日本の女性研究者

農学

研究者リスト >> 森本素子
 

森本素子

 
アバター
研究者氏名森本素子
URLhttp://www.myu.ac.jp/teacher/syokusan-teacher/morimoto
所属宮城大学
職名教授
学位博士(医学)

プロフィール

大阪府出身。獣医師。
日本獣医師会動物福祉・適正管理対策委員会委員
宮城県動物愛護推進協議会副会長
宮城県獣医師会学術・広報委員
日本獣医寄生虫学会 評議員
東北畜産学会 評議員
ナールス研究会運営委員

1988年 大阪府立大学大学院博士前期課程 農学研究科獣医学専攻 修了(農学修士)
1995年 博士(医学)取得 (大阪大学 微生物病研究所)

研究キーワード

 
macrophage , Th2 cytokine , Gastrointestinal nematode , host defence , 加齢 , アトピー性皮膚炎 , 不飽和脂肪酸 , 糖尿病 , ポリフェノール , 機能性食品 , マクロファージ , 寄生虫 , 粘膜免疫 , サイトカイン

研究分野

 
  • 基礎医学 / 寄生虫学(含衛生動物学) / 
  • 基礎医学 / 免疫学 / 
  • 動物生命科学 / 統合動物科学 / 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
東北大学加齢医学研究所 共同研究員・非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2013年3月
宮城大学総合情報センター 副センター長
 
2011年1月
 - 
2012年3月
東大医科研 拠点研究員
 
2010年4月
 - 
現在
宮城大学 教授
 
2008年4月
 - 
2010年3月
宮城大学 准教授
 

論文

 
Nagashima R, Kosai H, Masuo M, Izumiyama K, Noshikawaji T, Morimoto M, Kumaki S, Miyazaki Y, Motohashi H, Yamamoto M, Tanaka N
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)      2019年1月   [査読有り]
Morimoto M, Kato A, Kobayashi J, Okuda K, Kuwahara Y, Kino Y, Abe Y, Sekine T, Fukuda T, Isogai E, Fukumoto M
BMC veterinary research   13(1) 337   2017年11月   [査読有り]
消化管内線虫と免疫応答~腸管生理機能との連携
森本素子
牛臨床寄生虫研究会誌   7(1) 16-18   2016年12月   [招待有り]
Morimoto M, Azuma N, Kadowaki H, Abe T, Suto Y
The Journal of veterinary medical science   78(12) 1855-1864   2016年9月   [査読有り]
腸管免疫系の制御機構と疾病予防への応用 寄生虫感染をツールとして
森本 素子
家畜感染症学会誌   5(2) 63-68   2016年6月   [招待有り]
動物は、免疫系による巧みな生体防御機構を持ち、病原体や異物の侵入や増殖を防ぐ。近年、げっ歯類をモデルにして免疫応答のメカニズムが詳細に明らかにされ、その知見が、感染症の予防治療に応用されるようになってきた。しかし、病原体に対する応答は、種や系統によって大きく異なる場合もあり、家畜についての研究をさらに進める必要がある。にもかかわらず、げっ歯類以外の動物においては、基本的な免疫学的データの業績や解析系ツールが十分整っていないのが大きな問題となっている。免疫系の理解が進めば、疾病コントロールに...
Shea-Donohue T, Fasano A, Zhao A, Notari L, Yan S, Sun R, Bohl JA, Desai N, Tudor G, Morimoto M, Booth C, Bennett A, Farese AM, MacVittie TJ
Radiation research   185(6) 591-603   2016年5月   [査読有り]
Fukuda T, Hiji M, Kino Y, Abe Y, Yamashiro H, Kobayashi J, Shimizu Y, Takahashi A, Suzuki T, Chiba M, Inoue K, Kuwahara Y, Morimoto M, Katayama M, Donai K, Shinoda H, Sekine T, Fukumoto M, Isogai E
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   87(6) 842-847   2015年9月   [査読有り]
Morimoto M, Saito C, Muto C, Akamatsu Y, Chiba T, Abe T, Azuma N, Suto Y
Parasite immunology   37(4) 171-179   2014年12月   [査読有り]
Fukuda T, Kino Y, Abe Y, Yamashiro H, Kobayashi J, Shimizu Y, Takahashi A, Suzuki T, Chiba M, Takahashi S, Inoue K, Kuwahara Y, Morimoto M, Shinoda H, Hiji M, Sekine T, Fukumoto M, Isogai E
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   86(1) 120-124   2014年11月   [査読有り]
消化管線虫感染によって誘導される2型免疫応答の機序
森本素子
獣医寄生虫学会誌   12(1) 51-60   2013年9月   [招待有り]

Misc

 
消化管内線虫感染と宿主の免疫応答
森本素子
臨床獣医   8,10-13   2018年2月   [依頼有り]
腸管免疫系の理解から疾病予防へ~寄生虫感染をツールとして~
森本素子
臨床獣医   78-79   2017年9月   [依頼有り]
宿主の免疫防御応答を調節する食餌性成分と寄生虫(線虫)感染
森本素子
みやぎ獣医師(宮城県獣医師会会報)   67(1) 5-10   2014年1月   [依頼有り]
小野寺 沙智, 熊谷 雄介, 須藤 佳子, 森本 素子
宮城大学食産業学部紀要 = Journal of Miyagi University School of Food, Agricultural and Environmental Sciences   5(1) 1-11   2011年3月
天然ハーブであるナツシロギクに含まれるParthenolideはフラボノイドの一種であり,NF-KBを抑制することから,アレルギー疾患や炎症性疾患への効果が期待されている。しかし,in vivoにおける免疫能調節効果については十分明らかになっていない。そこで,Parthenolideおよびナツシロギク抽出物をC57BL/6J雌マウスおよびDSS腸炎誘導モデルに経口投与し,大腸における種々のサイトカインの遺伝子発現および病理組織解析を行った。パルテノリド投与により,炎症性サイトカインの遺伝子...
Kinetics of Th2 immune responses in small intestine.
Chinatsu Saito, Hikaru Kadowaki, Yusuke Kumagai, Motoko Morimoto
Japanese Journal of Veterinary Parasitology   Volume9(No1) 52-52   2010年9月

講演・口頭発表等

 
Alteration of type 2 immune responses against nematode parasites in the gut of aged mice.
森本素子
第47回日本免疫学会   2018年12月10日   
森本素子, 漆澤桃香
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2018年9月12日   
被災動物線量評価事業:ブタでわかったこと
福本学、森本素子
第 5 回福島第一原発事故による周辺生物への影響に関する勉強会   2018年8月3日   
The mechanisms of age-related changes in type 2 immune responses against nematode in murine small intestine
森本素子
MICS2018   2018年7月19日   
Role of the Prostaglandin D2 Receptor CRTH2 in Helminth-induced type2 immune responses and the differences between sexes
森本素子、長島隆一、田中伸幸
第11回寄生虫感染免疫研究会   2018年2月22日   

担当経験のある科目

 
  • 動物生産概論 (宮城大学)
  • 分子生物学 (宮城大学)
  • 動物生産実験実習 (宮城大学)
  • 動物衛生学 (宮城大学)
  • 動物機能形態学 (宮城大学)
  • 動物機能生理学 (宮城大学)

所属学協会

 
Society for Mucosal Immunology , 東北畜産学会 , 獣医寄生虫学会 , 日本獣医学会 , 日本免疫学会

競争的資金等の研究課題

 
牛の消化管内寄生虫の浸潤度と駆虫プログラムの実施状況調査
伊藤記念財団: 研究助成
研究期間: 2018年7月 - 2019年3月    代表者: 森本素子
加齢によって変化する2型免疫応答の機序解明と機能回復への挑戦
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 森本素子
Alternatively activated macrophages(AAMacs)の誘導機序の解明
東北大学加齢医学研究所: 共同利用・共同研究費
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 森本素子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 森本 素子
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 井上 正康

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
宮城県保健環境センター  保健環境センター評価委員
 
2018年9月
 - 
2018年9月
宮城県農林水産部  宮城県農林水産部指定管理者選定委員
 

特許

 
重久 保, 中上 辰芳, 大野 広志, 大竹 徹, 森 治代, 川畑 拓也, 森本 素子

社会貢献活動

 
中谷医工計測技術振興財団助成事業「腎臓および心臓の構造と働き ~自分の知識は正しいのか確かめてみよう~」実践講座
【講師】  青陵中等教育学校  2018年8月3日 - 2018年8月4日
平成30年度人工授精講習会
【講師】  宮城県  2018年7月26日
動物のお医者さんから見た動物の体の不思議
【講師】  仙台市立西多賀小学校  2018年7月11日
動物のお医者さんから見た動物の体の不思議
【講師】  仙台市立四郎丸小学校  2018年7月3日
中谷医工計測技術振興財団助成事業「腎臓および心臓の構造と働き ~自分の知識は正しいのか確かめてみよう~」事前学習
【講師】  青陵中等教育学校  2018年6月23日

その他

 
2017年7月   腸活で体質改善 バランスが育む健康な腸内環境
(財)宮城県予防医学協会広報機関誌「Smile」インタビュー記事