日本の女性研究者

健康・スポーツ科学

研究者リスト >> 遠藤 保子
 

遠藤 保子

 
アバター
研究者氏名遠藤 保子
 
エンドウ ヤスコ
所属立命館大学
部署産業社会学部現代社会学科
職名教授
学位博士(社会学)(立命館大学)
その他の所属立命館大学

研究キーワード

 
比較文化学, 現代芸術, 文化人類学, 体育学

研究分野

 
  • 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学 / 

学歴

 
 
 - 
1975年
東京教育大学 体育学部 健康教育
 
 
 - 
1986年
お茶の水女子大学大学院 人間文化研究科 比較文化学
 

委員歴

 
1995年
 - 
1998年
スポーツ史学会  理事
 
1993年4月
 - 
2006年3月
日本体育学会  評議員
 
2004年4月
 - 
2010年3月
日本スポーツ人類学会  理事
 
2011年4月
 - 
2012年3月
日本スポーツ人類学会  監事
 
2004年4月
 - 
2007年3月
舞踊学会  理事(事務局)
 

受賞

 
2016年7月
公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター主催第32回学習デジタル教材コンクール, 2016年公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター主催第32回学習デジタル教材コンクール 出品作品『どこカナ?なにカナ?そうだったのか!ガーナ共和国~社会・文化・芸術と国際理解』優良賞受賞
 
2014年11月
京都府 平成26年度京都府青少年健全育成功労者
 
2011年6月
優秀論文奨(慶祝建国百年節慶與賽会・国際学術研討会)会場:建国科技大学(台湾)
 
2008年12月
2008年度外務省主催第5回開発教育/国際理解コンクール「世界」を広げるはじめの一歩 出品作品『ワンダーランド探検隊・アフリカの舞踊・音楽・社会』素材部門(映像)特別審査員賞
 
2008年11月
京都市自治110年記念表彰
 

論文

 
エチオピアの舞踊特性とデジタル記録・解析・考察(下)
相原進、遠藤保子、野田章子
立命館産業社会論集   52(4) 97-115   2017年3月
エチオピアの舞踊特性と舞踊のデジタル記録・解析・考察(上)
相原進、遠藤保子、野田章子
立命館産業社会論集   52(3) 93-113   2016年12月
日本スポーツ人類学会研究活動の動向と展望
遠藤保子
2016年第4回亜細亜運動人類學國際研討會論文集   25-33   2016年5月
ガーナ国立舞踊団(Ghana Dance Ensemble)における舞踊の練習に関する考察
相原 進、遠藤保子
立命館産業社会論集   51(3) 125-134   2015年12月
坦桑尼亞舞蹈和舞蹈的數位記錄、解析 The Digital Recording and Analysis of Tanzanian Dance
相原進・遠藤保子
臺灣身體文化學會『身體文化學報』   (19期) 27-47   2014年

Misc

 
「エチオピアの舞踊と舞踊のデジタル記録・解析」
相原進・遠藤保子・野田章子
寒川恒夫 仇牟編『社会変遷 与体育人類学的応対』   242-248   2015年10月
“Dance Documentation, Preservation, and Digital Recording”
Yasuko ENDO
Dance Research Journal of Korea   72(05) 105-113   2014年
舞踊
遠藤保子
アフリカ学事典『アフリカ学事典』   58-59   2014年6月

書籍等出版物

 
無形文化財の伝承・記録・教育-アフリカの舞踊を事例として-
遠藤保子 相原 進 高橋京子
文理閣   2014年3月   ISBN:978-4-89259-725-1
『現代スポーツ論の射程』・「今日のケニアにおける舞踊と音楽」
金井淳二・草深直臣監修 遠藤保子著
文理閣、京都   2011年11月   
『舞踊学の現在~芸術・民族・教育からのアプローチ~』・「今日のアフリカにおける舞踊の伝承と保存―ナイジェリアの国立舞踊団を事例として―」
遠藤保子・細川江利子・高野牧子・打越みゆき編、遠藤保子著
文理閣、京都   2011年3月   
『体育・人類・文化』・「スポーツと開発教育―モーションキャプチャを利用したナイジェリアの舞踊を事例とした教材と指導計画―」
寒川恒夫主編、遠藤保子著
北京体育大学出版社、北京   2010年9月   
舞踊の記録・保存・伝承に関する歴史的考察・アフリカの舞踊を事例にして-
遠藤保子
黎明書房『スポーツ学の冒険―スポーツを読み解く「知」とは』   2009年4月   

講演・口頭発表等

 
「アフリカの舞踊の記録と継承」
第26回日本ナイル・エチオピア学会学術大会公開シンポジウム『アフリカと日本の無形文化遺産~保護・継承・発展にむけて~』   2017年4月15日   
共同研究発表「ガーナ国立舞踊団招聘研究企画
産業社会学部創設50周年企画   2015年11月19日   
ケニアにおける社会の変化と伝統的舞踊
日本スポーツ人類学会第16回大会   2015年3月27日   
エチオピアの舞踊と舞踊のデジタル記録解析
第三届亜洲体育人娄学会大会   2014年10月18日   
エチオピアの舞踊と舞踊のデジタル記録解析」
第三届アジアスポーツ人類学会大会   2014年10月16日   

担当経験のある科目

 
  • スポーツ教育論実習Ⅱ (立命館大学)
  • スポーツ文化研究 (立命館大学)
  • 応用社会学特殊研究Ⅰ (立命館大学)
  • 応用社会学特殊研究Ⅱ (立命館大学)
  • 応用社会学特殊研究Ⅴ (立命館大学)

所属学協会

 
スポーツ史学会 , 日本スポーツ人類学会 , 舞踊学会 , 日本ナイル・エチオピア学会 , 日本体育学会 , アジアスポーツ人類学会

Works

 
「我踊る故に我あり」
その他   2016年9月
単著「アフリカの舞踊と私」
その他   2015年10月
アゾルオ・ガーナ民族舞踊団日本公演2011「カカオの国からやってきたドラムとダンス」舞踊団招聘(舞台公演運営含)
芸術活動   2011年11月
「ダンスに関する授業」企画・運営・実践
芸術活動   2011年11月 - 2011年11月
「ようこそアーティスト 文化芸術とくべつ授業」分野:ダンス企画・運営・実践
芸術活動   2011年11月 - 2011年11月

競争的資金等の研究課題

 
タンザニアチビテ舞踊団日本公演2008
2008年度国際交流基金公演事業助成
研究期間: 2008年 - 2008年
地球音楽シリーズ119『ケニアの律動』
2006年度財団法人伊丹市文化振興財団助成
研究期間: 2006年 - 2006年
モーションキャプチャを利用した舞踊動作のデジタルアーカイブ化事業
2005年度国際交流基金
研究期間: 2005年 - 2005年
ケニア民族舞踊団日本公演招聘事業
2003年度国際交流基金公演事業助成
研究期間: 2003年 - 2003年
エチオピア民族舞踊団日本公演
1999年度国際交流基金公演事業助成
研究期間: 1999年 - 1999年