日本の女性研究者

Female Researchers

Researcher List >> Yoko Funasaka
 

Yoko Funasaka

 
Avatar
NameYoko Funasaka
e-mailfunasakanms.ac.jp
AffiliationNippon Medical School
SectionMedical School, Department of Cutaneous and mucosal pathophysiology
Job titleProfessor
Other AffiliationNippon Medical School
Research funding number30209150

Profile

I have been studying the regulatory mechanisms of pigment cell growth and differentiation and try to develop therapeutic approach of pigmentary disorders. I also try to search new molecular mechanisms which is involved in melanoma cell growth signaling. Photobiological study for UV-induced carcinogenesis and the effect of visible light and infrared light on photo aged skin are also conducted.

Research Interests

 
melanocyte biology, photobiology,melanoma

Research Areas

 
  • Clinical internal medicine / Dermatology / Dermatology

Academic & Professional Experience

 
Oct 2014
   
 
professor, Department of Dermatology, Nippon Medical School
 
Apr 2017
 - 
Mar 2019
Visiting Professor, 薬学研究科生命創薬科学専攻博士課程, Graduate School of Meiji Pharmaceutical University
 
Apr 2010
 - 
Sep 2014
Associate professor, Department of dermatology, Nippon Medical School
 
Apr 2009
 - 
Mar 2010
Associate professor, Graduate school of Medicine, Dermatology, Kobe University Graduate School of Medicine
 
Jul 1996
 - 
Mar 2009
Senior Assistant Professor, Kobe University Hospital
 
Sep 1996
 - 
Oct 1996
Mombusho Zaigai researcher, Department of Dermatology, Cincinnati University School of Medicine/USA
 
Dec 1989
 - 
Mar 1991
研究員, Depaertment of Dermatology, Yale University / USA
 
Jul 1989
 - 
Jun 1996
Assistant professor, Department of Dermatology, Kobe University School of mediceine
 
Oct 1988
 - 
Jun 1989
Depetment of Dermatology, Osaka Kosei Pension Hospital
 
Apr 1988
 - 
Sep 1988
Assistant professor, Department of Dermatology, Kobe University School of mediceine
 

Education

 
 
 - 
1984
医学部, Kobe University School of Medicine/JAPAN
 
 
 - 
1988
医学研究科, Kobe University Graduate School of Medicine /JAPAN
 

Awards & Honors

 
May 2015
有色素性悪性黒色腫を生じた眼皮膚白皮症4型, 第114回日本皮膚科学会総会ポスター賞, 日本皮膚科学会
 
Sep 2013
日本医科大学総会優秀演題, 日本医科大学
 
Sep 2013
ロキシスロマイシンおよびミノサイクリンのメラニン生成に対する作用, 優秀演題賞受賞, 第81回日本医科大学医学会総会
 
Jun 2012
メラノサイトの増殖および紫外線反応性に対する加齢の影響, 基礎部門奨励論文賞, 未病と抗老化
 
Feb 2012
メラノサイトの増殖および紫外線反応性に対する加齢の影響, 平成24年度基礎部門 奨励論文賞, 財団法人博慈会老人病研究所
 
Jul 2011
紫外線による悪性黒色腫発症機序の解明, 抗加齢皮膚医学研究会ロート賞, ロート製薬株式会社
 
Jun 2011
Metabotropic glutamate receptor subtype-1 is essential for in vivo growth of melanoma, 神戸大学医学部皮膚科同窓会学術賞, 神戸大学医学部皮膚科同窓会
 
Jun 2007
社団法人神緑会 田中千賀子学術奨励賞 , 社団法人神緑会
 
Jun 1996
1st Joint Meeting of the Japanese and Canadian Societies for Investigative Dermatology学会優秀賞 第1回日加研究皮膚科学会賞
 
1990
USA, Young Investigator Travel award, International Pigment Cell Conference, International Pigment Cell Conference
 

Published Papers

 
Masaki Taro,Tsujimoto Mariko,Kitazawa Riko,Nakano Eiji,Funasaka Yoko,Ichihashi Masamitsu,Kitazawa Sohei,Kakita Akiyoshi,Kanda Fumio,Nishigori Chikako
JAAD case reports   5(3) 205-208   Mar 2019
Ito Michiko,Hoashi Toshihiko,Endo Yuki,Kimura Go,Kondo Yukihiro,Ishii Norito,Hashimoto Takashi,Funasaka Yoko,Saeki Hidehisa
The Journal of dermatology   46(3) e90-e92   Mar 2019
Masaki Taro,Tsujimoto Mariko,Kitazawa Riko,Nakano Eiji,Funasaka Yoko,Ichihashi Masamitsu,Kitazawa Sohei,Kakita Akiyoshi,Kanda Fumio,Nishigori Chikako
JAAD case reports   5(3) 205-208   Mar 2019
Sugano Teppei,Seike Masahiro,Funasaka Yoko,Yoshida Mai,Takayama Ryoko,Okamura Ken,Nakanishi Asuka,Tanaka Toru,Takeuchi Susumu,Noro Rintaro,Minegishi Yuji,Kubota Kaoru,Saeki Hidehisa,Gemma Akihiko
Journal for immunotherapy of cancer   7(1) 59   Feb 2019
Pembrolizumab, an anti-programmed cell death-1 protein monoclonal antibody, is effective for patients with advanced non-small-cell lung cancer. However, immune checkpoint inhibitors such as pembrolizumab induce various immune-related adverse event...
Tanaka Mayuri,Hoashi Toshihiko,Ichiyama Susumu,Noro Rintaro,Seike Masahiro,Kubota Kaoru,Gemma Akihiko,Funasaka Yoko,Saeki Hidehisa
The Australasian journal of dermatology   60(1) e67-e68   Feb 2019
鈴木 香緒里, 帆足 俊彦, 江崎 英子, 山瀬 綾, 船坂 陽子, 佐伯 秀久
皮膚科の臨床   61(1) 123-127   Jan 2019
Yamaguchi Hanao,Funasaka Yoko,Saeki Hidehisa
Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi   86(1) 27-31   2019
For laser therapy, darker skin types should be carefully treated, however, the precise role of melanin content, subspecies, and the heat effect of the laser has not been well studied in vivo.We generated three groups of mice that have epidermal me...
船坂 陽子
デルマ   (273) 31-40   Aug 2018
光発がん
船坂陽子
太陽紫外線防御研究委員会学術報告   28(1) 3-8   Aug 2018
乳児肛門周囲膿瘍の1例
水野真希、帆足俊彦、上春光司、橋下佳亮、橋下康司、船坂陽子、佐伯秀久
皮膚科の臨床   60 1184-1185   Jul 2018
近赤外線の光老化における位置付け
船坂陽子
Visual Dermatology   17(8) 764-768   Jul 2018
Hoashi Toshihiko,Asahara Mariko,Shirakawa Noriko,Mayumi Nobuko,Nakayama Kazutaka,Omori Ikuko,Inokuchi Koiti,Sugaya Makoto,Funasaka Yoko,Saeki Hidehisa
The Journal of dermatology   45(6) e163-e164   Jun 2018
Ichiyama Susumu,Ito Michiko,Funasaka Yoko,Abe Masatoshi,Nishida Emi,Muramatsu Shinnosuke,Nishihara Haruna,Kato Hiroshi,Morita Akimichi,Imafuku Shinichi,Saeki Hidehisa
The Journal of dermatology   45(6) 727-731   Jun 2018
Psoriasis is a chronic, relapsing, inflammatory keratotic skin disease. To elucidate the medication adherence and treatment satisfaction, we performed a questionnaire survey using the eight-item Morisky Medication Adherence Scale (MMAS-8) and nine...
表皮の老化
船坂陽子
皮膚科の臨床   60 759-764   May 2018
Ichiyama Susumu,Hoashi Toshihiko,Funasaka Yoko,Mikami Erina,Akiyama Michiko,Esaki Eiko,Kubo Masahide,Ansai Shin-Ichi,Tanaka Masaru,Saeki Hidehisa
The Journal of dermatology   45(4) e94-e95   Apr 2018
浅原 麻里子, 帆足 俊彦, 田中 真百合, 大橋 実奈, 白川 典子, 真弓 暢子, 伊藤 路子, 船坂 陽子, 佐伯 秀久
皮膚科の臨床   60(3) 319-321   Mar 2018
Hoashi Toshihiko,Fujita Kazue,Funasaka Yoko,Gemma Akihiko,Saeki Hidehisa
The Australasian journal of dermatology   59(1) e80-e81   Feb 2018
Shimizu Ai,Hoashi Toshihiko,Kataoka Kasho,Shirakawa Noriko,Mayumi Nobuko,Funasaka Yoko,Saeki Hidehisa
Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi   85(1) 47-50   2018
Verrucous carcinoma (VC) is an uncommon, distinct type of well-differentiated squamous cell carcinoma. Here we present two cases of VC, one arising from the lower leg and the other from genital skin. Case 1, a female patient, aged 95 years, had a ...
船坂陽子
MB Derma   262(62) 50-63   Oct 2017

Books etc

 
最新の治療2019-2020
船坂陽子 (Part:Contributor, 尋常性白斑)
南江堂   Jan 2019   
エキスパートから学ぶ皮膚病診療パワーアップ 秀道広、青山裕美、加藤則人編
船坂 陽子 (Part:Contributor, 顔の色素斑)
中山書店   Sep 2018   
最新美容皮膚科診療ナビゲーション
船坂陽子 (Part:Contributor, シミの理論)
学研メディカル秀潤社   Aug 2018   
1336専門家による私の治療2017-2018年度版
船坂陽子 (Part:Contributor, 老人性色素斑)
日本医事出版社   Jul 2017   
最新の治療2017-2018
船坂 陽子 (Part:Contributor, 太田母斑)
南江堂   Jan 2017   
がん薬物療法 現場のルール 一般臨床で役立つポケットマニュアル
船坂 陽子 (Part:Contributor, 皮膚がん)
南江堂   Sep 2016   
リハビリメイク
船坂陽子、佐伯秀久 (Part:Contributor, 現代におけるメイクアップセラピーの意義 皮膚科から)
克誠堂出版   Jun 2016   
光と生命の事典
船坂 陽子 (Part:Contributor, 光老化)
朝倉出版   Feb 2016   
化粧品技術者のための素材開発実験プロトコール
船坂 陽子 (Part:Contributor, ヒトメラノサイトのtyrosinase活性抑制 )
シーエムシー出版社   Oct 2015   
色素細胞-基礎から臨床へー第2版
船坂 陽子, 錦織 千佳子 (Part:Contributor, メラノサイトの機能制御と美白)
慶應義塾大学出版会   Aug 2015   
皮膚疾患最新の治療2015-2016 
船坂陽子 (Part:Contributor, 肝斑 XVIII 色素異常症、母斑症)
南江堂(東京)   2015   
1冊でわかる最新皮膚科治療
船坂 陽子 (Part:Contributor, しみの内服療法)
文光堂   Jun 2013   
皮膚科生涯学習シリーズ3 皮膚科医のための美容講座 UVAおよびUVBによる発癌
船坂 陽子 (Part:Contributor, UVAおよびUVBによる発癌)
2013   
皮膚科臨床アセット11 シミと白斑
船坂 陽子 (Part:Contributor, 紫外線によるメラニン合成:UVBとUVAの作用機序)
中山書店   Oct 2012   
皮膚科臨床アセット11 シミと白斑
船坂 陽子 (Part:Contributor, 肝斑の病態・診断・鑑別診断)
中山書店   Oct 2012   
今日の皮膚疾患治療指針第4版
船坂 陽子 (Part:Contributor, 脱色素性母斑)
医学書院   Mar 2012   
今日の皮膚疾患治療指針第4版
船坂 陽子 (Part:Contributor, 顔面の色素斑を来す疾患)
医学書院   Mar 2012   
今日の皮膚疾患治療指針第4版
船坂 陽子 (Part:Contributor, 老人性白斑)
医学書院   Mar 2012   
WHATS NEW in 皮膚科学2012-2013
船坂 陽子, 大山 聡美 (Part:Contributor, トラネキサム酸の奏効機序)
メディカルレビュー社   Feb 2012   
今日の治療指針2012年版
船坂 陽子 (Part:Contributor, そばかす(雀卵斑),肝斑,黒皮症)
医学書院   Jan 2012   
皮膚科生涯学習シリーズ3 皮膚科医のための美容講座
船坂 陽子 (Part:Contributor, 皮膚におけるHeat shock protein)
Medical Professional Relations Co.,   Nov 2011   
皮膚科生涯学習シリーズ3 皮膚科医のための美容講座
船坂 陽子 (Part:Contributor, 温熱,赤外線は光老化を促進するか,改善するか その2)
Medical Professional Relations Co.,   Nov 2011   
医師の立場から,化粧品・医薬品における次世代経皮吸収製剤
船坂 陽子 (Part:Contributor, 臨床現場における課題と問題点)
株式会社シーエムシー出版   Jul 2011   
皮膚科生涯学習シリーズ3 皮膚科医のための美容講座 Drug Derivery System (DDS)を用いた美容治療
船坂陽子 (Part:Contributor, Drug Derivery System (DDS)を用いた美容治療)
Medical Professional Relations Co   2011   
皮膚科生涯学習シリーズ3 皮膚科医のための美容講座 各種ビタミンC
船坂 陽子 (Part:Contributor, 各種ビタミンC)
Medical Professional Relations Co   2011   
からだと光の事典
船坂 陽子 (Part:Contributor, 光老化の機序)
金原出版   Dec 2010   
機能性化粧品素材開発のための実験法
船坂 陽子 (Part:Contributor, ヒトメラノサイトのtyrosinase活性抑制)
シーエムシー出版社   Jun 2010   
Q&Aで学ぶ美容皮膚科ハンドブック
船坂 陽子 (Part:Contributor, 美白剤の作用メカニズムとハイドロキノンなどの主要薬剤の効用について,教えてください)
メディカルレビュー社   Apr 2010   
WHAT’S NEW in 皮膚科学 2010-2011
船坂 陽子 (Part:Contributor, 美白剤はどこまで効くのか)
メディカルレビュー社   Apr 2010   
ケミカルピーリング これが私のコツと技
船坂陽子 (Part:Contributor, IIこれが私の技—施術編— 小じわ サリチル酸(マクロゴール基剤))
南山堂   2009   
ケミカルピーリング これが私のコツと技 魚鱗癬グリコール酸 サリチル酸(エタノール基剤)
船坂陽子 (Part:Contributor, IIこれが私の技—施術編—  魚鱗癬 グリコール酸)
南山堂   2009   
ケミカルピーリング これが私のコツと技 日光(性)黒子
船坂陽子 (Part:Contributor, IIこれが私の技—施術編 日光(性)黒子)
南山堂   2009   
ケミカルピーリング これが私のコツと技 小じわ グリコール酸 
船坂陽子 (Part:Contributor, IIこれが私の技—施術編— 小じわ グリコール酸)
南山堂   2009   
ケミカルピーリング これが私のコツと技—施術編ーざ瘡 サリチル酸(エタノール基剤)
船坂陽子 (Part:Contributor, IIこれが私の技—施術編 ざ瘡 サリチル酸(エタノール基剤) )
南山堂   2009   
ケミカルピーリング これが私のコツと技—施術編ーざ瘡 グリコール酸
船坂陽子 (Part:Contributor, IIこれが私の技—施術編 ざ瘡 グリコール酸)
南山堂   2009   
ケミカルピーリング これが私のコツと技 雀卵斑 グリコール酸
船坂陽子 (Part:Contributor, IIこれが私の技?施術編? 雀卵斑 グリコール酸)
南山堂   2009   
ケミカルピーリング これが私のコツと技 炎症後色素沈着 グリコール酸
船坂陽子 (Part:Contributor, IIこれが私の技?施術編? 炎症後色素沈着 グリコール酸)
南山堂   2009   
ケミカルピーリング これが私のコツと技 ー基礎編ーケミカルピーリングの光老化における安全性の検証
船坂陽子 (Part:Contributor, Iこれだけは知っておくー基礎編ーケミカルピーリングの光老化における安全性の検証)
南山堂   2009   
ケミカルピーリング これが私のコツと技 ー基礎編ー グリコール酸
船坂陽子 (Part:Contributor, Iこれだけは知っておくー基礎編ー グリコール酸)
南山堂   2009   
皮膚科診療カラーアトラス体系 3色調異常/水疱性疾患/膿疱症 肝斑
船坂陽子 (Part:Contributor, 肝斑)
講談社   2009   
皮膚科診療カラーアトラス体系 3色調異常/水疱性疾患/膿疱症 老人性色素斑
船坂陽子 (Part:Contributor, 老人性色素斑)
講談社   2009   
美容皮膚科学第2版
船坂陽子 (Part:Contributor, ざ瘡(にきび))
南山堂   2009   
光科学研究の最前線2 「光科学研究の最前線2」編集委員会編
船坂 陽子 (Part:Contributor, 皮膚科レーザー治療)
2009   
皮膚科生涯学習シリーズ2 私のインフォームドコンセント第11号
船坂陽子 (Part:Contributor, レーザーでとれるシミかと思って皮膚科の先生に相談したら、肝斑なのでダメと言われました。どうしたらいいですか。)
Medical Professional Relations Co   Mar 2008   
デルマ倶楽部
船坂陽子 (Part:Contributor, 美白剤の種類と使用法の注意)
Medical Professional Relations Co   2008   
皮膚科生涯学習シリーズ3 皮膚科医のための美容講座 ー基礎編ー グリコール酸
船坂陽子 (Part:Contributor, Heat Shock Proteinとは)
Medical Professional Relations Co   2008   
皮膚科生涯学習シリーズ3 皮膚科医のための美容講座 温熱、赤外線は光老化を促進するか、改善するか
船坂陽子 (Part:Contributor, 温熱、赤外線は光老化を促進するか、改善するか)
Medical Professional Relations Co   2008   
皮膚の事典 溝口昌子、大原國章、相馬良直、高戸毅、日野治子、松永佳世子、渡辺晋一編
船坂 陽子 (Part:Contributor, ケミカルピーリング)
朝倉書店   2008   
Advanced Cosmetic Dermatology 3 スキンケアを科学する 今山修平、宮地良樹、松永佳世子、宇津木龍一編
船坂 陽子 (Part:Contributor, しみ・くすみ)
南江堂   2008   
機能性化粧品素材開発のためのIN VITRO/細胞/組織培養評価法ハンドブック
船坂陽子 (Part:Contributor, メラノーマ細胞を用いたメラニン抑制剤評価法?1)
シーエムシー出版社   2007   
皮膚科生涯学習シリーズ3 皮膚科医のための美容講座 ”シワ“対策その1
船坂陽子 (Part:Contributor, ”シワ“対策その1)
Medical Professional Relations Co   2007   
皮膚科生涯学習シリーズ3 皮膚科医のための美容講座 シワ化粧品
船坂陽子 (Part:Contributor, シワ化粧品)
Medical Professional Relations Co   2007   
皮膚科診療最前線シリーズ にきび最前線
船坂陽子 (Part:Contributor, ケミカルピーリング:グリコール酸)
メデイカルレビュー社   2006   
新・皮膚悪性リンパ腫アトラス
船坂陽子、錦織千佳子 (Part:Contributor, follicular mycosis fungoides)
文光堂   2006   
Advanced Cosmetic Dermatologyシリーズ 1 
船坂陽子 (Part:Contributor, しみ治療中の私のホームスキンケア指導)
南江堂   2006   
Advanced Cosmetic Dermatologyシリーズ 1 美白戦略?しみ・くすみを消し、美しく白い肌をめざす
船坂陽子 (Part:Contributor, 肝斑)
南山堂   2006   
アンチエイジングシリーズ2 皮膚の抗老化最前線 有限会社ブッカーズ編
196. 船坂陽子, 山本泰士、大林恵、岡野由利、佐藤安広、正木仁
エヌ・テイー・エス   2006   
『てこずる外来皮膚疾患100の対処法』?達人に聞く究極の処方と治療のコツ?
船坂陽子 (Part:Contributor, 美白剤の効能について評価を求められたら)
メデイカルレビュー社   2005   
光老化皮膚 ビタミン類A, C, Eの内服
船坂陽子 (Part:Contributor, ビタミン類A, C, Eの内服)
南山堂   2005   
光老化皮膚
船坂陽子 (Part:Contributor, ビタミンCの外用・イオントフォレーシス)
南山堂   2005   
美容皮膚科学
船坂陽子 (Part:Contributor, ざ瘡(にきび))
南山堂   2005   
皮膚科診療プラクテイスシリーズ 18 ニキビ治療の技法
船坂陽子 (Part:Contributor, ケミカルピーリングガイドライン2004)
文光堂   2005   
化粧品・外用薬研究者のための皮膚科学 ビタミンCを服用することで、本当にシミは消えるのか?
船坂 陽子 (Part:Contributor, ビタミンCを服用することで、本当にシミは消えるのか?)
文光堂   2005   
化粧品・外用薬研究者のための皮膚科学
船坂陽子 (Part:Contributor, しみ(色素沈着症)、太田母斑)
文光堂   2005   
皮膚科生涯学習シリーズ3 皮膚科医のための美容講座 ケミカルピーリング
船坂 陽子 (Part:Contributor, ケミカルピーリング)
Medical Professional Relations Co   2005   
皮膚科生涯学習シリーズ3 皮膚科医のための美容講座 コエンザイムQ
船坂 陽子 (Part:Contributor, コエンザイムQ)
Medical Professional Relations Co   2005   
臨床診断に苦渋する100の外来皮膚疾患〜達人が伝授する「臨床j診断への次の一手」は?〜 宮地良樹編
船坂 陽子 (Part:Contributor, 両側性遅発性太田母斑様色素斑)
メデイカルレビュー社   2005   
皮膚科診療プラクテイスシリーズ 17 Rejuvenationの実際
船坂 陽子 (Part:Contributor, レーザーやピーリングなどの処置後にサンスクリーンは必要か)
文光堂   2004   
皮膚科診療プラクテイスシリーズ 17 Rejuvenationの実際
船坂陽子 (Part:Contributor, ケミカルピーリングのrejuvenation効果とその作用機序)
文光堂   2004   
患者さんから浴びせられる皮膚疾患100の質問?達人はどう答え、どう対応するか? しみは治りますか?
船坂陽子 (Part:Contributor, しみは治りますか?)
メデイカルレビュー社   2004   
患者さんから浴びせられる皮膚疾患100の質問?達人はどう答え、どう対応するか? そばかすにいい治療はありますか?
船坂陽子 (Part:Contributor, そばかすにいい治療はありますか?)
メデイカルレビュー社   2004   
患者さんから浴びせられる皮膚疾患100の質問?達人はどう答え、どう対応するか? 白斑が広がっています. 塗薬だけで大丈夫でしょうか?
船坂陽子 (Part:Contributor, 白斑が広がっています. 塗薬だけで大丈夫でしょうか?)
メデイカルレビュー社   2004   
最新皮膚科学体系特別巻、皮膚の発生・機能と病態
船坂陽子 (Part:Contributor, メラノサイトとケラチノサイトの相互作用)
中山書店   2004   
新有用性化粧品の開発
船坂陽子、錦織千佳子 (Part:Contributor, 有用性化粧品の評価技術、美白)
株式会社シーエムシー出版   2004   
皮膚科医がはじめるCosmetic Dermatology 施術前の準備(美白剤)
船坂 陽子 (Part:Contributor, 施術前の準備(美白剤))
南山堂   2003   

Conference Activities & Talks

 
正常培養ヒトメラノサイトにおけるBCL16発言の役割
大橋明子、船坂陽子、中川浩一、山村恵造、市橋正光
11 Apr 1997   
α-MSH/ACTH of keratinocytes and MSH receptor of melanocytes are up-regulated by ultraviolet B irradiation.
7. M. Nagahama、 Y, Funasaka、A. Ohashi、and M. Ichihashi
6 Sep 1995   
紫外線細胞生物学ー太陽紫外線とメラニン・メラノーマー
市橋正光、船坂陽子
太陽紫外線防御研究委員会学術報告   1996   
Adult T-cell leukemia-derived factor is involved in ultraviolet B induced melanogenesis by upregulating MSH receptor binding activity.
Funasaka Y, Ohashi A, Nagahama M, Chakraborty AK, Ueda M, Ando H, Ichihashi M
1st Joint Meeting of the Japanese and Canadian Societies for Investigative Dermatology.   31 May 1996   
The role of c-kit and BCL-2 for growth and survival in normal human adult melanocytes.
29 Oct 1996   
Role of basic fibroblast growth factor in nevus and melanoma.
NU Ahmed, M.Ueda, K Nishino, A Ohashi, A Ito, Y Funasaka, M Ichihashi
Programs and abstracts of the XVIth international pigment cell conference   29 Oct 1996   
Regulatory mechanism of melanogenesis by fatty acids in cultured melanoma cells
H Ando, Y Funasaka, M Oka, M Ichihashi
Programs and abstracts of the XVIth international pigment cell conference   29 Oct 1996   
Analysis of the role of small GTP binding protein RAB in intracellular melanosome transport.
K Araki, T Horikawa, K Nakagawa, Y Funasaka, M Ichihashi
Programs and abstracts of the XVIth international pigment cell conference   29 Oct 1996   
Production and release of proopimelanocortin (POMC) derived peptides by human melanocytes and kerationcytes in culture: regulation by UVB
AK. Chkraborty、Y. Funasaka、A. Slominski、G. Ermak、 J. Hwang、J.Pawelek、M. Ichihashi
Programs and abstracts of the XVIth international pigment cell conference   29 Oct 1996   
The effect of ultraviolet B induced adult T cell leukemia-derived factor on survival and growth of human melanocytes
Yoko Funasaka
Programs and abstracts of the XVIth international pigment cell conference   29 Oct 1996   
紫外線誘発活性酸素が皮膚細胞機能に与える影響
市橋正光、上田正登、船坂陽子
第17回油化学酸化セミナー『活性酸素の功罪とその利用』プロシーデイング   1997   
ビタミンEフェルラ酸エステルの機能と応用、香粧品セミナーー香粧品分野における新原料と技術の展開ー
船坂 陽子
香粧品セミナー   1998   
活性酸素と皮膚疾患
市橋正光、船坂陽子、福永瑞穂、岡昌宏、畑尾正人
第20回油化学セミナー 日本油化学会酸化部会   1999   
日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン2001
古川福実、松永佳世子、上田説子、菊地克子、戸佐真弓、船坂陽子、宮崎孝夫、藤沢有紀、山本有紀、飯塚一、伊藤雅章、片山一郎、川島眞、塩原哲夫、島田眞路、中川秀己、橋本公二、橋本隆、古江増隆
84. 日本皮膚科学会ケミカルピーリングに関する検討委員会   2001   
アクネに対するケミカルピーリング
船坂 陽子
日本香粧品学会第27回教育セミナー講演   2002   
日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン2004
古川福実、松永佳世子、伊藤正俊、上田説子、菊地克子、戸佐真弓、船坂陽子、宮崎孝夫、久野有紀、山本有紀、岸岡亜紀子、北島康雄、古江増隆
日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン2001改訂に関する検討委員会   2004   
美容施術とアフターケア化粧品の効果
船坂 陽子
日本香粧品学会第30回教育セミナー講演   2005   
美白剤 テーマ:美肌を守る抗老化療法
Yoko Funasaka
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医研修講習会   Jan 2010   
フルニエ壊疽との鑑別を要し診断に苦慮した外陰部好中球性皮膚症の1例
小川 聡、畠山真弓、池田哲哉、船坂陽子、錦織千佳子
日本皮膚科学会大阪地方会(第417回)   13 Feb 2010   
Cosmetic Dermatology-Recent Advances
Yoko Funasaka
International Congress of Oriental Medicine(15th)   13 Feb 2010   
Benign cephalic histiocytosisの1例
小猿恒志、古松茜、清水秀樹、船坂陽子、錦織千佳子
日本皮膚科学会大阪地方会(第418回)   13 Mar 2010   
悪性黒色腫の親子例
小猿 恒志, 藤原 規広, 船坂 陽子, 錦織 千佳子
日皮会総会学術大会(第109回)   Apr 2010   
陰部Bowen carcinomaからHPV-51, HPV-58, 掌蹠疣贅からHPV-36を検出した1例
松島 智慧, 大野 健太郎, 池田 哲哉, 船坂 陽子, 錦織 千佳子, 上里 博
日皮会総会学術大会(第109回)   Apr 2010   
3通りのレジメンによる抗癌剤治療を行ったメルケル細胞癌の1例
畠山 真弓, 長野 徹, 船坂 陽子, 錦織 千佳子
日皮会総会学術大会(第109回)   Apr 2010   
美白剤の作用機序と治療
船坂 陽子
日皮会総会学術大会(第109回)   Apr 2010   
Reiter症候群の1例
畠山 真弓, 清水 秀樹, 船坂 陽子, 錦織 千佳子, 辻 剛
近畿皮膚科集談会(第103回)   Jul 2010   
色素沈着:最近のトピックス
船坂 陽子
光老化研究会(第11回)   Jul 2010   
Signals involved in oncogenic activities of metabotropic glutamate receptor 1
Funasaka Y, Abdel-Daim M, Harada T, Aiba A, Kawana S, Nishigori C.
Annual Meeting of European Society for Pigment Cell Research,(16th)   Sep 2010   
シミの理論
船坂 陽子
日皮会中部支部学術大会(第61回)   Sep 2010   
Riluzole, CaffeineおよびForscolinの代謝型グルタミン酸受容体1型のメラノーマ形性および増殖に及ぼす作用
船坂 陽子, アブデルダイム モハメド, 川名 誠司, 錦織 千佳子
日本色素学学会学術大会(第23回)   Nov 2010   
シミのレーザー治療
船坂 陽子
日皮会東部支部学術大会(第74回)   Nov 2010   
Expression of metabotropic glutamate receptor 1 and phosphorylated extracellular signal-regulated kinase 1/2 in human melanocytic lesions.
15. Funasaka Y, Kawana S, Nishigori C
he 35th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology   Dec 2010   
Ulttaviolet B, but not ultraviolet A initiates and promotes melanoma formation in metabotropic glutamate receptor 1 transgenic mouse
船坂 陽子, 大山 聡美, 岡崎静, 川名 誠司, 錦織 千佳子
Annual mtg of the japanese society for investigative Dermatorogy   Dec 2010   
HLA-A26陽性であったBehcet病の1例
亦野 蓉子, 船坂 陽子, 川名 誠司
日皮会東京地方会(第834回)   Dec 2010   
アトピー性皮膚炎,乾癬などにおけえる治療最前線:光線療法の実践を踏まえて
船坂 陽子
墨田区皮膚科医会   Dec 2010   
Gravitational erythemaの1例
伊藤 路子, 船坂 陽子, 加藤 篤衛, 川名 誠司
日皮会東京支部学術大会(第74回)   Feb 2011   
色素細胞,メラノーマなどの基礎研究に関して
船坂 陽子
慈恵医科大学リサーチセミナー   Feb 2011   
「しわ」に対する美容皮膚科的治療の現状
船坂 陽子
日皮会東京支部学術大会(第74回)   Feb 2011   
原発性胆汁性肝硬変を合併し,UVB照射で皮疹が誘発されたlupus erythematosus tumidusの1例
船坂 陽子
紫外線研究会(第40回)   Mar 2011   
メラノーマの発症機序と生体応答
船坂 陽子
千駄木感染免疫アレルギー研究会(第21回)   Mar 2011   
原発性胆汁性肝硬変を合併し,光線テストが陽性であったlupus erythematosus tumidusの1例
船坂 陽子, 田村 奈渚, 川名 誠司
第40回UVABClub   Mar 2011   
UVAおよびUVBによる発癌
船坂 陽子
太陽紫外線防御研究委員会シンポジウム(第21回)   Mar 2011   
ケミカルピーリングによるrejuvenation(ガイドラインを含む)
船坂 陽子
日皮会総会(第110回)   Apr 2011   
原発性胆汁性肝硬変を合併したlupus erythematosus tumidusの1例
田村 奈渚, 船坂 陽子, 川名 誠司
日皮会東京地方会(第836回)   Jun 2011   
Interstitial granuloma annulareの1例
篠原 理恵, 船坂 陽子, 安齋 眞一, 川名 誠司
日皮会東京地方会(第836回)   Jun 2011   
Metabotropic glutamate receptor subtype-1 is essential for in vivo growth of melanoma
船坂 陽子
神戸大学医学部皮膚科同窓会学術賞受賞記念講演   Jun 2011   
光老化の発症機序とその対処法
船坂 陽子
ポーラファルマシンポジウム   Jun 2011   
UVAおよびUVBにより作成した光老化マウスに対するケミカルピーリングの効果
船坂 陽子, モハメド アブデルダイム, 大江 昌彦, 松中 浩, 川名 誠司, 錦織 千佳子
光老化研究会(第12回)   Jul 2011   
In vivo共焦点顕微鏡による日光黒子の辺縁部におけるメラノサイトの観察
中島 暁子, 船坂 陽子, 川名 誠司
光老化研究会(第12回)   Jul 2011   
美容皮膚科:ざ瘡治療を含めた最新の美容皮膚科治療
船坂 陽子
瘢痕・ケロイド治療研究会(第6回)   Jul 2011   
紫外線によるメラノサイトの増殖および分化制御
船坂 陽子
皮膚基礎研究クラスターフォーラム第6回教育セミナー   Jul 2011   
Ulttaviolet B, but not ultraviolet A initiates and promotes melanoma formation in metabotropic glutamate receptor 1 transgenic mouse 201109
船坂 陽子, 大山 聡美, 岡﨑 静, 川名 誠司, 錦織 千佳子
international pigment cell conference 21st   Sep 2011   
ソラフェニブ投与患者に生じたケラトアカントーマ様病変の1例 
伊藤 路子, 荻田 あづさ, 船坂 陽子, 安齋 眞一, 川名 誠司
日皮会東部支部学術大会(第75回)   Sep 2011   
女性ホルモン内服中に生じた男性肝斑の1例
荻田 あづさ, 船坂 陽子, 安齋 眞一, 川名 誠司
日本美容皮膚科学会学術大会(第29回)   Sep 2011   
科学に即した美容皮膚科 ケミカルピーリング
船坂 陽子
日本皮膚科学会西部支部学術大会(第63回)   Oct 2011   
光老化の発症機序とその対処法
船坂 陽子
北河内女医の会(第23回)   Oct 2011   
光老化の対処法 
船坂 陽子
PFJ勉強会(第1回)   Oct 2011   
日光角化症の病態と治療
船坂 陽子
持田製薬社員教育勉強会   Nov 2011   
アダパレン外用が奏効したFavre-Racouchot 症候群の2例
茂木 千紗都, 菊地 伊豆実, 船坂 陽子, 安齋 眞一, 川名 誠司
日皮会東京地方会(第839回)   Nov 2011   
手掌に生じたPalisaded Encapsulated Neuromaの1例
田村 奈渚, 小坂 祥子, 安齋 眞一, 船坂 陽子, 川名 誠司
日皮会東京地方会(第839回)   Nov 2011   
Ulttaviolet B, but not ultraviolet A initiates and promotes melanoma formation in metabotropic glutamate receptor 1 transgenic mouse
船坂 陽子, 大山 聡美, 岡﨑 静, 川名 誠司, 錦織 千佳子
The 36th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology   Dec 2011   
乾癬の光線療法について
Yoko Funasaka
病院第一営業所講師招聘勉強会   Dec 2011   
Sjögren症候群を合併した尋常性白斑の1例
吉田 流音, 船坂 陽子, 川名 誠司
日皮会東京地方会(第840回)   Dec 2011   
サイトメガロウイルス感染によるPapular-purpuric gloves and socks syndromeの1例
紺野 亜希子, 船坂 陽子, 川名 誠司
日皮会東京地方会(第840回)   Dec 2011   
天疱瘡の病態および治療指針
船坂 陽子
日本製薬株式会社勉強会   Jan 2012   
原発性マクログロブリン血症に合併した腫瘍随伴性天疱瘡の1例  
白川 典子, 菊地 伊豆実, 吉田 流音, 船坂 陽子, 橋本 隆, 川名 誠司
日皮会東京地方会(第841回)   Jan 2012   
美容皮膚について
船坂 陽子
マルホ社内講演会   23 Jan 2012   0
ミソプロストールとクロモグリク酸ナトリウムで症状誘発が抑制されたエビによる食物依存性運動誘発アナフィラキシーの1例
吉田 流音, 船坂 陽子, 藤本 和久, 長田 真一, 菊地 伊豆実, 原田 晋, 松尾 裕彰, 川名 誠司
日皮会東京支部学術大会(第75回)   Feb 2012   
ピコスルファートナトリウムによる薬剤誘発性類天疱瘡の1例
田村 奈渚, 船坂 陽子, 長田 真一, 吉田 流音, 菊地 伊豆実, 橋本 隆, 川名 誠司
日皮会東京支部学術大会(第75回)   Feb 2012   
パラフェニレンジアミンによる接触性皮膚炎症候群の1例
伊藤 路子, 船坂 陽子, 紺野 亜希子, 川名 誠司
日皮会東京支部学術大会(第75回)   Feb 2012   
胸部CTにて細気管支炎の像を呈した全身性エリテマトーデスの1例
稲葉 基之, 船坂 陽子, 荻田 あづさ, 茂木 千紗都, 藤田 和恵, 川名 誠司
日皮会東京支部学術大会(第75回)   Feb 2012   
紫外線と皮膚疾患 
船坂 陽子
渋谷区皮膚科女医の会(第18回)   Feb 2012   
日光角化症の治療ガイドラインについて
船坂 陽子
AKフォーラム   May 2012   
頭部血管肉腫の1例
野呂 佐知子, 船坂 陽子, 上野 孝, 幸野 健, 川名 誠司
日皮会総会(第111回)   Jun 2012   
瘢痕に対するフラクショナルレーザーの効果の検討
加藤 篤衛, 船坂 陽子, 川名 誠司
日皮会総会(第111回)   Jun 2012   
角化症および湿疹病変を伴った両側内側部有棘細胞癌の1例
金子 綾, 上野 孝, 伊藤 路子, 大塚 洋平, 田村 奈渚, 船坂 陽子, 川名 誠司
日皮会東京地方会(第842回)   Jun 2012   
特異な皮膚症状を呈した後に診断に至ったPeripheral T-cell lymphoma, unspecifiedの1例
伊藤 路子, 船坂 陽子, 金子 綾, 大塚 洋平, 守谷 慶一, 壇 和夫, 川名 誠司
日本悪性腫瘍学会学術大会(第28回)   Jun 2012   
Merkerson Rosenthal症候群様皮疹を呈したNK/T cell lymphomaの1例
紺野 亜希子, 船坂 陽子, 中溝 宗永, 志摩 綾香, 了徳寺 剛, 壇 和夫, 寺崎 美佳, 福田 悠, 川名 誠司
日本悪性腫瘍学会学術大会(第28回)   Jun 2012   
抗てんかん薬の選択に苦慮した非典型薬剤性過敏症症候群の1例
大塚 洋平, 加藤 篤衛, 伊藤 路子, 金子 綾, 船坂 陽子, 川名 誠司
日皮会東京地方会(第842回)   Jun 2012   
Verruciform xanthomaの1例
篠原 理恵, 上野 孝, 福本 瞳, 船坂 陽子, 川名 誠司
日皮会東京地方会(第842回)   Jun 2012   
近赤外線の皮膚に対する効果:長所・短所を知る
船坂 陽子
日皮会総会(第111回)   Jun 2012   
Phacomatosis pigmentokeratoticaの1例
白川 典子, 伊藤 路子, 船坂 陽子, 川名 誠司
日本小児皮膚科学会(第36回)   Jul 2012   
アトピー性皮膚炎を合併した遺伝性対側性色素異常症の親子例
吉田 流音, 加藤 篤衛, 船坂 陽子, 桑原 健太郎, 鈴木 民夫
日本小児皮膚科学会(第36回)   Jul 2012   
尋常性白斑に対するエキシマライトの治療効果
亦野 蓉子, 船坂 陽子, 川名 誠司
日皮会東京合同臨床地方会(第843回)   Jul 2012   
代謝型グルタミン酸受容体1型(mGluR1)に注目した悪性黒色腫形成および増殖に関わるシグナル伝達の同定
船坂 陽子
加齢皮膚医学研究会(第8回)   8 Jul 2012   
第5回ロート賞受賞記念講演
遺伝子改変mGluRマウスを用いた紫外線による黒色腫形成機序の解析
船坂 陽子
光老化研究会(第13回)   Aug 2012   
シミの理論と治療
船坂 陽子
日本美容皮膚科学会総会(第30回)   Aug 2012   
多種の自己抗体が検出された腫瘍随伴性天疱瘡の1例
大塚 洋平, 上野 孝, 金子 綾, 伊藤 路子, 長田 真一, 船坂 陽子, 川名 誠司
日皮会東京支部(第844回)   Sep 2012   
肺腺癌の疼痛を伴う皮膚転移の1例
田村 奈渚, 上野 孝, 船坂 陽子, 川名 誠司
日皮会東京支部(第844回)   Sep 2012   
特発性血小板性紫斑病を合併した後天性皮膚弛緩症の1例
真弓 暢子, 船坂 陽子, 朝山 祥子, 久保田 智樹, 伊藤 保彦, 川名 誠司
日皮会東部支部学術大会(第76回)   Sep 2012   
主としてc-type nevus cellより先天性巨大色素母斑の1例
加藤 篤衛, 船坂 陽子, 高山 良子, 川名 誠司
日皮会中部支部学術大会(第63回)   Oct 2012   
光老化の解明
船坂 陽子
日皮会中部支部学術大会(第63回)   Oct 2012   
メラノサイトの増殖および紫外線反応性に対する加齢の影響
船坂 陽子
財団法人博慈会合同医学集談会   Nov 2012   
シクロスポリンに抵抗性でエトレチナート投与にて改善した汎発性膿疱性乾癬の1例
木下 侑里, 真弓 暢子, 稲葉 基之, 二宮 里紗, 船坂 陽子, 川名 誠司
日皮会東京地方会(第845回)   Nov 2012   
ベーチェット病が疑われたクローン病の1例
茂木 千紗都, 金子 綾, 大塚 洋平, 伊藤 路子, 高橋 陽子, 上野 孝, 船坂 陽子, 川名 誠司
日皮会東京地方会(第845回)   Nov 2012   
メラノーマ治療に関する最新の医学的知見
船坂 陽子
協和発酵キリン株式会社社員教育講演   Nov 2012   
下肢の紫斑を初発症状とし漿膜炎を伴った高齢発症SLEの1例
大塚 洋平, 久保田 智樹, 伊藤 路子, 加藤 篤衛, 船坂 陽子, 川名 誠司
日皮会東京地方会(第847回)   Jan 2013   
Churg-Strauss症候群の1例
鶴田 恭子, 藤本 和久, 金子 綾, 伊澤 有香, 伊藤 路子, 船坂 陽子, 川名 誠司, 酒巻 雅典
日皮会東京地方会(第847回)   Jan 2013   
Superficial acral fibromyxomaの1例
上野 孝, 高山 良子, 秋山 美知子, 田村 奈渚, 安齋 眞一, 二神 綾子, 船坂 陽子, 川名 誠司
日皮会東京支部学術大会(第76回)   Feb 2013   
肝斑における低出力QスイッチNd:YAGレーザーの有用性の検討
真弓 暢子, 船坂 陽子, 朝山 祥子, 高山 良子, 加藤 篤衛, 川名 誠司
日皮会東京支部学術大会(第76回)   Feb 2013   

Association Memberships

 
日本レーザー医学会 レーザー医学会専門制度委員会委員(2018年6月から) 評議員(2018年11月から) , 日本光医学光生物学会 理事(2018年7月20日から) 評議員(2017年7月21日から) , International Federation of Pigment Cell Societies 理事(2017年8月から) , 日本皮膚悪性腫瘍学会 評議員 , 日本抗加齢医学会 分科会「見た目のアンチエイジング研究会」 , 日本香粧品学会 評議員 , 日本抗加齢医学会 評議員 , 日本美容皮膚科学会 理事 , 美容皮膚科・レーザー指導専門医委員会 委員長(2014年2月から) , 加齢皮膚医学研究会 幹事 , 日本皮膚科学会 委員長(2013年6月から) 日本皮膚科学会東京支部代議員(2016年1月から) , 日本色素細胞学会 会長(2018年10月~) , 日本レーザー治療学会 , 日本研究皮膚科学会 評議員 , 日本癌学会 , 日本アレルギー学会 , 日本皮膚アレルギー学会 , 日本乾癬学会 , 米国研究皮膚科学会 , 米国皮膚科学会

Research Grants & Projects

 
Nippon Medical School: 
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): YOKO FUNASAKA
Identification of signals involved melanomagenesis and melanoma growth, expecially, UV-induced melanoma formation
Nippon Medical School: 
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 船坂 陽子
The role of mGluR1 expression in melanoma progression
Kobe University: 
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): 船坂 陽子
DNA修復能欠損メラノサイトを用いた再構築皮膚での紫外線によるメラノーマ形成誘導
Kobe University: 
Project Year: 2003 - 2004    Investigator(s): 船坂 陽子
DNA修復能欠損メラノサイトを用いた再構築皮膚での紫外線によるメラノーマ形成誘導
Kobe University: 
Project Year: 2002       Investigator(s): 船坂 陽子
DNA修復能欠損メラノサイトを用いた再構築皮膚での紫外線によるメラノーマ形成誘導
Kobe University: 
Project Year: 2001       Investigator(s): 船坂 陽子
DNA修復能欠損メラノサイトを用いた再構築皮膚での紫外線によるメラノーマ形成誘導
Kobe University: 
Project Year: 2000       Investigator(s): 船坂 陽子
Analysis of the role of the expression of MSH receptor subspecies in growth, differentiation, and metastasis in pigment cells
Kobe University: 
Project Year: 1990 - 2000    Investigator(s): 船坂 陽子
紫外線によるサイトカイン産生誘導における活性酸素及びシグナル伝達機構の役割解析
Kobe University: 
Project Year: 1995       Investigator(s): 船坂 陽子
色素細胞の増殖異常及び異所性増殖機序の解明とその治療応用
Kobe University: 
Project Year: 1993       Investigator(s): 船坂 陽子
Ultraviolet-induced DNA damages of cultured human cells-Repair kinetics of(6-4)photoproducts and cyclobutane dimers--
Kobe University: 
Project Year: 1990 - 1991    Investigator(s): 市橋 正光
Identification of signals involved melanomagenesis and melanoma growth, expecially, UV-induced melanoma formation
Nippon Medical School: 
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 船坂 陽子
Identification of signals involved melanomagenesis and melanoma growth, expecially, UV-induced melanoma formation
Nippon Medical School: 
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 船坂 陽子
Identification of signals involved melanomagenesis and melanoma growth, expecially, UV-induced melanoma formation
Nippon Medical School: 
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 船坂 陽子
Identification of signals involved melanomagenesis and melanoma growth, expecially, UV-induced melanoma formation
Nippon Medical School: 
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 船坂 陽子
The role of mGluR1 expression in melanoma progression
Kobe University: 
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): 船坂 陽子
The role of mGluR1 expression in melanoma progression
Kobe University: 
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): 船坂 陽子
The role of mGluR1 expression in melanoma progression
Kobe University: 
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): 船坂 陽子
The role of mGluR1 expression in melanoma progression
Kobe University: 
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): 船坂 陽子
DNA修復能欠損メラノサイトを用いた再構築皮膚での紫外線によるメラノーマ形成誘導
Kobe University: 
Project Year: 2003 - 2004    Investigator(s): 船坂 陽子