念」
2008年
「拡大EUに見る歴史的和解と東アジア共同体」
2008年
「殺戮と荒廃の欧州から、平和と繁栄の欧州へ―変遷の要因」
2008年
「拡大EUとフロンティア」
2008年
"Democracy, Nationalism, and Citizenship in the Enlarged EU, The Effects of Globalisation and Democratisation"
2007年
「EU・NATOの拡大とイラク戦争―中・東欧の加盟とアメリカの影響」
2007年
「ハンガリー56年事件と新史料、研究動向」
2007年
「国際政治をどう学ぶか、どう教えるか」
2007年
「拡大EUの教訓と東アジア共同体」
2007年
(翻訳)クラウス・タマーシュ「1956年のハンガリー放棄に関する国際関係上の諸問題―ソ連共産党中央委員会幹部会の決議、世界政治に関する決議―」
その他   2006年10月
ISA国際会議 汎ヨーロッパ国際会議補助金(研究代表(単独))
2005年 - 2006年
(翻訳)クラウス・タマーシュ「1956年のハンガリー放棄に関する国際関係上の諸問題―ソ連共産党中央委員会幹部会の決議、世界政治に関する決議―」
2006年
「『イラク戦争後』のEU・NATOの拡大と中・東欧の国際関係」
2006年
「拡大EUとナショナリズムー民主化とグローバル化の帰結」
2006年
「総論 ヨーロッパの東方拡大―グローバル化とナショナリズムの相克」
2006年
『国際政治学事典』(猪口 孝,田中明彦,恒川編)「地域紛争、ハンガリー事件、中欧」担当
その他   2005年12月
25カ国拡大EU、25カ国加盟の国際会議Proceedings
その他   2005年5月
拡大当日の衛星放送
(書評)小倉欣一『近世ヨーロッパの東と西 共和制の理念と現実』(山川出版社2004年)
その他   2005年4月
国際会議「CHIR ヨーロッパとアジア」補助費(研究分担者(共同))
2004年 - 2005年
"NATO and EU Enlargement and the Central Europe"
2005年
(書評)小倉欣一『近世ヨーロッパの東と西 共和制の理念と現実』(山川出版社2004年)
2005年
(書評)山口二郎『ブレア時代のイギリス』(岩波新書2005年〕
その他   2005年
「25カ国拡大ヨーロッパ、『世界秩序の構築』に向けて」
2005年
「中欧地域の『転換』―その社会・政治的背景」
2005年
「多国共存の条件―3つの人質事件の反省から」
2005年
「序論 新しいヨーロッパ-拡大EUの諸相」
2005年
「拡大EUとその境界線をめぐる地域協力―「地域からなるヨーロッパ」再考―」
2005年
「拡大EUと中・東欧、ワイダー・ヨーロッパ」
2005年
「欧州から見た、大中華圏」
2005年
「私事白書」
2005年
「NATOの東方拡大と欧州の安全保障―コソヴォ空爆からイラク戦争へ:アメリカの影」
2005年
「米欧主導時代の幕開け:EU二五ヵ国体制へ」
その他   2004年3月
"NATO Enlargement and the Iraq War—Central and Eastern Europe under the shadow of the US—"
2004年
"“The Enlargement of the EU toward Central and Eastern Europe: Nationality, Ethnicity, and Security Questions"
2004年
EU拡大に伴うヨーロッパ・アイデンティティと民族・国益の相克(研究代表(単独))
2004年
「欧州拡大とイラク戦争-新旧ヨーロッパの確執とアメリカの影-」
2004年
「米欧主導時代の幕開け:EU二五ヵ国体制へ」
2004年
「EU拡大とカリーニングラード、ベラルーシ」ユーラシア諸国の動き
2004年
「EU25ヵ国拡大と中・東欧の課題」
2004年
『イミダス』「中・東欧」
その他   2004年
~2007、E媒体2008年
「拡大EU 新加盟国のインパクト-ポーランドの事例を中心に」
2004年
斉藤孝「国際関係学の道のり」私の歴史研究(聞き手:羽場久シ尾子)
その他   2003年7月
「一つになれない欧州:イラク戦争の影響と今後」
その他   2003年4月
「21世紀の大欧州」
その他   2003年1月
「ヨーロッパ拡大とハンガリーおよび周辺地域マイノリティの『民主化』」
2003年
「一つになれない欧州:イラク戦争の影響と今後」
2003年
「拡大EUと中欧意識の揺らぎーヨーロッパ・アイデンティティと中欧」
2003年
(座談会)「岐路に立つヨーロッパ―9.11以後の世界のなかで」
*羽場久美子、下斗米伸夫、富永 格   その他   2002年11月
「論壇 欧州右傾化の真相」1,2
その他   2002年8月
~9月
「欧州の極右 急成長の陰にグローバル化」
その他   2002年5月
"Globalization and Nationalism in Post communist East Central Europe ―Yugoslavia and East Central Europe under the EU Enlargement―"
2002年
"Globalization and Nationalism in Post communist East Central Europe ―Yugoslavia and East Central Europe under the EU Enlargement―"
2002年
「『EUの壁』・『シェンゲンの壁』―統合の『外』にすむ民族の問題」
2002年
「冷戦期のソ連・東欧関係の再検討-冷戦の起源から56年事件まで-」
2002年
「欧州の極右 急成長の陰にグローバル化」
2002年
「欧州の極右 急成長の陰にグローバル化」
2002年
「歴史の中の社会主義再考:歴史の中の社会主義」
2002年
『国際政治経済辞典』
その他   2002年
(座談会)「岐路に立つヨーロッパ―9.11以後の世界のなかで」
2002年
「論壇 欧州右傾化の真相」1,2
2002年
国際会議「拡大EUと日本の役割」補助費(研究分担者(共同))
2000年 - 2001年
「中東欧とユーゴスラヴィア:民族、国家、地域」
2001年
(書評)木村英亮『ロシア現代史と中央アジア』(有信堂1999年)
その他   2000年4月
「東欧、10年の変容と今後の課題」
その他   2000年1月
"EU NATO Enlargement and Central Europe"
2000年
"Globalism and Regionalism in East-Central Europe: Nationality Problem and Regional Cooperation under the EU and NATO Enlargement"
2000年
"New Challenges of the Post Communist Transition in East Central Europe in the era of EU Enlargement: Social Security and the Regional Cooperation for the Consolidation"
2000年
"The EU Enlargement Towards Central Europe under the NATO Influence"
2000年
(書評)木村英亮『ロシア現代史と中央アジア』(有信堂1999年)
2000年
「『中欧』のNATO・EU加盟に伴う諸問題―グローバリゼーションとポスト 空爆の中で―」
2000年
「ソ連・東欧―社会主義の崩壊と現在―:崩壊した社会主義:過去、現在、未来」
2000年
「フィンランド、ハンガリー、ノルウェーを回って-国際会議参加・報告印象記」
2000年
「東欧、10年の変容と今後の課題」
2000年
「東欧の変革10年と『中欧』社会―民主化の功罪―」
2000年
「EU・NATOの拡大と中欧の民族・地域協力」
2000年
「NATOの東方拡大と中欧:コソヴォ空爆と中欧のNATO加盟」
2000年
『世界民族事典』(「東欧全般」監訳」)
その他   2000年
"East Europeans face hard economic times"
1999年
"Eastern Enlargement of"Europe"and Relations between Eastern Europe and Japan"
1999年
"The Expanding EU and Central Europe"
1999年
(監訳)ジョセフ・ロスチャイルド『現代東欧史 多様性への回帰』(羽場久シ尾子・水谷驍訳)
その他   1999年
*羽場久美子,水谷 驍

競争的資金等の研究課題

 
『世界とアジアの地域協力』
ワンアジア財団寄付講座: 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
『アジア地域統合を考えるー安全保障、経済、文化』
ワンアジア財団寄付講座: 
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
歴史教育とジェンダー(研究代表、三成、奈良女子大学)
基盤研究A
研究期間: 2012年4月 - 2015年
エラスムスムンドゥス、ITと国際政治 (欧州4大学、アジア3大学共同、日本研究代表者)
Erasmus Mundus of the Europea Union: 
研究期間: 2012年 - 2015年
『アジア地域統合を考えるーグローバル時代のアジア地域統合―米欧との比較1』2)』(寄付講座)
ワンアジア財団: 
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月
戦略文化と安全保障(研究代表、渡邊啓貴、東京外国語大学)
科研費基盤A
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月
多国間主義比較研究(代表、大芝亮、一橋大学)
基盤研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月
規範と理論(研究代表、舩橋晴俊、法政大学)
基盤A
研究期間: 2008年4月 - 2013年3月
東アジアの地域統合、EUとの比較
文部科学省、科学研究費、青山学院大学総合研究所、研究費: 
研究期間: 2008年4月 - 2013年3月
◎ 国際政治に見る欧州と東アジアの地域統合の比較研究―規範、安全保障、国境、人の移動(代表、羽場久美子、青山学院大学)
基盤研究(A)(研究代表者(共同))
研究期間: 2008年4月 - 2013年3月
ユーロ危機と欧州の政治経済
日本学術会議(政治学委員会): 
研究期間: 2013年2月 - 2013年2月
拡大ヨーロッパと東アジアの地域再編―地域統合・安全保障・社会政策の比較研究(総合研究所プロジェクト)(研究代表者)
青山学院大学総合研究所(総合文化研究部門課題別) (出版助成金含む): 
研究期間: 2008年4月 - 2012年3月
「ヨーロッパとアジアの地域統合の比較研究―境界、社会保障、和解」
青山学院大学総合研究所: 
研究期間: 2009年 - 2011年
冷戦と地域統合―アジアとヨーロッパの国際比較
国際交流基金: 
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月
◎ 拡大EUの境界線をめぐる民族・地域格差とヨーロッパの安全保障(アメリカの影響)(代表、羽場久美子、法政大学、青山学院大学)
基盤研究(B)(研究代表者(単独))
研究期間: 2005年4月 - 2009年3月
拡大EUをめぐる諸問題―国家と民族、拡大EUの東アジア地域協力への教訓(研究代表者)
European Union: 
研究期間: 2005年9月 - 2008年6月
一橋大学COEプロジェクト:ヨーロッパのフロンティア(代表、山内進、一橋大学)
文部科学省: 
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月
ヨーロッパのフロンティア(研究分担者(共同))
一橋大学EUIJ: 
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月
米欧同盟におけるEUの「人間の安全保証ドクトリン」(研究代表、渡邊啓貴、東京外国語大学)
基盤研究(B)(研究分担者)
研究期間: 2004年4月 - 2008年3月
冷戦とアジア(研究代表、毛利和子、下斗米伸夫)
基盤研究(B)(研究分担者)
研究期間: 2004年4月 - 2008年3月
ISA国際会議 汎ヨーロッパ国際会議補助金(研究代表(単独))
日本学術会議: 
研究期間: 2005年 - 2006年
国際会議「CHIR ヨーロッパとアジア」補助費(研究分担者(共同))
国際交流基金: 
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月
京都大学COEプロジェクト:歴史の中のヨーロッパ・アイデンティティ(研究代表、谷川稔、京都大学)
文部科学省: 
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月
EU拡大に伴うヨーロッパ・アイデンティティと民族・国益の相克(研究代表(単独))
財団法人学術振興野村基金: 
研究期間: 2004年1月 - 2004年6月
◎ EUの東方拡大と中欧政治(研究代表者、羽場久美子、法政大学)
基盤研究(C)(研究代表者(単独))
研究期間: 2000年4月 - 2004年3月
国際会議「拡大EUと日本の役割」補助費(研究分担者(共同))
日本学術振興会: 
研究期間: 2000年4月 - 2001年3月
拡大EU・NATO
文部科学省、科学研究費 渡邊啓貴: 
ネオ・ナショナリズムとポピュリズム
冷戦の起源と終焉
文部科学省、大型科研費、毛利和子研究代表: 

社会貢献活動

 
東アジア共同体学会有識者会議評議員
【その他】  東アジア共同体学会  2008年 - 現在
Jean Monnet Project cooperating member
【】  Istanbul,Turkey  2005年 - 現在
EU 欧州委員会本部より、日本を代表するEU研究者としてJean Monnet Chair(ジャン・モネ・チェア)の称号と グラント授与(終身)
【】  EU欧州委員会本部  2005年 - 現在
一橋大学EUIJ(日本EUインスティテュート)外部メンバー
【その他】  一橋大学EUIJ  2004年 - 現在
ロシア・東欧学会理事、事務局長
【その他】  ロシア・東欧学会  2003年 - 現在
日本EU学会理事
【その他】  日本EU学会  2002年 - 現在
日本国際政治学会理事
【その他】  日本国際政治学会  2000年 - 現在
JSSEES(日本スラブ東欧学会)理事
【その他】  JSSEES(日本スラブ東欧学会)  2000年 - 現在
ロシア・東欧学会理事
【その他】  ロシア・東欧学会  1997年 - 現在
「揺れる世界 テロとどう向き合うのか」
【出演】  NHK  日曜討論  2015年12月
高橋和夫,羽場久美子,福田充,村田晃嗣,森達也
ASEAN+3のシンクタンク協議機関(NEAT)に派遣
【調査担当】  2011年8月
NEAT=The Network of East Asian Think-tanks(東アジア・シンクタンク・ネットワーク)
日本外務省総合政策局より、日・インド官民共同研究に派遣、SAARC, ASEANなど調査
【調査担当】  2011年3月
日本外務省欧州局より、日・EU/ASEM関係報告のため、ハンガリー・ブダペシュト出張
【調査担当】  2011年3月
内閣府 研究調査室、欧州研究会、研究委員
【その他】  内閣府  2004年 - 2008年
日本国際政治学会理事、運営委員会委員、会計主任、基盤委員会委員
【運営参加・支援】  日本国際政治学会  2000年 - 2008年
日本国際政治学会理事、運営委員会委員、会計主任、対外交流委員、基盤委員会委員
【運営参加・支援】  日本国際政治学会  2002年 - 2007年
WISC(World International Studies Committee)member
【その他】  WISC(World International Studies Committee)  2003年 - 2006年
ISA(世界国際関係学会)、Non-American Governing Council member
【その他】  ISA(世界国際関係学会)  2003年 - 2005年
京都大学大学院文学研究科21世紀COEプログラム・外部メンバー
【その他】  京都大学大学院文学研究科  2002年 - 2005年
ロシア・東欧学会理事、2002年大会企画委員長
【企画】  ロシア・東欧学会  2001年 - 2002年
JSSEES 2001年大会開催校実行委員長
【その他】  JSSEES(日本スラブ東欧学会)  2001年 - 2001年
日本国際政治学会評議員、会計副主任
【その他】  日本国際政治学会  1998年 - 2000年
ロシア・東欧学会理事、1999年大会企画委員
【企画】  ロシア・東欧学会  1999年 - 1999年
日本西洋史学会 開催校 実行委員
【その他】  1992年5月