日本の女性研究者

神経科学

研究者リスト >> 金丸みつ子
 

金丸みつ子

 
アバター
研究者氏名金丸みつ子
eメールmitsukomed.showa-u.ac.jp
所属昭和大学
部署富士吉田教育部
職名教授
学位博士(医学)
その他の所属医学部生理学講座生体調節機能学

研究キーワード

 
教育 , 生理学 , 睡眠‐覚醒 , セロトニン , 呼吸

研究分野

 
  • 基礎医学 / 生理学一般 / 一般生理学

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
昭和大学 富士吉田教育部 生理学 教授
 
2016年3月
 - 
2018年3月
昭和大学 医学部生理学講座 准教授
 
2007年11月
 - 
2016年2月
昭和大学 医学部生理学講座 講師
 
1990年3月
 - 
2007年10月
昭和大学 医学部生理学講座 助教
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
昭和大学富士吉田教育部  教育委員
 
2015年1月
 - 
現在
日本生理学会  生理学エデュケーター
 
2007年4月
 - 
現在
昭和大学医学部助教会  教育委員
 
1999年3月
 - 
現在
日本生理学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本ヒスタミン学会  幹事
 
 
 - 
現在
Sleep Apnea カンファレンス  幹事 会計監査
 
2011年4月
 - 
2015年3月
昭和大学医学部准講会  会計
 

受賞

 
2004年11月
日本生理学会 入澤記念Jpn.J Physiol優秀論文賞 Effects of hyperthermia on ventilation and metabolism during hypoxia in conscious mice
 

論文

 
金丸 みつ子
日本薬理学雑誌   150(4) 177-182   2017年10月
閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)は、睡眠中に気道閉塞とそれに伴う無呼吸/低呼吸を繰り返し起こす。それに伴う繰り返す低酸素/高炭酸ガス血症や中途覚醒は、メタボリックシンドロームや認知症や骨粗鬆症等を併発させ、心筋梗塞や脳血管障害のリスクを高め、日中の眠気から交通事故や労働災害を引き起こす。世界的にも罹患率の高い疾患であり、肥満度の低い日本人においても上気道の解剖学的特徴から罹患率は欧米並みである。軽症から中等症OSAS患者には、持続陽圧換気(CPAP)の治療適応がなく、薬物治療等の新たな...
遠藤 利行, 飯塚 眞喜人, 長谷川 義真, 大熊 公樹, 岡 厚, 矢倉 沙貴, 吉川 輝, 鬼丸 洋, 金丸 みつ子, 泉崎 雅彦
昭和学士会雑誌   77(1) 88-95   2017年2月
消化管平滑筋にはslow waveと呼ばれる電気的活動が見られ、slow waveの脱分極相が活動電位の発生の引き金となり消化管が収縮する。平滑筋が秩序をもって収縮、弛緩を繰り返すことにより、腸管内容物を混和し肛門側へ輸送する。この秩序をもった腸管運動が異常をきたす疾患として腸重積がある。腸重積は乳幼児に好発し、その過半数は特発性である。われわれは腸管運動の調節機構が乳幼児期ではまだ完全に発達しておらず、収縮と弛緩のリズムや大きさが不安定であることが腸重積の原因の1つであろうと考えた。つま...
Toshihisa Sugita, Toshihisa Sugita, Mitsuko Kanamaru, Makito Iizuka, Kanako Sato, Kanako Sato, Setsuro Tsukada, Setsuro Tsukada, Mitsuru Kawamura, Ikuo Homma, Masahiko Izumizaki
Respiratory Physiology and Neurobiology   209 23-27   2015年4月
© 2014 Elsevier B.V. The precise mechanisms underlying how emotions change breathing patterns remain unclear, but dopamine is a candidate neurotransmitter in the process of emotion-associated breathing. We investigated whether basal dopamine relea...
Early onset of ventilatory and airway response to hypercapnia is mediated by medullary 5-HT1A receptors in infant rats
The Showa University Journal of Medical Sciences   26 211-217   2014年   [査読有り]
Mitsuko Kanamaru, Toshihisa Sugita, Ikuo Homma
Experimental Brain Research   230 547-554   2013年10月
The anatomical factors involved in upper airway closure of obstructive sleep apnea (OSA) have been established. However, the mechanisms of repetitive OSA are not well understood. We found that dorsomedial medullary 5-HT2 receptor activity is compe...
【unified airwayからみた鼻副鼻腔病変】 上気道と下気道の比較と関連性 気道の神経生理
金丸 みつ子, 本間 生夫
JOHNS   29(5) 817-820   2013年5月
【アレルギー疾患と睡眠障害】 基礎医学からのアプローチ 睡眠障害が呼吸調節機能に与える影響
金丸 みつ子, 本間 生夫
アレルギー・免疫   18(2) 198-207   2011年1月
閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)において繰り返す低O2や無呼吸(低呼吸)に、覚醒中のみならず睡眠中にも活動が増加する中枢セロトニン(5-HT)の関与が示唆されてきている。しかし、この機構は、OSASのみならず睡眠中に低O2や無呼吸(低呼吸)を起こし、断眠を起こすような病態に広く関連すると考えられる。低O2や無呼吸(低呼吸)を伴う断眠が、中枢5-HT2受容体活性とPCO2による呼吸・気道調節の増減から、過換気と低O2や無呼吸(低呼吸)及び睡眠と断眠を、周期的に起こす、一つの機構があると考...
Mitsuko Kanamaru, Ikuo Homma
Advances in Experimental Medicine and Biology   669 239-242   2010年12月
The airway and ventilatory responses in mice elicited by the inhalation of hypercapnic or hypoxic gas mixtures were investigated by a microdialysis technique, 5-HT release analysis and double-chamber plethysmography with or without 5-HT2 receptor ...
【この1冊でらくらくマスター!ベッドサイドで役立つ呼吸アセスメントQ&A101】 検査・データ編 血液ガス・酸塩基平衡 アシドーシス・アルカローシスの代償反応とは何ですか?
金丸 みつ子
呼吸器ケア   (2010冬季増刊) 104-106   2010年12月
Mitsuko Kanamaru, Ikuo Homma
American Journal of Physiology - Regulatory Integrative and Comparative Physiology   297    2009年7月
The dorsomedial medulla oblongata (DMM) includes the solitary tract nucleus and the hypoglossal nucleus, to which 5-HT neurons project. Effects of 5-HT in the DMM on ventilatory augmentation and airway dilation are mediated via 5-HT2 receptors, wh...

Misc

 
Mitsuko Kanamaru
Folia Pharmacologica Japonica   150 177-182   2017年1月

書籍等出版物

 
丸善出版   2015年4月   ISBN:4621087673
RobertG. Carroll
東京化学同人   2010年12月   ISBN:4807916440

講演・口頭発表等

 
大縫線核の5-HT神経を介した下行性疼痛抑制系の光遺伝学的解析(学位甲)
三橋 学, 金丸 みつ子, 吉川 輝, 久光 正, 砂川 正隆, 泉崎 雅彦
昭和学士会雑誌   2018年4月   
Optogenetic analysis of nociceptive mechanism mediated by 5-HT neurons in the nucleus raphe magnus
第95回 日本生理学会大会   2018年3月29日   
Relationship between anxiety behavior and respiration control as determined using optogenetics
第94回日本生理学会大会   2017年3月28日   
Activating dorsal raphe nucleus serotonin neurons affects control of vigilance state switch
Rika Moriya, Mitsuko Kanamaru, Naoki Okuma, Akira Yoshikawa, Kenji F Tanaka, Satoshi Hokari, Yasuyoshi Oshima, Hiroshi Onimaru, Masahiko Izumizaki.
第94回日本生理学会大会   2017年3月28日   
光遺伝学を用いた不安に伴う呼吸の調節(学位甲)
大熊 公樹, 金丸 みつ子, 荒田 悟, 渡邊 潤, 遠藤 利行, 吉川 輝, 飯塚 眞喜人, 泉崎 雅彦
昭和学士会雑誌   2016年12月   

担当経験のある科目

 
  • 生理学(保健医療学部) (昭和大学富士吉田教育部)
  • 生理学(医学部) (昭和大学富士吉田教育部)
  • 医学英語 (昭和大学医学部)
  • 臨床生理学 (昭和大学薬学部)
  • CBT特別講義 人体の正常構造と機能 (昭和大学医学部)
  • 生体の機能解析法 (昭和大学大学院医学研究科)
  • 生理学実習 (昭和大学医学部)
  • 生理学 (昭和大学医学部)

所属学協会

 
薬物・精神・行動の会 , マイクロダイアリシス研究会 , 呼吸ディスカッションの会 , 日本ヒスタミン学会 , Sleep Apnea カンファレンス , 日本薬理学会 , 日本神経科学学会 , American Physiological Society , 日本睡眠学会 , 日本生理学会

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科研費 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 金丸みつ子
昭和大学: 共同研究
研究期間: 2011年   
昭和大学: 高度化推進特別経費
研究期間: 2006年   
文部科学省: 科研費 基盤研究(C)
研究期間: 2003年   
昭和大学 : 高度化推進特別経費
研究期間: 2002年   
文部科学省: 科研費 基盤研究(C)
研究期間: 1996年 - 1997年

社会貢献活動

 
日本ヒスタミン学会 Webマガジン
【編集】  日本ヒスタミン学会  Webマガジン