日本の女性研究者

生活科学

Researcher List >> Ono Misaki
 

Ono Misaki

 
Avatar
NameOno Misaki
AffiliationNakamura Gakuen University
SectionFaculty of Nutritional Sciences

Research Areas

 
  • Human life science / Eating habits / 

Published Papers

 
Equol Enhances Apoptosis-inducing Activity of Genistein by Increasing Bax/Bcl-xL Expression Ratio in MCF-7 Human Breast Cancer Cells.
Ono M, Ejima K, Higuchi T, Takeshima M, Wakimoto R, Nakano S.
Nutr Cancer.   69(8) 1300-1307   Nov 2017   [Refereed]
Differential Anticancer Activity of Pterostilbene Against Three Subtypes of Human Breast Cancer Cells.
Wakimoto R, Ono M, Takeshima M, Higuchi T, Nakano S.
Anticancer Res.   37(11) 6153-6159   Nov 2017   [Refereed]
Interannual study of spot urine-evaluated sodium excretion in young Japanese women.
Yasutake K, Moriguchi R, Kajiyama T, Miyazaki H, Abe S, Masuda T, Imai K, Iwamoto M, Tsuda H, Obe M, Kawate H, Ueno H, Ono M, Goromaru R, Ohe K, Enjoji M, Tsuchihashi T, Nakano S.
J Clin Hypertens   19(7) 653-660   Jul 2017   [Refereed]
リコペンによる乳癌細胞のサブタイプ別増殖抑制作用の機序解析
竹嶋美夏子、小野美咲、中野修治
果汁協会報   1-10   Jun 2016   [Refereed]
Ono Misaki, Mikako Takeshima, Shuji Nakano
THE ENZYMES   37 139-166   Sep 2015   [Refereed]
Antiproliferative and Apoptosis-inducing Activity of Nobiletin Against Three Subtypes of Human Breast Cancer Cell Lines.
Chen C, Ono M, Takeshima M, Nakano S
Anticancer research   34 1785-1792   Apr 2014   [Refereed]
Takeshima M, Ono M, Higuchi T, Chen C, Hara T, Nakano S
Cancer science   105 252-257   Mar 2014   [Refereed]
Nakazono E, Miyazaki H, Abe S, Imai K, Masuda T, Iwamoto M, Moriguchi R, Ueno H, Ono M, Yazumi K, Moriyama K, Nakano S, Tsuda H
Osteoporosis international : a journal established as result of cooperation between the European Foundation for Osteoporosis and the National Osteoporosis Foundation of the USA   25 485-495   Feb 2014   [Refereed]
Ono M, Higuchi T, Takeshima M, Chen C, Nakano S
Biochemical and biophysical research communications   436 186-191   Jun 2013   [Refereed]
Antiproliferative and apoptosis-inducing activity of curcumin against human gallbladder adenocarcinoma cells.
Ono M, Higuchi T, Takeshima M, Chen C, Nakano S
Anticancer research   33 1861-1866   May 2013   [Refereed]
小野美咲, 中野修治
月刊臨床と研究   89(12) 1712-1718   Dec 2012
Ono M, Koga T, Ueo H, Nakano S
Nutrition and cancer   64 1204-1210   2012   [Refereed]

Misc

 
中野修治, 森山耕成, 大部正代, 宮崎瞳, 相島英津子, 山口孝治, 小野美咲, 上野宏美
中村学園大学・中村学園大学短期大学部プロジェクト研究研究成果報告書   (2) 21-25   Dec 2011
津田博子, 中野修治, 森山耕成, 矢野治江, 今井克己, 寺澤洋子, 近江雅代, 古賀里利子, 蒲原朋子, 中園栄里, 山口孝治, 相島英津子, 小野美咲, 蒲池桃子, 林梨恵
中村学園大学・中村学園大学短期大学部プロジェクト研究研究成果報告書   (1) 21-27   Dec 2009

Conference Activities & Talks

 
Genistein suppresses Src-induced proliferative activity by arresting at G2/M through increasing the p53 and p21 levels
Ono Misaki
28 Sep 2018   
Differential anti-proliferative activity of isoflavones against Src-activated human adenocarcinoma cells.
Misaki Ono, Takako Higuchi, Mikako Takeshima, and Shuji Nakano.
7th Asian Congress of Dietetics (ACD) Hong Kong.   7 Jul 2018   
The role of weight fluctuation of fasting morning weight for 2 years in the reduction of body weight in Japanese obese women.
Hiromi Ueno, Hitomi Miyazaki, Katsumi Imai, Masako Iwamoto, Masayo Obe, Hisaya Kawate, Takako Yamato, Yasutake Kenichiro, Mikako Takeshima, Ririko Moriguchi, Misaki Ono, Hiroko Tsuda, and Shuji Nakano.
7th Asian Congress of Dietetics (ACD) Hong Kong.   7 Jul 2018   
Genistein, a major isoflavone component, suppresses Src-induced proliferative activity by arresting cell cycle at G2/M through increasing the p53 and p21 levels
Misaki Ono, Takako Higuchi, Mikako Takeshima, Rei Wakimoto, and Shuji Nakano
25th Biennial Congress of the European Association for Cancer Research, Amsterdam   1 Jul 2018   
Differential anti-proliferative activity of isoflavones against Src-activated human adenocarcinoma cells
Ono Misaki
The 76th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association   29 Sep 2017   
Differential anti-proliferative activity of isoflavones against Src- and Ras-activated human adenocarcinoma cells
Misaki Ono, Takako Higuchi, Mikako Takeshima, Rei Wakimoto, and Shuji Nakano
EACR-AACR-SIC 2017 Special Conference   25 Jun 2017   
Differential anti-proliferative activity of isoflavones against Src-activated human adenocarcinoma cells
Misaki Ono, Takako Higuchi, Mikako Takeshima, Rei Wakimoto, Shuji Nakano
Experimental Biology 2017 Chicago Illinois   24 Apr 2017   
女子大学生の食塩摂取レベル別における特性及び食生活の特徴
梶山倫未, 安武健一郎, 森口里利子,宮崎瞳,阿部志麿子, 増田隆, 今井克己,岩本昌子,津田博子, 大部正代,河手久弥,上野宏美, 小野美咲, 五郎丸瞭子,中野修治
第20回 日本病態栄養学会 年次学術集会 京都   15 Jan 2017   
やせの母親の妊娠期間中の至適体重増加量の検討 -女子学生の出生体重とその母親の体重増加量との関係-
大塚尚直, 阿部志麿子, 増田隆, 森口里利子, 津田博子, 中野修治, 宮崎瞳, 上野宏美, 小野美咲, 大部正代, 五郎丸瞭子, 安武健一郎, 河手久弥, 鬼木愛子, 市川彩絵, 今井克己
第20回 日本病態栄養学会 年次学術集会 京都   14 Jan 2017   
「グラフ化体重日記」を用いた減量教室修了後の継続栄養支援の効果の検討
上野宏美、宮崎瞳、一田木綿子、阿部志麿子、今井克己、増田隆、森口里利子、岩本昌子、津田博子、小野美咲、五郎丸瞭子、河手久弥、能口健太、甲斐田遥香、安武健一郎、梶山倫未、大和孝子、竹嶋美夏子、脇本麗、中野修治
第20回 日本病態栄養学会 年次学術集会 京都   14 Jan 2017   
Effect of Equol on Hormone-dependent Rat Mammary Carcinoma Induced by Ethyl Methanesulphonate (EMS)
Misaki Ono, Mikako Takeshima, Takako Higuchi, Takaomi Koga, Shuji Nakano
第75回日本癌学会学術総会 横浜   8 Oct 2016   
運動支援が中高年肥満女性の食行動に及ぼす効果
上野宏美、熊原秀晃、一田木綿子、小野美咲、宮崎瞳、飛奈卓郎、道下竜馬、森村和浩、塩瀬圭佑、畑本陽一、田中宏暁、中野修治
第37回日本肥満学会 東京   8 Oct 2016   
Mechanistic study for interaction of soy isoflavones in vitro and in vivo animal model
Misaki Ono, Takako Higuchi, Mikako Takeshima, Shuji Nakano
International Congress of Dietetics;ICD2016 SPAIN GRANADA   7 Sep 2016   
中年女性における食事エネルギー摂取割合の変化と糖代謝の変化の関連
小野美咲, 宮崎瞳, 阿部志麿子, 今井克己, 岩本昌子, 増田隆, 森口里利子, 大無田恵美, 岩本華奈, 五郎丸遼子, 上野宏美, 津田博子, 中野修治
The 59th Annual Meeting of the Japan Diabetes Society Kyoto   20 May 2016   
Effect of Equol on Hormone-dependent Rat Mammary Carcinoma Induced by Ethyl Methanesulphonate (EMS)
Misaki Ono, Mikako Takeshima, Takako Higuchi, Takaomi Koga, Shuji Nakano
AACR Annual Meeting 2016 New Orleans, Louisiana   17 Apr 2016   
Combination of genistein and equol has a great synergy in inducing apoptosis in MCF-7 human breast cancer cells.
Misaki Ono, Shuji Nakano.
The 74th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association   9 Oct 2015   
Effect of exercise therapy using the heart sound on health-related profiles in obese women
3 Oct 2015   
Mechanism of the anticancer effects of soyisoflavones on breast cancer [Invited]
Ono Misaki
8 Jul 2015   
Associations of serum homocysteine concentrations with biological and nutritional markers in pre-and postmenopausal Japanese woman
Hitomi Miyazaki, Hiromi Ueno, Katsumi Imai, Shimako Abe, Takashi Masuda, Ririko Moriguchi, Hiroko Tsuda Masako Iwamoto, Eri Nakazono, Misaki Ono, Masayo Obe, Emi Omuta, Kana Iwamoto, Ryoko Gromaru, Shuji Nakano
17 May 2015   
Serum 25-hydroxyvitamin D levels are not associated with the reduction if a calcaneus quantitative ultrasound parameter in young adult females
Eri Nakazono, Hitomi Miyazaki, Shimako Abe, Katsumi Imai, Takashi Masuda, Masako Iwamoto, Ririko Moriguchi, Hiromi Ueno, Misaki Ono, Shuji Nakano, Hiroko Tsuda
16 May 2015   
Methylated resveratrol induces cell cycle arrest and apoptosis in three subtypes of human breast cancer cell lines.
Rei Wakimoto, Mikako Takeshima, Misaki Ono, Takako Higuchi,
12th Asian Congress of Nutrition Yokohama   16 May 2015   
Effects of dietary lycopene rich tomato powder on rat mammary carcinogenesis induced by ethyl methanesulphonate.
Mikako Takeshima, Misaki Ono, Takako Higuchi, Rei Wakimoto, Shuji Nakano
12th Asian Congress of Nutrition Yokohama   15 May 2015   
Mechanistic study of synergistic interaction between genistein and equol in MCF-7 human breast cancer cells in vitro
Misaki Ono, Kaoru Ejima, Mikako Takeshima, Shuji Nakano.
2015 American Association for Cancer Research Philadelphia, PA   19 Apr 2015   
上野宏美, 宮崎瞳, 小野美咲, 岩本華奈, 森口里利子, 大部正代, 中野修治, 坂田利家
11 Jan 2015   
Misaki Ono, Shuji Nakano
73th Anuual Meeting of the Japanese Cancer Association   26 Sep 2014   
サブタイプの異なる3種の乳癌細胞に対する茶カテキンのエピガロカテキンガーレートの殺細胞効果を過酸化を除去下で検討し、この状態においても細胞増殖抑制効果を示すこと、細胞周期停止およびシグナル伝達での抗腫瘍効果を示すことを解明し発表
小野美咲, 竹嶋美夏子, 中野修治
第57回果汁技術研究発表会   19 Sep 2014   
柑橘果皮に含まれるポリメトキシフラボノイドであるノビレチンの乳癌細胞に対する抗腫瘍効果について発表
脇本麗, 竹嶋美夏子, 小野美咲, 江島薫, 溝田知香, 中野修治
第61回日本栄養改善学会学術総会   21 Aug 2014   
ブドウ果皮に多く含まれるポリフェノールの一種、レスベラトロールのメチル化体の暴露により、乳癌細胞では細胞周期G1期停止が起こることが明らかとなった
江島薫, 溝田知香, 脇本麗, 小野美咲, 竹嶋美夏子, 中野修治
第61回日本栄養改善学会学術総会   21 Aug 2014   
大豆イソフラボンのサブクラスである4種の成分の組み合わせによる乳癌細胞への影響を解析し、ゲニステインとイコールの組み合わせは強いアポトーシス誘導が起こることが明らかとなった
竹嶋美夏子, 小野美咲, 脇本麗, 江島薫, 溝田知香, 中野修治
第61回日本栄養改善学会学術総会   21 Aug 2014   
カロテノイドの一種であるリコペンはトリプルネガティブ乳癌細胞に対して、増殖を抑制しアポトーシスを誘導することが明らかとなった
溝田知香, 小野美咲, 江島薫, 竹嶋美夏子, 脇本麗, 中野修治
第61回日本栄養改善学会学術総会   21 Aug 2014   
ゴマの成分であるリグナンに含まれるセサミンとその代謝産物であるエンテロラクトンの乳癌細胞増殖抑制効果は弱いことが明らかとなった
五郎丸瞭子, 岩本昌子, 中尾晶子, 宮崎瞳, 今井克己, 阿部志麿子, 森口里利子, 津田博子, 中園栄里, 小野美咲, 上野宏美, 中野修治
第61回日本栄養改善学会学術総会   21 Aug 2014   
4ヶ月間の介入減量プログラムにより、減量のみならず、食事内容の改善および内臓脂肪の減少、糖代謝改善が起こることが明らかとなった
小野美咲, 中野修治
がん予防学術大会2014   13 Jun 2014   
乳癌細胞に対する大豆イソフラボンサブクラスの複合投与による抗腫瘍効果について発表
上野宏美, 宮崎瞳, 今井克己, 阿部志磨子, 増田隆, 森口里利子, 津田博子, 岩本昌子, 中園栄里, 小野美咲, 森山耕成, 大部正代, 大無田恵美, 岩本華奈, 五郎丸瞭子, 中野修治
第68回日本栄養・食糧学会大会   1 Jun 2014   
卒後10の健診結果に影響を及ぼす大学在学時の食事因子として、血清尿酸値は、在学時の果実類の摂取量、摂取形態が関与していると明らかとなった
脇本麗, 竹嶋美夏子, 小野美咲, 樋口貴子, 陳晨, 江島薫, 原孝之, 中野修治
第68回日本栄養・食糧学会大会   1 Jun 2014   
ブドウ果皮に多く含まれるポリフェノールの一種、レスベラトロールのメチル化体の暴露により、乳癌細胞増殖抑制することが明らかとなった
Misaki Ono, Takako Higuchi, Mikako Takeshima, Chen Chen, Shuji Nakano.
Experimental Biology 2014   27 Apr 2014   
乳癌細胞であるMCF-7に対する茶カテキンのエピガロカテキンガーレートの殺細胞効果をエピガロカテキンガーレートにより産生される過酸物を除去した状態で検討し、この場合においても、乳癌の細胞増殖抑制効果を示すことを明らかにし、発表
宮崎瞳, 上野宏美, 今井克己, 阿部志麿子, 増田隆, 森口里利子, 津田博子, 岩本昌子, 中園栄里, 小野美咲, 森山耕成, 中野修治
平成25年度日本栄養・食糧学会 九州・沖縄支部会   18 Oct 2013   
中村学園大学健康増進センター長期研究である、若年日本人の栄養・運動能力の前向き調査と長期予後予測因子の抽出における、大学4年時の栄養・運動状態が卒後の妊娠時貧血および出生時体重に及ぼす影響が解析された
大豆イソフラボン構成成分の乳癌細胞制御効果
江島薫, 陳晨, 小野美咲, 竹嶋美夏子, 中野修治
14 Sep 2013   
大豆イソフラボンのサブクラスである4種の成分について、乳癌のサブタイプ別に抗腫瘍効果を検討し、ゲニステインが最も効果が強いことが明らかとなった
陳晨, 江島薫, 小野美咲, 竹嶋美夏子, 中野修治
第60回日本栄養改善学会学術総会   14 Sep 2013   
柑橘果皮に含まれるポリメトキシフラボノイドであるノビレチンの乳癌細胞に対する作用が解析された
竹嶋美夏子, 小野美咲, 陳晨, 江島薫, 中野修治
第60回日本栄養改善学会学術総会   14 Sep 2013   
カロテノイドの一種であるリコペンの乳癌サブタイプによる抗腫瘍効果を検討し、乳癌細胞増殖抑制効果を示すことが明らかとなった
小野美咲, 竹嶋美夏子, 陳晨, 江島薫, 中野修治
第60回日本栄養改善学会学術総会   13 Sep 2013   
乳癌細胞に対する茶カテキンの抗癌作用およびシグナル伝達解析について発表
小野美咲
村上華林堂病院グラフ化体重日記研究会   11 Jun 2013   
グラフ化体重日記の初期操作および介入方法について講演
Eri Nakazono, Hitomi Miyazaki, Shimako Abe, Katsumi Imai, Takashi Masuda, Masako Iwamoto, Ririko Moriguti, Hiromi Ueno, Misaki Ono, Kayoko Yazumi, Kosei Moriyama, Shusi Nakano, Hiroko Tsuda
国際骨代謝学会・日本骨代謝学会 合同国際会議   29 May 2013   
若年後期での活発な運動の中止は音響的骨評価値の低下を加速させることが明らかとなった
Misaki Ono, Takako Higuchi, Mikako Takeshima, Chen Chen, Shuji Nakano
AACR Annual Meeting 2013   9 Apr 2013   
フィトケミカルであるクルクミンは癌遺伝子であるSrcあるいはRasに対して異なった作用によって抗腫瘍効果を示していることを発表
小野美咲
第1回福岡県グラフ化体重日記研究会   20 Feb 2013   
グラフ化体重日記の初期操作および介入方法について講演
小野美咲, 上野宏美, 中野修治
第16回日本病態栄養学会年次学術集会   13 Jan 2013   
長年にわたり血糖コントロールが不良であった患者に対して、グラフ体重日記導入が有効であった一例について報告
上野宏美, 宮崎瞳, 今井克己, 阿部志磨子, 増田隆, 森口里利子, 津田博子, 岩本昌子, 中園栄里, 小野美咲, 八住香代子, 森山耕成, 大部正代, 相島英津子, 中野修治, 坂田利家
第16回日本病態栄養学会年次学術集会   12 Jan 2013   
肥満症女性患者の食行動をもとに、食事摂取様態と代謝異常との関連が解析された
小野美咲
平成24年度 福岡県コメディカルスタッフがん医療研修会   3 Nov 2012   
癌患者の栄養生化学について講演
Misaki Ono, Takako Higuchi, Mai Tatsuichi, Shuji Nakano
71th Anuual Meeting of the Japanese Cancer Association   21 Sep 2012   
癌遺伝子であるSrcあるいはRasに対するフィトケミカルのクルクミンの抗腫瘍効果の機序を解析し発表
小野美咲, 竹嶋美夏子, 中野修治
第59回日本栄養改善学会学術総会   14 Sep 2012   
乳癌ヒト細胞株に対する茶カテキンの増殖抑制効果を検討し発表
竹嶋美夏子, 小野美咲, 中野修治
第59回日本栄養改善学会学術総会   13 Sep 2012   
トマトなどに含まれる成分であるリコペンの乳癌細胞に対する増殖抑制効果が検討された
Hiromi Ueno, Hitomi Miyazaki, Shimako Abe, Katsumi Imai, Takashi Masuda, Ririko Moriguchi, Misaki Ono, Kayoko Iwamoto, Eri Nakazono, Kousei Moriyama, Masayo Oobe, Ethuko Aishima, Shuji Nakano, Toshiie Sakata
16th International Congress of Dietetics   6 Sep 2012   
肥満症患者に対してグラフ化体重日記でグループ栄養支援を行うことは減量のために有効であることが明らかとなった
Misaki Ono, Shuji Nakano
16th International Congress of Dietetics   6 Sep 2012   
発癌物質EMS誘発性乳癌モデルラットを用いた大豆イソフラボンであるGenisteinは乳癌予防効果がなかったことを発表
Misaki Ono, Takaomi Koga, Hiroaki Ueo, Shuji Nakano
Experimental Biology 2012   22 Apr 2012   
発癌物質EMS誘発性乳癌モデルラットを用いた大豆イソフラボンであるGenisteinの乳癌予防効果について検討し発表
小野美咲, 中野修治
第15回日本病態栄養学会年次学術集会   15 Jan 2012   
女性の乳癌発症に関与する生活因子を解明する為の調査の中間報告
上野宏美, 宮崎瞳, 今井克己, 阿部志磨子, 増田隆, 森口里利子, 津田博子, 岩本昌子, 中園栄里, 小野美咲, 八住香代子, 森山耕成, 大部正代, 相島英津子, 中野修治, 坂田利家
第15回日本病態栄養学会年次学術集会   15 Jan 2012   
女性肥満症患者について食行動を領域別に食事摂取内容と代謝異常についての関連が明らかとなった
中園栄里, 今井克己, 阿部志麿子, 岩本昌子, 森口里利子, 宮崎瞳, 小野美咲, 八住香代子, 上野宏美, 森山耕成, 中野修治, 津田博子
第13回日本骨粗鬆症学会   3 Nov 2011   
女子大学生の踵骨音響的骨評価値減少の回避には入学後の運動が有効であることが3年間の追跡調査解析により明らかとなった
小野美咲, 中野修治
第70回日本癌学会学術総会   3 Oct 2011   
癌遺伝子であるSrcあるいはRasに対してウコンから抽出されるフィトケミカルであるクルクミンは抗癌作用を示したことを発表
八住香代子, 八木香里, 岩本昌子, 今井克己, 阿部志麿子, 森口里利子, 津田博子, 中園栄里, 宮崎瞳, 小野美咲, 上野宏美, 森山耕成, 中野修治
第58回日本栄養改善学会学術総会   10 Sep 2011   
1年生時のエネルギー摂取量やその他の栄養素等において、摂取不足が見られるものがあったが、さらに学年が進行するにつれて、食事摂取量が全体的に減少する傾向が見られることが明らかとなった
小野美咲, 相島英津子, 中野修治
第58回日本栄養改善学会学術総会   9 Sep 2011   
成人男性における茹で卵摂取後のコレステロールなど脂質代謝に関する解析を行い発表
上野宏美, 宮崎瞳, 今井克己, 近江雅代, 大部正代, 岩本昌子, 大和孝子, 森口里利子, 竹嶋美夏子, 相島英津子, 小野美咲, 中野修治
第58回日本栄養改善学会学術総会   9 Sep 2011   
中村学園大学栄養クリニックで行った栄養科学部3年生対象の見学実習の取り組みについての発表
小野美咲, 津田博子, 高田和幸, 中野修治
第19回西日本肥満研究会   16 Jul 2011   
栄養クリニックにおける栄養支援方法にて減量成果のあった症例の報告
宮崎瞳, 上野宏美, 今井克己, 阿部志麿子, 増田隆, 森口里利子, 津田博子, 岩本昌子, 中園栄里, 小野美咲, 林梨恵, 八住香代子, 森山耕成, 大部正代, 相島英津子, 中野修治
第65回日本栄養・食糧学会大会   14 May 2011   
肥満女性における血中高分子アディポネクチンレベルは閉経前より閉経後で有意に高値を示すことが明らかとなった
小野美咲, 相島英津子, 中野修治
第14回日本病態栄養学会年次学術集会   15 Jan 2011   
成人女性における茹で卵摂取後のコレステロールなど脂質代謝に関する解析を行い発表
Misaki Ono, Taito Esaki, Shinji Ohno, Junji Kishimoto, Shuji Nakano
69th Anuual Meeting of the Japanese Cancer Association   23 Sep 2010   
閉経後乳癌の発症リスクを症例対照研究により解析し、食品、食品群別のオッズ比を発表
小野美咲, 中野修治
第57回日本栄養改善学会学術総会   10 Sep 2010   
閉経後乳癌の発症リスクを症例対照研究により解析し、発表
八住香代子, 岩本昌子, 今井克己, 阿部志麿子, 森口里利子, 津田博子, 中園栄里, 宮崎瞳, 小野美咲, 林梨恵, 上野宏美, 森山耕成, 中野修治
第57回日本栄養改善学会学術総会   10 Sep 2010   
女子大学生の学年進行に伴う食事摂取状況の変動について解析し、学年進行によりエネルギー摂取量をはじめ、いくつかの栄養素食品群で摂取量が減少する傾向が明らかとなった
中園栄里, 津田博子, 今井克己, 阿部志磨子, 森口里利子, 岩本昌子, 宮崎瞳, 小野美咲, 八住香代子, 林梨恵, 上野宏美, 森山耕成, 中野修治
第57回日本栄養改善学会学術総会   10 Sep 2010   
女子大学生の身体および生活状況の年次変化に関する追跡調査の結果から、20歳前後でも音響的骨評価値が低下することが明らかとなった
小野美咲
第57回日本栄養改善学会学術総会   4 Sep 2009   
若年女性の精神的健康パターンが食行動に及ぼす影響を統計解析し発表
Misaki Ono, Ayumi Nishida, Rina Miyahara, Mami Yumito, Syouko Koga, Ayako Yamamoto, Hitomi Miyazaki, Syuji Nakano
67th Anuual Meeting of the Japanese Cancer Association   29 Oct 2008   
内臓脂肪蓄積型モデルラットは化学誘発性乳癌の発症を早めることを発表
古賀里利子, 津田博子, 中園栄里, 蒲原朋子, 小野美咲, 中野修治, 坂田利家
第29回日本肥満学会   17 Oct 2008   
咀嚼を伴う高ヒスチジン含有食材の摂取は内臓脂肪を削減することが明らかとなった
小野美咲
第29回日本肥満学会   17 Oct 2008   
肥満症女性患者の内臓脂肪の動態を規定する食因子についての解析し、減量時に米の摂取量が増加すると内臓脂肪が蓄積することを発表
小野美咲
第55回日本栄養改善学会学術総会   7 Sep 2008   
肥満症女性患者の内臓脂肪の動態を規定する食因子についての解析結果を発表
小野美咲, 津田博子, 中野修治, 阿部志磨子, 今井克己, 岩本昌子, 増田隆, 古賀里利子, 中園栄里, 宮崎瞳, 坂田利家
第16回西日本肥満研究会   6 Jul 2008   
肥満症女性患者の内臓脂肪の増減を規定する食因子についての解析結果を発表
古賀里利子, 津田博子, 中園栄里, 蒲原朋子, 小野美咲, 中野修治, 坂田利家
第16回西日本肥満研究会   6 Jul 2008   
肥満症女性患者に対して咀嚼食材としてヒスチジン高含有カツオキューブを摂取させ、内臓脂肪削減効果が検討された
古賀里利子, 津田博子, 今井克己, 阿部志麿子, 増田隆, 岩本昌子, 中園栄里, 蒲原朋子, 小野美咲, 坂田利家
第28回日本肥満学会   20 Oct 2007   
内臓脂肪に関わる食事パターン化が統計解析により明らかとなった

Association Memberships

 
THE JAPANESE SOCIETY OF NUTRITION AND DIETETICS , JAPAN SOCIETY OF METABOLISM AND CLINICAL NUTRITION , THE JAPANESE CANCER ASSOCIATION

Research Grants & Projects

 
Basic and epidemiological studies on dietary factors that reduce the risk of breast cancer
Project Year: Apr 2015 - Mar 2016    Investigator(s): Nakano Shuji
Mechanistic study for non-oxidative anticancer activity of epigallocatechin-3-gallate in human breast cancer cells
Project Year: Apr 2014 - Mar 2015    Investigator(s): Ono Misaki
The Science Research Promotion Fund
Project Year: Apr 2014 - Mar 2015    Investigator(s): Nakano Shuji
The Science Research Promotion Fund
Project Year: Apr 2013 - Mar 2014    Investigator(s): Shuji Nakano
The Science Research Promotion Fund
Project Year: Apr 2008 - Mar 2010    Investigator(s): Nakano Shuji
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2008 - 2010    Investigator(s): Shuji NAKANO