日本の女性研究者

Agriculture

Researcher List >> Fumiko Ono
 

Fumiko Ono

 
Avatar
NameFumiko Ono
e-mailf-onovet.ous.ac.jp
AffiliationOkayama University of Science

Research Interests

 
prion , Medical primatology , zoonosis

Research Areas

 
  • Animal life science / Veterinary medical science / Veterinary associated science

Published Papers

 
Yamaguchi K, Kamatari YO, Ono F, Shibata H, Fuse T, Elhelaly AE, Fukuoka M, Kimura T, Hosokawa-Muto J, Ishikawa T, Tobiume M, Takeuchi Y, Matsuyama Y, Ishibashi D, Nishida N, Kuwata K
Nature biomedical engineering   3(3) 206-219   Mar 2019   [Refereed]
Hagiwara K, Sato Y, Yamakawa Y, Hara H, Tobiume M, Okemoto-Nakamura Y, Sata T, Horiuchi M, Shibata H, Ono F
PloS one   14(5) e0216807   2019   [Refereed]
Sehara Y, Fujimoto KI, Ikeguchi K, Katakai Y, Ono F, Takino N, Ito M, Ozawa K, Muramatsu SI
Human gene therapy. Clinical development   28(2) 74-79   Jun 2017   [Refereed]
Nishiguchi KM, Yokoyama Y, Fujii Y, Fujita K, Tomiyama Y, Kawasaki R, Furukawa T, Ono F, Shimozawa N, Togo M, Suzuki M, Nakazawa T
PloS one   11(10) e0164899   Oct 2016   [Refereed]
Hara H, Ono F, Nakamura S, Matsumoto SE, Jin H, Hattori N, Tabira T
Journal of Alzheimer's disease : JAD   54(3) 1047-1059   Oct 2016   [Refereed]
Serological surveillance for antibodies against Erysipelothrix species in wild boar and deer in Japan.
Shimizu T, Okamoto C, Aoki H, Harada K, Kataoka Y, Ono F, Kadohira M, Takai S
The Japanese journal of veterinary research   64(1) 91-94   Feb 2016   [Refereed]
Murayama Y, Ono F, Shimozaki N, Shibata H
Biochemical and biophysical research communications   470(3) 563-568   Feb 2016   [Refereed]
Okamoto M, Miyazawa T, Morikawa S, Ono F, Nakamura S, Sato E, Yoshida T, Yoshikawa R, Sakai K, Mizutani T, Nagata N, Takano J, Okabayashi S, Hamano M, Fujimoto K, Nakaya T, Iida T, Horii T, Miyabe-Nishiwaki T, Watanabe A, Kaneko A, Saito A, Matsui A, Hayakawa T, Suzuki J, Akari H, Matsuzawa T, Hirai H
Scientific reports   5 8850   Mar 2015   [Refereed]
Murayama Y, Masujin K, Imamura M, Ono F, Shibata H, Tobiume M, Yamamura T, Shimozaki N, Terao K, Yamakawa Y, Sata T
The Journal of general virology   95(Pt 11) 2576-2588   Nov 2014   [Refereed]
Kimura N, Okabayashi S, Ono F
Neuroreport   25(7) 514-520   May 2014   [Refereed]
Mimuro J, Mizukami H, Hishikawa S, Ikemoto T, Ishiwata A, Sakata A, Ohmori T, Madoiwa S, Ono F, Ozawa K, Sakata Y
Molecular therapy : the journal of the American Society of Gene Therapy   21(2) 318-323   Feb 2013   [Refereed]
Uchida A, Sasaguri H, Kimura N, Tajiri M, Ohkubo T, Ono F, Sakaue F, Kanai K, Hirai T, Sano T, Shibuya K, Kobayashi M, Yamamoto M, Yokota S, Kubodera T, Tomori M, Sakaki K, Enomoto M, Hirai Y, Kumagai J, Yasutomi Y, Mochizuki H, Kuwabara S, Uchihara T, Mizusawa H, Yokota T
Brain : a journal of neurology   135(Pt 3) 833-846   Mar 2012   [Refereed]
Maki T, Wakita H, Mase M, Itagaki I, Saito N, Ono F, Adachi K, Ito H, Takahashi R, Ihara M, Tomimoto H
Neuroscience letters   499(2) 80-83   Jul 2011   [Refereed]
Novel complementary peptides to target molecules.
Okada H, Imai M, Ono F, Okada A, Tada T, Mizue Y, Terao K, Okada N
Anticancer research   31(7) 2511-2516   Jul 2011   [Refereed]
Ito M, Katakai Y, Ono F, Akari H, Mukai RZ, Takasaki T, Kotaki A, Kurane I
Archives of virology   156(6) 1073-1077   Jun 2011   [Refereed]
Atypical L-type bovine spongiform encephalopathy (L-BSE) transmission to cynomolgus macaques, a non-human primate.
Ono F, Tase N, Kurosawa A, Hiyaoka A, Ohyama A, Tezuka Y, Wada N, Sato Y, Tobiume M, Hagiwara K, Yamakawa Y, Terao K, Sata T
Japanese journal of infectious diseases   64(1) 81-84   Jan 2011   [Refereed]
Experimental transmission of bovine spongiform encephalopathy (BSE) to cynomolgus macaques, a non-human primate.
Ono F, Terao K, Tase N, Hiyaoka A, Ohyama A, Tezuka Y, Wada N, Kurosawa A, Sato Y, Tobiume M, Hagiwara K, Yamakawa Y, Sata T
Japanese journal of infectious diseases   64(1) 50-54   Jan 2011   [Refereed]
EFFECTIVE AAV8 VECTOR-MEDIATED MICRODYSTROPHIN TRANSDUCTION OF SKELETAL MUSCLES IN NORMAL PRIMATE
Ishii Akiko, Shin Jin-Hong, Katakai Yuko, Ono Fumiko, Okada Takashi, Takeda Shin-ichi
JOURNAL OF GENE MEDICINE   12(12) 1062-1063   Dec 2010   [Refereed]
NEUTRALIZING ANTIBODY AGAINST VECTOR CAPSID AFFECTS LIVER-MEDIATED FACTOR IX EXPRESSION IN NON-HUMAN PRIMATES USING AAV VECTORS
Mizukami Hiroaki, Mimuro Jun, Ishiwata Akira, Ono Fumiko, Yagi Hiroya, Urabe Masashi, Kume Akihiro, Terao Keiji, Yasutomi Yasuhiro, Sakata Yoichi, Ozawa Keiya
JOURNAL OF GENE MEDICINE   12(12) 1061-1062   Dec 2010   [Refereed]

Misc

 
小野文子
実験動物と環境   (49) 23‐26   Apr 2017
高井伸二, 門平睦代, 青木博史, 村田浩一, 前田健, 小野文子, 山本茂貴
獣医公衆衛生研究   18(2) 5‐9   Mar 2016
小野文子, 柴原壽行, 加瀬ちひろ, 小林恒平
千葉科学大学紀要   (9) 291   Feb 2016
高井伸二, 門平睦代, 青木博史, 村田浩一, 前田健, 小野文子, 山本茂貴
獣医畜産新報   (1129) 583-587   Aug 2015
高井伸二, 門平睦代, 青木博史, 村田浩一, 前田健, 小野文子, 山本茂貴
食品衛生研究   64(11) 7-13   Nov 2014
TAKAI Shinji, KADOHIRA Mutsuyo, AOKI Hiroshi, MURATA Koichi, MAEDA Ken, ONO Fumiko, YAMAMOTO Shigeki
Jpn. J. Zoo Wildl. Med.   18(3) 83-86   Sep 2013
<p>Wild animal ecologists and specialists, administrators, epidemiologists, and specialists in disease diagnosis have gathered together to form an organization for the purpose of ''Ensuring the Safety of Meat Derived from Wild Birds and Animals''....
Transmission of Classical and Atypical (L-type) Bovine Spongiform Encephalopathy (BSE) Prions to Cynomolgus macaques
Ono Fumiko, Yamakawa Yoshio, Tobiume Minoru, Sato Yuko, Katano Harutaka, Hagiwara Kenichi, Itagaki Iori, Hiyaoka Akio, Komatuzaki Katuhiko, Emoto Yasunori, Shibata Hiroaki, Murayama Yuichi, Terao Keiji, Yasutomi Yasuhiro, Sata Tetsutaro
PRION   4(3) 141   Jul 2010   [Refereed]
間瀬光人, 斉藤直之, 小野文子, 片貝祐子, 木村展之, 土田順子, 寺尾恵治, 吉川泰弘, 山田和雄
Nagoya Medical Journal   50(1) 43   Jan 2009
間瀬光人, 小野文子, 斉藤直之, 片貝祐子, 寺尾恵治, 吉川泰弘, 山田和雄
脳卒中   29(2) 383   Mar 2007
AGEYAMA Naohide, HANAZONO Yutaka, SHIBATA Hiroaki, ONO Fumiko, NAGASHIMA Takeyuki, UEDA Yasuji, YOSHIKAWA Yasuhiro, HASEGAWA Mamoru, OZAWA Keiya, TERAO Keiji
The journal of veterinary medical science   68(5) 507-510   May 2006
Genes and proteins of human origin are often administered to monkeys for research purposes, however, it can be difficult to obtain sufficient levels of the products in vivo due to immunological clearance. In this study, we showed that human erythr...
Nakamura S, Kimura N, Nakayama H, Ono F, Sakakibara I, Doi K, Yoshikawa Y
Primate Res.   14(2) pp.83-87   Aug 1998
OTANI Isao, FUJII Yuji, AKARI Hirofumi, MUKAI Ryozaburo, MORI Kazuyasu, ONO Fumiko, KOJIMA Eiji, MACHIDA Makoto, MURAKAMI Kunichika, DOI Kunio, YOSHIKAWA Yasuhiro
The journal of veterinary medical science   59(10) 891-896   Oct 1997
We studied the effects of 6-chloro-2', 3'-dideoxyguanosine (6-Cl-ddG), an antiretroviral drug, in surface lymph nodes of rhesus monkeys (Macaca mulatta) chronically infected with simian immunodeficiency virus (SIV). The rhesus monkeys were treated...
後藤直彰, 吉川泰弘, 落久保文子
長寿科学総合研究   1993(1) 219-223   Mar 1994
喜多村健, 鈴木光也, 吉川泰弘, 落久保文子
Otol Jpn   1(3) 79   Aug 1991
喜多村健, 八木昌人, 吉川泰弘, 落久保文子
Ear Res Jpn   21(1) 109-110   Nov 1990
We studied the vestibular pathology of the strain of the mutant C3H/He mice. Homozygotes of the animal showed head-tossing and deafness. The animals were used at ages of 10 days-18 months. At the age of 21 days, hair cell loss appears in the saccu...
喜多村健, 野村恭也, 吉川泰弘, 落久保文子
Ear Res Jpn   20(1) 227-228   Aug 1989
The investigation was performed on the strain of the mutant C3H/He mice. The animals were used at ages of 10 days-18 months. At 10 days after birth, the organ of Corti is fully developed and both inner and outer hair cells have a normal appearance...

Conference Activities & Talks

 
栗田瑞希, 伊藤昌紀, 宮澤和志, 和久井亨, 半田紀子, 五十嵐かほり, 伊藤拓哉, 柴田宏昭, 菱川修司, 小野文子, 國田智
日本実験動物技術者協会総会講演要旨集   13 Sep 2018   
近藤久美子, 臼池淑香, 伊藤周, 李俊佑, 青山真人, 加瀬ちひろ, 吉川泰弘, 柴原壽行, 小野文子
Veterinary Nursing   1 Jul 2017   
猪村武弘, 猪村梢, 五十嵐康宏, 稲垣明子, 柏山浩, 末田輝子, 笠井憲雪, 三好一郎, 小野文子, 安波洋一, 後藤昌史, 後藤昌史
日本膵・膵島移植研究会プログラム・抄録集   Feb 2017   
稲垣明子, 猪村武弘, 猪村梢, 五十嵐康宏, 柏山浩, 末田輝子, 笠井憲雪, 三好一郎, 小野文子, 安波洋一, 後藤昌史, 後藤昌史
日本異種移植研究会プログラム・抄録集   2017   
小野文子
日本実験動物技術者協会総会講演要旨集   29 Sep 2016   
飛梅実, 萩原健一, 小野文子, 佐藤由子, 柴田宏昭
日本病理学会会誌   12 Apr 2016   
五十嵐康宏, 小野文子, 後藤昌史
日本内分泌学会雑誌   1 Apr 2016   
稲垣明子, 猪村梢, 柏山浩, 猪村武弘, 五十嵐康宏, 五十嵐康宏, 末田輝子, 笠井憲雪, 小野文子, 後藤昌史, 後藤昌史
日本膵・膵島移植研究会プログラム・抄録集   Feb 2016   
五十嵐康宏, 五十嵐康宏, 小野文子, 猪村梢, 猪村武弘, 稲垣明子, 後藤めぐみ, 佐藤文俊, 伊藤貞嘉, 後藤昌史
Organ Biology   20 Oct 2015   
五十嵐康宏, 猪村梢, 柏山浩, 後藤めぐみ, 稲垣明子, 末田輝子, 笠井憲雪, 小野文子, 後藤昌史
糖尿病   25 Apr 2015   
藤井裕介, 西口康二, 古川敏紀, 小野文子, 下澤律浩, 東郷睦, 鈴木通弘, 中澤徹
日本眼科学会雑誌   18 Mar 2015   
稲垣明子, 五十嵐康宏, 猪村梢, 柏山浩, 猪村武弘, 末田輝子, 笠井憲雪, 小野文子, 後藤昌史
日本膵・膵島移植研究会プログラム・抄録集   Feb 2015   
五十嵐康宏, 猪村梢, 柏山浩, 猪村武弘, 後藤めぐみ, 稲垣明子, 末田輝子, 笠井憲雪, 小野文子, 後藤昌史
日本膵・膵島移植研究会プログラム・抄録集   Feb 2015   
内原俊記, 近藤ひろみ, 市川眞澄, 小林佐知, 小野文子, 木村展之
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   2014   
内原俊記, 近藤ひろみ, 市川眞澄, 岡林佐知, 小野文子, 木村展之
Dementia Japan   15 Oct 2013   
木村展之, 岡林佐知, 小野文子, 上田直也, 下澤律浩, 保富康宏, 柳澤勝彦
Dementia Japan   15 Oct 2013   
前田健, 下田宙, 米満研三, 寺田豊, 野口慧多, 高野愛, 小寺祐二, 竹田努, 小野文子, 高井伸二, 吉川泰弘, 岩附研子, 河岡義裕, 堀本泰介
日本獣医学会学術集会講演要旨集   30 Aug 2013   
小野文子
日本実験動物学会総会講演要旨集   26 Apr 2013   
冷岡昭雄, 成田勇人, 前島正雄, 東郷睦, 小野文子, 下澤律浩
日本実験動物学会総会講演要旨集   26 Apr 2013   
岡林佐知, 内田和幸, 中山裕之, 大野智恵子, 小野文子, 保富康宏
日本獣医学会学術集会講演要旨集   4 Mar 2013   
岡林佐知, 大野智恵子, 濱野正敬, 成松浩志, 小寺祐二, 竹田努, 前田健, 佐渡晃浩, 浅川満彦, 小野文子, 門平睦代, 高井伸二, 吉川泰弘
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   2013   
内原俊記, 近藤ひろみ, 市川眞澄, 岡林佐知, 小野文子, 木村展之
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   2013   
内原俊記, 近藤ひろみ, 市川眞澄, 岡林左知, 小野文子, 木村展之
Dementia Japan   15 Oct 2012   
木村展之, 岡林佐知, 小野文子
Dementia Japan   15 Oct 2012   
中野望, 片貝祐子, 成田勇人, 小川浩美, 羽成光二, 高野一郎, 小野文子, 川合覚, 保富康宏
日本実験動物学会総会講演要旨集   1 May 2012   
岡林佐知, 高野淳一朗, 大野智恵子, 小野文子, 藤本浩二, YEE JoAnn, 保富康宏
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   2012   
高井伸二, 門平睦代, 青木博史, 村田浩一, 前田健, 小野文子, 山本茂貴
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   2012   
岡本宗裕, 小野文子, 藤本浩二, 高野淳一朗, 濱野正敬, 森川茂, 永田典代, 水谷哲也, 酒井宏治, 堀井俊宏, 中屋隆明, 中村昇太, 宮沢孝幸, 松井淳
日本獣医学会学術集会講演要旨集   31 Aug 2011   
NAKAMURA Shinichiro, ONO Fumiko, TORII Ryuzo
Program and abstracts of PSJ   1 Jul 2011   
【背景】カニクイザル子宮の加齢性変化については知られてないことが多い。繁殖をリタイアした高齢カニクイザルの子宮筋層を中心に、硝子様物質が見られた。<br>【方法】22歳から30歳以上のメス、カニクイザル9例の子宮でHE、PAS、マッソントリクロム、PTAH、アルシアン青染色を行った。さらに抗Vimentin、平滑筋アクチン(SMA)、CD68、アルブミンおよびIgG抗体を一次抗体とした免疫染色を行った。<br>【結果】病変の強いサルでは筋層の広い範囲に、弱いサルでは血管を取り巻くように弱好...
岡本宗裕, 小野文子, 藤本浩二, 高野淳一朗, 濱野正敬, 森川茂, 永田典代, 水谷哲也, 酒井宏治, 堀井俊宏, 中屋隆明, 中村昇太, 宮沢孝幸, 吉川禄助
日本実験動物学会総会講演要旨集   12 May 2011   
岡林佐知, 渡邉朗野, 兼子明久, 宮部貴子, 中山裕之, 内田和幸, 大野智恵子, 小野文子, 藤本浩二, 倉田毅, YEE JoAnn, 鈴木樹理
日本実験動物学会総会講演要旨集   12 May 2011   
中村紳一朗, 小野文子, 鳥居隆三
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1 Mar 2011   
岡林佐知, 高野淳一朗, 大野智恵子, 小野文子, 藤本浩二, 保富康宏
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1 Mar 2011   
眞木崇州, 脇田英明, 間瀬光人, 小野文子, 板垣伊織, 足立香代, 猪原匡史, 伊東秀文, 高橋良輔, 冨本秀和
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集   2011   
柏倉裕志, 三室淳, 石渡彰, 安本篤史, 坂田飛鳥, 大森司, 窓岩清治, 水上浩明, 小野文子, 小澤敬也, 坂田洋一
日本血栓止血学会誌   1 Apr 2010   
石渡彰, 三室淳, 水上浩明, 小野文子, 安本篤史, 坂田飛鳥, 柏倉裕志, 大森司, 窓岩清治, 久米晃啓, 保富康宏, 小澤敬也, 坂田洋一
日本血栓止血学会誌   1 Apr 2010   
岡林佐知, 小野文子, 羽成光二, 大野智恵子, 加藤美代子, 大藤圭子, 保富康宏
日本実験動物学会総会講演要旨集   24 Apr 2009   
石渡彰, 三室淳, 水上浩明, 小野文子, 柏倉裕志, 大森司, 諏合輝子, 窓岩清治, 保富康宏, 小澤敬也, 坂田洋一
臨床血液   30 Sep 2008   
川合覚, 片貝祐子, 小野文子, 中村紳一郎, 明里宏文, 田邉和裄
日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   Mar 2008   
村松慎一, 浅利さやか, 池口邦彦, 藤本健一, 小野文子, 寺尾恵治, 塚田秀夫, 中野今治
日本神経学会総会プログラム・抄録集   2008   
間瀬光人, 有竹浩介, 小野文子, 斉藤直之, 山田和雄, 裏出良博
日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM)   2008   
間瀬光人, 有竹浩介, 小野文子, 斉藤直之, 裏出良博, 山田和雄
脳循環代謝   2008   
石渡彰, 三室淳, 水上浩明, 小野文子, 柏倉裕志, 大森司, 諏合輝子, 窓岩清治, 寺尾恵治, 小澤敬也, 坂田洋一
臨床血液   30 Sep 2007   
川合覚, 斉藤直之, 片貝祐子, 小野文子, 中村紳一郎, 揚山直英, 明里宏文, 寺尾恵治
日本獣医学会学術集会講演要旨集   27 Aug 2007   
岡田則子, HAU Lewis, 小野文子, 寺尾恵治, 水江由佳, 朝井鈴佳, 岡田有武, 宮本瑞夕, 岡田秀親
補体シンポジウム講演集   Aug 2007   
揚山直英, 鯉江洋, 中村紳一朗, 金山喜一, 酒井健夫, 小野文子, 寺尾恵治, 山海直
日本獣医学会学術集会講演要旨集   15 Mar 2007   
岡田秀親, 岡田則子, 小野文子, 寺尾恵治, 水江由佳, 朝井鈴佳, 岡田有武, 宮本瑞夕
日本生体防御学会学術総会講演抄録集   2007   
原正幸, 小野文子, 向井鐐三郎
日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集   1 Nov 2006   
石渡彰, 三室淳, 水上浩明, 小野文子, 柏倉裕志, 新村真則, 高野勝弘, 大森司, 諏合輝子, 窓岩清治, 岡田尚巳, 久米晃啓, 寺尾恵治, 小澤敬也, 坂田洋一
日本血栓止血学会誌   1 Oct 2006   
石渡彰, 三室淳, 水上浩明, 小野文子, 柏倉裕志, 新村真則, 高野勝弘, 大森司, 諏合輝子, 窓岩清治, 寺尾恵治, 小澤敬也, 坂田洋一
臨床血液   30 Sep 2006   
田中智子, 井上誠, 長谷川護, 小野文子, 寺尾恵治, 吉川泰弘, 谷憲三朗
臨床血液   30 Sep 2006   
水上浩明, 三室淳, 石渡彰, 小野文子, 松下卓, 岡田尚巳, 卜部匡司, 大森司, 窓岩清治, 久米晃啓, 寺尾恵治, 坂田洋一, 小澤敬也
臨床血液   30 Sep 2006   
藤井善仁, 奥野征一, 板本和仁, 斉藤由香, 和田安弘, 和田直己, 細井戸大成, 小野文子
日本獣医学会学術集会講演要旨集   31 Aug 2006   
小野文子, 田勢直美, 冷岡昭雄, 大山篤, 土田順子, 和田直己, 山河芳夫, 佐多徹太郎, 寺尾恵治
日本獣医学会学術集会講演要旨集   31 Aug 2006   
齋藤直之, 間瀬光人, 成田勇人, 片貝祐子, 木村展之, 土田順子, 中村克樹, 和田直巳, 小野文子, 寺尾恵治, 吉川泰弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   31 Aug 2006   
和田安弘, 藤井善信, 細井戸大成, 板本和仁, 奥野征一, 斉藤由香, 小野文子, 和田直己
日本獣医学会学術集会講演要旨集   31 Aug 2006   
中村紳一朗, 岡林佐知, 片貝祐子, 斉藤直之, 小野文子, 山海直, 寺尾恵治
日本獣医学会学術集会講演要旨集   31 Aug 2006   
OKABAYASHI Sachi, NAKAMURA Shinichiro, KATO Miyoko, OHNO Chieko, HANARI Koji, FUJIMOTO Koji, ONO Fumiko, TERAO Keiji
Program and abstracts of PSJ   1 Jul 2006   
目的: 自然発生の稀なカニクイザル腎細胞癌の病理学的性状を明らかにすること。<br>方法: 雄・9歳8ヶ月齢のカニクイザルが約1ヶ月に渡り、食欲不振、重度貧血を呈し、触診にて腹腔内に大型腫瘤が確認されたため、予後不良と判断された。摘出腫瘤を病理組織学的及び免疫組織化学的〔抗Cytokeratin, Vimentin, Renal cell carcinoma(RCC), ChromograninA, Synaptophysin, Alpha-1-fetoprotein(AFP)抗体〕に検索...
HAMASAKI Hiroko, KAWAMURA Takeshi, NISHIMURA Toshihide, HISATSUNE Tatsuhiro, ONO Fumiko, YOSHIKAWA Yasuhiro
Program and abstracts of PSJ   1 Jul 2006   
近未来において、わが国は、超高齢化社会を迎えるにあたり、様々な検討すべき社会的問題が浮上している。中でも、血管性痴呆症は、患者数の多さ、高齢者のQOLの低下、社会的な負担の増大などの理由により、深刻な疾患のひとつとなっている。血管性脳障害に対する治療法の開発は世界的にも急務であるため、げっ歯類を使用した脳梗塞モデルが開発され、新医療技術開発へ向けた研究が数多く進められている。しかしながら、げっ歯類とヒトを含む霊長類では梗塞巣に対する反応がまったく異なることが明らかとなった。そのため、ヒトへ...
YAMAMOTO Fumiko, TASE Naomi, KAWASAKI Katsuyoshi, TSUCHIDA Junko, MURAMATSU Sin-Ichi, SATA Tetutaro, TERAO Keiji
Program and abstracts of PSJ   1 Jul 2006   
サル類の神経疾患モデルを用いた治療法、予防法の開発では、作出したモデルの有用性と治療法の有効性を評価す技術の開発が重要である。我々は、カニクイザルの前肢の機能を比較的簡便に評価する方法としてアップルテスト(AT)を確立した。パーキンソン病モデルザルとウシ海綿状脳症(BSE)由来のプリオン接種ザルについてATにより前肢の機能評価を行った結果を紹介する。<br>【方法】 成体カニクイザルに低濃度の神経毒MPTPを1回/週の割で静脈内投与してパーキンソン病モデルを作出した。BSE発症ウシ脳乳剤...
NAKAMURA Shinichiro, OKABAYASHI Sachi, AGEYAMA Naohide, KOIE Hiroshi, SANKAI Tadashi, ONO Fumiko, FUJIMOTO Koji, TERAO Keiji
Program and abstracts of PSJ   1 Jul 2006   
目的; サル類の加齢性アミロイド症の発生様式はヒトと類似し、その全容を知ることは比較医学的に重要であり、本研究ではその一端を明らかにすることを目的とした。<br>方法; 3年以上の長期にわたる不整脈と衰弱で予後不良と判断された、推定29歳・オス・アフリカミドリザル(<i>Cercopithecus aethiops</i>)の全身臓器を組織学的(HEおよびDFSアミロイド染色)、免疫組織化学的(抗amylin、amyloid A (AA)、amyloid &beta; (A&beta;)...
濱崎裕子, 川村猛, 西村俊秀, 小野文子, 吉川泰弘
質量分析総合討論会講演要旨集   1 May 2006   
Hamasaki Hiroko, Kawamura Takeshi, Nishimura Toshihide, Hisatsune Tatsuhiro, Ono Fumiko, Yoshikawa Yasuhiro
Abstracts for Annual Meeting of Japanese Proteomics Society   2006   
近未来において、わが国は、超高齢化社会を迎えるにあたり、様々な検討すべき社会的問題が浮上している。中でも、血管性痴呆症は、患者数の多さ、高齢者のQOLの低下、社会的な負担の増大などの理由により、深刻な疾患のひとつとなっている。血管性脳障害に対する治療法の開発は世界的にも急務であるため、げっ歯類を使用した脳梗塞モデルが開発され、新医療技術開発へ向けた研究が数多く進められている。しかしながら、げっ歯類とヒトを含む霊長類では梗塞巣に対する反応がまったく異なることが明らかとなった。そのため、ヒトへ...
村松慎一, 奈良優子, 滝野直美, 古寺美加, 西田紘子, 垣内岳春, 福元大, 原田典弘, 西山新吾, 塚田秀夫, 小野文子, 土田順子, 寺尾恵治, 奥野剛, 小西奈依, 道端英雄, 鈴木豊, 近藤靖, 仁藤新治, 中野今治
日本神経学会総会プログラム・抄録集   2006   
奈良優子, 村松慎一, 滝野直美, 古寺美加, 西田紘子, 垣内岳春, 福元大, 原田典弘, 西山新吾, 塚田秀夫, 小野文子, 寺尾恵治, 中山孝, 井上順夫, 奥野剛, 小西奈依, 道端英雄, 鈴木豊, 近藤靖, 仁藤新治, 中野今治
日本神経学会総会プログラム・抄録集   2006   
間瀬光人, 小野文子, 斉藤直之, 片貝祐子, 寺尾恵治, 吉川泰弘, 山田和雄
脳循環代謝   2006   
揚山直英, 鯉江洋, 金山喜一, 酒井健夫, 小野文子, 山海直
日本獣医学会学術集会講演要旨集   31 Aug 2005   
奈良優子, 村松慎一, 滝野直美, 古寺美加, 中山孝, 井上順雄, 垣内岳春, 塚田秀夫, 小野文子, 寺尾恵治, 奥野剛, 小西奈依, 鈴木豊, 近藤靖, 仁藤新治
Neuropathology   May 2005   
NARITA Hayato, AGEYAMA Naohide, SAITO Naoyuki, OKABAYASHI Sachi, KATAKAI Yuko, OGAWA Hiromi, KOMATSUZAKI Katsuhiko, ONO Fumiko, TERAO Keiji
Program and abstracts of PSJ   2005   
(目的)霊長類医科学研究センター(TPC)で維持されている老齢カニクイザル群は老化や老人病を解析するために必須の研究資源である。我々は、高磁場(3T)MRI装置を用いて、カニクイザルの脳撮像条件の検討を行った。さらに老齢カニクイザル群を含めた動物の脳MRI撮像を行い、加齢に伴う変化について解析した。<br> (方法)動物はTPCで出生した4歳&sim;33歳のカニクイザル30頭を用いた。動物は塩酸ケタミン5mg/kg及びキシラジン1.2mg/kgの筋肉内投与麻酔による不動化を行い、撮像中の...
SAITO Naoyuki, YOSHIKAWA Yasuhiro, TERAO Keiji, OHTOH Keiko, TAKANO Jun-ichiro, HARA Masayuki, OKABAYASHI Sachi, KATAKAI Yuko, NAKAMURA Shinichiro, MUKAI Ryozaburo, ONO Fumiko
Program and abstracts of PSJ   2005   
(目的)カニクイザルにおける疾患モデル開発を行っていく上で、各種生理学的数値は重要な参考所見となる。しかし、これまでに老齢個体を含めた多頭数のサルについて疾患との因果関係について調査したデータは少ない。当センターの老齢カニクイザル群で血液学的に縦断的調査及び繁殖コロニーザルの横断的調査を実施した。<br> (方法)20才齢以上の老齢ザル40頭及びコロニーザル1500頭について、定期健康診断及び疾患発生時に臨床症状の診断を行い、血液学的、血清生化学的ならびにウイルス学的検査を行った。<br>...
間瀬光人, 小野文子, 飯島明, 川原信隆, 大宅宗一, 寺尾恵治, 吉川泰弘, 山田和雄
日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集   2005   
揚山直英, 鯉江洋, 金山喜一, 酒井健夫, 小野文子, 山海直
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1 Aug 2004   
揚山直英, 鯉江洋, 小野文子, 山海直
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1 Mar 2004   
鯉江洋, 揚山直英, 小野文子, 佐藤常男, 酒井健夫, 金山喜一, 山海直
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1 Mar 2004   
海老沢崇史, 揚山直英, 小野文子, 神田忠仁, 西村亮平, 豊岡照彦
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1 Mar 2004   
NARITA Toyoko, TAKANO Jun-ichiro, ONO Fumiko, FUJIMOTO Koji, TERAO Keiji
Program and abstracts of PSJ   2004   
(目的)ヘルペスウイルスに属するサルEBV、サルCMV、レトロウイルスに属するSFVは、持続感染するため、コロニー内での感染率が高く、未感染ザルを得るのが難しい。EBVは腫瘍形成及び節外性リンパ増殖に関連し、CMVは免疫抑制を伴う実験中の日和見感染、SFVについてはサル由来組織培養への迷入等が問題となる。今回TPCコロニーについてこれらのウイルスの感染状況を調査し、SPF化の検討をした。<BR>(方法)繁殖コロニーの4~7カ月齢12頭、1歳齢23頭、3歳~22歳齢79頭、そして1994年か...
村松慎一, 永田三保子, 中山孝, 井上順雄, 鈴木豊, 近藤靖, 小野文子, 寺尾恵治, 垣内岳春
臨床神経学   1 Dec 2003   
三室淳, 水上浩明, 小野文子, 高野勝弘, 窓岩清治, 久米晃啓, 寺尾恵治, 小沢敬也, 坂田洋一
臨床血液   30 Aug 2003   
村松慎一, 小野文子, 川崎勝義, 水上浩明, 一瀬宏, 永津郁子, 松村賢, 小沢敬也, 中野今治
臨床神経学   1 Nov 2001   
揚山直英, 小野文子, 山海直, 寺尾恵治
日本獣医学会学術集会講演要旨集   7 Sep 2001   
小野文子, 高野淳一朗, 宇田晶彦, 揚山直英, 小野孝浩, 冷岡昭雄, 大藤圭子, 成田豊子, 山田章雄
日本獣医学会学術集会講演要旨集   7 Sep 2001   
陳楊, 小野文子, 吉田高志, 吉川泰弘
日本実験動物学会総会講演要旨集   2001   
木村展之, 中村紳一朗, 小野文子, 榊原一兵, 吉川泰弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   7 Sep 2000   
小野文子, 川村郁夫, 竹下滋, 成田勇人, 揚山直英, 大河原久子, 吉田高志, 後藤俊男, 吉川泰弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   7 Sep 2000   
揚山直英, 花園豊, 柴田宏昭, 羽成光二, 成田勇人, 小野文子, 小沢敬也, 吉川泰弘, 寺尾恵治
日本獣医学会学術集会講演要旨集   7 Sep 2000   
小野文子, 羽成光二, 成田勇人, 揚山直英, 大藤圭子, 中村紳一朗, 吉田高志, 寺尾恵治, 吉川泰弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1 Sep 1999   
中村紳一朗, 木村展之, 佐村英里子, 小野文子, 高橋公正, 吉川泰弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1 Sep 1999   
揚山直英, 柴田宏昭, 成田勇人, 羽成光二, 小野文子, 花園豊, 小沢敬也, 吉川泰弘, 寺尾恵治
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1 Sep 1999   
道下正貴, 中村紳一朗, 榊原一兵, 小野文子, 藤本浩二, 吉川泰弘, 高橋公正
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1 Mar 1999   
中村紳一朗, 小野文子, 寺尾恵治, 高橋公正, 吉川泰弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Aug 1998   
関口麻衣子, 鈴木陽子, 滝本一弘, 川島育夫, 田井直, 小野文子, 寺尾恵治, 藤原公策, 吉川泰弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Mar 1998   
鈴木陽子, 関口麻衣子, 小野文子, 榊原一兵, 寺尾恵治, 藤原公策, 吉川泰弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Mar 1998   
中村紳一朗, 小野文子, 浜野政章, 小田切敬子, 久保正法, 小松崎克彦, 寺尾恵治, 品川森一, 吉川泰弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Sep 1997   
小田切敬子, 小野文子, 中村紳一朗, 浜野政章, 品川森一, 吉川泰弘
日本畜産学会大会講演要旨   Mar 1997   
大谷功, 森一泰, 明里宏文, 小野文子, 寺尾恵治, 向井りょう三郎, 土井邦雄, 吉川泰弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Aug 1996   
中村紳一朗, キアティパッタナサクル ウィジット, 中山裕之, 玉岡晃, 小野文子, 榊原一兵, 吉川泰弘, 後藤直彰, 土井邦雄
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Aug 1996   
小野文子, 浜野政章, 小田切敬子, 中村紳一朗, 品川森一, 小松崎克彦, 吉川泰弘
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Aug 1996   
森一泰, 大谷功, 明里宏文, 佐多徹太郎, 小野文子, 寺尾恵治, 高阪精夫, 土井邦雄, 吉川泰弘
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   Jul 1996