日本の女性研究者

生活科学

研究者リスト >> 徳田 信子
 

徳田 信子

 
アバター
研究者氏名徳田 信子
 
トクダ ノブコ
eメールtokuyamaguchi-u.ac.jp
eメール(その他)tokuyamaguchi-u.ac.jp
URLhttp://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~org-anat/
所属山口大学
学位医学博士(山口大学)
その他の所属山口大学, 山口大学, メルボルン大学

研究キーワード

 
解剖学、免疫学、生物学、栄養科学、再生医療

研究分野

 
  • 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学) / 
  • 基礎医学 / 免疫学 / 
  • 生活科学 / 食生活学 / 

経歴

 
2013年4月
 - 
2017年2月
山口大学 大学院医学系研究科(医学) 教授
 
1997年9月
 - 
1998年4月
メルボルン大学 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1989年
山口大学 医学部 医学科
 

論文

 
Gregory JL, Walter A, Alexandre YO, Hor JL, Liu R, Ma JZ, Devi S, Tokuda N, Owada Y, Mackay LK, Smyth GK, Heath WR, Mueller SN.
Cell Report   18(2) 406-418   2017年1月   [査読有り]
Tsuneoka H, Yanagihara M, Tanimoto A, Tokuda N, Otsuyama KI, Nojima J, Ichihara K.
Diagn Microbiol Infect Dis   S0732-8893(16) 30339-X.   2016年10月   [査読有り]
Tokuda K, Kuramitsu Y, Baron B, Kitagawa T, Tokuda N, Kobayashi M, Kimura K, Sonoda KH, Nakamura K.
Mol Cell Biochem   419(1-2) 177-184   2016年8月   [査読有り]
Tokuda N, Walsh J, Stone TE.
Nurs Health Sci   18(2) 139-142   2016年6月   [査読有り]
Otsuyama K, Tsuneoka H, Kondou K, Yanagihara M, Tokuda N, Shirasawa B, Ichihara K.
J Clin Microbiol   54(4) 1058-1064   2016年4月   [査読有り]

Misc

 
徳田信子
山口医学   65(1) 23-29   2016年
徳田信子、大和田祐二
脳科学辞典      2012年4月

書籍等出版物

 
解剖学者が語る人体の世界
風人社   1996年   
ボディセラピーのためのトートラ標準解剖生理学 (1,3,4章)
徳田信子、他多数 (担当:共訳)
丸善出版   2011年2月   

講演・口頭発表等

 
末梢性免疫臓器における脳型脂肪酸結合タンパク(B-FABP/FABP7)の局在
日本解剖学会113回総会・全国学術集会   2008年   
PACAP receptor (PAC1-R) expression in rat and rhesus monkey thymus
The 7th international symposium on VIP, PACAP and related peptides   2005年   
PACAP receptor (PAC1-R) expression in rat and rhesus monkey thymus
The 7th international symposium on VIP, PACAP and related peptides   2005年   
Expressions of PACAP (Pituitary Adenylate Cyclase-Activating Polypeptide) specific receptor PAC1-R in rat
16th International Congress of the IFAA Anatomical Science   2004年   
Expressions of PACAP (Pituitary Adenylate Cyclase-Activating Polypeptide) specific receptor PAC1-R in rat
16th International Congress of the IFAA Anatomical Science   2004年   

担当経験のある科目

 
  • 人体機能形態学特論(脂質の細胞生物学演習) (山口大学)
  • 人体機能形態学特論(脂質の細胞生物学実験実習) (山口大学)
  • 細胞生物学 (山口大学)
  • 分子生物学 (山口大学)
  • 生物学Ⅰ (山口大学)

所属学協会

 
再生医療学会 , Society for Nursing and Health Sciences , コ・メディカル形態機能学会 , 日本解剖学会 , 日本免疫学会

Works

 
ダイオキシン類の体内動態及び生体障害性の解明に関する研究
その他