日本の女性研究者

ゲノム科学

研究者リスト >> 鵜木 元香
 

鵜木 元香

 
アバター
研究者氏名鵜木 元香
 
ウノキ モトコ
URLhttp://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K003847
所属九州大学
部署生体防御医学研究所 分子機能制御学部門 エピゲノム制御学分野
職名助教
学位医学博士(東京大学)
科研費研究者番号30525374
ORCID ID0000-0002-9629-3818

プロフィール

DNAのメチル化やヒストン修飾を読み取るエピジェネティックコードのリーダータンパク質に興味を持っています。最近は特にセントロメアやペリセントロメアが低メチル化し不安定になるICF症候群の発症機序の解明に取り組んでいます。

研究キーワード

 
non-homologous end joining , HELLS , CDCA7 , DNA repair , メチル化 , ヒドロキシリジン , アセチル化 , ICF syndrome , 水酸化 , 転写制御 , 水酸化リジン , 発癌メカニズム , エピジェネティクス , DNAメチレーション , ヒストン修飾 , UHRF1

研究分野

 
  • 生物科学 / 発生生物学 / 
  • 基礎生物学 / 遺伝・染色体動態 / 
  • 基礎医学 / 人類遺伝学 / 
  • 腫瘍学 / 発がん / 
  • ゲノム科学 / 基礎ゲノム科学 / 
  • 生物科学 / 分子生物学 / 
  • 生物科学 / 細胞生物学 / 

経歴

 
2010年10月
 - 
現在
九州大学 生体防御医学研究所 エピゲノム制御学分野 助教
 
2008年5月
 - 
2010年9月
独立法人理化学研究所 博士研究員
 
2004年5月
 - 
2008年4月
米国国立癌研究所(米国国立衛生研究所) 海外学術振興会特別研究員, 博士研究員
 
2003年4月
 - 
2004年4月
東京大学・医科学研究所 日本学術振興会特別研究員-PD
 
2001年4月
 - 
2003年3月
東京大学・医科学研究所 日本学術振興会特別研究員-DC2
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2003年3月
東京大学 医学系研究科 
 

受賞

 
1999年3月
日本獣医師会 日本獣医師会賞
 
1993年3月
竹岸・越智賞
 

論文

 
Unoki M, Funabiki H, Velasco G, Francastel C, Sasaki H
The Journal of clinical investigation      2018年10月   [査読有り]
Matsuda S, Yasukawa T, Sakaguchi Y, Ichiyanagi K, Unoki M, Gotoh K, Fukuda K, Sasaki H, Suzuki T, Kang D
Scientific reports   8(1) 5801   2018年4月   [査読有り]
Maenohara S, Unoki M, Toh H, Ohishi H, Sharif J, Koseki H, Sasaki H
PLoS genetics   13(10) e1007042   2017年10月   [査読有り]
Thijssen PE, Ito Y, Grillo G, Wang J, Velasco G, Nitta H, Unoki M, Yoshihara M, Suyama M, Sun Y, Lemmers RJ, de Greef JC, Gennery A, Picco P, Kloeckener-Gruissem B, Güngör T, Reisli I, Picard C, Kebaili K, Roquelaure B, Iwai T, Kondo I, Kubota T, van Ostaijen-Ten Dam MM, van Tol MJ, Weemaes C, Francastel C, van der Maarel SM, Sasaki H
Nature communications   6 7870   2015年7月   [査読有り]
Nitta H, Unoki M, Ichiyanagi K, Kosho T, Shigemura T, Takahashi H, Velasco G, Francastel C, Picard C, Kubota T, Sasaki H
Journal of human genetics   58(7) 455-460   2013年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
鵜木 元香
講談社   2016年11月   ISBN:4062203235
イラストで徹底理解するエピジェネティクスキーワード事典
鵜木 元香 (担当:共著, 範囲:第2部 生命現象とエピジェネティクス、4 生殖・発生)
羊土社   2013年12月   
エピジェネティクスと病気
鵜木 元香 (担当:共著, 範囲:DNAメチル化酵素異常症)
メディカル ドウ   2013年9月   
Bladder Cancer
鵜木 元香、他多数 (担当:共著, 範囲:UHRF1 is a potential molecular marker for diagnosis and prognosis of bladder cancer)
INTECH   2011年12月   ISBN:978-953-307-610-2
基礎からわかるゲノム解析実験法 中村祐輔ラボ・マニュアル
羊土社   2002年   ISBN:9784897062754

講演・口頭発表等

 
鵜木 元香、吉松 正憲、有田 恭平、益田 晶子、堂前 直、植田 幸嗣、岩井 裕希子、浜本 隆二、白川 昌宏、中村 祐輔
第5回 日本エピジェネティクス研究会年会   2011年5月   
鵜木 元香、醍醐 弥太郎、鯉沼 潤一郎、土屋 永寿、浜本 隆二、中村 祐輔
第69回 日本癌学会学術総会   2010年9月   
JMJDX interacts with DEAH (Asp-Glu-Ala-His) box polypeptide 9 (DHX9)
鵜木 元香、中村 祐輔、浜本 隆二
第101回 米国癌研究会議   2010年4月   
UHRF1 is a novel molecular marker for diagnosis and the prognosis of bladder cancer
鵜木 元香、中村 祐輔、浜本 隆二
第8回アメリカ癌学会・日本癌学会合同会議   2010年2月   
UHRF1 is a Novel Molecular Marker for Diagnosis and the Prognosis of Bladder Cancer
鵜木 元香、中村 祐輔、浜本 隆二
第68回 日本癌学会学術総会   2009年10月   

所属学協会

 
日本癌学会 , アメリカ癌学会 , 日本エピジェネティクス研究会 , 日本人類遺伝学会 , 日本分子生物学会

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 鵜木 元香
ヒストンのリジン残基 「水酸化」の生理的意義の解明
九州大学: 平成24年度九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト
研究期間: 2012年4月 - 2012年4月    代表者: 鵜木 元香
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 鵜木元香
九州大学: 平成23年度九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 鵜木 元香
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 鵜木元香