日本の女性研究者

各研究分野の女性研究者を紹介します。
【ROIS】
 

女性研究者

研究者リスト >> 大隅 典子
 

大隅 典子

 
アバター
研究者氏名大隅 典子
 
オオスミ ノリコ
ハンドルsendaitribune
URLhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/2ae18d2d5da50218f47a1fd4bc04e981.html
所属東北大学
部署大学院医学系研究科 附属創生応用医学研究センター 脳神経科学コアセンター 発生発達神経科学分野
職名教授
学位歯学博士(第667号)(東京医科歯科大学)
科研費研究者番号00220343
Twitter IDsendaitribune

プロフィール

1985年東京医科歯科大学歯学部卒。1989年同大学院歯学研究科修了。歯学博士。
1989年同大学歯学部助手、1996年国立精神・神経センター神経研究所室長を経て、1998年より東北大学大学院医学系研究科教授(現職)。2006年東北大学総長特別補佐(男女共同参画担当)、2008〜2010年東北大学ディスティングイッシュトプロフェッサー。2004〜2009年に科学技術振興機構CREST「ニューロン新生の分子基盤と精神機能への影響の解明」研究代表者、2007年より東北大学グローバルCOE「脳神経科学を社会へ還流する研究教育拠点」拠点リーダーを務める。2006年より東北大学女性研究者育成支援推進室副室長として振興調整費による「杜の都女性科学者ハードリング支援事業」を推進、同年、女性研究者育成支援態勢整備の促進に貢献したとして、「ナイスステップな研究者2006」に選定。2015年より東北大学大学院医学系研究科附属創生応用医学研究センター長。2016年より新学術領域「個性」創発脳の領域代表を務める。

専門分野:発生発達神経科学
現在の主要なテーマ:
*脳の発生発達維持の分子機構
*神経新生低下と精神疾患発症の関わり
*脳の健やかな発生発達維持のための栄養
*自閉症の病因病態に関する神経生物学的検証

研究キーワード

 
自閉症 , 次世代継承エピゲノム , 神経エピゲノム , 脳の発生発達 , ニューロン新生 , 分子機構

研究分野

 
  • 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学) / 
  • 生物科学 / 発生生物学 / 
  • 神経科学 / 神経科学一般 / 
  • 神経科学 / 神経解剖学・神経病理学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
東北大学大学院医学系研究科附属創生応用医学研究センター センター長
 
2010年
   
 
- 東北大学大学院医学系研究科 附属創生応用医学研究センター 脳神経科学コアセンター 発生発達神経科学分野 教授
 
2002年
 - 
2010年
東北大学大学院医学系研究科 形態形成解析分野 教授
 
1998年
 - 
2002年
東北大学大学院医学系研究科 器官構築学分野 教授
 
1996年
 - 
1998年
国立精神神経センター 神経研究所 室長
 
1991年
 - 
1996年
東京医科歯科大学大学院 生体機能制御歯科学系 発生機構制御学講座 助手
 
1989年
 - 
1991年
東京医科歯科大学 顎口腔総合研究施設 顎顔面発生機構研究部門 助手
 

学歴

 
 
 - 
1989年
東京医科歯科大学 歯学研究科 基礎歯科学
 
 
 - 
1985年
東京医科歯科大学 歯学部 歯学科
 

委員歴

 
2014年
 - 
2016年
京都大学再生医科学研究所 京都大学再生医科学研究所運営委員会委員
 
2013年
 - 
2016年
東京大学先端科学技術研究センター 先端研ボードメンバー
 
2014年
 - 
2015年
京都大学 物質−細胞統合システム拠点 学術有識者委員
 
2014年
 - 
2015年
大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 研究員(客員教授)(自然科学研究機構新分野創成センター)
 
2013年
 - 
2014年
京都大学 物質‐細胞統合システム拠点 学術有識者委員
 

受賞

 
2012年
TWAS Associate Fellow(第三世界科学アカデミー アソシエイトフェロー)
 
2006年
ナイスステップな研究者2006
 
2002年
東レ科学技術振興財団研究奨励賞
 
2000年
持田記念研究奨励賞
 
2000年
三菱財団研究奨励賞
 

論文

 
Kikkawa T, Takahashi M, Osumi N
Current protocols in neuroscience   78 3.30.1-3.30.16   2017年1月   [査読有り]
Sato T, Kikkawa T, Saito T, Itoi K, Osumi N
Development, growth & differentiation      2017年11月   [査読有り]
Urano-Morisawa E, Takami M, Suzawa T, Matsumoto A, Osumi N, Baba K, Kamijo R
PloS one   12(4) e0174940   2017年   [査読有り]
Blume M, Inoguchi F, Sugiyama T, Owada Y, Osumi N, Aimi Y, Taki K, Katsuyama Y
Development, growth & differentiation   59(8) 657-673   2017年10月   [査読有り]
Ueharu H, Yoshida S, Kikkawa T, Kanno N, Higuchi M, Kato T, Osumi N, Kato Y
Journal of anatomy   230(3) 373-380   2016年12月   [査読有り]
Nagai N, Koyanagi E, Izumida Y, Liu J, Katsuyama A, Kaji H, Nishizawa M, Osumi N, Kondo M, Terasaki H, Mashima Y, Nakazawa T, Abe T
Investigative ophthalmology & visual science   57(15) 6527-6538   2016年12月   [査読有り]
Yoshizaki K, Furuse T, Kimura R, Tucci V, Kaneda H, Wakana S, Osumi N
PloS one   11(11) e0166665   2016年11月   [査読有り]
Lo Van A, Sakayori N, Hachem M, Belkouch M, Picq M, Lagarde M, Osumi N, Bernoud-Hubac N
Biochimie   130 163-167   2016年8月   [査読有り]
Kuriyama S, Yaegashi N, Nagami F, Arai T, Kawaguchi Y, Osumi N, Sakaida M, Suzuki Y, Nakayama K, Hashizume H, Tamiya G, Kawame H, Suzuki K, Hozawa A, Nakaya N, Kikuya M, Metoki H, Tsuji I, Fuse N, Kiyomoto H, Sugawara J, Tsuboi A, Egawa S, Ito K, Chida K, Ishii T, Tomita H, Taki Y, Minegishi N, Ishii N, Yasuda J, Igarashi K, Shimizu R, Nagasaki M, Koshiba S, Kinoshita K, Ogishima S, Takai-Igarashi T, Tominaga T, Tanabe O, Ohuchi N, Shimosegawa T, Kure S, Tanaka H, Ito S, Hitomi J, Tanno K, Nakamura M, Ogasawara K, Kobayashi S, Sakata K, Satoh M, Shimizu A, Sasaki M, Endo R, Sobue K, Tohoku Medical Megabank Project Study Group T, Yamamoto M
Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association   26(9) 493-511   2016年9月   [査読有り]
Sakayori N, Tokuda H, Yoshizaki K, Kawashima H, Innis SM, Shibata H, Osumi N
The Tohoku journal of experimental medicine   240(1) 31-37   2016年9月   [査読有り]
Hiraoka K, Sumiyoshi A, Nonaka H, Kikkawa T, Kawashima R, Osumi N
PloS one   11(6) e0158153   2016年6月   [査読有り]
Sakayori N, Kikkawa T, Tokuda H, Kiryu E, Yoshizaki K, Kawashima H, Yamada T, Arai H, Kang JX, Katagiri H, Shibata H, Innis SM, Arita M, Osumi N
Stem cells (Dayton, Ohio)   34(2) 470-482   2016年2月   [査読有り]
Suzuki T, Osumi N, Wakamatsu Y
Biochemical and biophysical research communications   467(4) 1103-1109   2015年11月   [査読有り]
Koh SH, Liang AC, Takahashi Y, Maki T, Shindo A, Osumi N, Zhao J, Lin H, Holder JC, Chuang TT, McNeish JD, Arai K, Lo EH
PloS one   10(9) e0138724   2015年9月   [査読有り]
Ono M, Suzawa T, Takami M, Yamamoto G, Hosono T, Yamada A, Suzuki D, Yoshimura K, Watahiki J, Hayashi R, Arata S, Mishima K, Nishida K, Osumi N, Maki K, Kamijo R
Biochemical and biophysical research communications   464(4) 1209-1214   2015年9月   [査読有り]
Kimura R, Yoshizaki K, Osumi N
Journal of anatomy   227(1) 1-9   2015年7月   [査読有り]
Shida H, Mende M, Takano-Yamamoto T, Osumi N, Streit A, Wakamatsu Y
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   244(7) 839-851   2015年5月   [査読有り]
Suzuki J, Sakurai K, Yamazaki M, Abe M, Inada H, Sakimura K, Katori Y, Osumi N
Stem cells and development      2015年4月   [査読有り]
Takashima K, Hoshino M, Uesugi K, Yagi N, Matsuda S, Nakahira A, Osumi N, Kohzuki M, Onodera H
Journal of synchrotron radiation   22(Pt 1) 136-142   2015年1月   [査読有り]

Misc

 
鼻甲介に含まれる神経堤由来細胞の骨誘導を応用した口唇口蓋裂に対するバイオリサイクル医療の確立
吉田 寛, 須澤 徹夫, 高橋 正皓, 大隅 典子, 山口 徹太郎, 上條 竜太郎, 槇 宏太郎
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回 194-194   2017年10月
【ここまで明らかになったω3脂肪酸】 脳の発生・発達におけるDHAの役割
酒寄 信幸, 大隅 典子
ビタミン   91(9) 547-554   2017年9月
精神疾患とエピジェネティクス 父加齢の次世代マウス行動への影響に関わるエピゲノム機構
大隅 典子
日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   39回・47回 100-100   2017年9月
マウス鼻甲介に含まれる神経堤由来細胞を用いた骨誘導法の確立
吉田 寛, 須澤 徹夫, 槇 宏太郎, 上條 竜太郎, 大隅 典子
Journal of Oral Biosciences Supplement   2017 290-290   2017年9月
神経堤細胞は八面六臂
大隅 典子
日本口腔科学会雑誌   66(2) 61-61   2017年7月
神経新生の分子機構と脳機能 精神神経疾患治療・介入のターゲット
大隅 典子
心身医学   57(7) 702-709   2017年7月
神経幹細胞からの神経細胞の産生(神経新生)は、胎児期に爆発的に生じるが、その後も生涯にわたり海馬などの脳の一部では維持される。生後の神経新生は外界の影響を受けやすく、自発運動によって向上したりストレスによって低下したりすることがモデル動物において知られている。われわれは神経新生の低下と、統合失調症などのエンドフェノタイプとみなされるプレパルス抑制テストの低下の間に因果関係を見い出し、幼若期の神経新生低下が成体になってからの感覚ゲート機構や不安に大きくかかわることを明らかにした。われわれは神...
皮膚科研究の目指すべき道とは 「個性」を科学する 脳・神経系の多様性から「個性」創発の理解へ
大隅 典子
日本皮膚科学会雑誌   127(5) 841-841   2017年5月
多価不飽和脂肪酸の大脳新皮質形成における役割
酒寄 信幸, 大隅 典子
生化学   89(2) 269-272   2017年4月
カタチと機能 神経幹細胞の形態から考察する哺乳類大脳新皮質の進化
大隅 典子
組織細胞化学   2016 145-153   2016年7月
大隅 典子
理大科学フォーラム   33(1) 12-17   2016年1月
GFAP-Creで誘導したPax6欠損マウスの表現型の解析
稲田 仁, 大隅 典子
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [3P1310]-[3P1310]   2015年12月
大隅 典子
週刊ダイヤモンド   103(41) 72-73   2015年10月
大隅典子
上原記念生命科学財団研究報告集(CD-ROM)   28 ROMBUNNO.55-3   2014年12月
森澤絵里, 森澤絵里, 高見正道, 須澤徹夫, 馬場一美, 大隅典子, 上條竜太郎
口腔組織培養学会誌   23(1) 100-101   2014年11月
酒寄信幸, 有田誠, 大隅典子
脂質栄養学   23(2) 143   2014年8月
大隅典子
日本先天異常学会学術集会プログラム・抄録集   54th 45   2014年7月
萩原邦恵, 林竜平, 山村研一, 大隅典子, 西田幸二
再生医療   13 211   2014年1月
寶澤篤, 寶澤篤, 寶澤篤, 中谷直樹, 中村智洋, 土屋菜歩, 菊谷昌浩, 目時弘仁, 小原拓, 大隅典子, 清元秀泰, 菅原準一, 鈴木洋一, 中谷直樹, 中村智洋, 土屋菜歩, 菊谷昌浩, 目時弘仁, 小原拓, 大隅典子, 清元秀泰, 菅原準一, 鈴木洋一, 富田博秋, 富田博秋, 富田博秋, 冨永悌二, 中谷純, 布施昇男, 峯岸直子, 辻一郎, 八重樫伸生, 山本雅之, 冨永悌二, 中谷純, 布施昇男, 峯岸直子, 辻一郎, 八重樫伸生, 山本雅之
J Epidemiol   24(Supplement 1) 67   2014年1月
目時弘仁, 小原拓, 石黒真美, 成川洋子, 菊谷昌浩, 目時弘仁, 小原拓, 石黒真美, 成川洋子, 菊谷昌浩, 栗山進一, 栗山進一, 栗山進一, 中谷直樹, 寶澤篤, 大隅典子, 清元秀泰, 菅原準一, 鈴木洋一, 中谷直樹, 寶澤篤, 大隅典子, 清元秀泰, 菅原準一, 鈴木洋一, 富田博秋, 富田博秋, 富田博秋, 冨永悌二, 中谷純, 布施昇男, 峯岸直子, 辻一郎, 八重樫伸生, 冨永悌二, 中谷純, 布施昇男, 峯岸直子, 辻一郎, 八重樫伸生
J Epidemiol   24(Supplement 1) 67   2014年1月
大隅典子
Wakoワークショップ講演要旨集   30th 17-18   2014年
稲田仁, 植田和音, 柿沼詩緒里, 大隅典子
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th WEB ONLY 3P-0087   2014年
浦野(森澤)絵里, 浦野(森澤)絵里, 高見正道, 須澤徹夫, 大隅典子, 馬場一美, 上條竜太郎
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th WEB ONLY 2P-0603   2014年
YOON Jeonghyeon, 吉川貴子, 大隅典子
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th WEB ONLY 1P-0664   2014年
大隅典子
医工連携のための医療・工学技術者Co-education事業の構築と実践 平成25年度 総括・分担研究報告書   72-73   2014年
恒川雄二, 大隅典子
生体の科学   64(6) 621-625   2013年12月
大隅典子
日本カイロプラクティック徒手医学会誌   14 13-19   2013年8月
吉川貴子, 高橋将文, 勝山裕, 大隅典子
日本動物学会大会予稿集   84th 39   2013年8月
大隅典子
旭硝子財団研究助成成果発表会   2013 130-131   2013年7月
酒寄信幸, 大隅典子
日本細胞生物学会大会要旨集   65th 109   2013年5月
大隅 典子
科学   83(4) 375-377   2013年4月
高島健太, 西岡恵理, 児島千恵, 今井俊夫, 中平敦, 大隅典子, 上月正博, 小野寺宏
再生医療   12 172   2013年2月
中村龍司, 杉山拓, 今井英明, 相沢慎一, 寺島俊雄, 大隅典子, 勝山裕
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   36th WEB ONLY 1P-0698   2013年
大隅典子
生命科学における糖鎖の底力-生活習慣病と糖鎖科学 第11回 糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム 理研シンポジウム 平成25年   24-27   2013年
大隅典子
医工連携のための医療・工学技術者Co-education事業の構築と実践 平成24年度 総括・分担研究報告書   49-50   2013年
大隅典子
三島海雲記念財団研究報告書   (49) 49-52   2012年11月
大隅典子
日本カイロプラクティック徒手医学会学術大会抄録集   14th 7   2012年9月
一條肇, 長神風二, 大隅典子
生理学技術研究会報告・生物学技術研究会報告合同技術研究会報告   2012 22-25   2012年6月
鈴木淳, 吉崎嘉一, 小林俊光, 大隅典子
再生医療   11 235   2012年5月
森澤絵里, 須澤徹夫, 宮内知彦, 高見正道, 山田篤, 宮本洋一, 林竜平, 西田幸二, 大隅典子, 馬場一美, 上條竜太郎
再生医療   11 227   2012年5月
高島健太, 西岡恵理, 星野真人, 上杉健太朗, 八木直人, 今井俊夫, 中平敦, 大隅典子, 上月正博, 小野寺宏
再生医療   11 192   2012年5月
油谷浩幸, 有田正規, 伊藤武彦, 上田泰己, 小田吉哉, 黒川顕, 黒田真也, 白髭克彦, 菅裕明, 菅野純夫, 曽我朋義, 角田達彦, 永井健治, 中村幸夫, 西村善文, 平岡泰, 藤谷秀章, 吉田稔, 辻省次, 入來篤史, 磯村宣和, 伊藤啓, 井上治久, 糸川昌成, 岩坪威, 梅田聡, 漆谷真, 大隅典子, 岡野栄之, 岡村康司, 尾崎紀夫, 笠井清登, 加藤忠史, 兼子直, 金生由紀子, 上口裕之, 河野憲二, 神作憲司, 北澤茂, 窪田芳之
ライフサイエンス分野 科学技術・研究開発の国際比較 2012年版   349P   2012年
高島健太, 西岡恵理, 星野真人, 川邊裕祐, 上杉健太朗, 八木直人, 今井俊夫, 中平敦, 大隅典子, 上月正博, 小野寺宏
日本バイオマテリアル学会大会予稿集   33rd 437   2011年11月
山西恵美子, 大隅典子
J Oral Biosci   53(Supplement) 93   2011年9月
酒寄信幸, 大隅典子
日本神経精神薬理学雑誌   31(3) 111-116   2011年6月
大隅 典子, 香山 リカ, 瀬名 秀明
日経サイエンス   41(5) 94-102   2011年5月
宮内知彦, 須澤徹夫, 小野美樹, 山田篤, 高見正道, 宮本洋一, 小笠原歩, 林竜平, 西田幸二, 槇宏太郎, 大隅典子, 馬場一美, 上條竜太郎
口腔組織培養学会誌   20(1) 27-28   2011年2月
小野美樹, 高見正道, 須澤徹夫, 山田篤, 宮内知彦, 林竜平, 荒田悟, 細野知彦, 馬場一美, 中村雅典, 槇宏太郎, 西田幸二, 大隅典子, 上條竜太郎
口腔組織培養学会誌   20(1) 5-6   2011年2月
吉崎嘉一, 大隅典子
心身医学   51(1) 19-27   2011年1月
油谷浩幸, 有田正規, 伊藤武彦, 上田泰己, 小田吉哉, 黒川顕, 黒田真也, 白髭克彦, 菅裕明, 菅野純夫, 曽我朋義, 角田達彦, 永井健治, 中村幸夫, 西村善文, 平岡泰, 藤谷秀章, 吉田稔, 辻省次, 入來篤史, 磯村宣和, 伊藤啓, 井上治久, 糸川昌成, 岩坪威, 梅田聡, 漆谷真, 大隅典子, 岡野栄之, 岡村康司, 尾崎紀夫, 笠井清登, 加藤忠史, 兼子直, 加野真一, 上口裕之, 河野憲二, 神作憲司, 北澤茂, 窪田芳之
科学技術・研究開発の国際比較 2011年版 ライフサイエンス分野   329P   2011年
須藤文和, 大隅典子, 一戸紀孝
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   34th WEB ONLY 1P-0405   2011年
吉崎嘉一, 大隅典子
Brain Nerve   62(12) 1315-1322   2010年12月
大隅典子
安全と健康   61(10) 1022-1023   2010年10月
大隅典子
安全と健康   61(9) 918-919   2010年9月
松本葉子, 大隅典子
小児科   51(9) 1155-1161   2010年8月
大隅典子
安全と健康   61(8) 814-815   2010年8月
大隅典子
日本神経精神薬理学雑誌   30(3) 141-148   2010年6月
大隅典子
心身医学   50(6) 477   2010年6月
大隅典子
安全と健康   61(6) 606-607   2010年6月
大隅典子, 松股美穂, 酒寄信幸
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   64th 68   2010年5月
篠原広志, 大隅典子
Biophilia   6(1) 20-24   2010年3月
大隅典子
安全と健康   61(3) 292-293   2010年3月
石龍徳, 大隅典子, 井村徹也, 塩田清二
解剖学雑誌   85(Supplement) 165   2010年3月
吉崎嘉一, 脇田英明, 大隅典子, 高橋慶吉
炎症と免疫   18(2) 130-134   2010年2月
大隅典子
生体の科学   61(1) 71-78   2010年2月
高島健太, 石龍徳, 大隅典子
総合リハビリテーション   38(2) 107-113   2010年2月
大隅典子
安全と健康   61(2) 190-191   2010年2月
大隅典子
脳の医学・生物学研究会抄録   48th 19-38   2010年2月
篠原 広志, 大隅 典子
ビオフィリア   6(1) 20-24   2010年
小野美樹, 須澤徹夫, 綿引淳一, 榎本明子, 南保友樹, 田口智博, 槇宏太郎, 大隅典子, 上條竜太郎
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   69th 203   2010年
松股美穂, 前川素子, 大和田祐二, 吉川武男, 大隅典子
生化学   ROMBUNNO.2T15-2   2010年
小野美樹, 須澤徹夫, 高見正道, 宮内知彦, 小笠原歩, 宮本阿礼, 松本光史, 綿引淳一, YIM Mijung, 林竜平, 西田幸二, 中村雅典, 馬場一美, 大隅典子, 槇宏太郎, 上條竜太郎
生化学   ROMBUNNO.2P-0797   2010年
大隅典子
分子レベルからの脳機能構築機構の解明 平成16-21年度 No.16070101   42-45   2010年
宮内知彦, 須澤徹夫, 小野美樹, 山田篤, 高見正道, 宮本洋一, 小笠原歩, 林竜平, 西田幸二, 槇宏太郎, 大隅典子, 馬場一美, 上條竜太郎
生化学   ROMBUNNO.2P-0798   2010年
大隅典子
日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   20th-40th 70   2010年
大隅典子
上原記念生命科学財団研究報告集(CD-ROM)   24 ROMBUNNO.51   2010年
松股美穗, 大隅典子
医学のあゆみ   231(10) 978-985   2009年12月
大隅典子
アンチ・エイジング医学   5(5) 700-705   2009年10月
大隅典子
旭硝子財団研究助成成果発表会   2009 66-67   2009年6月
酒寄信幸, 大隅典子
最新医学   64 1259-1273   2009年6月
前川 素子, 吉川 武男, 大隅 典子
日本医事新報   (4441) 39-42   2009年6月
前川素子, 吉川武男, 大隅典子
週刊日本医事新報   (4441) 39-42   2009年6月

書籍等出版物

 
大隅 典子
講談社   2016年4月   ISBN:4062579642
大隅典子
講談社   2016年4月   
Kandel Eric R., Schwartz James H. (James Harris), Jessell Thomas M., Siegelbaum Steven, Hudspeth A. James, Mack Sarah, 金澤 一郎, 宮下 保司, 岡野 栄之, 和田 圭司, 加藤 総夫, 入來 篤史, 藤田 一郎, 伊佐 正, 定藤 規弘, 大隅 典子, 笠井 清登
メディカル・サイエンス・インターナショナル   2014年   ISBN:9784895927710
スティーブン・J. セシ, ウェンディ・M. ウィリアムス (担当:単訳)
西村書店   2013年6月   ISBN:4890136894
Ceci Stephen J., Williams Wendy M. (Wendy Melissa), 大隅 典子
西村書店   2013年   ISBN:9784890136896
朝日新聞出版, 大和 雅之, 高橋 政代, 小島 宏司, 大隅 典子, 三井 敏之, 瀬原 淳子, 仲野 徹, 岩崎 清隆, 出沢 真理, 原 英二, 若山 照彦, 高橋 淑子, 坪田 一男
朝日新聞出版   2012年   ISBN:9784023310186
東北大学出版会会報 第26号 宙(おおぞら)
東北大学出版会   2012年   
大隅 典子
朝倉書店   2010年11月   ISBN:4254106726
川人 光男, 山岸 俊男, 唐津 治夢, 大隅 典子 (担当:共著)
ケイディーネオブック   2010年9月   ISBN:4759803874
ゲアリー・マーカス (担当:単訳)
岩波書店   2010年2月   ISBN:4006002343

講演・口頭発表等

 
次世代継承エピゲノム現象と先天異常
第54回日本先天異常学会学術集会   2014年   
男女共同参画企画公開シンポジウム「活き活きと確かな成長両輪で」
第111回日本内科学会総会・講演会   2014年   
Fatty Acid-Binding Protein 7 Deficiency Slows the Progression of Age-Related Hearing Loss in Mice by Modulating Metabolic Pathways
37th ARO MidWinter Meeting   2014年   
Unbalanced n-6/n-3 polyunsaturated fatty acid ratio disturbs neocortical development in mice
ELyT Workshop 2014 in Frejus, France   2014年   
Bio-Science and Engineering (B)
ELyT Workshop 2014 in Frejus, France   2014年   

所属学協会

 
北米神経科学会(2014/04-2015/03) , 北米神経科学会(2013/04-2014/03) , 北米神経科学会(2012/04-2013/03) , 日本解剖学会(2014/04-2015/03) , 日本解剖学会(2013/04-2014/03) , 日本解剖学会(2012/04-2013/03) , 日本分子生物学会(2014/04-2015/03) , 日本分子生物学会(2013/04-2014/03) , 日本分子生物学会(2012/04-2013/03) , 日本神経化学会(2014/04-2015/03) , 日本神経化学会(2013/04-2014/03) , 日本神経化学会(2012/04-2013/03) , 日本発生生物学会(2014/04-2015/03) , 日本発生生物学会(2013/04-2014/03) , 日本発生生物学会(2012/04-2013/03) , 日本細胞生物学会 (2014/04-2015/03) , 日本細胞生物学会 (2013/04-2014/03) , 日本細胞生物学会 (2012/04-2013/03) , 日本神経科学学会(2014/04-2015/03) , 日本神経科学学会(2013/04-2014/03)

Works

 
脳の発生発達における脂肪酸シグナルの機能解明
2012年 - 2015年
自閉症関連因子FMRPの発現制御とその意義
2013年 - 2014年
神経新生に対する機能分子の作用に関するin vitroアッセイ系の確立
2012年 - 2013年
脳腫瘍形成における神経堤由来細胞の関与について
2011年 - 2012年
神経幹細胞の増殖分化に対する高度不飽和脂肪酸の効果
2011年 - 2012年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 大隅 典子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 大隅 典子
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 大隅 典子
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 大隅 典子
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 大隅 典子

特許

 
紺谷 昌仙, 石倉 義之, 大隅 典子, 前川 素子
紺谷 昌仙, 石倉 義之, 大隅 典子, 前川 素子
紺谷 昌仙, 石倉 義之, 大隅 典子, 前川 素子
高橋 直樹, 山田 竜一, 古関 明彦, 古関 庸子, 長谷川 孝徳, 大隅 典子
鈴木 淳, 大隅 典子, 高田 雄介, 大和田 祐二