日本の女性研究者

Environmental Science

Researcher List >> Yumi Yasuoka
 

Yumi Yasuoka

 
Avatar
NameYumi Yasuoka
Degree博士(理学)(新潟大学)
Research funding number40248117

研究キーワード

 
ラドン , Radon

研究分野

 
  • Environmental science/Agricultural science / Environmental policy and society / 
  • Environmental science/Agricultural science / Environmental impact assessment / 

経歴

 
Apr 2018
 - 
Today
an associate professor, Institute of Radioisotope Research, Kobe Pharmaceutical University
 
Apr 2002
 - 
Today
Kobe Pharmaceutical University
 
Apr 1996
 - 
Today
Kobe Pharmaceutical University
 
Apr 2008
 - 
Mar 2018
Faculty of Pharmacy, Kobe Pharmaceutical University
 
Apr 2007
 - 
Mar 2008
Faculty of Pharmacy, Kobe Pharmaceutical University
 

学歴

 
Apr 1980
 - 
Mar 1984
Faculty of Pharmacy, Kobe Pharmaceutical University
 
 
 - 
1984
Faculty of Pharmaceutical Science, Kobe Pharmaceutical University
 

委員歴

 
Apr 2016
 - 
Today
神戸大学 非常勤講師 (2016年度~現在)  放射線影響評価論(後期 4回)
 
Jul 2014
 - 
Today
岡山県  環境放射線等測定技術委員会委員
 
Nov 2002
 - 
Today
放射線医学総合研究所  客員協力研究員
 
Jun 2013
 - 
Nov 2013
環境省  平成25年度鉱泉分析法指針改定検討業務検討会委員
 
Nov 2010
 - 
Mar 2011
環境省  平成22年度鉱泉分析法指針改定検討業務検討会委員オブザーバー
 

受賞

 
Sep 2018
Earthqukake and radon, 2018 Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Award, Marquis Who's Who
 
Oct 2017
Radiation Safety Merit Awards, 2017 Radiation Safety Merit Awards, Japan Radioisotope Association
 
Jun 2017
"Discovered atmospheric radon level increase prior to the January 17th 1995 Kobe earthquake, Japan", 2017 Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Award, Marquis Who's Who
 
2014
RADIOISOTOPES誌 論文奨励賞, 日本アイソトープ協会
 
Mar 2013
優秀発表賞, 日本薬学会第133年会
 

論文

 
Shoko Higuchi, Yuuki Kamishiro, Maki Ishihara, Yumi Yasuoka, Yasunori Mori, Masahiro Hosoda, Kazuki Iwaoka, Shinji Tokonami, Rikiya Takahashi, Miroslaw Janik, Jun Muto, Hiroyuki Nagahama, Takahiro Mukai
Radiation Protection Dosimetry   184(3-4) 426-429   Oct 2019   [Refereed]
Wakabayashi, A, Yasuoka, Y, Janik, M, Nagahama, H, Fukuhori, N, Mori, Y, Arai, Y, Fujii, S, Mukai, T
Radioisotopes   68(5) 317-329   May 2019   [Refereed]
Daichi Iwata, Hiroyuki Nagahama, Jun Muto, Yumi Yasuoka
Scientific reports   8(1) 13028   Aug 2018   [Refereed]
Tanaka, A, Minami, N, Yasuoka, Y, Iimoto, T, Omori, Y, Nagahama, H, Muto, J, Mukai, T
Radiat. Prot. Dosim.   177 324-330   Dec 2017   [Refereed]
in press DOI: 10.1093/rpd/ncx050<br />
•Grantee, Research Foundation for the Electrotechnology of Chubu (2017)
Goto, M, Yasuoka, Y, Nagahama, H, Muto, J, Omori, Y, Ihara H, Mukai, T
Radiat. Prot. Dosim.   174(3) 412-418   Apr 2017   [Refereed]

MISC

 
児玉典子, 小山淳子, 安岡由美
神戸薬科大学研究論集Libra (研究ノート)   19 1-9   Dec 2019   [Refereed]
上田久美子, 寺岡麗子, 竹内敦子, 安岡由美
神戸薬科大学研究論集Libra (資料)   (18) 1-11   Dec 2018   [Refereed]
Ishihara, M, Yoshii, M. Minami, N, Yasuoka Y, Tokonami, S, Nagahama, H, Mukai, T
Proceedings of the 19th Workshop on Environmental Radioactivity   288-293   Nov 2018   [Refereed]
Yasuoka, Y, Nagahama, H, Muto, J, Mukai, T
Radiation Environment and Medicine   7(2) 86-94   Aug 2018   [Refereed][Invited]
神代悠希, 石原万己, 藤井さとみ, 安岡由美, 細田正洋, 岩岡和輝, 床次眞司, Miroslaw Janik, 武藤潤, 長濱裕幸, 向高弘
高エネルギー加速器研究機構(KEK) 2017, Proceeding of the 18th Workshop on Environmental Radioactivity   333-338   Dec 2017   [Refereed]

書籍等出版物

 
Y. Yasuoka, T. Ishikawa, Y. Omori, Y. Kawada, H. Nagahama, S. Tokonami, M. Shinogi (Part:分担執筆, Anomalous Atmospheric Radon Variation before an Earthquake: A Case Study of the 1995 Kobe Earthquake, Japan)
NOVA Sci. Pub.,New York, pp.419-434   May 2012   ISBN:1621001776
https://www.novapublishers.com/catalog/product_info.php?products_id=35582
Y. Yasuoka, T. Ishikawa, H. Nagahama, Y. Kawada, Y. Omori, S. Tokonami, M. Shinogi (Part:分担執筆, Radon anomalies prior to earthquakes)
Nihon-Senmontosho-Shuppan   Feb 2012   ISBN:9784931507166
http://www.jpn-shuppan.co.jp/books/book8_sample1.html
YASUOKA Yumi (Part:共訳, Sources-to-effects assessment for radon in homes and workplaces)
UNSCEAR   2011   
http://www.unscear.org/docs/reports/2006/09-81160_Report_Annex_E_2006_Web.pdf

講演・口頭発表等

 
三浦直, 吉井未来, 安岡由美, 床次眞司, 長濱裕幸, 向高弘
第69回 日本薬学会関西支部総会・大会   12 Oct 2019   日本薬学会関西支部
台風のため中止となったが,発表を行ったものとして認定された。 本学監視モニタ (検証器) について検討したところ、以下のことがわかった。
1) BG値:室温T (K) の関数として式 (3) により決定でき、BG値は測定空気の温度の影響を受けることがわかった。
2) 正味の電離電流値からラドン濃度への変換係数 (0.595 fA Bq−1 m3) と補正値 (1.05 fA) を決定した。
これらを補正することにより検証器で決定したラドン濃度は、基準器で測定したラドン濃度と一致した。よって...
三浦直, 安岡由美, 大桃善朗, 長濱裕幸, 武藤潤, 岩田大地, 向高弘
第56回アイソトープ・放射線研究発表会, 東京   4 Jul 2019   
安岡 由美
立命館大学放射線業務従事者教育訓練   13 Apr 2019   
S.Higuchi, Y. Kamishiro, M. Ishihara, Y. Yasuoka, Y. Mori, M. Hosoda, K.Iwaoka, S.Tokonami, M.Janik, J. Muto, H.Nagahama, T. Mukai
9th International Conference on High Level Environmental Radiation Areas- For Understanding Chronic Low-Dose-Rate Radiation Exposure Health Effectsand Social Impacts (ICHLERA 2018)   27 Sep 2018   
M. Janik, Y. Yasuoka, S. Higuchi, Md.Hasan, L.Tommasino
9th International Conference on High Level Environmental Radiation Areas- For Understanding Chronic Low-Dose-Rate Radiation Exposure Health Effectsand Social Impacts (ICHLERA 2018)   26 Sep 2018   

所属学協会

 
日本放射線安全管理学会 , 日本アイソトープ協会 , 日本保健物理学会 , 日本薬学会

Works(作品等)

 
代表者, 長濱裕幸   その他   Apr 2014 - Mar 2018
「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」年次報告
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/YOTIKYO/H26/1207.pdf
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/sharing/01_kouboyouryou140210.pdf
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu6/sonota/attach/1348276.htm
代表者, 長濱裕幸   芸術活動   Apr 2013 - Mar 2014
代表者, 長濱裕幸   その他   Apr 2012 - Mar 2013
「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」年次報告
代表者, 長濱裕幸   その他   Apr 2011 - Mar 2012
「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」年次報告
p573-579に掲載
代表者, 長濱裕幸   その他   Apr 2010 - Mar 2011
「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画」年次報告

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
平成29年度「放射線災害・医科学研究拠点」共同利用・共同研究: the network-type joint Usage/Research Center for Radiation Disaster Medical Science of Hiroshima University, Nagasaki University, and Fukushima Medical University
Project Year: Apr 2017 - Mar 2018
•Grantee, Research Foundation for the Electrotechnology of Chubu: 
Project Year: Sep 2017 - Sep 2017
東京海上各務記念財団: 地震研究助成 代表
Project Year: Sep 2015 - Aug 2016
•Grantee, Research Foundation for the Electrotechnology of Chubu: 
Project Year: Sep 2013 - Oct 2013

社会貢献活動

 
[その他]  近代消防社  近代消防 2018年(平成30年)12月号 № 697  9 Nov 2019
〈カラーファイヤートピックス〉
神戸薬科大学、神戸大学研究基盤センターによる放射線講習会を実施( 神戸市消防局・兵庫県)
[調査担当]  中日新聞 日刊  27 Feb 2015
AlphaGUARDを用いてラドン測定を実施した
[情報提供]  Dec 2014
改訂指針で新規に追加された直接法によるラドン分析方法
簡易型液体シンチレーションカウンタの一例として「トライアス
ラーJ(Hidex社 フィンランド)を用いた実証的な検討 (Yasuokaet al.,2 009. Tanaka et al.,2 013)
が参考にされた.
[その他]  29 Sep 2011
神戸市消防局から感謝状を授与されました。
東日本大震災と津波による東京電力福島第一原子力発電所の事故に対して、平成23年3月に、神戸市消防局のハイパーレスキュー隊が原子炉への注水の応援にあたりました。
その際に神戸市消防局から要請を受け、神戸大学の先生方と協力して放射線防護対策について、助言・指導を行いました。
今回の感謝状授与は、その功績がたたえられたものです。
[その他]  神戸薬科大学 神戸市消防局  神戸市 プレス発表  26 Aug 2009
http://anshin-kagaku.news.coocan.jp/theme_3_3_3.pdf
https://www.jrias.or.jp/books/pdf/201305_SYUNINSYA_MIYAMOTO.pdf
放射線災害対応訓練を実施:昨年8月7日、放射性物質に関する特殊災害事案が発生した場合に、神戸薬科大学の有する知的、物的資源を災害現場に活用することで、被害を最小限に抑えることを目的として、神戸市消防局は神戸薬科大と特殊災害発生時の協力体制についての覚書を交わしま...

その他

 
Jul 2014   Cited by 鉱泉分析法指針(平成26年改訂)2014, p36-38
http://www.env.go.jp/nature/onsen/docs/
http://www.env.go.jp/nature/onsen/docs/shishin_bunseki.pdf
6-4 ラドンの定量
(3) 液体シンチレーションカウンタによる定量(直接法)
Sep 2012   The Report of International forum on earthquake prediction studies
Dec 2011   Cited by 生活環境放射線 (国民線量の算定)
生活環境放射線編集委員会.生活環境放射線(国民線量の
算定).東京:原子力安全研究協会;2011. P28.
Oct 2011   Cited by TBS RADIO 954 kHz 森本毅郎・スタンバイ! 現場にアタック (2011/10/13)
http://www.tbsradio.jp/stand-by/2011/10/post_3992.html
Feb 2010   Cited by Charpak ( won his Nobel prize in 1992
Martinengo, P., & Peskov, V. (2010). Performance of wire-type Rn detectors operated with gas gain in ambient air in view of its possible application to early earthquake predictions. arXiv preprint arXiv:1002.4732.
論文が引用された
http://arxiv.org/ftp/arxiv/papers/1002/1002.4732.pdf
解説
http://physicsworld.com/cws/article/news/2010/mar/18/a-radon-detector-for-earthquake-prediction