日本の女性研究者

医歯薬学

研究者リスト >> 中島 恵美
 

中島 恵美

 
アバター
研究者氏名中島 恵美
 
ナカシマ エミ
eメールnakashima-empha.keio.ac.jp
所属慶應義塾大学
部署薬学部薬学科
職名教授
科研費研究者番号90115254

研究分野

 
  • 薬学 / 医療系薬学 / 

受賞

 
2011年11月
慶應義塾 義塾賞 薬物の体内動態における個体間変動要因の機構解明と個別薬剤療法への応用に関する研究.
 
2008年5月
日本薬剤学会 日本薬剤学会永井記念国際女性科学者賞 薬物動態の個体間変動要因の解析と個別薬剤療法への応用.
 
2007年6月
トランスポーター研究会 ベストポスター賞 ラット胎盤におけるezrinの発現変動とP-glycoproteinおよびGLUT1細胞内局在への影響.
 
2002年7月
日本薬剤学会 Postdoctoral Presentation Award 指導教員.
 

論文

 
肝斑とセルフケア.
中島恵美.
なごやか   27 9   2014年8月
Influence of counseling intervention on the effectiveness of a revitalizing medicinal product in healthy volunteers, using a brain monitoring system.
Isawa M, Shimizu A, Miyashita E, Itoh H, Nishimura T, Tomi M, Shimada H, Saito H, Nakashima E.
Jpn J Pharm Health Care Sci   40(10) 558-566   2014年8月   [査読有り]
夏バテとセルフケア.
中島恵美.
なごやか   26 9   2014年6月
Fetal growth retardation and lack of hypotaurine in ezrin knockout mice.
Nishimura T, Higuchi K, Sai Y, Sugita Y, Yoshida Y, Tomi M, Wada M, Wakayama T, Tamura A, Tsukita S, Soga T, Nakashima E.
PLoS One   9(8) e105423-1-e105423-9   2014年6月   [査読有り]
Role of protein kinase A in regulating steroid sulfate uptake for estrogen production in human placental choriocarcinoma cells.
Tomi M, Miyata Y, Noguchi S, Nishimura S, Nishimura T, Nakashima E.
Placenta   35 658-660   2014年6月   [査読有り]

Misc

 
Mother-to-fetus transfer of antiviral drugs and the involvement of transporters at the placental barrier.
Tomi M, Nishimura T, Nakashima E*.
J Pharm Sci   100(9) 3708-3718   2011年9月

書籍等出版物

 
健康長寿のセルフメディケーション よんで得する薬の活用法.
中島恵美(監修).
東京都農林漁業団体健康保険組合, 東京   2013年6月   
セルフメディケーションハンドブック2013.
中島恵美(監修).
日本OTC医薬品協会, 東京   2013年6月   
スタンダード薬学シリーズ 薬と疾病 薬物治療(1)第2版.
中島恵美.
東京化学同人, 東京   2012年3月   
セルフメディケーションのための薬の賢い利用法ハンドブック.
中島恵美.
東京都農林漁業団体健康保険組合, 東京   2011年6月   
セルフメディケーションハンドブック 2011.
中島恵美.
日本OTC医薬品協会, 東京   2011年3月   

講演・口頭発表等

 
個別薬剤療法:PK/PDの個別化要因-プラセボ効果の要因解析-. [招待有り]
○中島恵美.
金沢大学薬学部関東同窓会学術講演会   2014年6月   
薬剤学における国際性教育の要素. [招待有り]
○中島恵美.
日本薬剤学会第29年会   2014年5月   
プラセボ効果の要因解析と臨床応用に関する研究:カフェインを用いた条件付けの臨床研究の実施.
○田代亮太、井澤美苗、西村友宏、登美斉俊、望月眞弓、中島恵美.
日本薬学会第134年会   2014年3月   
Slc6a13トランスポーターが酸化ストレス防御に果たす役割.
○小島和晃、西村友宏、登美斉俊、中島恵美.
日本薬学会第134年会   2014年3月   
脳活動における喫煙および短時間禁煙の影響に関する検討.
岩崎優,藤野悠蔵,蓮見由佳,生島一平,入江伸,橋口正行,斎藤義正,齋藤英胤,中島恵美,望月眞弓.
日本薬学会第134年会   2014年3月   

特許

 
- : IMMORTALIZED VASCULAR ADVENTITAL CELL LINE.
- : IMMORTALIZED VASCULAR PERICYTE LINE.