日本の女性研究者

ジェンダー

研究者リスト >> 山本 真鳥
 

山本 真鳥

 
アバター
研究者氏名山本 真鳥
 
ヤマモト マトリ
eメールmatoriyhosei.ac.jp
URLhttp://www.t.hosei.ac.jp/~matoriy
所属法政大学
部署経済学部経済学科
職名教授
学位教養学士(東京大学), 社会学修士(東京大学大学院社会学研究科文化人類学専攻科), 博士(文学)(総合研究大学院大学(総研大))
その他の所属法政大学, 法政大学, 法政大学, 法政大学
科研費研究者番号20174815

研究キーワード

 
文化人類学 , 太平洋研究 , 北米地域研究 , 歴史人類学 , グローバリゼーションと文化 , ジェンダー , 知的財産権 , Anthropology , Pacific Studies , North American Studies , Historical Anthropology , Globalization and Culture , Gender , Intellectual Property

研究分野

 
  • 地域研究 / 地域研究 / 
  • ジェンダー / ジェンダー / 
  • 芸術学 / 美術史 / 
  • 文化人類学 / 文化人類学・民俗学 / 

経歴

 
1976年6月
 - 
1977年11月
国際基督大学 社会科学研究所 非常勤研究員
 
1981年4月
 - 
1983年3月
東京大学大学院(日本学術振興会) 社会学研究科 研究員(奨励研究員)
 
1981年10月
 - 
1984年3月
東海大学 文明研究所 非常勤講師
 
1983年4月
 - 
1984年3月
法政大学 第二教養部 非常勤講師
 
1984年4月
   
 
法政大学 経済学部 助教授
 

学歴

 
1970年4月
 - 
1974年3月
東京大学 教養学部 教養学科文化人類学分科
 
1974年4月
 - 
1976年3月
東京大学大学院 社会学研究科 文化人類学
 
1976年4月
 - 
1981年3月
東京大学大学院 社会学研究科 文化人類学
 

委員歴

 
2018年4月
   
 
日本文化人類学会  評議員
 
2014年4月
 - 
2019年3月
日本オセアニア学会  会長
 
2012年4月
 - 
2016年3月
日本文化人類学会  理事・評議員
 
2009年4月
 - 
2014年3月
日本オセアニア学会  評議員
 
2006年4月
 - 
2010年3月
日本文化人類学会  理事・評議員 2008.6.1.-2010.5.31 会長
 

論文

 
The bodies and art forms of Pacific Islander artists 321-326
Matori Yamamoto
Ikuya Tokoro & Kaori Kawai eds. "An Anthropology of Things"   321-326   2018年3月   [査読有り][招待有り]
グアム開催第12回太平洋芸術祭と文化の政治
山本 真鳥
経済志林   84(4) 103-132   2017年3月
イフォガ―サモア社会の謝罪儀礼
山本真鳥
丹羽典生編『<紛争>の比較民族誌―グローバル化におけるオセアニアの暴力・民族対立・政治的混乱』春風社   43-66   2016年
Independent State of Samoa
GWEC Editorial Working Committee ed. ‘A General World Environmental Chronology”   806-807   2014年7月   [招待有り]

Misc

 
ニュージーランド・オークランド市のパシフィカ・フェスティバル
国際人権ひろば   (110) 12-13   2013年9月
「ポリネシア・サモアのダンス」「ニュージーランド・マオリ人ダンスの戦いイメージ」「南太平洋のモダン・ダンス」
星海舟編『世界のダンス―世界舞踊祭Tokyo から発信』   124-129   2013年3月   [依頼有り]
ポリネシア・サモアのダンス、ニュージーランド・マオリ人ダンスの戦いイメージ、南太平洋のモダン・ダンス。いずれも世界のダンスを集めた論集に写真と共にエッセイを提供。サモアの村の王女を中心に踊るタウアルガ、マオリ人の戦いをイメージしたハカ、どこかに伝統を残す太平洋芸術祭で披露されたモダン・ダンスといずれもフィールドワークに取材する。
男女共同参画によせて
山本真鳥
学術の動向   11(3) 29-33   2006年3月   [依頼有り]
研究者としての経験と人類学者としての経験とあわせ、男女共同参画の指針を考える。
ポリネシア・サモアの観光開発と伝統芸能
山本真鳥
ACCU News, 財団法人ユネスコ・アジア文化センター   (348) 2-4   2005年3月   [依頼有り]
サモアで観光開発を目指して10年ほど前に始まったテウイラ観光フェスティバルの概要とその性格。また、サモアの観光開発の今後を考察する。
「太平洋芸術祭―文化の見本市」
山本真鳥
『まほら』旅の文化研究所。   (41) 40-41   2004年10月   [依頼有り]
4年に一度開催される太平洋島嶼諸国の芸術の祭典。その概要を記述する。

書籍等出版物

 
山本 真鳥
弘文堂   2018年10月   ISBN:978-4-335-57137-5
伝統の互酬的儀礼交換は、移民社会からサモア本国への送金と、その逆に移動するファイン・マットと名誉ある称号名の贈与に変容していく。過去40年に及ぶ調査から展開する、互酬性がグローバリゼーションに対応するメカニズムを分析する民族誌。
詳論 文化人類学―基本と最新のトピックを深く学ぶ
桑山敬己・綾部真雄編
ミネルヴァ書房   2018年4月   
文化人類学の入門書を超えてさらに学びたい大学生・大学院生のための教科書。
『はじめて学ぶ文化人類学―人物・古典・名著からの誘い』
岸上伸啓編
ミネルヴァ書房   2018年4月   
The perspective of glocalization : addressing the changing society and culture under globalization
Tomiyuki Uesugi, Matori Yamamoto (担当:共編者, 範囲:Glocalization of the Election System and the Modernization of Samoa)
Tokyo : Center for Glocal Studies, Seijo University   2016年3月   
Collection of papers presented at the IUAES intercongress in Makuhari, Chiba in 2014. Yamamoto's Paper is titled "Glocalization of the Election System and the Modernization of Samoa."
人類文化の現在:人類学研究
内堀基光・山本真鳥 (担当:編者, 範囲:民族文化の新時代、文化の商品化、身体性と身体装飾・衣装の現在)
放送大学教育振興会   2016年3月   
放送大学大学院の放送教材として書かれた。他の章は、現代世界における文化、定住と遊動の文化、世界はどのようにできているのか、科学技術への人類学的接近、科学技術と文化生成、文化の広がりの極限、ケアという文化の生成、性を軸とした文化の前線、宗教の現代的展開、平和構築と文化、越境するアーティスト、現世人類の文化的能力を問う

講演・口頭発表等

 
Heritage and Identity: Art activities of Pacific Islander migrants in Auckland, New Zealand [招待有り]
Matori Yamamoto
18th IUAES World Congress, Florianopolis   2018年7月17日   International Union of Anthropological and Ethnological Sciences
There are quite a few artists among the Pacific Islander migrants in New Zealand. The presentation examines how they mingle their heritage and identity in the originality of their own artpieces.
ヘリテージとアイデンティティーニュージーランド在住太平洋諸島移民のアート活動 [招待有り]
山本 真鳥
日本文化人類学会第52回研究大会   2018年6月3日   日本文化人類学会
ニュージーランドの都市部に第二次大戦後にコミュニティを形成した太平洋諸島移民の中にアート活動を専門とする人々が出現している。彼らは、太平洋諸島出身者としてのヘリテージやアイデンティティを、現代アーティストとしてのオリジナリティの表出のなかにどのように込めているのかを検討する。
19世紀のハワイ諸島―王国の栄光と簒奪 [招待有り]
Matori Yamamoto
東洋文庫ミュージアム講演会   2018年5月13日   東洋文庫
18世紀末に西欧の技術・文化を取り入れて成立した土着のハワイ王国が、植民地化の時代を乗り切れずに、やがて1世紀後アメリカ合衆国に併合されるプロセスを描く。
グローバル化する互酬性:サモア世界の儀礼財と現金の循環
山本 真鳥
日本オセアニア学会研究例会(関東)   2017年11月25日   日本オセアニア学会
伝統の互酬的儀礼交換は、移民社会からサモア本国への送金と、その逆に移動するファイン・マットと名誉ある称号名の贈与に変容していく。過去40年に及ぶ調査から展開する、互酬性がグローバリゼーションに対応するメカニズムを分析する民族誌。
Analyzing Fashion Show in the Pacific Festival of Arts
Matori Yamamoto
IUAES Intercongress 2017   2017年5月4日   International Union of Anthropological and Ethnological Society
The Festival of Pacific Arts takes place every four years. The Fashion show is one of the popular theme of the festival. In the show, it is important to show the cultural identity and characteristics of each country than to show the similarities a...

所属学協会

 
ポリネシア協会 , 国際人類・民族科学連合 , オセアニア社会人類学会 , アメリカ人類学会 , 日本民族学会 , 日本文化人類学会(日本民族学会から名称移行) , 日本オセアニア学会

Works

 
Art and Identity among the Pacific Island Nations - Focused on the Pacific Art Festival-
1999年
太平洋島嶼国における芸術とアイデンティティ-太平洋芸術祭を集点として-
1999年
Western Samoa under the New Zealand Administration
1998年
ニュージーランドの西サモア統治
1998年
Human rights and democracy in the independent process of Western Samoa.
1997年

競争的資金等の研究課題

 
太平洋現代芸術の人類学的研究―ニュージーランド太平洋系住民のアート活動を中心に
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 山本 真鳥